【2021年度版】阪神大賞典入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る阪神大賞典の入賞馬

阪神大賞典の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2020 1 8 ユーキャンスマイル 牡5 56kg 3.03.0 キングカメハメハ ダンスインザダーク
2 4 トーセンカンビーナ 牡4 55kg 3.03.3 ディープインパクト Hawk Wing
3 6 メイショウテンゲン 牡4 55kg 3.03.4 ディープインパクト フレンチデピュティ
2019 1 8 シャケトラ 牡6 57kg 3.06.5 稍重 マンハッタンカフェ シングスピール
2 6 カフジプリンス 牡6 56kg 3.07.3 ハーツクライ シンボリクリスエス
3 1 ロードヴァンドール 牡6 56kg 3.07.7 ダイワメジャー Storm Cat
2018 1 6 レインボーライン 牡5 56kg 3.03.6 ステイゴールド フレンチデピュティ
2 6 サトノクロニクル 牡4 55kg 3.03.8 ハーツクライ Intikhab
3 7 クリンチャー 牡4 56kg 3.04.0 ディープスカイ ブライアンズタイム
2017 1 8 サトノダイヤモンド 牡4 57kg 3.02.6 ディープインパクト Orpen
2 3 シュヴァルグラン 牡5 57kg 3.02.8 ハーツクライ Machiavellian
3 4 トーセンバジル 牡5 56kg 3.03.2 ハービンジャー フジキセキ
2016 1 8 シュヴァルグラン 牡4 55kg 3.05.8 ハーツクライ Machiavellian
2 6 タンタアレグリア 牡4 55kg 3.06.2 ゼンノロブロイ Stuka
3 2 アドマイヤデウス 牡5 57kg 3.06.7 アドマイヤドン サンデーサイレンス
2015 1 7 ゴールドシップ 牡6 58kg 3.05.9 ステイゴールド メジロマックイーン
2 2 デニムアンドルビー 牝5 54kg 3.06.1 ディープインパクト キングカメハメハ
3 1 ラストインパクト 牡5 57kg 3.06.6 ディープインパクト ティンバーカントリー
2014 1 1 ゴールドシップ 牡5 58kg 3.06.6 ステイゴールド メジロマックイーン
2 8 アドマイヤラクティ 牡6 56kg 3.07.2 ハーツクライ エリシオ
3 2 バンデ 牡4 55kg 3.07.2 Authorized Priolo
2013 1 7 ゴールドシップ 牡4 57kg 3.05.0 ステイゴールド メジロマックイーン
2 6 デスペラード 牡5 56kg 3.05.3 ネオユニヴァース トニービン
3 3 フォゲッタブル 牡7 56kg 3.05.5 ダンスインザダーク トニービン
2012 1 1 ギュスターヴクライ 牡4 55kg 3.11.8 稍重 ハーツクライ Fabulous Dancer
2 8 オルフェーブル 牡4 57kg 3.11.9 ステイゴールド メジロマックイーン
3 5 ナムラクレセント 牡7 57kg 3.12.3 ヤマニンセラフィム サクラショウリ
2011 1 3 ナムラクレセント 牡6 57kg 3.04.4 ヤマニンセラフィム サクラショウリ
2 2 コスモメドウ 牡4 56kg 3.05.0 キングズベスト Sadler’s Wells
3 6 モンテクリスエス 牡6 57kg 3.05.1 シンボリクリスエス ラストタイクーン

阪神大賞典入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 2 ユーキャンスマイル ジャパンカップ 4 5
2 5 トーセンカンビーナ 3勝クラス 1 1
3 4 メイショウテンゲン ダイヤモンドS 3 2
2019 1 1 シャケトラ AJCC 7 1
2 6 カフジプリンス 1600万下 4 3
3 10 ロードヴァンドール 日経新春杯 11 13
2018 1 3 レインボーライン 有馬記念 9 8
2 4 サトノクロニクル 有馬記念 11 9
3 1 クリンチャー 京都記念 4 1
2017 1 1 サトノダイヤモンド 有馬記念 1 1
2 2 シュヴァルグラン 有馬記念 5 6
3 5 トーセンバジル ジャパンカップ 12 11
2016 1 1 シュヴァルグラン 日経新春杯 1 2
2 4 タンタアレグリア ダイヤモンドS 1 4
3 3 アドマイヤデウス 京都記念 4 3
2015 1 1 ゴールドシップ AJCC 1 7
2 7 デニムアンドルビー 有馬記念 16 9
3 2 ラストインパクト 有馬記念 7 7
2014 1 1 ゴールドシップ 有馬記念 2 3
2 5 アドマイヤラクティ 有馬記念 3 11
3 3 バンデ 1600万下 1 1
2013 1 1 ゴールドシップ 有馬記念 1 1
2 3 デスペラード OP 1 1
3 5 フォゲッタブル ダイヤモンドS 9 7
2012 1 3 ギュスターヴクライ ダイヤモンドS 1 2
2 1 オルフェーブル 有馬記念 1 1
3 5 ナムラクレセント 日経新春杯 5 3
2011 1 3 ナムラクレセント 日経新春杯 7 4
2 1 コスモメドウ ダイヤモンドS 2 1
3 6 モンテクリスエス ダイヤモンドS 5 5

阪神大賞典と馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 5勝2着2回3着1回、連対率7割、複勝率8割

2番人気 1勝2着1回3着1回、連対率2割、複勝率3割

3番人気 3勝2着1回3着2回、連対率4割、複勝率6割

1番人気が5勝、連対率7割、複勝率8割と馬連でも十分に信頼できるレース。まず馬券は抑える必要があるでしょう。

3000m超の長距離重賞自体の数が少なく、JRA所属馬もステイヤータイプが減少傾向。天皇賞春を目指すG1級の馬が出走するので、各馬の優劣がはっきりしています。また別定戦で斤量による差が出難いため、人気がそのまま着順になる傾向にあります。

2人気は連対率2割、複勝率3割と1番人気に比べ馬券になりません。これは2番人気ということを気にして1番人気を負かしに行こうとするためで、結果として惨敗するケースが多いため。

一方で3番人気が3勝、連対率4割、複勝率6割と1番人気と遜色ない数字を残しています。これは2番人気ほど1番人気を気にする必要が無く、自分のレースに徹するため。

2桁人気が馬券に絡んだのは過去10年で3着が1回あるのみ。ステイヤーは適性がハッキリしているので上位人気と下位人気で実力差がかなりあり、加えて別定戦なので下位人気の馬はほとんど馬券になりません。

過去10年で馬連が5番人気以内で決まった年は8回2桁人気が馬券に絡んだ1回以外は3着まで7番人気以内の馬で決まっています。非常に堅いレースの一つです。

前走と馬券

ジャパンカップ    1勝2着0回3着1回

有馬記念       3勝2着5回3着1回

日経新春杯      1勝2着0回3着2回

AJCC・京都記念   2勝2着0回3着2回

ダイヤモンドS    1勝2着2回3着3回

OP・L・条件クラス  0勝2着3回3着1回

有馬記念出走馬が3勝2着5回と圧倒的に強いレース。有馬記念自体がステイヤー向きのレースで、尚且つG1中のG1馬が揃うので、厳しいレースを経験している分、メンバーが手薄な阪神大賞典では高いパフォーマンスを発揮します。

それ以外ではジャパンカップ、日経新春杯、AJCC、京都記念、ダイヤモンドステークスなど2200m超のレースを使ってきた馬が馬券に絡み、それ以下の距離からの出走は馬券になっていません

またオープンなど格上挑戦組は相対的に弱く、優勝は無し。格上挑戦組4頭中3頭は前走1着、残り1頭も3着と全て馬券に絡んでいます。それ以外なら切り。

血統と馬券

サンデーサイレンス系     24頭

ミスタープロスペクター系  3頭

ノーザンダンサー系     2頭

ロベルト系         1頭

サンデーサイレンス系種牡馬を父に持つ馬が圧倒的に強いレース。過去10年で馬券になった30頭中24頭、実に80%を占めます。その中でもディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライが強く、この3頭で16頭、馬券全体の半数以上を占めます。

一方他の系統は弱く、ミスタープロスペクター系の場合は母系に2400m以上で実績のある種牡馬が入っていなければ馬券になりません。ノーザンダンサー系やロベルト系でも種牡馬が現役時代に2400m超のレースで実績がないようなら馬券になりません。

性齢と馬券

4歳     4勝2着5回3着3回、占有率40.0

5歳     3勝2着3回3着3回、占有率30.0%

6歳     3勝2着2回3着2回、占有率23.3%

7歳以上   0勝2着0回3着2回、占有率6.7%

勝ち鞍は4~6歳で分け合いますが、馬券の中心は2着が5回ある4歳馬ハンデが1kg軽いという恩恵が多少かかわっていると思われます。1頭を除いていずれの4歳馬も前走2200m超えの重賞を使っているか、菊花賞を走っています。これ以外からなら基本切り。

一方で、7歳以上の高齢馬もあまり馬券にならず、3着に入った2頭はいずれも3000m超の重賞勝利実績があります。

阪神大賞典のレース及びコースの攻略法

阪神大賞典はコーナーを6つ回る芝内回り3000mを使用。スタートはスタンド向こう側、第2コーナーを回った辺りから。スタートから最初のコーナーまで334m。長距離レースなので天から早くなることはなく、ポジション争いはスムーズ。

阪神内回りは1周1689mと小回りで、全体的にスピードは上がりません。また阪神の急坂を2回上ることになりますがコース全体の高低差は1.9mと小さく、この上り坂以外は平坦か下り坂なので道中スタミナロスは余りありません。

そのため先行馬がばてることが少なく、尚且つ最後の直線も359mと短いため逃げ、先行馬が圧倒的に有利過去10年で馬券に絡んだ30頭中22頭が4コーナーを回った時点で5番手以内4番手以内だと21頭逃げ切り勝ちはありませんが7番低下からの差し切り勝ちもありません

レースの上がり自体も35秒を切ることが無いので、先行押切方の馬を狙うのがセオリーです。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

  1. […] 【2021年度版】阪神大賞典入賞馬データ過去10年のデータから見る阪神大賞典の入賞馬阪神大賞典の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧年着枠番馬名性齢斤量タイム馬場父 […]

タイトルとURLをコピーしました