【2020年度版】チャレンジカップ入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見るチャレンジカップの入賞馬

チャレンジカップの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

2011年以前は秋初戦に、2012年から16年は年末に距離1800mで、2017年より年末に2000mで行われています。

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2019 1 4 ロードマイウェイ 牡3 54kg 1.59.1 ジャスタウェイ ジャングルポケット
2 6 トリオンフ 騙5 56kg 1.59.1 タートルボウル ダンスインザダーク
3 1 プレステイキング 牡4 56kg 1.59.2 ディープインパクト Medicean
2018 1 7 エアウィンザー 牡4 56kg 1.58.3 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2 2 マウントゴールド 牡5 56kg 1.58.3 ステイゴールド Mt. Livermore
3 7 ステイフーリッシュ 牡3 56kg 1.59.0 ステイゴールド キングカメハメハ
2017 1 3 サトノクロニクル 牡3 55kg 1.58.6 ハーツクライ Intikhab
2 6 デニムアンドルビー 牝7 54kg 1.58.6 ディープインパクト キングカメハメハ
3 5 プレスジャーニー 牡3 55kg 1.58.7 バトルプラン タニノギムレット
2016 1 7 マイネルハニー 牡3 55kg 1.46.5 稍重 マツリダゴッホ ナリタブライアン
2 2 ベルーフ 牡4 57kg 1.46.5 ハービンジャー サンデーサイレンス
3 5 ケイティープライド 牡6 52kg 1.45.2 ディープインパクト フレンチデピュティ
2015 1 6 フルーキー 牡5 57kg 1.46.1 Redoute’s Choice サンデーサイレンス
2 5 ヒストリカル 牡6 57kg 1.46.3 ディープインパクト ノーザンテースト
3 4 シベリアンパーブ 牡6 54kg 1.46.4 シベリアンホーク With Approval
2014 1 5 トーセンスターダム 牡3 55kg 1.45.9 ディープインパクト エンドスウィープ
2 5 デウスウルト 騙6 54kg 1.45.9 キングカメハメハ サンデーサイレンス
3 8 フルーキー 牡4 55kg 1.45.9 Redoute’s Choice サンデーサイレンス
2013 1 4 アルキメデス 牡4 55kg 1.46.5 アドマイヤムーン Seeking the Gold
2 8 カワキタフウジン 牡8 54kg 1.46.7 マーベラスサンデー ブライアンズタイム
3 8 ハナズゴール 牝4 55kg 1.46.7 オレハマッテルゼ シャンハイ
2012 1 5 ショウリュウムーン 牝5 54kg 1.46.6 キングカメハメハ ダンスインザダーク
2 2 アドマイヤタイシ 牡5 55kg 1.46.6 シングスピール Dubai Millennium
3 3 タガノエルシコ 牡7 55kg 1.46.7 マヤノトップガン ダンスインザダーク
2011 1 4 ミッキードリーム 牡4 56kg 1.59.6 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2 3 エーシンジーライン 牡6 56kg 1.59.6 Giant’s Causeway Danzig
3 8 レディアルバローザ 牝4 54kg 1.59.6 キングカメハメハ Tejano Run
2010 1 6 キャプテントゥーレ 牡5 57kg 1.59.2 アグネスタキオン トニービン
2 8 プロヴィナージュ 牝5 54kg 1.59.5 フレンチデピュティ サンデーサイレンス
3 3 アドマイヤメジャー 牡4 56kg 1.59.6 アグネスタキオン Kingmambo

チャレンジカップ入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2019 1 2 ロードマイウェイ リミテッドクラス 1 1
2 8 トリオンフ 小倉記念 1 1
3 3 プレステイキング 3勝クラス 1 1
2018 1 2 エアウィンザー OP 1 1
2 4 マウントゴールド OP 3 1
3 5 ステイフーリッシュ 菊花賞 11 11
2017 1 1 サトノクロニクル 菊花賞 6 10
2 5 デニムアンドルビー アルゼンチン共和国杯 4 8
3 2 プレスジャーニー 菊花賞 12 12
2016 1 9 マイネルハニー 福島記念 2 4
2 5 ベルーフ OP 1 3
3 11 ケイティープライド 福島記念 8 5
2015 1 1 フルーキー 富士S 2 5
2 2 ヒストリカル OP 3 1
3 11 シベリアンパーブ 1600万下 8 1
2014 1 5 トーセンスターダム 菊花賞 5 8
2 9 デウスウルト 1600万下 6 1
3 2 フルーキー 1600万下 1 1
2013 1 1 アルキメデス 1600万下 1 1
2 9 カワキタフウジン 福島記念 5 8
3 6 ハナズゴール エリザベス女王杯 9 8
2012 1 6 ショウリュウムーン スワンS 15 6
2 4 アドマイヤタイシ 福島記念 8 2
3 13 タガノエルシコ OP 9 7
2011 1 1 ミッキードリーム 1600万下 1 1
2 7 エーシンジーライン OP 3 3
3 2 レディアルバローザ クイーンS 2 6
2010 1 2 キャプテントゥーレ 安田記念 3 7
2 3 プロヴィナージュ クイーンS 3 2
3 1 アドマイヤメジャー 1600万下 1 1

チャレンジカップと馬券の傾向

2011年以前は秋初戦に、2012年から16年は年末に距離1800mで、2017年より現在と同じ年末に2000mで行われています。秋初戦と年末では出走馬の目的が異なるため、2012年からの8年で集計します。

過去8年の集計より

人気と馬券

1番人気 3勝2着0回3着0回、連対率37.5%、複勝率37.5%

2番人気 2勝2着1回3着2回、連対率37.5%、複勝率62.5%

3番人気 0勝2着0回3着1回、連対率0.0%、 複勝率12.5%

1番人気は3勝も、それ以外は馬券にならず勝つか負けるか。一方で2番人気の成績が良く、連対率は1番人気と同じで複勝率は62.5%と馬券には入れておきたい数字。一方3番人気は連対すらなく、3着が1回のみで馬券には入れに傾向です。2桁人気は過去8年で3着が3回。

年末で中距離の古馬が出走出来るG1は既に終わっており、有力馬は既に休養中。一方、今後G1など確実に出走したい馬は獲得諸金を上積みするレースそのため過去の実績で決まる人気より、ある程力がありながら一歩足りない馬が本気で仕上げてきた馬を狙うのが馬券の近道と言えます。

そのため4~9番人気の馬も十分チャンスがあり、1桁人気なら調教や過去の成績を見極めて馬券の取捨選択をする必要があります。

前走と馬券

前走重賞組は、本来長距離向きでなくともクラッシクなので菊花賞に参戦した3歳中距離馬と、チャンピオンカップと走破距離が近く右回りの福島記念から参戦する馬が馬券に多く絡むレース。特に菊花賞組は前走2桁着順でも、適距離に戻るので馬券に絡みます。

菊花賞   2勝2着0回3着2回 占有率16.7%

福島記念  1勝2着2回3着1回 占有率16.7%

他は小倉記念、アルゼンチン共和国杯、富士ステークス、エリザベス女王杯、スワンステークスが各1頭ずつなので、この前述2レースから出走してきたら注意が必要。

またリミテッド・オープン、及び3勝クラス(旧1600万下)からの出走も全体の37.5%ほどあり、9頭中8頭が前走1着下級条件からの挑戦であれば、調教で前走の調子を維持していれば買って損はないでしょう。

血統と馬券

父サンデーサイレンス系50%、ノーザンダンサー系25%、ミスタープロスペクター系21%、ロベルト系4%。現状日本の血統比率からすればサンデーサイレンス系がやや弱いレース

サンデーサイレンス系であればディープインパクトが5頭、ステイゴールドが2頭と長距離実績のある種牡馬向き。ミスタープロスペクター系であればキングカメハメハが3頭、ノーザンダンサー系は現役時代2000~24000mで活躍した馬が多く、母の父はサンデーサイレンス系が多数。

母の父は現役時代に中長距離を得意としていた馬がほとんど。実際に走る距離以上にスタミナが必要なレースであることが分かります。

性齢と馬券

3歳     4勝2着0回3着2回、占有率25.0%

4歳     2勝2着1回3着3回、占有率25.0%

5歳     2勝2着3回3着0回、占有率20.8%

6歳     0勝2着2回3着2回、占有率16.7%

7歳以上   0勝2着2回3着1回、占有率12.5%

基本的に3~5歳馬が馬券になる確率はあまり変わりませんが、馬体がフレッシュな馬ほど成績が良いことが分かります。一方で6歳馬以上は勝ち鞍が無くなりますが、前走OPや3勝クラスからでも馬券に絡んできているので、年齢での取捨選択はやや難しい傾向です。

牝馬は過去8年で1勝2着1回3着1回。馬券に絡んだ全て過去G1で好走歴があるので、G3とはいえ牝馬が馬券に絡むにはそれなりの実績が必要です。

チャレンジカップのレース及びコースの攻略法

チャレンジカップは阪神芝内回り2000mを使用、スタートはスタンド正面ゴール前手前の坂の下から。スタート後の直線が短く坂もあることからポジション争いはやや早め。直ぐに径の小さな第1コーナーのスパイラルカーブに入るため、1枠は外から被せられて不利。

阪神内回りは1周約1700m、ゴール前位の直線は356mと短いため逃げ、先行が圧倒的に有利ゴール手前に高低差1.9mの急坂がありますが、チャレンジカップは開幕初日なので芝の状態が良く、道中スタミナロスが少ないため多少ペースが速くても上り切れます。

また開幕週のため時計ははや早め。勝ち時計は2分を切るので、2000mの持ち時計は必須です。

2020年チャレンジカップの注目馬分析はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました