【2021年度版】京都金杯入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る京都金杯の入賞馬

京都金杯の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2020 1 2 サウンドキアラ 牝5 53kg 1.34.0 ディープインパクト アグネスデジタル
2 3 ダイアソニック 牡5 57kg 1.34.2 ロードカナロア サンデーサイレンス
3 4 ボンセルヴィーソ 牡6 54kg 1.34.4 ダイワメジャー サクラローレル
2019 1 6 パックスアメリカーナ 牡4 55kg 1.34.9 クロフネ サンデーサイレンス
2 8 マイスタイル 牡5 56kg 1.35.0 ハーツクライ フォーティナイナー
3 4 ミエノサクシード 牝6 54kg 1.35.1 ステイゴールド A.P. Indy
2018 1 6 ブラックムーン 牡6 57kg 1.34.3 アドマイヤムーン ジェネラス
2 8 クルーガー 牡6 57.5kg 1.34.4 キングカメハメハ ディクタット
3 5 レッドアンシェル 牡4 56kg 1.34.4 マンハッタンカフェ Storm Cat
2017 1 3 エアスピネル 牡4 56.5kg 1.32.8 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2 1 ブラクスピネル 牡4 55kg 1.32.8 タニノギムラット アグネスデジタル
3 3 フィエロ 牡8 57.5kg 1.32.9 ディープインパクト デインヒル
2016 1 4 ウインプリメーラ 牝6 53kg 1.33.0 ステイゴールド フォーティナイナー
2 7 テイエムタイホー 牡7 57kg 1.33.1 ニューイングランド Lord at War
3 3 ミッキーラブソング 牡5 54kg 1.33.3 キングカメハメハ フジキセキ
2015 1 2 ウインフルブルーム 牡4 55kg 1.32.8 スペシャルウィーク サクラユタカオー
2 1 エキストラエンド 牡6 57kg 1.32.8 ディープインパクト Garde Royale
3 1 マイネルメリエンダ 牡4 54kg 1.32.9 チーフベアハート スペシャルウィーク
2014 1 1 エキストラエンド 牡5 55kg 1.32.5 ディープインパクト Garde Royale
2 3 オースミナイン 牡4 54kg 1.32.7 ディープインパクト ノーザンテースト
3 5 ガルボ 牡7 58kg 1.32.8 マンハッタンカフェ ジェネラス
2013 1 1 ダノンシャーク 牡5 57kg 1.33.5 ディープインパクト Caerleon
2 2 トライアンフマーチ 牡7 58kg 1.33.9 スペシャルウィーク ダンシングブレーヴ
3 4 ヤマニンウイスカー 牡7 53kg 1.33.9 マンハッタンカフェ Sadler’s Wells
2012 1 2 マイネルラクリマ 牡4 55kg 1.32.9 チーフベアハート サンデーサイレンス
2 4 ダノンシャーク 牡4 54kg 1.33.1 ディープインパクト Caerleon
3 8 アスカトップレディ 牡5 53kg 1.33.1 アドマイヤボス シャーディー
2011 1 1 シーポルト 牡6 57kg 1.33.4 ホワイトマズル サンデーサイレンス
2 3 ガルボ 牡4 56kg 1.33.4 マンハッタンカフェ ジェネラス
3 2 ライブコンサート 騙7 57.5kg 1.33.6 シングスピール Kingmambo

京都金杯入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 3 サウンドキアラ リミテッドクラス 1 3
2 2 ダイアソニック マイルCS 4 10
3 14 ボンセルヴィーソ 3勝クラス 3 1
2019 1 1 パックスアメリカーナ OP 2 1
2 5 マイスタイル 中日新聞杯 2 8
3 1 ミエノサクシード ターコイズS 12 9
2018 1 4 ブラックムーン OP 2 5
2 3 クルーガー マイルCS 8 7
3 1 レッドアンシェル OP 4 1
2017 1 1 エアスピネル 菊花賞 6 3
2 6 ブラクスピネル チャレンジC 2 5
3 5 フィエロ 阪神C 5 3
2016 1 3 ウインプリメーラ OP 5 5
2 13 テイエムタイホー 阪神C 6 16
3 7 ミッキーラブソング OP 3 2
2015 1 5 ウインフルブルーム チャレンジC 4 8
2 4 エキストラエンド マイルCS 12 5
3 7 マイネルメリエンダ OP 8 5
2014 1 6 エキストラエンド 毎日王冠 9 9
2 1 オースミナイン 1600万下 1 1
3 5 ガルボ 阪急杯 10 2
2013 1 1 ダノンシャーク マイルCS 6 6
2 6 トライアンフマーチ 朝日チャレンジC 8 11
3 7 ヤマニンウイスカー OP 7 3
2012 1 3 マイネルラクリマ OP 5 3
2 2 ダノンシャーク 1600万下 1 1
3 10 アスカトップレディ 愛知杯 4 10
2011 1 7 シーポルト OP 2 1
2 3 ガルボ 阪神C 8 4
3 2 ライブコンサート マイルCS 12 5

京都金杯と馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 3勝2着1回3着2回、連対率4割、複勝率6割

2番人気 0勝2着2回3着1回、連対率2割、複勝率3割

3番人気 3勝2着2回3着0回、連対率5割、複勝率5割

1番人気は3勝、連対率4割、複勝率6割なので連軸としてはやや心許ないものの押さえておく必要がある数字。一方、2番人気は過去10年で優勝は無く、連対率2割、複勝率3割とあまり信用できません。対抗として押し出されて人気なら消しか。

3番人気は連対率、複勝率5割と1番人気と遜色なく、こちらは馬券的に連軸として妙味。

馬連は比較的堅く、過去10年で8回も6番人気以内同士で決着しています。また過去10年で9回も1番人気か3番人気が連軸として馬券に絡んでおり、2桁人気が馬連で馬券に絡んだ年も対抗は3番人気。そのため1番人気か3番人気を中心に流すと高確率で馬券が取れます。

前走と馬券

オープン・リミテッド 6勝2着0回3着4回

3勝クラス        0勝2着2回3着1回

マイルCS             1勝2着2回3着1回

チャレンジカップ      1勝2着2回3着0回

阪神カップ         0勝2着2回3着1回

意外ですが前走オープン・リミテッドクラスからの格上挑戦組の成績が良く6勝、過去10年で馬券になった馬の1/3を占める好成績。10頭中9頭が前走5番人気以内でかつ掲示板に載っています。

重賞からではやはりマイルチャンピンシップからの成績が良く、こちらは前走の人気や成績はあまり関係ありません。重ハンデを背負いますが、それなりに馬券に絡んできます。

他の重賞からではマイル以下より1600m~2000mの重賞を叩いてきている馬の方が、着順は上位に来ています。冬なので芝が重く時計が掛かるため、スピードよりスタミナ重視か。

血統と馬券

ディープインパクト  2勝2着3回3着1回

ステイゴールド    1勝2着0回3着1回

マンハッタンカフェ  0勝2着1回3着1回

スペシャルウィーク  1勝1着1回3着0回

キングカメハメハ   1勝2着1回3着1回

マイル戦ということもありディープインパクトをはじめとしサンデーサイレンス系種牡馬を父に持つ産駒が強いレース。全体でも19頭がサンデーサイレンス系の種牡馬を父に持っています。ただし、時計がややかかるため中距離以上でも実績がある種牡馬に偏ります。

一方、ミスタープロスペクター系とノーザンダンサー系の成績はあまり良くなく、共に全体の16.7%。ただしこ前後5年で割合が逆転しており、近年はミスタープロスペクター系の占める割合が増えています。日本を席巻していたノーザンダンサー系がサンデーサイレンス系やミスタープロスペクター系の種牡馬に塗り替えられている証と言えます。

性齢と馬券

4歳     4勝2着3回3着2回、占有率30.0%

5歳     3勝2着2回3着2回、占有率23.3%

6歳     3勝2着2回3着2回、占有率23.3%

7歳以上   0勝2着2回3着4回、占有率13.4%

ハンデキャップ競争らしく4~5歳までに成績はあまり変わりません。一方さすがに力が衰えてくる7歳以上は勝ち鞍こそありませんが、紐では比較的多く馬券に絡みます。7歳以上で馬券に絡んだ6頭中5頭は7番人気以内。そこそこ人気があれば紐付すると馬券的に妙味があります。

牝馬は過去10年で2勝3着1回で全体の10%。3頭は共にサンデーサイレンス系で5歳1頭、6歳2頭。牝馬は冬に脂肪がつきやすいためマイルに必要な切れ味が鈍ります。体調管理がしやすい古馬が万全の態勢で出走してこない限り、牝馬は軽視して良いでしょう。

ハンデと馬券

52kg以下   0勝2着0回3着0回、占有率0%

53~54kg   2勝2着2回3着6回、占有率33.3%

55~56kg   5勝2着3回3着1回、占有率30.%

57kg以上   3勝2着5回3着3回、占有率36.7%

極端な軽ハンデ馬は実力不足で馬券に絡みませんが、53~54kg台の軽ハンデ馬が紐に絡みやすいレース。マイル戦は切れ味が必要なのである55~56kg程度で馬齢の定量より軽いハンデの馬に有利に働くのが分かります。

一方、実力を認められた57kg以上の馬が勝ち切るのは難しく、2着が多い印象。馬齢の負担重量より1~2kg恩恵をもらい、当日調子の良い馬をピックアップするのが妥当です。

京都金杯のレース及びコースの攻略法

2021年の京都金杯は左回りでコーナーを3つ回る中京芝1600mのコースを使用。スタートは1600m用の引き込み線から。スタートから最初のコーナーまで199mと極端に短く、天が早くない馬はここで置いて行かれます。そのため先行争いは熾烈。

最初のコーナーを過ぎるとバックストレッチは409mと長くスピードが出しやすいコース。緩やかな上り坂が続きますが、レースにあまり影響しません。第3コーナーから第4コーナーに掛けて高低差3.5mの長い下り坂が続くので、ここで一気にペースが速くなります。

最後の直線は412.5mと非常に長く、ゴール手前約300mの所に高低差2mの急坂が待ち受けます。スタート直後にスピードを出し過ぎた馬はここで失速します。

そのため基本的に差し、追い込み馬が有利。また高低差があるため実際よりスタミナが必要で、マイル以上の距離でも実績のある馬を狙うのが良いでしょう。

ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました