ヘニーヒューズ 予想に役立つ成績・血統・産駒の特徴を解説

私見、種牡馬解説

種牡馬ヘニーヒューズと産駒の特徴を紹介

ヘニーヒューズの現役時代の成績

ヘニーヒューズの戦績

10戦6勝2着3回

G1及び重賞勝利

G1:米キングズビショップS(ダ7F)、 米ヴォスバーグS (ダ2F)

G2:米サラトガスペシャルS(ダ6F)

G3:米ジャージーショアS米(ダ6F)

特記事項

ヘニーヒューズの現役時代の特徴

米国産馬で2歳時より米ダート路線で活躍し、2戦目を15馬身差で勝ち上がると3連勝で重賞制覇。その後2歳G1奪取を狙い3連戦するも、同期のファーストサムライに連続に2着で終える。

3歳は米クラシック路線には向かわず短距離へシフト。ダート1400mG1キングズビショップステークス、ダート1200mG1ヴォスバーグステークスを連勝。ヴォスバーグステークスではレコードを叩き出しています。

米ブリダーズカップスプリントではスタートに失敗し最下位敗退。このレースを最後に種牡馬入りしています。

ヘニーヒューズの血統上の特徴

ヘネシー Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Island Kitty Hawaii
T. C. Kitten
Meadow Flyer Meadowlake Hold Your Peace
Suspicious Native
Shortley Hagley
Short Winded

父は日本でもフェブラリーステークス優勝のサンライズバッカスを送り出したストームキャット系のヘネシー母メドウフライヤーは米国の1勝馬で目立った成績は有りません。

母の父メドウレイクも短距離G1の勝ち馬持ち込み場として日本でもシベリアンメドウが京王杯2歳ステークスを制しています。父系、母系共に短距離指向が高い種牡馬です。ストームキャットの根幹はノーザンダンサー系なので、基本的に筋肉質。

父系が日本でも短距離路線でスピード馬を多く出しているストームキャット系なので、日本でも走る下地があります。

ヘニーヒューズ産駒の特徴

日本に正式に繋養されたのは2013年からですが、持ち込み馬としてアジアエクスプレスが朝日フューチュリティステークスを、モーニンがフェブラリーステークスを制しています

日本に繋養されてからはニュージーランドトロフィーとユニコーンステークスを制し、地方G1かしわ記念勝ちのワイルドファラオを送り出しています。

平均走破距離(m)
ダート
1365.2 1441.2
距離 ~1400m ~1800m ~2200m ~2600m
勝率 複勝率 勝率 複勝率 勝率 複勝率 勝率 複勝率
0.056 0.161 0.034 0.154 0.059 0.059 0.000 0.000
ダート 0.115 0.292 0.105 0.313 0.116 0.186 0.000 0.000
重賞 特別 平場 ダート
出走数 勝利数 勝率 出走数 勝利数 勝率 出走数 勝利数 勝率 出走数 勝利数 勝率 出走数 勝利数 勝率
67 8 0.119 404 43 0.106 2216 220 0.099 472 23 0.049 2199 245 0.111

2021年8月末現在。

ヘニーヒューズ産駒は総じて早熟傾向。ストームキャット系はパワー&スピードタイプが多く馬体が筋肉質になりがちです。そのためレースにおける消耗が激しく爆発的なレースができる一方で、レース後は筋肉が硬直し、次のレースで成績を落としやすい傾向。

ヘニーヒューズ産駒は若駒ならスピードを活かし芝、ダート共に走りますが、産駒は1:3の割合でダート馬が多い傾向。産駒の平均走破距離は芝1300m、ダート1400mであることから分かるように、芝よりダートの走破距離が長く距離はマイルまでの馬。それ以上の距離では成績が極端に落ちます。

ダートにおけるアーニングインデックスが1.75(2020年)と優秀。日本に繋養された時の種付料が300万と格安であるにも関わ割らず、ダートでは重賞、特別レース、平場全てで勝率は10%を超えています(上記表は芝を含む)。

またダートマイルまでにおける複勝率が30%程度と、マイル以下ならカネヒキリやゴールドアリュールより優秀。そのため2021年度の種付け料が500万円まで跳ね上がっています。

3歳までのダート短距離路線でヘニーヒューズ産駒が出てきたら買い。一方で数を使っている5歳以上だと筋肉が消耗し上がり目が無いため軽視馬主としても3歳までに資金を回収と考えれば、馬主孝行の種牡馬と言えます。

ヘニーヒューズの代表産駒

アジアエクスプレス 朝日フューチュリティステークス(現種牡馬)

モーニン      フェブラリーステークス(現種牡馬)

ワイルドファラオ  船橋かしわ記念

↓ここクリックすると他の【種牡馬の解説】がご覧いただけます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました