【2024年度版】根岸ステークス入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る根岸ステークスの入賞馬

根岸ステークスの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2023 1 7 レモンポップ 牡5 57kg 1.22.5 Lemon Drop Kid Giant’s Causeway
2 3 ギルテッドミラー 牝6 55kg 1.22.6 オルフェーヴル Tiznow
3 7 バトルクライ 牡4 56kg 1.22.7 イスラボニータ キングカメハメハ
2022 1 6 テイエムサウスダン 牡5 57kg 1.23.1 サウスヴィグラス Langfuhr
2 4 ヘリオス 騙6 56kg 1.23.3 オルフェーヴル フレンチデピュティ
3 4 タガノビューティー 牡5 56kg 1.23.4 ヘニーヒューズ スペシャルウィーク
2021 1 2 レッドルゼル 牡5 56kg 1.22.3 稍重 ロードカナロア フレンチデピュティ
2 1 ワンダーリーデル 牡8 56kg 1.22.3 スタチューオブリバティ マヤノトップガン
3 3 タイムフライヤー 牡6 57kg 1.22.4 ハーツクライ ブライアンズタイム
2020 1 6 モズアスコット 牡6 58kg 1.22.7 Frankel ヘネシー
2 3 コパノキッキング 騙5 58kg 1.22.9 Spring At Last ゴールドヘイロー
3 4 スマートヴァロン 牡8 56kg 1.23.1 サウスヴィグラス スキャターゴールド
2019 1 6 コパノキッキング 騙4 56kg 1.23.5 Spring At Last ゴールドヘイロー
2 1 ユラノト 牡5 56kg 1.23.6 キングカメハメハ フジキセキ
3 1 クインズサターン 牡6 56kg 1.23.9 パイロ クロフネ
2018 1 8 ノンコノユウメ 騙6 58kg 1.21.5 トワイニング アグネスタキオン
2 5 サンライズノヴァ 牡4 56kg 1.21.5 ゴールドアリュール サンダーガルチ
3 4 カフジテイク 牡6 57kg 1.21.9 プリサイスエンド スキャン
2017 1 2 カフジテイク 牡5 56kg 1.23.0 プリサイスエンド スキャン
2 3 ベストウォーリア 牡7 58kg 1.23.2 マジェスティックウォリアー Mr. Greeley
3 7 エイシンバッケン 牡5 56kg 1.23.6 ヨハネスブルグ シンボリクリスエス
2016 1 8 モーニン 牡4 55kg 1.22.0 稍重 ヘニーニューズ Distorted Humor
2 4 タールタン 牡8 56kg 1.22.1 Tapit Glitterman
3 1 グレープブランデー 牡8 58kg 1.22.4 マンハッタンカフェ ジャッジアンジェルーチ
2015 1 3 エアハリファ 牡6 56kg 1.23.4 Discreet Cat Afternoon Deelites
2 7 ワイロバッハ 牡6 57kg 1.23.6 アジュディケーティング スキャン
3 7 アドマイヤロイヤル 牡8 56kg 1.23.7 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2014 1 3 ゴールスキー 牡7 56kg 1.23.4 ネオユニヴァース Nureyev
2 5 ノーザンリバー 牡6 57kg 1.23.5 アグネスタキオン Machiavellian
3 7 シルクフォーチュン 牡8 56kg 1.23.5 ゴールドアリュール アルワウージュ

根岸ステークス入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2023 1 1 レモンポップ 武蔵野S 1 2
2 2 ギルテッドミラー 武蔵野S 2 1
3 4 バトルクライ L(ダ) 2 1
2022 1 6 テイエムサウスダン 兵庫ゴールドT(GⅢ) 1 1
2 4 ヘリオス OP(ダ) 1 1
3 2 タガノビューティー OP(ダ) 1 3
2021 1 1 レッドルゼル カペラS 1 2
2 10 ワンダーリーデル 武蔵野S 5 4
3 2 タイムフライヤー チャンピオンズC 7 8
2020 1 3 モズアスコット マイルCS 7 14
2 1 コパノキッキング カペラS 2 1
3 9 スマートヴァロン L(ダ) 5 3
2019 1 2 コパノキッキング カペラS 1 1
2 3 ユラノト OP(ダ) 1 2
3 5 クインズサターン OP(ダ) 4 3
2018 1 6 ノンコノユウメ チャンピオンズC 6 9
2 1 サンライズノヴァ OP(ダ) 2 2
3 2 カフジテイク チャンピオンズC 5 7
2017 1 1 カフジテイク チャンピオンズC 11 4
2 3 ベストウォーリア JCBスプリント 1 2
3 4 エイシンバッケン OP(ダ) 1 2
2016 1 1 モーニン 武蔵野S 1 3
2 6 タールタン OP(ダ) 7 1
3 10 グレープブランデー チャンピオンズC 10 8
2015 1 1 エアハリファ 武蔵野ステークス 1 2
2 2 ワイロバッハ チャンピオンズC 10 6
3 15 アドマイヤロイヤル 武蔵野S 9 14
2014 1 4 ゴールスキー 武蔵野S 2 4
2 8 ノーザンリバー カペラS 6 1
3 5 シルクフォーチュン カペラS 2 3

根岸ステークスと馬券の傾向

過去10年の集計より。

人気と馬券

1番人気 5勝2着2回3着0回、連対率7割、複勝率7割

2番人気 1勝2着2回3着3回、連対率3割、複勝率6割

3番人気 1勝2着2回3着0回、連対率3割、複勝率3割

1番人気は5勝、連対率、複勝率共に7割と連軸で信頼できる数字。対して2人気は3連対も、複勝率は6割なので馬券内。一方で3番人気の連対率、複勝率共に3割なのでやや心許ない数字。

1~3番人気で連対率70%過去10年で1~3番が馬連で馬券に絡まなかった年は2回だけ馬連で2桁人気が馬券に絡んだのは過去1回だけで、その時も優勝は1番人気。基本的に馬連は上位人気で決まり、6番人気以内同士で決まった年は8回とかなり固め。

二桁2人気が馬券に絡んだ年は3回で、馬連は1回。2桁人気は10番人気が2回なので、さほど荒れるレースではありません。

前走と馬券

チャンピオンズカップ 2勝2着1回3着3回、占有率20.0%

その他ダートGⅠ   1勝2着1回3着0回、占有率6.7%

カペラS       2勝2着2回3着1回、占有率16.7%

武蔵野S       4勝2着2回3着1回、占有率16.7%

その他ダート重賞    1勝2着0回3着0回、占有率6.7%

OP・Lクラス     0勝2着4回3着5回、占有率33.3%

ダート1400mという非根幹距離のレースのため、勝ち鞍は前走短距離~マイルのダート重賞出走馬が多いレースで、勝ち鞍は全て前走重賞組。

前走GⅠ走組は格下相手の対戦のため、前走の人気や着順はあまり関係なく来ます。前走他のダート重賞組では馬券に絡んだ14頭中13頭が前走で掲示板に載っており、それなりに実力が必要です。

一方、連下ではOP・Lクラスからの馬多く、過去10年で2着4回3着5回と約半数を占めます。ダートのOP・Lクラスからの格上挑戦組で馬券に絡んだ9頭全てが前走3着以内ほとんどがギャラクシーSか師走S組です。傾向が明確で馬券が絞りやすいレースです。

血統と馬券

サンデーサイレンス系   9頭

ミスタープロスペクター系 9頭

ノーザンダンサー系    9頭

A.Pインディ系       3頭

日本の主流血統であるサンデーサイレンス系、ミスタープロスペクター系、ノーザンダンサー系が拮抗。ただし、近5年で見るとサンデーサイレンス系は3頭しか馬券に絡んでおらず、その大半はミスタープロスペクター系かノーザンダンサー系。

母の父でも非サンデーサイレンス系が強く、スピードとパワーが優先されるレースだと分かります。ホームストレッチもバックストレッチ共に長く、ワンターンなので器用さは不要。ミスタープロスペクター系であれ、ノーザンダンサー系であれ米国系のスピード馬の血を持つ馬が強いレース。

性齢と馬券

4歳   2勝2着1回3着1回、占有率13.3%

5歳   4勝2着2回3着2回、占有率26.7%

6歳   3勝2着4回3着3回、占有率33.3%

7歳以上 1勝2着3回3着4回、占有率36.7%

馬券の中心は5、6歳馬短距離戦にも関わらず高齢馬の活躍が目立つレースで、3着に8歳馬が4回も絡んでいます。

この時期のダートは乾燥していて異常に重く、走り切るにはパワーと勝負根性が必要。スピード能力は他の時期より必要ありません。そのため馬体が完成している5歳以上が強く、レースを多く経験した高齢馬が2、3着に粘り込んで来ます。

なお、過去10年で牝馬が馬券に絡んだのは昨年1回のみ武蔵野Sを勝っての参戦なので、よほど馬場適性が無ければ無視して良いでしょう。

根岸ステークスのレース及びコースの攻略法

根岸ステークスはコーナーを2つ回る東京ダート1400mで行われます。スタートはステンド向こう側、第2個コーナーを回った辺りから。スタートから最初のコーナーまで441mと非常に長いためポジション争いはスムーズ。テンもそれほど早くなりません。

ホームストレッチおよびバックストレッチとも長く、さらに東京コースの第3、第4コーナーの径も大きいのでスピードを落とさずレースができます。一方、この頃のダートは乾燥してパワーが必要。必要以上にレースが早くなることはありません。

最後の直線は501mと非常に長く、ゴール前2ハロン辺りから高低差2.4mの長い上り坂が続くため非常にパワーが必要。レース中スタミナを温存できる差し、追い込みが有利なレースで、過去10年で馬券に絡んだ30頭中21頭が第4コーナーを回った時点で7番手以下逃げ馬が馬券に絡んだことは1度もありません。また勝ち馬10頭中7頭が差し馬です。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました