2021年第28回G2チューリップ賞予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年チューリップ賞の注目馬を分析!

チューリップ賞の特徴

G2チューリップ賞は第1回阪神開催7日目に行われる3歳牝馬限定芝1600mの定量戦です。負担重量は54kg。国際競走に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。また地方所属馬は桜花賞認定馬およびJRAの2歳G1、3歳重賞の勝利馬2頭までチューリップ賞への優先出走権が与えられます。

チューリップ賞は桜花賞のトライアルレースに指定され、3着までの馬に桜花賞への優先出走権が与えられます。

↓過去10年のチューリップ賞入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年チューリップ賞出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 メイケイエール ミッキーアイル 牝3 武豊 ノーザンファーム
武英智 (栗東) ハービンジャー 54kg 名古屋競馬
2 2 ストゥーティ モーリス 牝3 松山弘平 ノーザンファーム
奥村豊(栗東) ゼンノロブロイ 54kg キャロットファーム
3 3 レアシャンパーニュ   エピファネイア 牝3 幸英明 ノーザンファーム
音無秀孝 (栗東) ゼンノロブロイ 54kg 大塚亮一
4 4 シャーレイポピー ミッキーアイル 牝3 福永祐一 ノーザンファーム
石坂公一 (栗東) キングカメハメハ 54kg キャロットファーム
5 5 エリザベスタワー Kingman 牝3 川田将雅 社台レースホース
高野友和 (栗東) Doyen 54kg Shadai Farm
5 6 エイシンピクセル エピファネイア 牝3 団野大成 栄進牧場
小崎憲 (栗東) Curlin 54kg 栄進堂
6 7 タイニーロマンス ノヴェリスト 牝3 内田博幸 社台ファーム
金成貴史 (美浦) サンデーサイレンス 54kg 吉田千津
6 8 テンハッピーローズ エピファネイア 牝3 池添謙一 社台ファーム
高柳大輔 (栗東) タニノギムレット 54kg 天白泰司
7 9 シャドウエリス ハーツクライ 牝3 岩田望来 社台ファーム
友道康夫 (栗東) クロフネ 54kg 飯塚知一
7 10 マリーナ キズナ 牝3 岩田康誠 ノースヒルズ
矢作芳人 (栗東) Galileo 54kg 三浦大輔
8 11 バリコノユメ ウインバリアシオン 牝3 藤懸貴志 荒谷牧場
松永昌博 (栗東) フレンチデピュティ 54kg 大田恭充
8 12 タガノディアーナ  リオンディーズ 牝3 和田竜二 新冠タガノファーム
長谷川浩 (栗東) ディープインパクト 54kg 八木良司

勝ち馬予想に役立つ!チューリップ賞の注目馬分析

メイケイエール

ミッキーアイル ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
スターアイル ロックオブジブラルタル
アイルドフランス
シロインジャー ハービンジャー Dansili
Penang Pearl
ユキチャン クロフネ
シラユキヒメ

メイケイエールはこれまで4戦3勝。既に小倉2歳ステークス、ファンタジーステークスと重賞2勝を挙げており、前走阪神ジュベナイルフィリーズでは3番人気優勝馬ソダシとは0.2秒差で4着の結果。このメンバーでは実力上位

メイケイエールの父はディープインパクト産駒でNHKマイルカップとマイルチャンピオンシップを勝ったミッキーアイルで、この世代がファーストクロップ。母シロイレンジャーは未勝利も、祖母ユキチャンはNRA最優秀牝馬に輝いています。

血統内にサンデーサイレンスの3×4、デインヒルの4×4の濃いクロスを持ち、時計勝負に強い血統構成。前走の時計は例年のチューリップ賞の平均勝ち時計と遜色ありません。また阪神ジュベナイルフィリーズからの出走馬も無く、重賞勝利馬も同馬のみと明らかに今回はメンバーが手薄。勝ち負け。

テンハッピーバローズ

エピファネイア シンボリクリスエス Kris S. 
Tee Kay 
シーザリオ スペシャルウィーク
キロフプリミエール 
フェータルローズ タニノギムレット ブライアンズタイム
クニノクリスタル
プリムローズイヴ サンデーサイレンス
オエノセラ

テンハッピーバローズはこれまで4戦1勝アルテミスステークスとフェアリーステークスと重賞を2戦し3着、4着と掲示板を外していません。またマイル戦は3戦と経験豊富。

テンハッピーバローズの父はエピファネイア。母フェータルローズはタニノギムレット産駒で芝中距離の3勝馬。母の半兄でクロフネ産駒のライフタイムが地方で18勝を挙げています。

血統内にサンデーサイレンスの4×3、ロベルトの4×4の濃いクロス、さらにヘイルトゥリーズンの5×5×5とノーザンダンサーの5×5を持つ近親配合。

前走のファンタジーステークスではアルテミスステークス3着の実績を買われ1番人気でしたが、0.7秒離され4着。前走より着順、着差も引き離されています。今回はメイケイエールが賞金で桜花賞出走確実も、他の馬は桜花賞出走に賞金が足りないので本気で仕上げてきます。

手薄なメンバーの重賞2戦で賞金が加算できなかったのはやはり実力不足か。メイケイエール以外重賞好走馬はいないものの、クラッシックロードはこれからが本番。桜花賞出走を目指す他の馬に足元をすくわれる可能性大。抑えまで。

エリザベスタワー


Kingman
Invincible Spirit Green Desert
Rafha
Zenda Zamindar
Hope
ターフドンナ Doyen Sadler’s Wells
Moon Cactus
Turfaue Big Shuffle
Turfquelle

エリザベスタワーはこれまで2戦1勝新馬戦は2番人気で1着前走リミテッドクラスのエルフィンステークスでは1番人気に押されるものの、優勝馬に0.5秒差で9着に敗退。ただし新馬戦、次走とも33秒台の末脚を繰り出しているので破壊力はあります。

エリザベスタワーの父は欧州芝マイルG1を4連勝したキングマン。母ターフドンナはドイツオークスの優勝馬という良血。血統内にクリスの4×4の濃いクロス、ノーザンダンサーとダンジグの4×5、ミルリーフの5×5のクロスを持つ力強い構成。

前走優勝馬とは同じ上がりだったため位置取りの差。欧州G1馬同士の配合という良血からもまだ上を目指せる器。早い時計を経験していないのがネックも、今回の阪神は連続開催中日で時計が掛かることが予想され、後ろから外目を追い込める本馬には有利。連下で。

タガノディアーナ

リオンディーズ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
シーザリオ スペシャルウィーク
キロフプリミエール 
アルーア ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
アルーリングアクト エンドスウィープ
チャーミングファピアノ

タガノディアーナはこれまで5戦1勝2着3回3着1回未勝利脱出まで4戦を要しましたが、4戦全てで上り最速前走阪神芝1800mの1勝クラスでは1番人気も、勝馬に首差交わされ2着。ここでも2番目に早い上がり33.6秒を繰り出しています。

タガノディアーナの父は朝日フューチュリティステークス馬で兄にエピファネイアを持つリオンディーズ。ディープインパクト産駒の母アルーアは未勝利も、半姉アルーリングボイスと祖母アルーリングアクトは共に小倉2歳ステークスを制している快速母系。

タガノディアーナは血統内にサンデーサイレンスの4×3、ミスタープロスペクターの4×5×5の濃いクロスを持ち、やはりスピードに秀でた配合です。芝1600~1800mで好成績を収めているように、影響は母の父ディープインパクトからと見るのが妥当か。

父がリオンディーズなのではまれば爆発力も秘めています。前走で牡馬と勝ち負けしていることからも、ここでは3着以内か。

シャーレイポピー

ミッキーアイル ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
スターアイル ロックオブジブラルタル
アイルドフランス
オリエンタルポピー キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
トールポピー ジャングルポケット
アドマイヤサンデー

シャーレイポピーはこれまで3戦1勝2着1回新馬・未勝利で共に1人気新馬戦はタイム差無し2戦目の阪神芝1600mでは1分34秒の好時計で2着に0.6秒差をつける快勝で共に上り最速

シャーレイポピーの父はメイケイエールと同じミッキーアイル。キングカメハメハ産駒の母オリエンタルポピーは未勝利も、祖母トールポピーは阪神ジュベナイルフィリーズとオークスを優勝。また祖母の全妹に秋華賞馬のアヴェンチュラがいます。

シャーレイポピーは血統内にサンデーサイレンスの3×4、ヌレイエフの4×4×5の濃いクロスを持ちスピードパワーと兼ねた血統構成。ただし母や半姉のイエローポピーが小柄なので、小さな馬体は母の影響か。馬体の成長が無いと今後は厳しい印象です。

前走牝馬限定リミテッドクラスでは2番人気優勝馬に1.3秒離され6着に敗退小柄な馬で前走より6㎏減はやはりきつかったか。前走からどれだけ馬体が戻せるかがカギも、馬体を戻すために調教で手加減している可能性も。調教次第ですが、連下まで。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

  1. […] GⅡチューリップ賞 […]

タイトルとURLをコピーしました