【2020年度版】アイビスサマーダッシュ入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見るアイビスサマーダッシュの入賞馬

アイビスサマーダッシュの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2019 1 6 ライオンボス 牡4 56kg 0.55.1 バトルブラン ステイゴールド
2 2 カッパツハッチ 牝4 54kg 0.55.2 キンシャサノキセキ タイキシャトル
3 8 オールポッシブル 牝5 54kg 0.55.3 ダイワメジャー Yankee Victor
2018 1 8 ダイメイプリンセス 牝5 54kg 0.53.8 キングヘイロー ダンスインザダーク
2 4 ラブカンプー 牝3 51kg 0.54.0 ショウナンカンプ マイネルラヴ
3 6 ナインテイルズ 牡7 56kg 0.54.2 ローエングリン メジロライアン
2017 1 8 ラインミーティア 牡7 56kg 0.54.2 メイショウボーラー オース
2 5 フィドゥーシア 牝5 54kg 0.54.2 Medaglia d’Oro サンデーサイレンス
3 7 レジーナフォルテ 牝3 51kg 0.54.4 アルテバランⅡ ボストンハーバー
2016 1 4 ベルカント 牝5 55kg 0.54.1 サクラバクシンオー ボストンハーバー
2 8 ネロ 牡5 56kg 0.54.1 ヨハネスブルグ サンデーサイレンス
3 8 プリンセスムーン 牝6 54kg 0.54.3 アドマイヤムーン Johan Cruyff
2015 1 8 ベルカント 牝4 54kg 0.54.1 サクラバクシンオー ボストンハーバー
2 6 シンボリディスコ 牡5 56kg 0.54.2 アドマイヤマックス サクラバクシンオー
3 7 アースソニック 牡6 56kg 0.54.4 クロフネ サクラユタカオー
2014 1 2 セイコーライコー 牡7 56kg 0.54.3 クロフネ サンデーサイレンス
2 7 フクノドリーム 牝3 51kg 0.54.4 ヨハネスブルグ エルハーブ
3 7 アースソニック 牡5 56kg 0.54.4 クロフネ サクラユタカオー
2013 1 7 ハクサンムーン 牡4 56kg 0.54.2 アドマイヤムーン サクラバクシンオー
2 2 フォーエバーマーク 牝5 54kg 0.54.3 ファルブラヴ ダンスインザダーク
3 7 リトルゲルダ 牝4 54kg 0.54.9 Closing Argument Buddha
2012 1 8 パドトロワ 牡5 56kg 0.54.2 スウェプトオーヴァーボード フジキセキ
2 8 エーシンダックマン 牡5 56kg 0.54.4 サクラバクシンオー スピニングワールド
3 2 エーシンヴァーゴウ 牝5 55kg 0.54.5 ファルブラヴ サンダーガルチ
2011 1 2 エーシンヴァーゴウ 牝4 54kg 0.53.8 ファルブラヴ サンダーガルチ
2 6 エーブダッチマン 牡5 56kg 0.54.1 アフリート ノーザンテースト
3 7 アポロフェニックス 牡6 56kg 0.54.4 アフリート Caerleon
2010 1 5 ケイティラブ 牝6 54kg 0.53.9 スキャン ムーンマッドネス
2 6 ジェイケイセラヴィ 騙6 56kg 0.54.0 スクワートルスクワート コマンダーインチーフ
3 2 マルブツイースター 牡5 56kg 0.54.2 サクラバクシンオー ウォーニング

アイビスサマーダッシュ入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2019 1 1 ライオンボス OP 1 1
2 3 カッパツハッチ OP 3 2
3 9 オールポッシブル OP 10 16
2018 1 1 ダイメイプリンセス CBC賞 6 9
2 2 ラブカンプー 葵S 6 2
3 8 ナインテイルズ 1600万下 6 1
2017 1 8 ラインミーティア OP 3 4
2 1 フィドゥーシア OP 2 1
3 4 レジーナフォルテ 1000万下 7 1
2016 1 1 ベルカント CBC賞 2 3
2 2 ネロ OP 1 2
3 3 プリンセスムーン OP 2 1
2015 1 1 ベルカント CBC賞  
2 9 シンボリディスコ 1600万下 4 3
3 4 アースソニック 函館スプリント 14 2
2014 1 1 セイコーライコー 函館スプリント 5 4
2 5 フクノドリーム OP 5 5
3 3 アースソニック 函館スプリント 9 6
2013 1 1 ハクサンムーン CBC賞 2 2
2 3 フォーエバーマーク 函館スプリント 3 3
3 6 リトルゲルダ 1000万下 2 1
2012 1 7 パドトロワ 函館スプリント 3 4
2 5 エーシンダックマン CBC賞 5 7
3 4 エーシンヴァーゴウ アルクオーツスプリント(G1) 14 12
2011 1 1 エーシンヴァーゴウ OP 1 1
2 5 エーブダッチマン OP 8 2
3 11 アポロフェニックス CBC賞 10 7
2010 1 8 ケイティラブ 1600万下 9 3
2 3 ジェイケイセラヴィ OP 6 5
3 16 マルブツイースター OP 18 12

アイビスサマーダッシュと馬券の傾向

過去10年の集計から

人気と馬券

1番人気 7勝2着1回3着0回 連対率8割、複勝率8割

2番人気 0勝2着2回3着0回 連対率2割、複勝率2割

3番人気 0勝2着3回3着2回 連対率3割、複勝率5割

1番人気が7勝、連対率8割と、数ある重賞の中でも1番人気の信頼度がダントツに高いレース。一方で2番人気は連対率、複勝率2割と信頼できません。3番人気が連対率3割、複勝率5割とまずまずの成績なので、2番人気の成績の悪さが目立ちます。他では8番人気が2勝。

2桁人気の馬が馬連で絡んだことはなく、3着が2回あるのみ。あまり荒れないレースです。

前走と馬券

サマースプリントシリーズの第3戦目に指定されているため、ポイント獲得のため第1戦函館スプリントステークス、第2戦CBC賞からの参戦が目立ちます。

函館スプリントS 2勝2着1回3着2回

CBC賞        4勝2着1回3着1回

新潟競馬場は野芝で軽くスピードが出やすいため、時計が掛かって重い洋芝で行われる函館スプリントステークス組の勝率が悪い傾向。どちらの重賞からでも大半の馬が前走の人気が1桁前半なので、過去の実績は重要です。

それ以外では同じ新潟直線1000mを使って行われるオープンの韋駄天ステークスで良績を収めた馬が馬券に絡みます。

血統と馬券

アイビスサマーダッシュは純粋にダッシュ力とスピード能力が問われるので、古くはダッシュ力に定評があるサクラバクシンオー。現在はアドマイヤムーンやスウェプトオーヴァーボードなどミスタープロスペクター系でも短距離に特化した、一本調子の産駒が多い種牡馬の活躍が目立ちます。

一方で、サンデーサイレンス系の種牡馬馬は短距離向きのダイワメージャーやキンシャサノキセキがかろうじて入るだけで、ほぼ無視していいほど馬券に絡みません。

性別と馬券

3歳    0勝2着2回3着1回 占有率10.0%

4歳    4勝2着1回3着1回 占有率20.0%

5歳    3勝2着6回3着4回 占有率43.3%

6歳    1勝2着1回3着3回 占有率16.7%

7歳以上  2勝2着0回3着1回 占有率10.0%

勝ち鞍こそ4歳世代に譲りますが、全体の占有率は馬体が完成している5歳世代が圧倒。一方、ダッシュ力の要であるパワーと瞬発力は成長途上の3歳代では不利で、成長が完成すると徐々に衰えるので、高齢馬ほど馬券に絡まなくなります。

牡・騙馬 5勝2着5回3着5回

牝馬   5勝2着5回3着5回

牡・騙馬と牝馬の成績がほぼ互角。牡馬に比べ牝馬は全体数が少ないので、「夏は牝馬」の格言通り牝馬が非常に強いレースと言えます。

アイビスサマーダッシュのレース及びコースの攻略法

アイビスサマーダッシュは新潟芝直線1000mのコースで行われます。スタートはスタート手前の1000m、3200m専用の引き込み線から。

スタートから本コースに入るまで300mほどありますが、この時期になると本コースに入ると内ラチの芝が荒れて時計が掛かります。そのため内枠の馬は芝の状態が良い外に寄る必要があり大幅なコースロスが生じ、内枠が不利。基本的に終始芝の良い外目を走れる外枠の馬が圧倒的に有利です。

これは数字的にも実証でき、過去10年で馬券になった内枠・外枠の比率は

1~4枠   8頭  占有率26.7%

5~8枠 22頭 占有率73.3%

しかも内枠の奇数枠である1枠、3枠は馬券に絡んでいません。一方で外枠の7枠、8枠に絞ると占有率は46.7%と全体のほぼ半数の占めます。

平坦と呼ばれる新潟ですが芝1000mの直線コースは前半に高低差約1.6mのアップダウンが2度あり、一息では走り切れない設定。レース中に馬に一息入れる必要があり、これが勝負の分かれ目。勝ち馬のあがりが31秒台の年が4度もあるので、末脚のチェックは必要です。

2020年アイビスサマーダッシュの注目馬分析はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました