【2021年度版】京都記念入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る京都記念の入賞馬

京都記念の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2020 1 7 クロノジェネシス 牝4 54kg 2.16.4 パゴ クロフネ
2 1 カレンブーケドール 牝4 53kg 2.16.8 ディープインパクト Scat Daddy
3 5 ステイフーリッシュ 牡5 56kg 2.17.1 ステイゴールド キングカメハメハ
2019 1 6 タンビュライト 牡5 56kg 2.14.8 ルーラーシップ サンデーサイレンス
2 7 ステイフーリッシュ 牡4 56kg 2.14.8 ステイゴールド キングカメハメハ
3 8 マカヒキ 牡6 57kg 2.14.9 ディープインパクト フレンチデピュティ
2018 1 4 クリンチャー 牡4 55kg 2.16.3 ディープスカイ ブライアンズタイム
2 8 アルアイン 牡4 57kg 2.16.5 ディープインパクト Essence of Dubai
3 6 レイデオロ 牡4 57kg 2.16.5 キングカメハメハ シンボリクリスエス
2017 1 6 サトノクラウン 牡5 58kg 2.14.1 稍重 Marju Rossini
2 4 スマートレイアー 牝7 54kg 2.14.3 ディープインパクト ホワイトマズル
3 3 マカヒキ 牡4 57kg 2.14.3 ディープインパクト フレンチデピュティ
2016 1 4 サトノクラウン 牡4 56kg 2.17.7 Marju Rossini
2 4 タッチングスピーチ 牝4 53kg 2.18.2 ディープインパクト Sadler’s Wells
3 2 アドマイヤデウス 牡5 57kg 2.18.2 アドマイヤドン サンデーサイレンス
2015 1 6 ラブリーデイ 牡5 56kg 2.11.5 キングカメハメハ ダンスインザダーク
2 7 スズカデヴィアス 牡4 55kg 2.11.5 キングカメハメハ サンデーサイレンス
3 4 キズナ 牡5 57kg 2.11.5 ディープインパクト Storm Cat
2014 1 8 デスペラード 牡6 57kg 2.16.0 稍重 ネオユニヴァース トニービン
2 7 トーセンラー 牡6 58kg 2.16.1 ディープインパクト Lycius
3 7 アンコイルド 牡5 56kg 2.16.3 Giant’s Causeway Alzao
2013 1 8 トーセンラー 牡5 56kg 2.12.5 ディープインパクト Lycius
2 1 ベールドインパクト 牡4 55kg 2.12.7 ディープインパクト ドクターデヴィアス
3 8 ショウナンマイティ 牡5 57kg 2.12.8 マンハッタンカフェ Storm Cat
2012 1 3 トレイルブレイザー 牡5 57kg 2.12.4 ゼンノロブロイ フォーティナイナー
2 1 ダークシャドウ 牡5 57kg 2.12.7 ダンスインザダーク Private Account
3 8 ヒルノダムール 牡5 58kg 2.12.9 マンハッタンカフェ ラムタラ
2011 1 2 トゥザグローリー 牡4 56kg 2.13.9 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2 5 メイショウベルーガ 牝6 56kg 2.14.0 フレンチデピュティ Sadler’s Wells
3 8 ヒルノダムール 牡4 56kg 2.14.2 マンハッタンカフェ ラムタラ

京都記念入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 1 クロノジェネシス エリザベス女王杯 2 5
2 2 カレンブーケドール ジャパンカップ 5 2
3 3 ステイフーリッシュ AJCC 5 2
2019 1 6 タンビュライト AJCC 3 6
2 1 ステイフーリッシュ 中山金杯 1 2
3 2 マカヒキ 有馬記念 12 10
2018 1 4 クリンチャー 菊花賞 10 2
2 3 アルアイン 菊花賞 2 7
3 1 レイデオロ ジャパンカップ 2 2
2017 1 3 サトノクラウン 香港ヴァース 4 1
2 5 スマートレイアー 香港ヴァース 6 5
3 1 マカヒキ 凱旋門賞 1 14
2016 1 6 サトノクラウン 天皇賞秋 7 17
2 3 タッチングスピーチ エリザベス女王杯 4 3
3 4 アドマイヤデウス 有馬記念 11 7
2015 1 3 ラブリーデイ 中山金杯 4 1
2 4 スズカデヴィアス ステイヤーズS 6 4
3 2 キズナ 天皇賞春 1 4
2014 1 6 デスペラード 有馬記念 7 7
2 2 トーセンラー マイルCS 2 1
3 4 アンコイルド ジャパンカップ 5 8
2013 1 6 トーセンラー 新潟記念 1 7
2 3 ベールドインパクト OP 1 1
3 2 ショウナンマイティ 宝塚記念 6 3
2012 1 5 トレイルブレイザー 香港ヴァース 5 6
2 1 ダークシャドウ 天皇賞秋 2 2
3 3 ヒルノダムール 有馬記念 8 6
2011 1 1 トゥザグローリー 有馬記念 14 3
2 5 メイショウベルーガ 有馬記念 9 12
3 2 ヒルノダムール 日経新春杯 3 2

京都記念と馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 2勝2着2回3着2回、連対率4割、複勝率6割

2番人気 0勝2着2回3着4回、連対率2割、複勝率6割

3番人気 2勝2着3回3着2回、連対率5割、複勝率7割

相対的に1、2人気の連対率は悪いものの、複勝率は共に6割と馬券には絡んできます。一方で3番人気の連対率が5割、複勝率が7割もあるので3番人気を軸に考えるのが馬券的には妙味

非常に堅いレースで、過去10年で2桁人が馬券に絡んだことは1度もなくさらに3着まで6番人気以内の馬で決着しています。さらに馬連で1~3番人気全てが飛んだことは1度もありません

G2格の別定戦なので、出走メンバーはほとんどG1経験馬。G1に一歩手が届かずに重賞のタイトルが欲しい馬が多く、獲得賞金も高いので、有力馬も本気で仕上げてきます。

前走と馬券

菊花賞       1勝2着1回3着0回、占有率6.7%

エリザベス女王杯  1勝2着1回3着0回、占有率6.7%

ジャパンカップ   0勝2着1回3着2回、占有率10.0%

香港ヴァース    2勝2着1回3着0回、占有率10.0%

有馬記念      2勝2着1回3着3回、占有率20.0%

その他G1        1勝2着2回3着3回、占有率20.0%

G2格          1勝2着1回3着2回、占有率13.3%

G3格          2勝2着1回3着0回、占有率10.0%

OP・リミテッド    0勝2着1回3着0回、占有率3.3%

前走G1だった馬が全体の73%と圧倒的多数を占めるレース。オープンクラスからの格上挑戦は僅か1頭と完全に格が物を言うレースです。その中でも香港ヴァースと有馬記念組の成績が良く共に2勝G1でも前走2000m以上のレースを走っていないとほぼ馬券になりません。

また30頭中27頭が前走1桁着順G1で好走できる実力が無いと馬券に絡めないレースです。

血統と馬券

サンデーサイレンス系種牡馬が父の馬が強いレースで、30頭中19頭、63.3%が父サンデーサイレンス直系種牡馬。その中でもディープインパクト産駒の強さが特出し10頭、実に馬券の1/3を占めます。サンデーサイレンス系種牡馬であれば現役時代中長距離で実績を挙げた馬が大多数です。

他の日本の主流血統であるミスタープロスペクター系は6頭で全体の20%6頭中5頭がキングカメハメハの血を持っています。他はノーザンダンサー系が4頭、他1頭に過ぎません。

性齢と馬券

4歳     4勝2着6回3着3回、占有率43.4%

5歳     5勝2着1回3着6回、占有率40.0%

6歳     1勝2着2回3着1回、占有率13.3%

7歳以上   0勝2着1回3着0回、占有率3.3%

4歳馬と5歳馬がほぼ拮抗していますが、連軸で考えれば4歳馬が中心。4歳馬はクラッシク路線でG1や重賞に手が届かなかった実力馬が多く、ここで重賞タイトルと本賞金を加算して古馬G1路線への出走権を確実にしたい思惑が働いているので気度が違います。

一方高齢馬は苦戦気味。G1に常時出走しているような実績馬であればこの時期休養に充てているため、ここに出走してくる高齢馬は格下。

なお牝馬は1勝2着4回3着0回。いずれの馬も前走G1を使っているので、該当する牝馬がいれば買い。

京都記念のレース及びコースの攻略法

2021年に京都記念はコーナーを4つ回る阪神芝内回り2200mを使用。スタートはスタート正面、第4コーナーのコースと兼用の引き込み線から。スタートから第1コーナーまで直線が530mもあり、フラットなコースが続くので先行争いはさほど厳しくありません。

途中ゴール前を通過するため急坂を登りますが、その後は基本平坦です。第4コーナーから下り坂なので加速が付けやすいのですが、阪神の内回りはお結び型で第4コーナーはほぼ直角に近い形。ここでスピードを上げ過ぎると遠心力で外に振られコースロスが生じます。

最後の直線は356.5mと短めで、さらゴール手前に高低差1.9mの急坂が待ち受けます。ただし開幕週なので芝の状態が良く、勢いで上り切れます。そのため逃げ、先行馬が有利なコースです。

↓2021年京都記念の注目馬分析はこちら↓

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました