【2021年度版】チューリップ賞入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見るチューリップ賞の入賞馬

チューリップ賞の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2020 1 8 マルターズディオサ 牝3 54kg 1.33.3 キズナ Grand Slam
2 1 クラヴァシュドール 牝3 54kg 1.33.3 ハーツクライ Giant’s Causeway
3 3 レシステンシア 牝3 54kg 1.33.5 ダイワメジャー Lizard Island
2019 1 1 ダノンファンタジー 牝3 54kg 1.34.1 ディープインパクト Not For Sale
2 8 シゲルピンクダイヤ 牝3 54kg 1.34.3 ダイワメジャー High Chaparral
3 5 ノーブルスコ 牝3 54kg 1.34.3 ディープインパクト ディラントーマス
2018 1 5 ラッキーライラック 牝3 54kg 1.33.4 オルフェーブル Flower Alley
2 4 マウレア 牝3 54kg 1.33.7 ディープインパクト Storm Cat
3 8 リリーノーブル 牝3 54kg 1.33.8 ルーラーシップ クロフネ
2017 1 7 ソウルスターリング 牝3 54kg 1.33.2 Frankel Monsun
2 6 ミスパンテール 牝3 54kg 1.33.5 ダイワメジャー シンボリクリスエス
3 3 リスグラシュー 牝3 54kg 1.33.6 ハーツクライ American Post
2016 1 6 シンハライト 牝3 54kg 1.32.8 ディープインパクト シングスピール
2 5 ジュエラー 牝3 54kg 1.32.8 ヴィクトワールピサ Pistolet Bleu
3 4 ラベンダーヴァレイ 牝3 54kg 1.33.0 ディープインパクト フレンチデピュティ
2015 1 7 ココロノアイ 牝3 54kg 1.37.7 ステイゴールド デインヒル
2 1 アンドリッテ 牝3 54kg 1.37.9 ディープインパクト Silver Deputy
3 8 レッツゴードンキ 牝3 54kg 1.38.0 キングカメハメハ マーベラスサンデー
2014 1 3 ハープスター 牝3 54kg 1.34.3 ディープインパクト ファルブラヴ
2 8 ヌーヴォレコルト 牝3 54kg 1.34.7 ハーツクライ スピニングワールド
3 8 リラヴァティ 牝3 54kg 1.34.9 ゼンノロブロイ シングスピール
2013 1 4 クロフネサプライズ 牝3 54kg 1.34.9 クロフネ トニービン
2 7 ウインプリメーラ 牝3 54kg 1.35.5 ステイゴールド フォーティナイナー
3 7 アユサン 牝3 54kg 1.35.6 ディープインパクト Storm Cat
2012 1 7 ハナズゴール 牝3 54kg 1.35.5 オレハマッテルゼ シャンハイ
2 8 エピセアローム 牝3 54kg 1.35.9 ダイワメジャー Cozzene
3 4 ジョワドヴィーヴル 牝3 54kg 1.36.0 ディープインパクト Caerleon
2011 1 6 ショウリュウムーン 牝3 54kg 1.36.1 キングカメハメハ ダンスインザダーク
2 8 アパパネ 牝3 54kg 1.36.2 キングカメハメハ Salt Lake
3 2 エーシンリターンズ 牝3 54kg 1.36.2 キングカメハメハ キャロルハウス

チューリップ賞入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 4 マルターズディオサ 阪神ジュベナイルフィリーズ 6 2
2 2 クラヴァシュドール 阪神ジュベナイルフィリーズ 3 3
3 1 レシステンシア 阪神ジュベナイルフィリーズ 4 1
2019 1 1 ダノンファンタジー 阪神ジュベナイルフィリーズ 1 1
2 4 シゲルピンクダイヤ 未勝(中5カ月) 2 1
3 7 ノーブルスコ リミテッドクラス 2 3
2018 1 1 ラッキーライラック 阪神ジュベナイルフィリーズ 2 1
2 3 マウレア クイーンC 1 5
3 2 リリーノーブル 阪神ジュベナイルフィリーズ 3 2
2017 1 1 ソウルスターリング 阪神ジュベナイルフィリーズ 1 1
2 7 ミスパンテール 新馬(中7カ月) 3 1
3 2 リスグラシュー 阪神ジュベナイルフィリーズ 2 2
2016 1 2 シンハライト OP 1 1
2 1 ジュエラー シンザン記念 2 2
3 10 ラベンダーヴァレイ 500万下 2 5
2015 1 5 ココロノアイ 阪神ジュベナイルフィリーズ 4 3
2 7 アンドリッテ クイーンC 10 4
3 2 レッツゴードンキ 阪神ジュベナイルフィリーズ 2 2
2014 1 1 ハープスター 阪神ジュベナイルフィリーズ 1 2
2 4 ヌーヴォレコルト 500万下 2 1
3 6 リラヴァティ フェアリーS 4 3
2013 1 3 クロフネサプライズ 阪神ジュベナイルフィリーズ 15 2
2 7 ウインプリメーラ OP 1 2
3 5 アユサン 阪神ジュベナイルフィリーズ 4 7
2012 1 4 ハナズゴール 500万下 5 1
2 3 エピセアローム 阪神ジュベナイルフィリーズ 2 8
3 1 ジョワドヴィーヴル 阪神ジュベナイルフィリーズ 4 1
2011 1 9 ショウリュウムーン 未勝利(中3週) 4 1
2 1 アパパネ 阪神ジュベナイルフィリーズ 2 1
3 8 エーシンリターンズ OP 11 1

チューリップ賞と馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 3勝2着2回3着2回、連対率5割、複勝率7割

2番人気 1勝2着1回3着3回、連対率2割、複勝率5割

3番人気 1勝2着2回3着0回、連対率3割、複勝率3割

1番人気の連対率5割、複勝率7割と馬券的に信頼できる数字。1番人気の3勝は全て前走G1阪神ジュベナイルフィリーズの優勝馬。他の上位人気で馬券に絡んでいる馬補ほとんどが阪神ジュベナイルフィリーズで1~3着馬です。

過去10年で2桁人気が馬券に絡んだのは年は1回のみで3着が最高。トライアルレースのため本気で桜花賞を狙っている素質馬が多く、馬連は過去10年で7回が1~4番人気以内の馬で決まっています。また2年を除き3着まで7番人気以内と馬券は堅め。

阪神ジュベナイルフィリーズ上位組を中心に上位人気をピックアップすると馬券が獲れます・。

前走と馬券

阪神JF       7勝2着3回3着6回

3歳重賞        0勝2着3回3着1回

L・OP・1勝クラス    2勝2着2回3着3回

新馬・未勝利    1勝2着2回3着0回

前走阪神ジュベナイルフィリーズ組が圧倒的に強いレース。馬券になった16頭中14頭が前走で馬券に絡んでいます。また他3頭も前走で5番人気以内なので阪神ジュベナイルフィリーズでの実力がそのまま馬券に反映されるといって良いでしょう。

また前走重賞組とオープン、1勝クラスだった馬は全て前走で掲示板に載っています。そのため前走G1以外で掲示板に載っていないような馬は切って良いでしょう。

前走新馬、未勝利からで馬券になった3頭中2頭がダイワメジャー産駒ダイワメジャー産駒はこの時期のマイル戦に強いので注意が必要。

血統と馬券

サンデーサイレンス系種牡馬が圧倒的に強いレースで全体の3/4を占めます。さらにここ5年で見れば15頭中13頭、86.7%が父サンデーサイレンス系

その中でもディープインパクト系が特出しており10頭、実に1/3を占めます。他はダイワメジャーが4頭と、マイル適性が高いサンデーサイレンス系種牡馬が大多数を占めます。

その他ではミスタープロスペクター系が5頭で全てキングカメハメハの血を引いています。阪神ジュベナイルフィリーズで馬券にならなかったこの2系統以外は基本厳しいと見てよいでしょう。

チューリップ賞のレース及びコースの攻略法

チューリップ賞は阪神ジュベナイルフィリーズと同じはコーナーを2つ回る阪神芝外回り1600mのAコースを使用。スタートはスタンド向こう側、第2コーナーを回った辺りから。スタートから最初のコーナーまで444mと距離は十分あり、ポジション争いはスムーズ。

第3、第4コーナーは径が大きくゆったりしておりほぼ平坦・スピードが乗ったままでも回れます。第4コーナー中盤からゴール手前まで高低差2mの長い下り坂が続くので後半一気にペースが上がります。

ゴール前直線は476mと長く、さらにゴール手前1ハロンの所に高低差1.9mの急坂が待ち受けます。基本的に差し、追い込みが有利なコースですが、上位陣は桜花賞まで余力を残しておきたいという思惑が働くため追い出しが遅く、全体的に前残りが多いレース。

馬券に絡んだ30頭中17頭、56.6%が第4コーナーを回った時点で5番手以内。過去10年で逃げ馬が4頭馬券に絡んでいます。また上がり勝負になりやすく、ここ5年で馬券に絡んだ15頭中13頭が上がり33秒台。残り2頭も34秒0~2なので切れ味は必須です。

例年芝が良い状態で開催されますが、今年は7日目と芝の状態が悪化する中での開催。多少パワーを加味して馬券を考える必要があります。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました