2020年第56回G3七夕賞予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

牝馬クラシック3冠馬アパパネの息子ジナンボー、ヴィクトリアマイル連覇のヴェルシーナの仔ブラヴァスが参戦予定の今年の七夕賞。福島巧者のクレッシェンドラヴを含め、七夕賞出走登録馬の中から注目馬をピックアップし、馬券になるか分析します。

2020年七夕賞の注目馬を分析!

七夕賞の特徴

G3七夕賞は福島第2回開催4日目に3歳以上で行われる芝2000mのハンデキャップ競争です。国際競争に指定され、外国調教は8頭まで終戦出走できます。サマーシリーズの第一戦で、サマーチャンピオンを目指す中距離馬が出走します。

過去10年の七夕賞入賞馬のデータを見たい方はこちら

2020年七夕賞出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 バレリオ ステイゴールド 牡5 石橋脩 白老ファーム
相沢郁 (美浦) クロフネ 55kg サンデーレーシング
1 2 ウインイクシード マンハッタンカフェ 牡6 横山武史 コスモヴューファーム
鈴木伸尋 (美浦) ボストンハーバー 56kg ウィン
2 3 クレッシェンドラヴ ステイゴールド 牡6 内田博幸 木村秀則
林徹 (美浦) Sadler’s Wells 57kg 広尾レース
2 4 パッシングスルー ルーラーシップ 牝4 戸崎圭太 ノーザンファーム
黒岩陽一 (美浦) クロフネ 54kg キャロットファーム
3 5 マイネルサーパス アイルハヴアナザー 牡4 国分優作 TC・ラフィアン
高木登 (美浦) タマモクロス 56.5kg ビッグレッドファーム
3 6 ジナンボー ディープインパクト 牡5 D.レーン ノーザンファーム
堀宣行 (美浦) キングカメハメハ 56kg 金子真人H
4 7 エアウィンザー キングカメハメハ 牡6 三浦皇成 社台ファーム
角居勝彦 (栗東) サンデーサイレンス 57kg ラッキーフィールド
4 8 アウトライアーズ ヴィクトワールピサ 牡6 丸田恭介 ノーザンファーム
小島茂之 (美浦) フレンチデピュティ 54kg 丸山担
5 9 ノーブルマーズ ジャングルポケット 牡7 高倉稜 タガミファーム
宮本博 (栗東) Silver Hawk 56kg 吉木伸彦
5 10 ソールインパクト ディープインパクト 牡8 吉田豊 白老ファーム
戸田博文 (美浦) Exchange Rate 54kg 窪田芳郎
6 11 ヒンドゥタイムズ ハービンジャー 牡4 北村友一 ノーザンファーム
斉藤崇史 (栗東) ディープインパクト 55kg シクルクレーシング
6 12 ヴァンケドミンゴ ルーラーシップ 牡4 酒井学 斉藤安行
藤岡健一 (栗東) アグネスタキオン 54kg 幅田昌伸
7 13 ブラヴァス キングカメハメハ 牡4 福永祐一 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) ディープインパクト 55kg 佐々木主浩
7 14 オセアグレイト オルフェーヴル 牡4 野中悠太郎 IHR
菊川正達 (美浦) Bahri 55kg 下屋敷牧場
8 15 リュヌルージュ モンテロッソ 牝5 M.デムーロ 坂東牧場
斉藤崇史 (栗東) メジロマックイーン 52kg 窪田芳郎
8 16 レッドローゼス ステイゴールド 牡6 石川裕紀人 坂東牧場
国枝栄 (美浦) Galileo 56kg 東京ホースレーシング

 

勝ち馬予想に役立つ!重賞の注目馬分析

クレッシェンドラヴ

ステイゴールド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ ディクタス
ダイナサッシュ
ハイアーラヴ Sadler’s Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Dollar Bird Kris
High Spirited

クレッシェンドラヴは昨年のG3福島記念の優勝馬。七夕賞でも2着しており、これまで福島コースは4戦1勝2着3回と連を外したことはありません。また過去の勝ち星も中山か函館などある程度と時計が掛かり直線の短いコースに限定されます。

クレッシェンドラヴの父は福島コースに強いステイゴールド。母ハイアーラヴはアイルランド生産の1勝馬で、母系に目立った成績の馬はいません。ただし、サドラーズウェルズやクリスエスなど日本でも実績のある血が重ねられているので血統は悪くありません。

クレッシェンドラヴは血統内にノーザンダンサーの5×3という濃いクロスを持ち、底力を引き上げるヘイルトゥリーズンの4×5のクロスも持っています。

今回中山金杯以来7カ月ぶりの実戦。過去4カ月休養明けでポン駆けもしているので、調教さえ良ければ走ります。過去の実績からハンデを背負わされますが、ステイゴールド産駒は斤量負けせず、この時期特有の荒れた福島の馬場も苦にしません。

一昨年末から参戦したレースは全て上がり3位以内で、大差負けしたのも格上条件G2オールカマーのみ。得意な舞台でG3のここなら連軸にできる馬です。

ジナンボー

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
アパパネ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
ソルティビッド Salt Lake
Piper Piper

ジナンボーはこれまで10戦4勝でオープンクラスの馬。前走G1大阪杯で0.5秒差5着G3新潟記念で3着コース形態が似ている小回りの小倉で0.3秒差2着の実績があります。

ジナンボーの父は大種牡馬ディープインパクト。母は牝馬クラシック三冠でG1を5勝したアパパネという超良血。ただし馬体の成長にあわせてディープインパクト産駒特有の切れる脚が見られなくなっており、先行してなだれ込むレースに変わっています。

超良血と過去の実績から人気になりますが、勝ち切るには武器が足りない印象。連下で見るのが妥当です。

ウインイクシード

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
イクスキューズ ボストンハーバー Capote
Harbor Springs
クリスティキャット Majestic Light
Toll Booth

ウインイクシードはこれまで24戦4勝2着6回3着6回、複勝率66.7%で3回に2回は馬券に絡んでいます。2走前のG2日経賞では1.5秒も離されましたが、昨年G3福島記念で0.4秒差4着、今年の中山金杯でタイム差無し2着と、G3なら勝ち負けできる実力があります。

ウインイクシードの父はマンハッタンカフェ。芝・ダート、距離を問わず活躍馬を輩出するサンデーサイレンス系の種牡馬です。母イクスキューズは短距離馬のボストンハーバー産駒ですが、クイーンカップを優勝し、マイルから中距離重賞で勝ち負けしています。

ウインイクシードの過去の成績から見ても適性距離は1800~2000mの中距離なので七夕賞の舞台は問題ありません。しかし福島巧者のクレッシェンドラヴには過去2度負けているので格付けは終わっています。連下扱いで見るのが妥当です。

ブラヴァス

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
ヴィルシーナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ハルーワスウィート Machiavellian
ハルーワソング

ブラヴァスはこれまで10戦4勝。前走重賞初挑戦の新潟大賞典で2番人気に押され0.3秒差4着と健闘しています。これまで10戦して9戦が上がり3位以内と末脚は安定。前でレースを進めても早い上がりが使えるので福島コース向きです。

ブラヴァスの父は大種牡馬キングカメハメハ。ただし、ここ10年の七夕賞で父、母の父でキングカメハメハの血を持つ馬が馬券に絡んでいないのが気がかり。母は牝馬クラシック3冠オール2着でヴィクトリアマイルを連勝したヴェルシーナという超良血。

福島コースは初ですが、小回りで直線が短い阪神内回りでも優勝経験があるので特に問題はありません。クレッシェンドラヴとは初対戦ですが、負かす可能性を十分秘めた馬です。

マイネルサーパス

アイルハヴアナザー Flower Alley Distorted Humor
プリンセスオリビア
Arch’s Gal Edith Arch
Force Five Gal
マイネアクティース タマモクロス シービークロス
グリーンシャトー
ヒカルダンサー ナイスダンサー
タケミアロー

マイネルサーパスはこれまで15戦4勝。すでにリミテッドクラスを2勝しており重賞を狙える器。前走リミテッドクラスの福島民報杯を勝ち、昨年も3歳限定ハンデキャップ重賞ラジオNIKKEI賞を0.1秒差2着と福島巧者。しかも両レースとも、重、不良と重巧者です。

マイネルサーパスの父アイルハヴアナザーは米国クラッシック2冠馬でG1を3勝。日本で走っている産駒で優良馬はほとんどがダート馬か、力の要る洋芝か重巧者。母は中央条件戦の3勝馬ですが、その母ヒカルダンサーは重賞勝ちを含む5勝の活躍馬。

母系はタマモクロスやナイスダンサー、アローエクスプレスなどヘイルトゥリーズン系が導入される以前に日本で活躍した種牡馬を重ねられています。

基本的に後ろから差す馬なので成績にムラがあり、連軸にするには難しい馬。ただし血統面からみても重巧者なので、当日雨が降り重、不良なら馬券に入れるべき馬と言えます。

ヒンドゥタイムズ

ハービンジャー Dansili デインヒル
Hasili
Penang Pearl Bering
Guapa
マハーバーラタ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
マハーブ Nureyev
Personal Business

ヒンドゥタイムズは9戦4勝2着2回3着1回。3歳時に京成杯で0.2秒差3着しており、これまで負けても0.2秒差以内。全戦であがり3位以内と末脚は安定しています。福島は初ですが、コース形態が似ている中山や小倉でも走っているので特に問題はないでしょう。

ヒンドゥタイムズの父はデインヒルの血を引くハービンジャー。自身は長距離馬ですが、産駒はマイルから長距離まで幅広く活躍馬を送り出しています。母マハーバーラタはディープインパクト産駒ですが、中央1勝の成績。

ハービンジャーはもともと増えすぎたサンデーサイレンス系牝馬に種付けするために導入された種牡馬で、実際に走っている馬もほとんどが母の父にサンデーサイレンス系種牡馬を有しています。また血統内にノーザンダンサーの5×5×4クロスを持ち成長力もあります。

相手なりに走りゴール前できっちり差しに行くレースなので派手さはありませんが、レースは強い内容。2走前に2着負けし今回人気が予想されるブラヴァスとも、着差は首差。位置取りの差が出ただけで、上りはこちらが上手。3着以下は引き離しています。馬券にはぜひ入れておきたい1頭です。

ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました