【2020年度版】府中牝馬ステークス入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る府中牝馬ステークスの入賞馬

府中牝馬ステークスの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2019 1 4 スカーレットカラー 牝4 54kg 1.44.5 稍重 ヴィクトワールピサ ウォーエンブレム
2 3 フロンテアクーン 牝6 54kg 1.44.7 メイショウサムソン サンデーサイレンス
3 8 ラッキーライラック 牝4 54kg 1.44.8 オルフェーヴル Flower Alley
2018 1 4 ディアドラ 牝4 56kg 1.44.7 ハービンジャー スペシャルウィーク
2 8 リスグラシュー 牝4 54kg 1.44.7 ハーツクライ American Post
3 2 フロンティアクーン 牝5 54kg 1.44.8 メイショウサムソン サンデーサイレンス
2017 1 7 クロコスミア 牝4 54kg 1.48.1 稍重 ステイゴールド ボストンハーバー
2 1 ヴィブロス 牝4 56kg 1.48.1 ディープインパクト Machiavellian
3 5 アドマイシャリード 牝4 56kg 1.48.3 ステイゴールド Numerous
2016 1 8 クイーンズリング 牝4 54kg 1.46.6 マンハッタンカフェ Anabaa
2 1 マジックタイム 牝5 54kg 1.46.8 ハーツクライ ブライアンズタイム
3 5 スマートレイアー 牝6 55kg 1.46.9 ディープインパクト ホワイトマズル
2015 1 8 ノボリディアーナ 牝5 54kg 1.46.3 稍重 フレンチデピュティ サンデーサイレンス
2 2 クイーンズリング 牝5 54kg 1.46.5 ディープインパクト ホワイトマズル
3 8 カフェブリリアント 牝5 55kg 1.46.5 ブライアンズタイム Caerleon
2014 1 4 ディアデラマドレ 牝4 54kg 1.45.7 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2 3 クイーンズリング 牝4 55kg 1.45.8 ディープインパクト ホワイトマズル
3 8 ホエールキャプチャ 牝6 55kg 1.45.9 クロフネ サンデーサイレンス
2013 1 7 ホエールキャプチャ 牝5 55kg 1.48.8 クロフネ サンデーサイレンス
2 8 ドナウブルー 牝5 56kg 1.48.9 ディープインパクト Bertolini
3 3 スイートサルサ 牝3 52kg 1.48.9 デュランダル Grand Lodge
2012 1 7 マイネイサベル 牝4 54kg 1.45.5 テエグノシス サンデーサイレンス
2 4 スマートシルエット 牝5 54kg 1.45.6 ファルブラヴ Deputy Minister
3 6 ドナウブルー 牝4 54kg 1.45.7 ディープインパクト Bertolini
2011 1 7 イタリアンレッド 牝5 55kg 1.46.8 稍重 ネオユニヴァース Indian Ridge
2 8 アニメイトバイオ 牝4 55kg 1.46.8 ゼンノロブロイ フレンチデピュティ
3 3 フミノイマジーン 牝5 55kg 1.46.9 マンハッタンカフェ Dixieland Band
2010 1 7 テイエムオーロラ 牝4 55kg 1.46.4 マンハッタンカフェ トニービン
2 1 セラフィックロンプ 牝6 55kg 1.46.5 マンハッタンカフェ ロイヤルスキー
3 7 スマートシルエット 牝3 53kg 1.46.6 ファルブラヴ Deputy Minister

府中牝馬ステークス入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2019 1 4 スカーレットカラー クイーンステークス 4 1
2 9 フロンテアクーン クイーンステークス 2 7
3 2 ラッキーライラック ヴィクトリアマイル 1 4
2018 1 1 ディアドラ クイーンステークス 1 1
2 2 リスグラシュー 安田記念 6 8
3 7 フロンティアクーン クイーンステークス 4 2
2017 1 5 クロコスミア 1600万下 1 1
2 1 ヴィブロス ドバイターフ 5 1
3 2 アドマイシャリード クイーンステークス 1 6
2016 1 3 クイーンズリング OP 1 2
2 2 マジックタイム 関屋記念 1 3
3 1 スマートレイアー ヴィクトリアマイル 3 4
2015 1 11 ノボリディアーナ OP 4 2
2 1 クイーンズリング OP 1 1
3 5 カフェブリリアント 関屋記念 1 7
2014 1 4 ディアデラマドレ クイーンステークス 3 5
2 1 クイーンズリング クイーンステークス 1 3
3 2 ホエールキャプチャ 札幌記念 7 3
2013 1 4 ホエールキャプチャ 札幌記念 9 14
2 5 ドナウブルー 関屋記念 2 4
3 7 スイートサルサ 1600万下 3 1
2012 1 10 マイネイサベル 新潟記念 9 17
2 5 スマートシルエット 新潟記念 4 6
3 1 ドナウブルー 関屋記念 1 1
2011 1 5 イタリアンレッド 小倉記念 4 1
2 4 アニメイトバイオ クイーンステークス 3 3
3 3 フミノイマジーン マーメイドステークス 2 1
2010 1 4 テイエムオーロラ 1600万下 6 1
2 14 セラフィックロンプ マーメイドステークス 14 2
3 2 スマートシルエット 1000万下 5 2

府中牝馬ステークスと馬券の傾向

過去10ねの集計より

人気と馬券

1番人気 1勝2着3回3着2回、連対率4割、複勝率6割

2番人気 0勝2着2回3着4回、連対率2割、複勝率6割

3番人気 1勝2着0回3着1回、連対率1割、複勝率2割

1番人気は連対率4割と連軸にするにはやや不安な結果。ただし複勝率は6割あるので連下扱いが正解。2番人気は連対率2割も複勝率は6割で馬券にはなりますが、3番人気に至って複勝率も2割とはほぼ馬券になりません。

馬券にならなかった上位人気馬は春のG1で好走した馬が多く、夏を休養に当て府中牝馬ステークスをたたき台に使ってきた馬が多数。

一方である程度実力があり、G1出走のため賞金を加算したい4.5番人気のせいせきが良いのが特徴。

4番人気 4勝2着2回3着0回 連対率6割、複勝率6割

5番人気 2勝2着2回3着1回 連対率4割、複勝率5割

これらの馬は前走G3や条件クラスで好走している馬が多く、本番を見据えて余裕残しの実力馬より、夏の勢いをそのまま残して出走してくる馬に妙味がある証拠です。人気の割に馬券になるので抑えておくのが賢明でしょう。

また2桁人気が馬券に絡んだのは3回、その内2回が優勝で、3回とも馬連。ただし、その際連対している馬は5番人気以内。馬連では5番人気以下同士で決まったことは1度もなく、本的に1~5番人気以内の馬が連軸になります。また馬連は10回中6回が5番人気以内同士3連複も4回が1~5番人気以内で決まっており、牝馬限定レースの割にさほど荒れません。

前走と馬券

春のG1実績馬が出走してきますが、前走G1出走馬で馬券になった馬は3頭のみ。優勝馬は無く、ほとんど馬券になりません。強いのは夏の重賞を叩いてきた馬です。

クイーンステークス  3勝2着3回3着2回

新潟記念       1勝2着1回3着0回

札幌記念       1勝2着0回3着1回

関屋記念       0勝2着1回3着2回

小倉記念       1勝2着0回3着0回

マーメイドステークス 0勝2着1回3着1回

ローテーション的にクイーンステークス組の成績が良いのが明らか。クイーンステークス組で馬券に絡んでいる馬は前走の着順に関わらず前走5番人気以内。また前走夏の重賞を使った馬の中で、G2札幌記念以外は前走5番人気以内で1桁着順だったのは注目。

また前走オープン、条件クラスからの挑戦であれば前走5番人気以内で勝ち負けしていることが条件です

血統と馬券

早い時計が出る牝馬のマイル戦だとディープインパクト産駒が強いのですが、過去10年でディープインパクト産駒の優勝は無く、馬券に絡んだのも5頭、16.7%と意外と低調。サンデーサイレンス系の種牡馬を父に持つ馬も全体の6割程度です。

一方でサンデーサイレンスを母の父に持つ馬が7頭馬券に絡んでおり、その内5頭が馬連でのもの。父あるいは母の父で中距離以上の産駒を多く輩出する種牡馬の血が必要で、純粋に短距離~マイル血統は馬券になりません。

性齢と馬券

3歳    0勝2着0回3着2回、占有率6.7%

4歳    7勝2着4回3着3回、占有率46.7%

5歳    3勝2着4回3着3回、占有率33.3%

6歳    0勝2着2回3着2回、占有率13.3%

7歳以上  0勝2着0回3着0回、占有率0%

中心は馬券の約半数を占める4歳馬。その次に5歳馬で、この2世代で全体の8割。7歳以上は馬券に絡んでいません。6歳馬で馬券に絡んでいる馬は過去に重賞勝ちがあるか、複数連対しています。

府中牝馬ステークスのレース及びコースの攻略法

毎日王冠はコーナーを3つ回る東京競馬場芝1800mのAコースを使用。スタートはスタンド向こう側、芝1800m専用の引き込み線から。スタートから最初のコーナーまでの156mと極端に短く、ポジション争いは熾烈。テンから早い展開になります。

また最初のコーナーまでの距離が短いため、内枠で行き脚が付かないと外から被せられるため内枠は不利。過去10年で1、2枠に優勝は無く外枠の7、8枠が7勝と結果は極端です。

第3オーナーまでのバックストレッチは542mと非常に長く、跳びが大きな馬にはスピードが出しやすいコース。第3コーナー手前で高低差1.5mの坂を上りますがさほど気にする必要はありません。この坂を上ると第4コーナーを過ぎるまで長い下り坂で加速が付けやすい構造。

第4コーナーを回ると最後の直線は525mと長く、差し・追い込みが有利。ただし第4コーナーを過ぎた直後に高低差2.1mの上り坂が待ち構えているので、勝負は坂を上り切った残り2ハロン。ここからゴールまでの約400mは平坦です。

東京の最後の直線が525mと長いため騎手同士が互いにけん制し合い追い出しが遅くなる傾向があります。また開幕から2週目なので芝の状態が良く、前がなかなか止まりません。実際に過去10年で逃げ切り勝ちが2度あります。

さらに芝が速く、稍重でも先行馬は33秒台の上り繰り出します。勝ち馬は全て上がり33秒台をマークしているので、早い上がりを繰り出せない馬はほぼ馬券になりません。

2020年府中牝馬ステークスの注目馬分析はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました