【2024年度版】ダービー入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見るダービーの入賞馬

ダービーの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2023 1 6 タラスティエーラ 牡3 57kg 2.25.2 サトノクラウン マンハッタンカフェ
2 3 ソールオリエンス 牡3 57kg 2.25.2 キタサンブラック Motivator
3 6 ハーツコンチェルト 牡3 57kg 2.22.2 ハーツクライ Unbridled’s Song
2022 1 7 ドウデュース 牡3 57kg 2.25.2 ハーツクライ Vindication
2 8 イクイノックス 牡3 57kg 2.21.9 キタサンブラック キングヘイロー
3 2 アスクビクターモア 牡3 57kg 2.22.2 ディープインパクト Rainbow Quest
2021 1 5 シャフリヤール 牡3 57kg 2.22.5 ディープインパクト Essence of Dubai
2 1 エフフォーリア 牡3 57kg 2.22.5 エピファネイア ハーツクライ
3 6 ステラヴェローチェ 牡3 57kg 2.22.7 パゴ ディープインパクト
2020 1 3 コントレイル 牡3 57kg 2.24.1 ディープインパクト Unbridled’s Song
2 6 サリオス 牡3 57kg 2.24.6 ハーツクライ Lomitas
3 3 ヴェルトライゼンデ 牡3 57kg 2.24.9 ドリームジャーニー Acatenango
2019 1 1 ロジャーバローズ 牡3 57kg 2.22.6 ディープインパクト Librettist
2 4 ダノンキングリー 牡3 57kg 2.22.6 ディープインパクト Storm Cat
3 7 ヴェロックス 牡3 57kg 2.32.0 ジャスタウェイ Storm Cat
2018 1 8 ワグネリアン 牡3 57kg 2.23.6 ディープインパクト キングカメハメハ
2 6 エポカドーロ 牡3 57kg 2.23.7 オルフェーヴル フォーティナイナー
3 4 コズミックフォース 牡3 57kg 2.23.8 キングカメハメハ ネオユニヴァース
2017 1 6 レイデオロ 牡3 57kg 2.26.9 キングカメハメハ シンボリクリスエス
2 2 スワーヴリチャード 牡3 57kg 2.27.2 ハーツクライ Unbridled’s Song
3 8 アドミラブル 牡3 57kg 2.27.2 ディープインパクト シンボリクリスエス
2016 1 2 マカヒキ 牡3 57kg 2.24.0 ディープインパクト フレンチデピュティ
2 4 サトノダイヤモンド 牡3 57kg 2.24.0 ディープインパクト Unbridled’s Song
3 1 ディーマジェスティ 牡3 57kg 2.24.1 ディープインパクト ブライアンズタイム
2015 1 7 ドゥラメンテ 牡3 57kg 2.23.2 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2 1 サトノラーゼン 牡3 57kg 2.23.5 ディープインパクト Intikhab
3 6 サトノクラウン 牡3 57kg 2.23.5 Marju Rossini
2014 1 1 ワンアンドオンリー 牡3 57kg 2.24.6 ハーツクライ タイキシャトル
2 7 イスラボニータ 牡3 57kg 2.24.7 フジキセキ Cozzene
3 2 マイネルフロスト 牡3 57kg 2.24.9 ブラックタイド グラスワンダー

ダービー入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2023 1 4 タラスティエーラ 皐月賞 5 2
2 1 ソールオリエンス 皐月賞 2 1
3 6 ハーツコンチェルト 青葉賞 2 2
2022 1 3 ドウデュース 皐月賞 1 3
2 2 イクイノックス 皐月賞 3 2
3 7 アスクビクターモア 皐月賞 6 5
2021 1 4 シャフリヤール 毎日杯 2 1
2 1 エフフォーリア 皐月賞 2 1
3 9 ステラヴェローチェ 皐月賞 6 3
2020 1 1 コントレイル 皐月賞 1 1
2 2 サリオス 皐月賞 3 2
3 10 ヴェルトライゼンデ 皐月賞 4 8
2019 1 12 ロジャーバローズ 京都新聞杯 12 2
2 3 ダノンキングリー 皐月賞 3 3
3 2 ヴェロックス 皐月賞 4 2
2018 1 5 ワグネリアン 皐月賞 1 7
2 4 エポカドーロ 皐月賞 7 1
3 16 コズミックフォース プリンシパルS 1 1
2017 1 2 レイデオロ 皐月賞 5 5
2 3 スワーヴリチャード 皐月賞 2 6
3 1 アドミラブル 青葉賞 1 1
2016 1 3 マカヒキ 皐月賞 3 2
2 2 サトノダイヤモンド 皐月賞 1 3
3 1 ディーマジェスティ 皐月賞 8 1
2015 1 1 ドゥラメンテ 皐月賞 3 1
2 5 サトノラーゼン 京都新聞杯 2 1
3 3 サトノクラウン 皐月賞 1 6
2014 1 3 ワンアンドオンリー 皐月賞 4 4
2 1 イスラボニータ 皐月賞 2 1
3 12 マイネルフロスト 青葉賞 3 6

ダービーと馬券の傾向

過去10年の集計より。

人気と馬券

1番人気 1勝2着3回3着2回、連対率4割、複勝率6割

2番人気 1勝2着3回3着1回、連対率4割、複勝率5割

3番人気 3勝2着2回3着1回、連対率5割、複勝率6割

1番人気は1勝、連対率4割、複勝率6割と、勝鞍こそ少ないものの馬券としてはまずまずの数字。過去10年で1番人気が優勝したのは後の三冠馬のコントレイルなので、前評判から余程抜けた存在でないと優勝できません。

2番人気も優勝1回、連対率4割、複勝率3割なので1番人気とほぼ変わらず。一方で3番人気は3勝、連対率5割、複勝率6割と1番人気を上回る成績。3番人気で馬連に絡んだ馬5頭中4頭は皐月賞で優先出走権を得ています。

過去10年で2桁人気が馬券に絡んだ年は4回で、その内優勝1回3着3回。ただし馬券自体は堅めで、2桁人気が馬連で馬券に絡んだ2回以外は、馬連は5番人気以内で収まっています。また3着も1回を除き8番人気位以内馬連は上位人気で、3連単や3連複の3着に2桁人気を少数頭入れて夢を見るレースです。

前走と馬券

皐月賞     8勝2着9回3着6回

青葉賞     0勝2着0回3着3回

京都新聞杯   1勝2着1回3着0回

プリンシパルS  0勝2着0回3着1回

その他     1勝2着0回3着0回

皐月賞・青葉賞・京都新聞杯の3レースでほぼ決まり。その内、前走皐月賞組が全体の2/3を占めます。皐月賞組23頭中18頭は皐月賞で優先出走権を得た馬。それ以外で馬券に絡んだ皐月賞組は前走で5番人気以内だったので、やはり素質と実力の兼備が必要。

一方でトライアルの青葉賞、プリンシパルS組から過去10年で優勝馬は出ておらず、プリンシパルS組位に至っては3着1回という惨憺たる数字。青葉賞組も3着3回なので、ダービートライアル組は良くて3着まで。

トライアルではありませんが、京都新聞杯組が1勝を挙げており、馬券になった馬全て京都新聞杯勝ちの馬。2着馬も賞金はダービー出走への賞金が足りる場合がありますが、はやり勝ち切るだけの力が無いと本番では馬券になりません。

血統と馬券

サンデーサイレンス系   23頭

ミスタープロスペクター系  3頭

ノーザンダンサー系     2頭

ロベルト系         1頭

その他           1頭

父にサンデーサイレンス系種牡馬の血を持つ馬が23頭、全体の7割以上と圧倒的。その内ディープインパクト系が14頭、ハーツクライの血を持つ馬が6頭、ステイゴールドの血を持つ馬が2頭、他はフジキセキが1頭。

ミスタープロスペクター系4頭は全てキングカメハメハ産駒。

ディープインパクト系、ステイゴールド系、ハーツクライ系、キングカメハメハ系の4系統で全体の8割。また母の父のほとんどがダービーで好走した馬か、海外の大種牡馬の名が連なります。一流血統の馬がより強いレースです。

ダービーのレース及びコースの攻略法

ダービーはコーナーを4つ回る東京芝2400mCコースを使用。スタートはステンド正面、ゴール版手前のホームストレッチの登り坂を上り切ったあたりから。スタートから第1コーナーまで直後の直線は313m。比較的スムースに行われます。

仮柵が移動された2日目で芝の内外で差のない状態。2400mはこの時期の馬には長距離レースに相当する距離なのであまりはペースになることはまれ。基本的にレースは淡々と進みます。

最後の直線は529.5mもあり、差し・追い込み馬が有利。ダービーは早め追い出しの地力勝負。そのため長くいい脚を使える馬が台頭。早めに追い出されるため先行馬は最後の直線で息切れしやすく、先行馬で馬券に絡むのは自らレースを作れ、スタミナに秀でた血統の馬です。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました