【2023年度版】福島記念入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る福島記念の入賞馬

福島記念の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2022 1 1 ユニコーンライオン 牡6 57kg 2.00.2 No Nay Never High Chaparral
2 4 サトノセシル 牝6 53kg 2.00.5 Frankel Observatory
3 1 アラタ 牡5 56kg 2.00.6 キングカメハメハ ハーツクライ
2021 1 4 パンサラッサ 牡4 56kg 1.59.2 ロードカナロア モンジュー
2 6 ヒュミドール 騙5 55kg 1.59.8 オルフェーヴル チチカステナンゴ
3 5 アラタ 牡4 56kg 1.59.9 キングカメハメハ ハーツクライ
2020 1 2 バイオスパーク 牡5 55kg 1.59.6 オルフェーヴル マイネルラヴ
2 5 ヴァンドミンゴ 牡4 55kg 1.59.6 ルーラーシップ アグネスタキオン
3 4 テリトーリアル 牡6 56.5kg 1.59.8 Teofilo Street Cry
2019 1 5 クレッシェンドラヴ 牡5 55kg 1.59.5 ステイゴールド Sadler’s Wells
2 5 ステイフーリッシュ 牡4 57.5kg 1.59.7 ステイゴールド キングカメハメハ
3 6 ミッキースワロー 牡5 58.5kg 1.59.7 トーセンホマレボシ ジャングルポケット
2018 1 1 スティッフェリオ 牡4 55kg 1.58.3 ステイゴールド Mtoto
2 3 マイスタイル 牡4 55kg 1.58.5 ハーツクライ フォーティナイナー
3 1 エアアンセム 牡7 57kg 1.58.5 シンボリクリスエス サンデーサイレンス
2017 1 2 ウインブライト 牡3 54kg 2.00.2 ステイゴールド アドマイヤコジーン
2 7 ズズカデヴィアス 牡6 56kg 2.00.2 キングカメハメハ サンデーサイレンス
3 3 ヒストロカル 牡8 57kg 2.00.2 ディープインパクト ノーザンテースト
2016 1 2 マルターズアポジー 牡4 54kg 2.00.8 ゴスホークケン Old Trieste
2 7 ゼーヴィント 牡3 55kg 2.01.0 ディープインパクト ブライアンズタイム
3 1 ダイワドレッサー 牝3 52kg 2.01.3 ネオユニヴァース スウェプトオーヴァーボード
2015 1 1 ヤマカツエース 牡3 54kg 2.02.5 キングカメハメハ グラスワンダー
2 4 ミトラ 騙7 57.5kg 2.02.7 シンボリクリスエス サンデーサイレンス
3 7 ファントムライト 牡6 55kg 2.03.0 オペラハウス サンデーサイレンス
2014 1 1 ミトラ 騙6 56kg 1.58.1 シンボリクリスエス サンデーサイレンス
2 5 フラアンジェリコ 牡6 54kg 1.58.3 ネオユニヴァース ジャッジアンジェルーチ
3 2 メイショウナルト 騙6 57.5kg 1.58.5 ハーツクライ カーネギー
2013 1 5 ダイワファルコン 牡6 57.5kg 1.57.3 ジャングルポケット サンデーサイレンス
2 1 マイネルラクリマ 牡5 58kg 1.57.4 チーフベアハート サンデーサイレンス
3 2 ラブイズブーシェ 牡4 54kg 1.57.4 マンハッタンカフェ メジロマックイーン

福島記念入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2022 1 10 ユニコーンライオン 京都大賞典 11 12
2 3 サトノセシル 府中牝馬S 2 4
3 1 アラタ 札幌記念 12 4
2021 1 5 パンサラッサ L 5 1
2 6 ヒュミドール 京都大賞典 7 10
3 1 アラタ OP 2 1
2020 1 2 バイオスパーク 京都大賞典 10 9
2 1 ヴァンドミンゴ L 7 3
3 5 テリトーリアル L 8 1
2019 1 1 クレッシェンドラヴ オールカマー 5 5
2 6 ステイフーリッシュ 札幌記念 8 9
3 2 ミッキースワロー オールカマー 3 2
2018 1 2 スティッフェリオ OP 1 4
2 3 マイスタイル 札幌記念 6 9
3 1 エアアンセム オールカマー 5 4
2017 1 2 ウインブライト 毎日王冠 9 10
2 3 ズズカデヴィアス OP 4 3
3 10 ヒストロカル 毎日王冠 11 9
2016 1 7 マルターズアポジー 1600万下 7 1
2 1 ゼーヴィント セントライト記念 2 2
3 3 ダイワドレッサー 秋華賞 13 15
2015 1 2 ヤマカツエース 富士S 7 13
2 1 ミトラ オールカマー 7 3
3 4 ファントムライト OP 1 2
2014 1 6 ミトラ 富士S 7 6
2 13 フラアンジェリコ OP 10 11
3 1 メイショウナルト 新潟記念 6 10
2013 1 3 ダイワファルコン 天皇賞秋 17 15
2 2 マイネルラクリマ 小倉記念 1 3
3 7 ラブイズブーシェ 札幌記念 7 3

福島記念と馬券の傾向

過去10年の集計より。

人気と馬券

1番人気 1勝2着3回3着4回、連対率4割、複勝率8割

2番人気 4勝2着1回3着1回、連対率5割、複勝率6割

3番人気 1勝2着3回3着2回、連対率4割、複勝率6割

1番人気は1勝も連対率4割、複勝率8割、さらに2番人気も連対率5割、複勝率6割とハンデキャップ戦の割に1、2番人気が強いレース。3番人気も連対率4割、複勝率が6割なのでローカルハンデキャップ戦の割に馬券は堅め。過去10年で1、2番人気共に馬連を外した年は3回だけ。

また2桁に人気が馬券に絡んだ年は3回だけ。2桁人気が馬券に絡まなかった年は3着まで8番人気以内で収まっているので、人気通りに買うレースです。

前走と馬券

GⅠ     1勝2着0回3着1回

GⅡ     4勝2着6回3着5回

GⅢ     2勝2着1回3着1回

OP・L   2勝2着3回着3回

条件クラス 1勝2着0回3着0回

前走GⅠやGⅡなどにチャレンジした馬で実力が少々足りず、本賞金加算や重賞勝利の称号を獲得するために出走するケースが多いのが特徴。この路線から出全体の6割を占めます。

これらの馬は前走の人気も着順も低く、上位クラスでは実力不足。一方、上位クラスの速い流れを経験している分、一枚下のGⅢでは有利に働きます。

重賞以下のからの格上戦挑戦で馬券になった馬は9頭で全体の1/3。この内8頭は前走で馬券。ただし条件クラスは過去1頭しか馬券になっていないので軽視。

血統と馬券

サンデーサイレンス系   14頭

ノーザンダンサー系      6頭

ミスタープロスペクター系   6頭

ロベルト系          3頭

トニービン系         1頭

他の芝重賞では大多数を占めるサンデーサイレンス系種牡馬を父に持つ馬が30頭中14頭、全体の半数。

その内複数頭馬券になっているのはステイゴールド系6頭、ディープインパクト系3頭、ハーツクライ2頭、ネオユニヴァース2頭と、平坦2000m戦にも関わらず長距離を得意とする種牡馬が並びます。特にステイゴールド系は3勝も挙げ、それ以外のサンデーサイレンス系は勝ちきれません。

次いでパワーとスタミナに優れたノーザンダンサー系が強く6頭。ミスタープロスペクター系6頭は全てキングカメハメハの血を持ち、ロベルト系3頭は全てシンボリクリスエス産駒。全体的にスピードよりスタミナやパワーが優先されるレースです。

性齢と馬券

3歳   2勝2着1回3着1回、占有率13.3%

4歳   3勝2着3回3着2回、占有率26.7%

5歳   2勝2着2回3着2回、占有率20.0%

6歳   3勝2着3回3着3回、占有率30.0%

7歳以上 0勝2着1回3着2回、占有率10.0%

4歳馬が3勝2着3回と馬連の中心ですが、ハンデキャップ戦なので各世代でほぼ均等に馬券に絡みます。また3歳馬が2勝を挙げていますが、こちらは距離適性から菊花賞には向かわず前走で古馬混合重賞を使っています。

距離の割にスタミナが必要なレースで、長距離戦のようにフレッシュさより経験を重視。7歳以上の高齢馬は全て前走で全てGⅡ2に出走。そこそこ斤量を背負っても実績馬が出走してきたら要注意。

牡・騙馬 10勝2着9回3着9回

牝馬   0勝2着1回3着1回

長距離適性が問われるので、牝馬は明らかに劣勢馬券に絡んだ牝馬は前走でGⅡ以上に出走しています。

ハンデと馬券

52kg以下    0勝2着0回3着1回、占有率3.3%

53~54kg台  3勝2着2回3着1回、占有率20.0%

55~56kg台  5勝2着5回3着4回、占有率46.7%

57kg以上    2勝2着3回3着4回、占有率30.0%

55~56kg台で、馬齢で課せられる斤量よりやや軽めのハンデ馬が中心。GⅡクラス常連なら58kgの酷量を背負っても馬券。

福島記念のレース及びコースの攻略法

福島記念はコーナーを4つ回る福島芝2000mAコースを使用。スタートはスタンド正面、2000m専用の引き込み線から。スタートから最初のコーナーまで505mもあり、小回りの福島コースの中ではテンはあまり早くなりません。

第3回福島開催の最終週で、この時期の芝は回復の見込みがなく馬場は荒れ気味。特に内ラチは荒れているので外々を回ることになります。隊列は縦に長くなり、実際の距離より長く走る必要があります。

福島は1周1600mしかない小回りコースで、器用さが求められます。最後の直線は292mしかなくかなり短めで、基本的に逃げ・先行が有利なコース。

ただし、福島記念に限り前半の位置取りは後方でもよく、4コーナーを回った時に6番手以内に上がれる脚があれば馬券になります。実際に第4コーナーを回った時に6番手以内の馬が馬券全体の7割を占めます。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました