2021年第26回G3アンタレスステークス予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年アンタレスステークスの注目馬を分析!

アンタレスステークスの特徴

G3アンタレスステークスは第2回阪神開催8日目に行われる4歳以上ダート1800mの別定戦です。負担重量は牡・騙馬56kg、牝馬54kg。過去の重賞勝利実績により負担重量が加算され、加算重量は以下の通り。

3kg増・・・1年内に牝馬限定を除くG1勝利馬。

2kg増・・・1年以内に牝馬限定G1および牝馬限定を除くG2勝利馬。1年以上前に牝馬限定を除くG1勝利馬(2歳戦を除く)。

1kg増・・・1年内に牝馬限定G2およびG3勝利馬(牝馬限定を除く)。1年以上前に牝馬限定G1および牝馬限定を除くG2勝利馬(2歳戦を除く)。

国際競走に指定され、外国調教場は8頭まで優先出走権が与えられます。また地方交流競走に指定され、4頭まで出走登録が可能です。

↓過去10年のアンタレスステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年アンタレスステークス出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ケイアイパープル パイロ 牡5 藤懸貴志 隆栄牧場
村山明 (栗東) Seeking the Gold 56kg ケイアイスタリオン
1 2 アルドーレ オルフェーヴル 牡6 横山典弘 辻牧場
昆貢 (栗東) フレンチデピュティ 56kg 安原浩司
2 3 レピアーウィット ヘニーヒューズ 牡6 石橋脩 ノーザンファーム
堀宣行 (美浦) Running Stag 57kg 金子真人H
2 4 テーオーケインズ  シニスターミニスター 牡4 松若風馬 ヤナガワ牧場
高柳大輔 (栗東) マンハッタンカフェ 56kg 小笹公也
3 5 グリム ゼンノロブロイ 牡6 浜中俊 服部牧場
野中賢二 (栗東) サクラバクシンオー 56kg カナヤマH
3 6 モズアトラクション ジャングルポケット 牡7 藤岡康太 築紫洋
松下武士 (栗東) コロナドズクエスト 56kg キャピタル・システム
4 7 アナザートゥルース アイルハヴアナザー 騙7 藤岡佑介 岡田スタッド
高木登 (美浦) フジキセキ 57kg ノルマンディーTR
4 8 ヒストリーメイカー エンパイアメーカー 牡7 内田博幸 青藍牧場
新谷功一 (栗東) バブルガムフェロー 56kg 岩崎僖澄
5 9 ダノンスプレンダー ロードカナロア 牡5 藤岡佑介 レイクヴィラファーム
安田隆行 (栗東) シンボリクリスエス 56kg ダノックス
5 10 ミヤジコクオウ ヴィクトワールピサ 牡3 斎藤新 WingFarm
川村禎彦 (栗東) ブライアンズタイム 56kg 曽我司
6 11 メイショウカズサ カジノドライヴ 牡4 和田竜二 日西牧場
安達昭夫 (栗東) コロナドズクエスト 56kg 松本好雄
6 12 ロードゴラッソ ハーツクライ 牡6 国分優作 ケイアイファーム
藤岡健一 (栗東) Kingmambo 56kg ロードホースクラブ
7 13 レーヌブランシュ クロフネ 牝4 岩田康誠 土居牧場
橋口慎介 (栗東) アグネスタキオン 55kg 前田晋二
7 14 ロードブレス  ダノンバラード 牡5 幸英明 市川牧場
奥村豊 (栗東) ナリタトップロード 58kg ロードホースクラブ
8 15 ケンシンコウ パイロ 牡4 丸山元気 静内山田牧場
小西一男 (美浦) クリプティックラスカル 57kg 天野克彦
8 16 ナムラカメタロー ヨハネスブルグ 牡5 石川裕紀人 八田ファーム
稲垣幸雄 (美浦) マンハッタンカフェ 56kg 奈村睦弘

勝ち馬予想に役立つ!アンタレスステークスの注目馬分析

アナザートゥルース

アイルハヴアナザー Flower Alley  Distorted Humor 
プリンセスオリビア 
Arch’s Gal Edith  Arch 
Force Five Gal 
キョウエイトルース フジキセキ サンデーサイレンス
ミルレーサー
キョウエイヨシノ  プラウドデボネア 
キョウエイミート 

アナザートゥルースは2019年のアンタレスステークスの優勝馬で昨年も2着。これまで27戦7勝2着8回3着4回で、重賞は他に船橋のダイオライト記念を優勝前々走東海ステークスで2着し、前走のダイオライト記念でも3着しています。

アナザートゥルースの父アイルハヴアナザーはアメリカの3冠クラシックロードの2冠馬。フジキセキ産駒の母キョウエイトルースは中央2勝、地方1勝。

アナザートゥルースの半兄にはチャンピオンズカップ、東京大賞典などのダートG1を勝ち2016年度のJRA最優秀ダートホースに選ばれたサンドトゥルー、G3佐賀記念を勝ったルールソヴァールがいます。

アナザートゥルースは1800m以上のレースで実績を上げているダートの長距離馬昨年のアンタレスステークではトップハンデで2着しているようにパワーも兼ね備えています。7歳馬ですが今年2戦の重賞で馬券になっているように実力上位。今回も馬券内。

ヒストリーメーカー

エンパイアメーカー Unbridled Fappiano
Gana Facil
Toussaud El Gran Senor
Image of Reality
チヨノドラゴン バブルガムフェロー サンデーサイレンス
バブルカンパニー
ブリリアントノバ ジェネラス
ブリリアントミスト

ヒストリーメーカーはこれまで33戦14勝。3歳時にJRAでは未勝利を脱せず、金沢に移籍して10勝を挙げて出戻り。重賞勝ちはありませんが、JRA・地方を含め重賞7戦し全て掲示板昨年のみやこステークスと今年のマーチステークスで2着しています。

ヒストリーメーカーの父は地方のダート馬を多く出すエンパイアメーカー。バブルガムフェロー産駒の母チヨノドラゴンは地方で18勝。ヒストリーメーカーの半兄でタニノギムレット産駒のリノサンスも地方で9勝を挙げているように地方競馬が合う血統

前々走地方G1東京大賞典で11番人気も4着と好走しているように力のいる馬ダートがあっている馬。昨年阪神で行われたみやこステークスや中山のアンタレスでも2着しているようにスタミナを問われる坂のあるコースも合っています父エンパイアメーカーが中央のダートで弱いのが難点。連下で。

テーオーケインズ

シニスターミニスター Old Trieste A.P. Indy
Lovlier Linda
Sweet Minister The Prime Minister
Sweet Blue
マキシムカフェ マンハッタンカフェ サンデーサイレンス
サトルチェンジ
カフェピノコ ジェイドロバリー
ピノシェット

テーオーケインズはこれまで11戦5勝2着2回3着2回重賞勝ちは有りませんが、3歳で地方G1東京大賞典に参戦し4番人気に押され、優勝馬とは0.2秒差の6着。同レース4着で本レースにも出走しているヒストリーメーカーとは首差です。

テーオーケインズの父は大種牡馬エーピーインディの血を引き地方重賞で活躍馬を多く出すシニスターミニスター。マンハッタンカフェ産駒のマキシマムカフェは未勝利馬。母の半妹に地方G2勝ちにタマノブリュネットがいます。

母の父は芝馬も、母系には数多くのダート場を出したジェイドロバリーやストームキャットが入っておりやはりダート向き。前走不良馬場のダート1800mオープンを2着に0.5秒差を付け快勝したようにまだ上を狙える器。前々走の成績や4歳で成長も見込め、メンバーが手薄な今回は勝ち負け。

ロードブレス

ダノンバラード ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
レディバラード Unbridled
Angelic Song
ミステリューズ ナリタトップロード サッカーボーイ
フローラルマジック
レモンバーム フジキセキ
ラビットボール

ロードブレスは昨年地方G2日本テレビ盃を優勝。これまで17戦6勝2着1回3着2回で、重賞経験は地方のみ4戦1勝2着1回3着1回。地方交流G1の川崎記念では2番人気に押されましたが、優勝馬カジノフォンテンから1.2秒離され6着に沈んでいます。

ロードブレスの父はディープインパクト産駒のダノンバラード。母ミステリューズはナリタトップロード産駒の未勝利馬。祖母の父がダート馬を多く出すフジキセキなのでダート適正はフジキセキからか。

血統内にサンデーサイレンスの3×4、ヘイローの4×4×5の濃いクロスを持っており爆発力のある血統。JRAでもリミテッドクラスを勝っており、JRA重賞でも勝ち負けできる底力はあります。

ただし良績を揚げているのは平坦コース。坂のある東京ではいずれも惨敗しています。地方重賞で良績を揚げていることから人気になることが予想されるものの、今回は見送り。

レピアーウィット

ヘニーヒューズ ヘネシー Storm Cat
Island Kitty
Meadow Flyer Meadowlake
Shortley
ランニングボブキャッツ Running Stag Cozzene
Fruhlingstag
River Crossing Notebook
Deputy’s Mistress

レピアーウィットは本年度のマーチステークスの優勝馬。これまで18戦6勝2着3回3着1回で、昨年のマーチステークスでも3着しています。

レピアーウィットの父は芝・ダートでマイルまでの活躍馬を多く出すヘニーヒューズ。母ランニングボブキャッツは米国産で海外9勝。レピアーウィットの全兄に朝日フューチュリティステークス、レパードステークス勝ちのアジアエクスプレスがいます。

前々走の武蔵野ステークスで10着だったため前走マーチステーステークスでは6番人気も、JRAオープン勝ちがありリミテッドクラスでも2着しておるようにG3クラスなら本来実力上位。ただし過去10年で同年のマーチステークス優勝馬が連戦して馬券に絡んだことはありません。連下で。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

  1. […] GⅢアンタレスS […]

タイトルとURLをコピーしました