【2021年度版】神戸新聞杯入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る神戸新聞杯の入賞馬

神戸新聞杯の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2020 1 1 コントレイル 牡3 56kg 2.12.5  良 ディープインパクト Unbridled’s Song
2 8 ヴェルトライゼンデ 牡3 56kg 2.12.8 ドリームジャーニー Acatenango
3 3 ロバートソンキー 牡3 56kg 2.12.7 ルーラーシップ サンデーサイレンス
2019 1 3 サートゥルナーリア 牡3 56kg 2.26.8 ロードカナロア スペシャルウィーク
2 5 ヴェロックス 牡3 56kg 2.27.3 ジャスタウェイ Monsun
3 8 ワールドプレミア 牡3 56kg 2.27.5 ディープインパクト Acatenango
2018 1 3 ワグネリアン 牡3 56kg 2.25.6 ディープインパクト キングカメハメハ
2 2 エタリオウ 牡3 56kg 2.25.7 ステイゴールド Acatenango
3 6 メイショウテッコン 牡3 56kg 2.25.7 マンハッタンカフェ Lemon Drop Kid
2017 1 5 レイデオロ 牡3 56kg 2.24.6 キングカメハメハ シンボリクリスエス
2 4 キセキ 牡3 56kg 2.24.9 ルーラーシップ ディープインパクト
3 2 サトノアーサー 牡3 56kg 2.25.1 ディープインパクト Redoute’s Choice
2016 1 8 サトノダイヤモンド 牡3 56kg 2.25.7 ディープインパクト Orpen
2 8 ミッキーロケット 牡3 56kg 2.25.7 キングカメハメハ Pivotal
3 7 レッドエルディスト 牡3 56kg 2.26.2 ゼンノロブロイ Darshaan
2015 1 4 リアファル 牡3 56kg 2.26.7 ゼンノロブロイ エルコンドルパサー
2 3 リアルスティール 牡3 56kg 2.27.0 ディープインパクト Storm Cat
3 5 トーセンバジル 牡3 56kg 2.27.4 ハービンジャー フジキセキ
2014 1 5 ワンアンドオンリー 牡3 56kg 2.24.4 ハーツクライ タイキシャトル
2 6 サウンズオブアース 牡3 56kg 2.24.4 ネオユニヴァース Dixieland Band
3 1 トーホージャッカル 牡3 56kg 2.24.4 スペシャルウィーク Unbridled’s Song
2013 1 5 エピファネイア 牡3 56kg 2.24.8 シンボリクリスエス スペシャルウィーク
2 7 マジェスティハーツ 牡3 56kg 2.25.2 ハーツクライ ボストンハーバー
3 2 サトノノブレス 牡3 56kg 2.25.3 ディープインパクト トニービン
2012 1 8 ゴールドシップ 牡3 56kg 2.25.2 ステイゴールド メジロマックイーン
2 4 ロードアクレイム 牡3 56kg 2.25.6 ディープインパクト トニービン
3 6 マウントジャスタ 牡3 56kg 2.25.9 ディープインパクト フレンチデピュティ
2011 1 6 オルフェーヴル 牡3 56kg 2.28.3 ステイゴールド メジロマックイーン
2 5 ウインバリアシオン 牡3 56kg 2.28.7 ハーツクライ Storm Bird
3 8 フレールジャック 牡3 56kg 2.29.1 ディープインパクト Nureyev

神戸新聞杯入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 1 コントレイル ダービー 1 1
2 3 ヴェルトライゼンデ ダービー 10 3
3 14 ロバートソンキー 3勝クラス 1 2
2019 1 1 サートゥルナーリア ダービー 1 4
2 2 ヴェロックス ダービー 2 3
3 3 ワールドプレミア リミテッド 2 2
2018 1 2 ワグネリアン ダービー 5 1
2 3 エタリオウ ダービー 13 4
3 6 メイショウテッコン ラジオNIKKEI賞 2 1
2017 1 1 レイデオロ ダービー 2 1
2 2 キセキ 1000万下 1 1
3 3 サトノアーサー ダービー 5 10
2016 1 1 サトノダイヤモンド ダービー 2 2
2 6 ミッキーロケット 1000万下 1 1
3 4 レッドエルディスト ダービー 8 9
2015 1 3 リアファル 1600万下 5 1
2 1 リアルスティール ダービー 2 4
3 7 トーセンバジル OP 2 7
2014 1 1 ワンアンドオンリー ダービー 3 1
2 8 サウンズオブアース ダービー 11 11
3 9 トーホージャッカル 1000万下 3 2
2013 1 1 エピファネイア ダービー 3 2
2 7 マジェスティハーツ 1000万下 4 1
3 2 サトノノブレス 1000万下 1 2
2012 1 1 ゴールドシップ ダービー 2 5
2 8 ロードアクレイム ラジオNIKKEI賞 7 8
3 2 マウントジャスタ 宝塚記念 12 5
2011 1 1 オルフェーヴル ダービー 1 1
2 2 ウインバリアシオン ダービー 10 2
3 3 フレールジャック ラジオNIKKEI賞 2 1

神戸新聞杯と馬券の傾向

過去10年の集計。2020年は中京芝2200mで開催。

人気と馬券

1番人気 8勝2着1回3着0回、連対率9割、複勝率9割

2番人気 1勝2着4回3着2回、連対率5割、複勝率7割

3番人気 1勝2着3回3着3回、連対率4割、複勝率7割

1番人気が7勝、連対率9割とほぼ連軸とて信頼できるレース。2番人気も連対率5割、複勝率7割。3番人気も連対率4割、複勝率は7割と上位陣が非常に強いレース。過去10年で馬連が1~3番人気で決まった年が6回もあり、馬券も堅め。

また過去10年で2桁人気が馬券に絡んだことは昨年の3着が1回あるのみ昨年は中京競馬場で開催されたため、傾向が異なるのが原因。また4、5番人気が不振な一方、6~9番人気が馬券に多く絡むので、1番気を軸に6~9番人気を馬券に絡める中穴狙いまで。

前走と馬券

ダービー      9勝2着6回3着2回、占有率56.7%

宝塚記念      0勝2着0回3着1回、占有率3.3%

ラジオNIKKEI賞  0勝2着1回3着2回、占有率10.0%

OP・L       0勝2着0回3着2回、占有率6.6%

条件クラス     1勝2着3回3着3回、占有率23.4%

前走ダービー組が圧倒的に強く9勝2着6回、占有率56.7%。優勝馬は1頭を除きダービーの1,2着馬で、残り1頭もダービーで1番人気。距離もダービーと同じなので、ダービーでの実力がほぼそのまま反映されるレース。

その他のレースからはほぼ連下扱い前走で馬券になっているか、1,2番人気かのどちらかでなければほぼ馬券になりません。

血統と馬券

サンデーサイレンス系   23頭

ミスタープロスペクター系  5頭

ノーザンダンサー系     1頭

ロベルト系         1頭

サンデーサイレンス系の種牡馬を父に持つ馬が30頭中23頭で最多。その内ディープインパクト産駒が10頭と他を圧倒。他に複数頭馬券になっているのはステイゴールド系4頭、ハーツクライ系4頭、ゼンノロブロイ2頭。現役時代2400m戦で実績のある種牡馬が大多数。

次いでミスタープロスペクター系が5頭で、全てキングカメハメの血を持っています。残り2頭はハービンジャーとシンボリクエスエスですが、こちらも同様に現役時代2400m戦で実績のある種牡馬です。

神戸新聞杯のレース及びコースの攻略法

2020年の神戸新聞杯はコーナーを4つ回る中京芝2200mで行われます。スタートはスタンド手前、第4コーナーを過ぎた辺りから。スタートから最初のコーナーまで500m近くあり、さらに途中ゴール前の坂を上るためスタートは早くなりません。

さらにバックストレッチは400m、最後の直線は412mと長く、スライド走法の馬はのびのび走れスタミナの消耗が少なくて済みます。そのため紛れが少なく、馬の能力をフルに発揮できるコースです。最後の直線が長くゴール前に高低差2メートルの急坂が待ち構えており、差し・追い込みが有利です。

↓ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました