【2020年度版】富士ステークス入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る富士ステークスの入賞馬

富士ステークスの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2019 1 8 ノームコア 牝4 56kg 1.33.0 稍重 ハービンジャー クロフネ
2 5 レイエンダ 牡4 57kg 1.33.1 キングカメハメハ シンボリクリスエス
3 1 レッドオルガ 牝5 54kg 1.33.1 ディープインパクト ダンシングブレーヴ
2018 1 4 ロジクライ 牡5 56kg 1.31.7 ハーツクライ Machiavellian
2 6 ワントゥワン 牝5 54kg 1.32.0 ディープインパクト ファルブラヴ
3 7 レッドアヴァンセ 牝5 54kg 1.32.0 ディープインパクト ダンシングブレーヴ
2017 1 4 エアスピネル 牡4 57kg 1.34.8 不良 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2 8 イスラボニータ 牡6 58kg 1.35.1 フジキセキ Cozzene
3 7 クルーガー 牡5 57kg 1.35.2 キングカメハメハ ディクタット
2016 1 3 ヤングマンパワー 牡4 57kg 1.34.0 スニッツェル サンデーサイレンス
2 4 イスラボニータ 牡5 58kg 1.34.1 フジキセキ Cozzene
3 2 ダノンプラチナ 牡4 57kg 1.34.2 ディープインパクト Unbridled’s Song
2015 1 2 ダノンプラチナ 牡3 54kg 1.32.7 ディープインパクト Unbridled’s Song
2 6 サトノアラジン 牡4 56kg 1.32.7 ディープインパクト Storm Cat
3 7 ロゴタイプ 牡5 58kg 1.32.9 ローエングリン サンデーサイレンス
2014 1 8 ステファノス 牡3 54kg 1.33.2 ディープインパクト クロフネ
2 4 シャイニープリンス 牡4 56kg 1.33.2 キンングヘイロー リンドシェーバー
3 6 レッドアリオン 牡4 56kg 1.33.3 アグネスタキオン ダンシングブレーヴ
2013 1 5 ダノンシャーク 牡5 57kg 1.33.5 ディープインパクト Caerleon
2 7 リアルインパクト 牡5 58kg 1.33.6 ディープインパクト Meadowlake
3 3 シャイニープリンス 牡3 54kg 1.33.6 キンングヘイロー リンドシェーバー
2012 1 8 クラレント 牡3 54kg 1.32.4 ダンスインザダーク ダンシングブレーヴ
2 5 ファイナルフォーム 牡3 55kg 1.32.5 ディープインパクト O’Reilly
3 6 ヒットジャポット 牡5 56kg 1.32.5 フジキセキ リアルシャダイ
2011 1 7 エイシンアポロン 牡4 56kg 1.35.0 Giant’s Causeway Sadler’s Wells
2 4 アプリコットフィズ 牝4 54kg 1.35.0 ジャングルポケット サンデーサイレンス
3 3 マイネルラクリマ 牡3 54kg 1.35.2 チーフベアハート サンデーサイレンス
2010 1 5 ダノンヨーヨー 牡4 56kg 1.32.8 ダンスインザダーク フォーティナイナー
2 2 ラブコンサート 騙6 57kg 1.33.0 シングスピール Kingmambo
3 7 ガルボ 牡3 55kg 1.33.0 マンハッタンカフェ ジェネラス

富士ステークス入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2019 1 2 ノームコア ヴィクトリアマイル 5 1
2 3 レイエンダ 新潟記念 1 10
3 4 レッドオルガ ヴィクトリアマイル 3 11
2018 1 2 ロジクライ 京成杯オータムH 2 3
2 3 ワントゥワン 京成杯オータムH 3 2
3 5 レッドアヴァンセ ヴィクトリアマイル 7 3
2017 1 1 エアスピネル 札幌記念 2 5
2 4 イスラボニータ 安田記念 1 8
3 11 クルーガー マイラーズカップ 8 10
2016 1 3 ヤングマンパワー 関屋記念 3 1
2 4 イスラボニータ 安田記念 4 5
3 2 ダノンプラチナ 京成杯オータムH 2 3
2015 1 4 ダノンプラチナ 皐月賞 5 11
2 1 サトノアラジン エプソムC 1 2
3 3 ロゴタイプ オールカマー 2 4
2014 1 2 ステファノス セントライト記念 5 4
2 12 シャイニープリンス 京成杯オータムH 10 6
3 5 レッドアリオン 1600万下 2 1
2013 1 1 ダノンシャーク 京成杯オータムH 2 2
2 9 リアルインパクト ダービー卿CT 7 12
3 14 シャイニープリンス OP 4 14
2012 1 5 クラレント OP 6 8
2 3 ファイナルフォーム ラジオNIKKEI賞 2 1
3 14 ヒットジャポット OP 2 6
2011 1 1 エイシンアポロン 毎日王冠 10 4
2 6 アプリコットフィズ 京成杯オータムH 7 2
3 5 マイネルラクリマ オールカマー 3 6
2010 1 2 ダノンヨーヨー OP 1 1
2 14 ラブコンサート 安田記念 18 15
3 13 ガルボ ラジオNIKKEI賞 13 8

富士ステークスと馬券の傾向

過去1年の集計より

人気と馬券

1番人気 3勝2着1回3着0回、連対率4割、複勝率4割

2番人気 4勝2着0回3着1回、連対率4割、複勝率5割

3番人気 1勝2着3回3着1回、連対率4割、複勝率5割

1、2番人気の勝率は高いものの、連対率4割と絶対的な信頼は置けないレース。3番人気も連対率4割と上位人気が馬券になる確率はほぼ均衡。馬連に関しては近5年だと1~5番人気で収まっており堅い傾向。それ以前は1~3番人気を軸に紐荒れと極端な差があります。

過去10年で2桁人気が馬券に絡んだ年は5回、その内2回が馬連でのもの。2桁人気の優勝はありません。G2に昇格し重賞実績による別定戦になっているため、実力馬でも加算重量少なく実力の差が今後はハッキリでるレースになると考えられ、馬券はさらに堅く収まることが多くなると予想されます。

前走と馬券

前走で多いのが京成杯オータムハンデキャップ組。京成杯→富士S→マイルチャンピオンシップと、本番で叩き3戦目のローテーションを組んでいることが分かります。

京成杯オータムハンデキャップ 2勝2着3回3着1回

京成杯オータムハンデキャップ組で馬券に絡んだ6頭中1頭を除き前走2、3着。1着馬がいないことに注目。1着馬は賞金が足りているので富士ステークスをパスするか、マイルチャンピオンシップへやや余裕残しで仕上げている可能性が大。

他は前走東京春のG1やG2を使い、マイルチャンピオンシップへたたき台にしている馬が多数。前走G1だと相手関係が楽になるので、前走惨敗でも馬券に絡んできます。

前走条件戦やオープンクラスからの挑戦は5年以上前では絡んでいましたが、近5年は前走重賞からのステップでなければ馬券に絡んでいません。G2に昇格した本年度からさらにその傾向は強くなると考えらえます。

血統と馬券

ディープインパクト 3勝2着4回3着3回 占有率33.3%

キングカメハメハ  1勝2着1回3着1回 占有率10%

フジキセキ     0勝2着2回3着1回 占有率10%

ディープインパクト産駒が全体の1/3を占めるほど圧倒的な存在感を示すレース。上記3頭の種牡馬以外ではキングヘイローとダンスインザダークが共に2頭。まだ芝が良好なため非力でもスピードを活かすタイプの種牡馬が強い傾向があります。

また母の父ではサンデーサイレンスの血を持つ馬が5頭、またダンシングブレーヴが4頭入っているのは注目できます。

性齢と馬券

3歳     3勝2着1回3着3回、占有率23.3%

4歳     5勝2着4回3着2回、占有率36.7%

5歳     2勝2着3回3着5回、占有率33.3%

6歳     0勝2着2回3着0回、占有率6.7%

7歳以上   0勝2着0回3着0回、占有率0%

馬券の中心は5勝の4歳馬。馬連は4歳中心、複勝なら5歳馬という構図が見て取れます。また3歳馬の場合、秋のクラッシク路線でマイル戦は用意されていないので必然的に3歳マイラーの有力馬は富士ステークスからマイルチャンピオンシップを目指すことになります。

一方、6歳は2着2回のみ、7歳以上は馬券に絡まないなど高齢馬はかなり低調。世代間の実力差が如実に出るレースで、馬連では10年中5回が同世代馬同士の決着です。

富士ステークスのレース及びコースの攻略法

富士ステークスはコーナーを2つ回る東京芝1600mのコースを使用。タートはスタンド向こう側の引き込み線からで、スタート後直線が長く、しかも下り坂なので加速が付けやすいコース設定。また東京のコーナーは径が大きく加速をつけたまま回れます。

開幕から3日目なので芝は絶好の状態。基本的に内外の差はあまり大きくありませんが、過去10年で1枠は3着1回だけと低調。

マイルチャンピオンシップの前哨戦なので各馬余力を残しておきたいとの思惑が働くため、同じ舞台のG1ヴィクトリアマイルや安田記念ほど早い時計決着にはなりません。ただし、それでも芝が速いので勝ち時計は1分33秒前後。持ち時計は必須です。

また最後の直線が525mと長いため、差し・追い込みが有利。ここでも同様にマイルチャンピオンシップに向け余力を残しておきたいため追い出しはかなり遅め。瞬発力勝負となり、過去10年の優勝馬の中8頭が上がり33秒台で、33秒を切った年も2度。連軸は上がり時計を持っている馬です。

2020年富士ステークスの注目馬分析はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました