【2021年度版】中京記念入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る中京記念の入賞馬

中京記念の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2020 1 7 メイケイダイハード 牡5 53kg 1.32.7 ハードスパン キングカメハメハ
2 7 ラセット 牡5 55kg 1.32.7 モンテロッソ アスネスタキオン
3 8 エントシャイデン 牡5 56kg 1.32.8 ディープインパクト サクラバクシンオー
2019 1 3 グルーヴィット 牡3 52kg 1.33.6 稍重 ロードカナロア スペシャルウィーク
2 3 クリノガウディー 牡3 52kg 1.33.6 スクリーヒーロー ディアブロ
3 4 プリモシーン 牝4 55.5kg 1.33.7 ディープインパクト Fastnet Rock
2018 1 8 グレーターロンドン 牡6 56.5kg 1.32.3 ディープインパクト ドクターデヴィアス
2 6 ロジクライ 牡5 56kg 1.32.4 ハーツクライ Machiavellian
3 2 リライアブルエース 牡5 54kg 1.32.6 ディープインパクト Unusual Heat
2017 1 2 ウインガニオン 牡5 57kg 1.33.2 ステイゴールド ポリッシュネイビー
2 3 グランシルク 牡5 56kg 1.33.6 ステイゴールド Unusual Heat
3 8 ブラックムーン 牡5 57kg 1.33.6 アドマイヤムーン ジェネラス
2016 1 7 ガルバルディ 牡5 55kg 1.33.6 ディープインパクト Zafonic
2 4 ピークトラム 牡5 56kg 1.33.7 チチカステナンゴ スペシャルウィーク
3 6 ケントオー 牡4 56kg 1.33.8 ダンスインザダーク トウカイテイオー
2015 1 3 スマートオリオン 牡5 57kg 1.33.4 グラスワンダー ウイニングチケット
2 1 アルマディヴァン 牝5 52kg 1.34.4 メジロベイリー メジロライアン
3 5 ダローネガ 牡6 55kg 1.33.5 ダイワメジャー ホワイトマズル
2014 1 8 サダムパテック 牡6 58kg 1.37.1 稍重 フジキセキ エリシオ
2 7 ミッキードリーム 牡7 56kg 1.37.1 キングカメハメハ サンデーサイレンス
3 4 マジェスティハーツ 牡4 56kg 1.37.1 ハーツクライ ボストンハーバー
2013 1 8 フラガラッハ 牡6 57kg 1.33.5 デュランダル トニービン
2 6 ミッキードリーム 牡6 57kg 1.33.6 キングカメハメハ サンデーサイレンス
3 3 リルダヴァル 牡6 57kg 1.33.8 アグネスタキオン サンダーガルチ
2012 1 1 フラガラッハ 牡5 57kg 1.35.1 デュランダル トニービン
2 8 ショウリュウムーン 牝5 54kg 1.35.3 キングカメハメハ ダンスインザダーク
3 5 トライアンフマーチ 牡6 58kg 1.35.4 スペシャルウィーク ダンシングブレーヴ
2011 1 2 ナリタクリスタル 牡5 56kg 2.00.0 稍重 スペシャルウィーク ペンタイア
2 8 シャドウゲイト 牡9 58kg 2.00.4 ホワイトマズル サンデーサイレンス
3 1 アンノルーチェ 牡6 56kg 2.00.4 サッカーボーイ フジキセキ

中京記念入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 18 メイケイダイハード OP 10 11
2 6 ラセット L 6 2
3 9 エントシャイデン L 9 1
2019 1 3 グルーヴィット NHKマイルカップ 4 10
2 6 クリノガウディー NHKマイルカップ 13 14
3 1 プリモシーン ヴィクトリアマイル 4 2
2018 1 1 グレーターロンドン 京王杯スプリングS 3 4
2 5 ロジクライ マイラーズC 3 7
3 4 リライアブルエース 京王杯スプリングS 6 6
2017 1 5 ウインガニオン OP 3 1
2 2 グランシルク OP 1 2
3 1 ブラックムーン OP 1 1
2016 1 7 ガルバルディ OP 2 5
2 6 ピークトラム OP 2 1
3 4 ケントオー OP 4 1
2015 1 6 スマートオリオン OP 11 1
2 13 アルマディヴァン OP 9 8
3 3 ダローネガ 1600万下 2 1
2014 1 7 サダムパテック 安田記念 17 7
2 11 ミッキードリーム OP 12 5
3 5 マジェスティハーツ エプソムカップ 1 6
2013 1 5 フラガラッハ 京王杯スプリングS 14 15
2 13 ミッキードリーム OP 9 6
3 3 リルダヴァル エプソムカップ 6 4
2012 1 5 フラガラッハ OP 11 1
2 6 ショウリュウムーン OP 1 15
3 10 トライアンフマーチ OP 1 1
2011 1 2 ナリタクリスタル 小倉大賞典 2 7
2 8 シャドウゲイト 中山記念 2 6
3 12 アンノルーチェ OP 5 7

中京記念と馬券の傾向

過去9年の集計より。2020年は阪神開催。2011年は3月に小倉芝2000mで開催。そのため過去9年で集計。

人気と馬券

1番人気 1勝2着0回3着2回 連対率11.1%、複勝率33.3%

2番人気 0勝2着1回3着0回 連対率11.1%、複勝率11.1%

3番人気 1勝2着0回3着2回 連対率11.1%、複勝率33.3%

体調管理が難しい猛暑のハンデキャップ戦らしく1~3番人気の上位陣の連対率は11%とほとんど馬券になりません。一方で5、6番人気の連対率が良く

5番人気 3勝2着1回3着1回 連対率44.4%、複勝率55.6%

6番人気 1勝2着4回3着0回 連対率55.6%、複勝率55.6%

と9年中8年でどちらかが連軸となっています。また2桁人気が馬券に絡んだ年は9年中5回、その内3回が馬連でのものと荒れ気味。しかも馬連で2桁人気が馬券になった3回のいずれも5、6番人気が対抗なのではまると大穴が狙えます。

前走と馬券

春マイルG1    2勝2着1回3着1回

マイラーズカップ   0勝2着1回3着0回

京王杯スプリングC 2勝2着0回3着1回

エプソムカップ    0勝2着0回3着2回

OP・L        5勝2着6回3着4回

条件戦       0勝2着0回3着1回

夏は有力馬の多くが休養に充ています。そのため手薄なメンバーのうちに重賞を勝ちたいオープン・リミテッドからの出走馬が馬券全体の55.6%と半数以上を占めます。

その他では春のマイルG1からの出走組の成績が良く、メンバーが手薄なので前走2桁人気からでも十分巻き返してきます一方で条件戦からは過去9年で1頭、3着が最高。マイル路線は層が厚いため軽ハンデでも条件クラスの実力では厳しいと言えます。

血統と馬券

サンデーサイレンス系   17頭

ミスタープロスペター系  6頭

ロベルト系        2頭

ノーザンダンサー系    1頭

その他          1頭

ホームストレッチ、バックストレッチとも直線が長いコースを使うためスピードを活かしやすく、サンデーサイレンス系種牡馬を父に持つ馬が17頭、全体の6割以上を占めます。その内ディープインパクト産駒が5頭、ステイゴールド、ハーツクライ、デュランダルが各2頭ずつ。

他はミスタープロスペクター系が6頭で、中4頭がキングカメハメハの血を持っています。他の競馬場のマイル戦と同様に、スピードと瞬発力を兼ね備えた産駒を多く出す種牡馬が台頭しています。

性齢と馬券

3歳   1勝2着1回3着0回 占有率7.4%

4歳   0勝2着0回3着3回 占有率11.1%

5歳   5勝2着6回3着3回 占有率51.9%

6歳   3勝2着1回3着3回 占有率25.9%

7歳以上 0勝2着1回3着0回 占有率3.7%

馬券の中心は5歳馬。5勝、馬券全体の5割を占めます。その次が6歳馬で、この2世代でほぼ8割4歳馬は猛暑に慣れていないため3着まで。またマイル戦はスピードと瞬発力が試されるため、瞬発力に衰えが来る高齢馬も苦戦。基本的に5、6歳馬を中心に馬券を組むのが得策。

牡・騙馬 9勝2着7回3着8回 占有率88.9%

牝馬   0勝2着2回3着1回 占有率11.1%

「夏は牝馬」という格言がありますが、中京記念には当てはまりません。基本的に牡馬から馬券を考えるのが賢明です。

ハンデと馬券

52kg以下   0勝2着0回3着0回 占有率0%

52~53kg台  2勝2着2回3着0回 占有率14.8%

54~55kg台  1勝2着2回3着3回 占有率22.2%

56~57kg台  5勝2着5回3着5回 占有率55.6%

58kg以上   1勝2着0回3着1回 占有率7.4%

ハンデ戦とはいえ、馬齢定量とほぼ同斤量の56~57kg台が全体の半数以上を占めます。一方でさすがに58kg以上を背負うと馬券にはなり難く、勝ったのはG2勝ちがありG1でも2着のサダムパテックのみ。基本的にハンデキャッパーがそれなりに実力を認めた馬から選ぶのが無難。

中京記念のレース及びコースの攻略法

2021年の中京記念はコーナーを4つ回る芝1800mで行われます。スタートはスタンド正面ゴール前1ハロン辺りから。スタートから最初の直線まで217mと短めで、先行争いは熾烈。先行馬はある程度の脚が必要です。

台コーナーは高低差3mの上り坂になっているので、ここでいったんスピードが落ちますが、第2コーナーから第4コーナー半ばまで段階的に長い下り坂が続きます。そのため全体的にスピードが出やすいコース設定。第4コーナーにはスパイラルカーブが設けられています。

ゴール前の直線は293mと短く、しかも平坦。下り坂でスピードに乗ったまま直線に入れます。先行馬であればスパイラルカーブで外に振られても、内ラチは荒れているため寧ろ好都合。そのままなだれ込めます。そのため逃げ、先行馬が有利

季節こそ違えども、条件は小倉大賞典と同じなので、同レースで好走するタイプの馬が今回は台頭するでしょう。

↓ここをクリックすると他の中京記念の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

  1. […] 【2021年度版】中京記念入賞馬データ過去10年のデータから見る中京記念の入賞馬中京記念の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧年着枠番馬名性齢斤量タイム馬場父母の父2 […]

タイトルとURLをコピーしました