2024年第42回GⅢ中山牝馬ステークス予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2024年中山牝馬ステークスの注目馬を分析!

中山牝馬ステークスの特徴

GⅢ中山牝馬ステークスは第2回中山開催5日目に行われる4歳以上牝馬限定芝1800mのハンデキャプ戦です。国際競走に指定され、外国調教馬は8頭まで優先出走権が与えられます。地方所属馬は2頭まで出走登録が可能です。

↓過去10年の中山牝馬ステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2024年中山牝馬ステークス出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 タガノパッション キングカメハメハ 牝6 大野拓弥 新冠タガノファーム
鮫島一歩 (栗東) シンボリクリスエス 53kg 八木良司
1 2 ルージュリナージュ スピルバーグ 牝5 丸田恭介 信岡牧場
宗像義忠 (美浦) ルーラーシップ 53kg 東京ホースレーシング
2 3 クリノプレミアム オルフェーヴル 牝7 松岡正海 栗本博晴
伊藤伸一 (美浦) Giant’s Causeway 55.5kg 吉田ファーム
2 4 キタウイング ダノンバラード 牝4 杉原誠人 ミルファーム
小島茂之 (美浦) アイルハヴアナザー 53kg ミルファーム
3 5 シンリョクカ サトノダイヤモンド 牝4 木幡初也 下河辺牧場
竹内正洋 (美浦) キングカメハメハ 54kg 由井健太郎
3 6 グランスラムアスク ディープインパクト 牝5 古川奈穂 下河辺牧場
矢作芳人(栗東) Storm Cat 52kg 廣崎利洋HD
4 7 コンクシェル キズナ 牝4 岩田望来 ノースヒルズ
清水久詞 (栗東) Galileo 53kg 前田晋二
4 8 ヒップホップソウル キタサンブラック 牝4 北村宏司 社台ファーム
木村哲也 (美浦) ファルブラヴ 55kg 社台レースホース
5 9 ファンタジア ハービンジャー 牝5 原優介 ノーザンファーム
堀宜行(美浦) シンボリクリスエス 51kg 石川達絵
5 10 アレグロモデラート ハーツクライ 牝5 木幡巧也 ハシモトフアーム
武井亮(美浦) Unbridled’s Song 50kg グリーンファーム
6 11 コスタボニータ イスラボニータ 牝5 西村淳也 社台ファーム
杉山佳明 (栗東) Kendor 55kg 谷掛龍夫
6 12 ルージュエクレール エピファネイア 牝5 菅原明良 ノーザンファーム
萩原清(美浦) キングカメハメハ 52kg 東京ホースレーシング
7 13 フィアスプライド ディープインパクト 牝6 C.ルメール ダーレー・ジャパン・F
国枝栄 (美浦) Kingmambo 56kg ゴドルフィン
7 14 ククナ キングカメハメハ 牝6 戸崎圭太 ノーザンファーム
栗田徹 (美浦) ディープインパクト 55kg キャロットファーム
8 15 フィールシンパシー ベーカバド 牝5 横山琉人 岡田スタッド
小島茂之 (美浦) ダンスインザダーク 53kg 岡田牧雄
8 16 ラヴェル キタサンブラック 牝4 横山武史 ノーザンファーム
矢作芳人 (栗東) ダイワメジャー 54kg キャロットファーム

勝ち馬予想に役立つ!中山牝馬ステークスの注目馬分析

フィアスプライド

ディープインパクト ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
リアルスティール Alzao 
Monevassia
ストロベリーフェア Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
ストームソング Summer Squall
Hum Along

フィアスプライドは前走ターコイズSを1番人気で重賞初制覇。これまで16戦5勝2着1回3着2回ターコイズSは連続出走で、初回は12番人気で3着。昨年は関屋記念、府中牝馬Sでも4着しています。

フィアスプライドの父はディープインパクト。キングマンボ産駒の母ストロベリーフェアは海外で未勝利。ファストプライドの半姉でタニノギムレット産駒のミッドサマーフェアがフローラS勝ち、全姉のソフトフルートが秋華賞で3着。

母の半兄のオーダーオブセントジョージはGⅠ愛国セントレンジャー2勝他、全11勝、祖母ストームソングはBCジュヴェナイルフィリーズ他GⅠ2勝と一族は底力有。フィアスプライドはミスタープロスペクターの3×5の濃いクロスがあります。・

新馬戦から現在まで芝1600~1800mが主戦場。芝1800m戦は東京と小倉で1勝ずつを挙げています。中山は未勝利戦を除き3戦2勝3着1回と好相性ですが、いずれも1600m戦実走距離よりスタミナが必要な中山1800mだと若干距離が長いか。

今回はトップハンデの56kgで、最軽量馬とは6kg差。前走は54kgだったので、2kg増はマイナス。また過去に55kgまでしか経験していませんミスタープロスペクターの血が濃いのでパワーはあると思いますが、さすがに切れ負けする可能性が大。抑えまで。

ククナ

キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
クルミナル ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
クルソラ Candy Stripes
Calorica

ククナはこれまで19戦3勝2着5回3着4回重賞勝ちはありませんが、アルテミスS、昨年の七夕賞、前走の中山金杯で2着しています。

ククナの父はキングカメハメハディープインパクト産駒の母クルミナルは2勝も桜花賞2着、オークス3着後に繁殖に上がっています。祖母クルソラはアルゼンチンでGⅠ2勝と、母系は底力があります。

前走で中山内回り3戦して着差は全て0.1秒以内と高いコース適性。。また前走に比べればメンバーは手薄。

ただし今回のハンデは55kgで、前走より1kg増重賞で2着時はいずれも負担重量は54kg。過去に東京芝2400m3勝クラスで56kgを背負い優勝しているので、今回のハンデはこなせますが、中山牝馬ステークスでは55kg以上を背負った馬の成績はよくありません。また6歳馬の成績も良くありません。

勝ち切るには若干データ的に厳しいか。連下で。

コスタボニータ

イスラボニータ フジキセキ サンデーサイレンス
ミルレーサー
イスラコジーン Cozzene
Isla Mujeres
レディイン Kendor Kenmare
Belle Mecene
Super Vite Septieme Ciel
Erin On Your Toes

コスタボニータはこれまで15戦4勝2着3回3着3回重賞勝ちはありませんが、昨年の阪神牝馬S、クイーンS、今年の愛知杯でいずれも3着しています。

コスタボニータの父は皐月賞馬のイスラボニータ。フランス産の母レディインは海外で3勝。コスタボニータの半姉でゼンノロブロイ産駒のイチオクノホシが阪神牝馬SとクイーンCで2着。そのため血統的に母の影響力が大。

愛知杯では優勝馬のミッキーゴージャスから0.2秒離されましたが、2着タガノパッションとは0.1秒差。ミッキーゴージャスの負担重量は54kg、タガノパッッションが53kgに対し、コスタボニータは55kg、計算上はミッキーゴージャスとは接戦で、タガノパッションは逆転可能。

また血統的にマイラーなので、初の2000mだった前走より距離短縮は歓迎。2走前に中山芝1800mLクラスで0.1秒差2着しコース実績もあります。今回のハンデは55kgで前走と同じ。中山牝馬ステークス55kg以上を背負った馬の成績は悪いものの、5歳馬の成績は抜群。ここは好勝負必至。勝ち負け。

ラヴェル

キタサンブラック ブラックタイド サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
シュガーハート サクラバクシンオー
オトメゴコロ
サンブルエミューズ ダイワメジャー サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
ヴィートマルシェ フレンチデピュティ
キョウエイマーチ

ラヴェルは2022年のアルテミスSの優勝馬。これまで8戦2勝アルテミスS以後勝ち星から見放されていますが、オークスでは4着。前走京都記念では牡馬相手に5着に奮闘しています

ラヴェルの父は中長距離GⅠ7勝のキタサンブラック。ダイワメジャー産駒の母サンブルエミューズはマイルの3勝馬。ラヴェル半姉でハービンジャー産駒のナミュールがマイルチャンピオンシップ勝ち、秋華賞2着、オークス3着と活躍。祖祖母は桜花賞馬キョウエイマーチ。

母の半妹にBCディスタフ優勝のマルシェロレーヌ、半弟のバーデンヴァイラーがマーキュリーC勝ちと一族は走ります。

現状では2000m以上で成績が良いので、血の影響力は父から。牝馬では4冠馬リバティアイランドに唯一土を付けた存在ですが、それ以後の成績は大きく見劣りします。

アルテミスSで豪脚は鳴りを潜め、掲示板に載っているのはいずれもゴール前直線が長いコース先行脚質は中山向きも、ジリジリしか伸びない現状では切れ味のある馬には競り負けする可能性が大今回はハンデ54kgで他馬より有利も、見送り。

ヒップホップソウル

キタサンブラック ブラックタイド サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
シュガーハート サクラバクシンオー
オトメゴコロ
ダンスファンタジア ファルブラヴ Fairy King
Gift of the Night
ダンスインザムード サンデーサイレンス
ダンシングキイ

ヒップホップソウルはこれまで8戦1勝2着3回まだ1勝馬ですが、フラワーCと紫苑Sで2着に入り、獲得賞金でOPクラス。前走ターコイズSで2番人気推されましたが、優勝馬フィアスプライドから0.5秒離され8着に敗れています。

ヒップホップソウルの父は中長距離GⅠ7勝のキタサンブラック。ファルブラヴ産駒の母ダノンファンタジアはフェアリーSを優勝した3勝馬。祖母は桜花賞とヴィクトリアマイル馬のダンスインザムードと母系はマイラー。血統内にサンデーサイレンスの3×3の濃いクロスを持ちます。

父は中長距離馬も、マイル戦で好走からも血の影響は母系から。前走は具合が良いにもかかわらず、スタートからポジション争いに敗れ後方からの競馬に。スローペースだったので届きませんでしたが、あがりはメンバー中3番目33秒9で、優勝馬と同じ脚。

ただし、前走で優勝馬から0.5秒差で負けたにも関わらず、前走よりハンデが1kg増えて55kg優勝馬のフィアスプライドが2kg増なので、計算上は今回0.3秒差なので逆転できません。またやや左にもたれる癖がありレース振りが不安定まともに走れば一発も、凡走の危険性もり信頼できず、抑えまで。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました