2024年第60回GⅡ金鯱賞予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2024年金鯱賞の注目馬を分析!

金鯱賞の特徴

GⅡ金鯱賞は第1回中京開催2日目に行われる4歳以上芝2000mの別定戦です。負担重量は牡・騙馬57kg、牝馬55kg。過去の重賞勝利実績で負担重量が加算されます。加算条件は以下の通り。

2kg増・・・過去1年以内に牝馬限定を除くGⅠ優勝馬。

1kg増・・・過去1年以内に牝馬限定GⅠ優勝馬、同GⅡ優勝馬。一年以上前に牝馬限定及び2歳GⅠを除くGⅠ優勝馬。

国際競走に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。また地方所属馬は大阪杯出走候補馬のみ3頭まで優先出走権が与えられます。

大阪杯へのステップレースに指定され、JRA所属馬は優勝馬に、地方所属馬は2着までに入った馬に同レースへの優先出走権が与えられます。

↓過去10年の金鯱賞入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2024年金鯱賞出走登録馬一覧表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 シーズンリッチ ドゥラメンテ 牡4 吉田隼人 ノーザンファーム
久保田貴 (美浦) ハーツクライ 57kg 宇田豊
2 2 ワイドエンペラー ルーラーシップ 牡6 高杉吏麒 斉藤安行
藤岡健一 (栗東) アグネスタキオン 57kg 幅田昌伸
3 3 ドゥレッツァ ドゥラメンテ 牡4 C.ルメール ノーザンファーム
尾関知人(美浦) More Than Ready 59kg キャロットファーム
4 4 プログノーシス ディープインパクト 牡6 川田将雅 社台ファーム
中内田充 (栗東) Observatory 58kg 社台レースホース
4 5 ブレイヴロッカー ドゥラメンテ 牡4 丸山元気 社台ファーム
本田優(栗東) Elusive City 57kg 吉田照哉
5 6 ヨーホーレイク ディープインパクト 牡6 藤岡健太 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) フレンチデピュティ 57kg 金子真人H
5 7 ヤマニンサルバム イスラボニータ 牡5 三浦皇成 錦岡牧場
中村直也 (栗東) ホワイトマズル 57kg 土井肇
6 8 バラジ ヴァンセンヌ 牡5 菅原明良 増本牧場
鹿戸雄一 (美浦) アラジ 57kg 岡田牧雄
6 9 ノッキングポイント モーリス 牡4 戸崎圭太 ノーザンファーム
木村哲也 (美浦) キングカメハメハ 57kg サンデーレーシング
7 10 アラタ キングカメハメハ 牡7 横山典弘 社台ファーム
和田勇介 (美浦) ハーツクライ 57kg 村田能光
7 11 エアサージュ Point of Entry 牡6 池添謙一 Winchester Farm
池添学(栗東) Empire Maker 57kg ラッキーフィールド
8 12 ハヤヤッコ キングカメハメハ 牡8 幸英明 ノーザンファーム
国枝栄 (美浦) クロフネ 57kg 金子真人H
8 13 レッドジェネシス ディープインパクト 牡6 角田大河 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) Storm Cat 57kg 東京ホースレーシング

勝ち馬予想に役立つ!金鯱賞の注目馬分析

ドゥレッツァ

ドゥラメンテ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
アドマイヤグルーヴ サンデーサイレンス
エアグルーヴ
モアザンセイクリッド More Than Ready  サザンヘイロー
Woodman’s Girl
Danalaga デインヒル
Tamarino

ドゥレッツァは5連勝で昨年の菊花賞を制覇。これまで6戦5勝3着1回菊花賞では逃げて最後は2着のダービー馬タスティエーラを0.6秒も突き放す競馬新馬戦以外、全て上りはメンバー中最速です。

ドゥレッツァの父は牡馬春クラシック2冠のドゥラメンテ。豪州産の母モアザンセイクリッドはGⅠニュージーランドオークス他重賞3勝を含む5勝馬。血統内にヘイローの4×4の濃いクロスを持ちます。

菊花賞勝ちでステイヤーのイメージがありますが、菊花賞以外は2000~2200m戦中京は初ですが、昨年の6月東京芝2000mで1分59秒2、先行して上り32秒7でまとめるという強レースをしています。

ただしGⅠ勝ちをしているため、今回は59kgの初斤量馬体重も菊花賞で468kgと決して馬格がある方ではなく、斤量負けする可能があります。目標はあくまで大阪杯か天皇賞春。5ヵ月の休養明けなので、ここは叩き台の公算が大。抑えまで。

プログノーシス

ディープインパクト ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
リアルスティール Alzao 
Monevassia
ヴェルダ Observatory Distant View
Stellaria
Viavigoni Mark of Esteem
Val d’Erica

プログノーシスは昨年の金鯱賞、札幌記念の優勝馬。これまで12戦6勝2着2回3着2回昨年4月の香港GⅠクイーンエリザベス2世カップで2着、天皇賞秋ではイクノイックスが世界レコードを叩き出した天皇賞秋では0.6秒差で3着しています。

プログノーシスの父はディープインパクト。母ヴェルダは英国産の2勝馬。プログノーシスの半兄に英短距離GⅠ勝ちのヴォルダがいます。

前走昨年末の国際GⅠ香港Cで2番人気の5着。優勝馬との着差は1馬身程度なので、やはりGⅠ級の力はあります。また上りは国内では10戦中8戦でメンバー中最速。昨年の天皇賞秋でもジャスティンパレスに次ぐ2番目の脚を使っており、末脚は堅実。

今回の斤量は58kgで、優勝した強豪相手の札幌記念、天皇賞秋で経験済み。またここ3戦に比べればメンバーは手薄で連覇は濃厚。勝ち負け。

ヤマニンバルサム

イスラボニータ フジキセキ サンデーサイレンス
ミルレーサー
イスラコジーン Cozzene
Isla Mujeres
ヤマニンエマイユ ホワイトマズル ダンシングブレーヴ
Fair of the Furze
ヤマニンザナドゥ トニービン
ワンオブアクライン

ヤマニンバルサムは昨年の中日新聞杯で重賞初制覇。これまで20戦6勝2着4回3着4回。前走は逃げ馬が自滅する早いペースを3番手で追走し、勝ち時計1分58秒8、2着で後方から追い上げてきたハヤヤッコを0.1秒差で凌いでいます。

マニンサルバムの父は皐月賞馬のイスラボニータ。ホワイトマズル産駒の母ヤマニン絵マイユは短距離OP2勝がある6勝馬。血統内にノーザンダンサーの4×4の濃いクロスがあります。ただし近親にこれといった活躍馬はいません。

中京コースは5戦5勝と得意。しかも中京2000mで3勝を挙げています。前走の勝ち時計も優秀で、さらに今回は前走と同斤量で出走可能前走よりメンバーは強化されますが、現在の充実ぶりなら善戦可能。連下で。

ノッキングポイント

モーリス スクリーンヒーロー グラスワンダー
ランニングヒロイン
メジロフランシス カーネギー
メジロモントレー
チェッキーノ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
ハッピーパス サンデーサイレンス
ハッピートレイルズ

ノッキングポイントは昨年の新潟記念の優勝馬。毎日杯でも2着し、ダービーでは優勝馬タスティエーラから0.2秒差の5着入賞。前走菊花賞では距離が合わず、優勝馬ドゥレッツァから2.1秒離され15着に惨敗しています。

ノッキングポイントの父はモーリスキングカメハメハ産駒の母チェッキーノはフローラSの優勝馬でオークス2着。母の全兄コディノはGⅢ2勝、祖母ハッピーパスは京都牝馬S勝ち、近親にフィリーズレビュー勝ちのサブライアンセム。

母はオークス2着、ノッキングポイント自体もダービー5着がありますが、基本的に母系は早熟系のマイラー。そのため前走より距離短縮はプラスも、2000mは血統的にギリギリの距離新潟記念勝ちはハンデが54kgだったから。今回の斤量は57kgなのでマイナスです。見送り。

ヨーホーレイク

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere 
クロウキャニオン フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
クロカミ Caerleon
ミルド

ヨーホーレイクは2022年の日経新春杯の優勝馬。こいれまで7戦3勝2着1回3着1回。ホープフルSで3着し、きさらぎ賞で2着、皐月賞で5着の実績7戦中ダービー以外はメンバー中最速の上りを駆使しています。

ヨーホーレイクの父はディープインパクト。母クロウキャニオンは1勝馬も、祖母クロカミはマイル重賞2勝の活躍馬。ヨーホーレイクの全兄にはレパードステークス勝ちのボレアス、弥生賞勝ちのカミノタサハラがいます。

2021年の秋は全休し、古馬初戦の日経新春杯を快勝しているので能力があります。ただし、日経新春杯後予定していた大阪杯は疲労が抜けず回避。それから2年2か月も休養しているため、さすがにレース感は戻り切れないと思われます。今回は見送り。

↓ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました