【2020年度版】セントウルステークス入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見るセントウルステークスの入賞馬

セントウルステークスの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2019 1 5 タワーオブロンドン 牡4 57kg 1.06.7 Raven’s Pass Dalakhani
2 5 ファンタジスト 牡3 54kg 1.07.2 ロードカナロア ディープインパクト
3 4 イベリス 牝3 52kg 1.07.3 ロードカナロア ボストンハーバー
2018 1 8 ファインニードル 牡5 58kg 1.08.8 アドマイヤムーン Mark of Esteem
2 2 ラブカンプー 牝3 52kg 1.09.0 ショウナンカンプ マイネルラヴ
3 7 グレイトチャーター 牡6 56kg 1.09.1 サクラバクシンオー Giant’s Causeway
2017 1 5 ファインニードル 牡4 56kg 1.07.5 アドマイヤムーン Mark of Esteem
2 4 ラインミーティア 牡7 56kg 1.07.7 メイショウボーラー オース
3 8 ダンスディレクター 牡7 56kg 1.07.7 アルテバランⅡ サンデーサイレンス
2016 1 1 ビッグアーサー 牡5 58kg 1.07.6 サクラバクシンオー Kingmambo
2 7 ネロ 牡5 56kg 1.07.8 ヨハネスブルグ サンデーサイレンス
3 7 ラヴァーズポイント 牝6 54kg 1.07.8 マイネルラヴ タマモクロス
2015 1 3 アクティブミノル 牡3 54kg 1.07.8 スタチューオブリバティ アグネスタキオン
2 8 ウリウリ 牝5 54kg 1.07.8 ディープインパクト フレンチデピュティ
3 4 バーバラ 牝6 54kg 1.07.8 ディープインパクト Dixieland Band
2014 1 1 リトルゲルダ 牝5 54kg 1.07.4 Closing Argument Buddha
2 8 ハクサンムーン 牡5 57kg 1.07.6 アドマイヤムーン サクラバクシンオー
3 2 エピセアローム 牝5 54kg 1.07.7 ダイワメジャー Cozzene
2013 1 8 ハクサンムーン 牡4 56kg 1.07.5 アドマイヤムーン サクラバクシンオー
2 6 ロードカナロア 牡5 58kg 1.07.5 キングカメハメハ Storm Cat
3 4 ドリームバレンチノ 牡6 56kg 1.08.1 ロージズインメイ マイネルラヴ
2012 1 2 エピセアローム 牝3 52kg 1.07.3 ダイワメジャー Cozzene
2 5 ロードカナロア 牡4 56kg 1.07.3 キングカメハメハ Storm Cat
3 8 アンンシェルブルー 牝5 54kg 1.07.3 マンハッタンカフェ Storm Cat
2011 1 5 エーシンヴァーゴウ 牝4 55kg 1.08.5 ファルブラヴ サンダーガルチ
2 7 ラッキーナイン 騙4 59kg 1.08.5 Dubawi Green Desert
3 8 ダッシャーゴーゴー 牡4 58kg 1.08.6 サクラバクシンオー Miswaki
2010 1 6 ダッシャーゴーゴー 牡3 55kg 1.08.0 サクラバクシンオー Miswaki
2 1 グリーンバーディ 騙7 59kg 108.0 Catbird ラストタイクーン
3 3 メリッサ 牝6 55kg 1.08.2 ホワイトマズル トニービン

セントウルステークス入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2019 1 1 タワーオブロンドン キーランドC 2 2
2 7 ファンタジスト 北九州記念 4 14
3 3 イベリス NHKマイルカップ 11 16
2018 1 1 ファインニードル チェアマンズスプリント(G1) 6 4
2 2 ラブカンプー 北九州記念 7 3
3 7 グレイトチャーター 北九州記念 14 4
2017 1 1 ファインニードル 北九州記念 1 5
2 6 ラインミーティア アイビスサマーダッシュ 3 1
3 4 ダンスディレクター シルクロードS 3 1
2016 1 1 ビッグアーサー 高松宮記念 1 1
2 2 ネロ アイビスサマーダッシュ 2 2
3 9 ラヴァーズポイント 北九州記念 2 11
2015 1 10 アクティブミノル ニュージーランドT 6 15
2 1 ウリウリ CBC賞 2 1
3 5 バーバラ 北九州記念 6 4
2014 1 4 リトルゲルダ 北九州記念 8 1
2 1 ハクサンムーン 高松宮記念 2 5
3 2 エピセアローム 北九州記念 1 7
2013 1 2 ハクサンムーン アイビスサマーダッシュ 1 1
2 1 ロードカナロア 安田記念 1 1
3 3 ドリームバレンチノ 函館スプリント 1 7
2012 1 6 エピセアローム 北九州記念 6 3
2 1 ロードカナロア 函館スプリント 1 2
3 12 アンンシェルブルー OP 4 4
2011 1 2 エーシンヴァーゴウ 北九州記念 1 3
2 5 ラッキーナイン チャンピオンズマイル(G1)   2
3 1 ダッシャーゴーゴー CBC賞 1 1
2010 1 4 ダッシャーゴーゴー 北九州記念 2 11
2 2 グリーンバーディ クリスフライヤーイン(GI)   1
3 5 メリッサ 北九州記念 5 1

セントウルステークスと馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 4勝2着4回3着1回、連対率8割、複勝率9割

2番人気 2勝2着3回3着1回、連対率5割、複勝率6割

3番人気 0勝2着0回3着2回、連対率0割、複勝率2割

1番人気は連対率8割、複勝率9割とハイアベレージで信用でき、連軸として最適。また2番人気も連対率5割、複勝率6割とこちらも高い水準。これらの馬は過去のG1や重賞で実績を残している馬です。一方で3番人気の連対は無く、複勝率も2割と信用できません。

馬連は過去1年で必ず1番人気か2番人気が絡んでおり、内9回が7番人気以内の決着また2桁人気が馬券に絡んだのは2回しかありません。全体的に見ても実力通りに決着し、非常に硬いレースです。

前走と馬券

サマースプリントシリーズ最終戦なので同シリーズに指定されているレースからの出走組が多いのが特徴。またスプリントシリーズを目指す実績馬が、休養明け初戦として登録してきます。

CBC賞

函館スプリントS      0勝2着1回3着1回

北九州記念           5勝2着2回3着4回

アイビスサマーD      1勝2着2回3着0回

キーランドC        1勝2着0回3着0回

高松宮記念          1勝2着1回3着0回

安田記念・NHKマイルC   0勝2着1回3着1回

海外G1           1勝2着2回3着0回

北九州記念からの出走組が5勝と最多。過去10年で馬券に絡んだ馬の1/3を占めます。馬券に絡んだ13頭中11頭が前走で2P以上のポイントを稼いでおり、優勝するとサマースプリントシリーズチャンピオンの条件が満たされるので本気度が違います。

前走G1からの挑戦馬はG1級の力を秘めた実績馬が多く、たたき台でもかなり仕上げて臨んできます。G2で加算重量も少なく、人気になっても馬券に絡んできます。他の重賞やオープンからはほとんど馬券に絡まず、絡んでも優勝1回、3回だけ。上記のレースから実績上位馬を選ぶのが馬券の近道です。

血統と馬券

過去馬券に絡んだ30頭中、ロードカナロアアドマイヤムーンなど短距離系のミスタープロスペクター系の種牡馬が8頭、全体の1/4以上。また父または母の父にサクラバクシンオーの血を持つ馬が7頭と、短距離系の種牡馬が強いレースです。

また母の父もスピードに勝った血の馬が活躍しており、スピードの絶対値が左右されるレースと言えます。

性齢と馬券

3歳     3勝2着2回3着1回、占有率20%

4歳     4勝2着2回3着1回、占有率23.3%

5歳     3勝2着4回3着2回、占有率30%

6歳     0勝2着0回3着5回、占有率16.7%

7歳以上   0勝2着2回3着1回、占有率10%

勝ち鞍は3~5歳世代で分け合っていますが、連軸にするなら4、5歳世代中心。ただし3着は6歳世代が50%を占めています。6歳世代は連軸にも絡んでいないということからも、スピード能力が落ちる高齢馬は苦戦傾向です。

牡・騙馬 7勝2着8回3着4回 63.3%

牝馬   3勝2着2回3着6回 36.7%

牡・騙馬と牝馬の出走割合からしても、だいたい拮抗していると言える水準。牝馬が3着に絡みやすい傾向が見えるので、馬券は3着付けが妥当か。

セントウルステークスのレース及びコースの攻略法

2020年のセントウルステークスはコーナーを2つ回る中京芝1200mを使用。スタートはスタンド向こう側、バックストレッチの中盤辺りから。スタートから最初のコーナーまで315mほどあり大回りのコースにしては短め。ダッシュ力がないとポジション争いは厳しいコース設定です。

ホームストレッチ途中から第4コーナーを過ぎるまで高低差3.5mの下り坂が続き加速しやすいものの、第4コーナーにスパイラルカーブが設けられており加速しすぎると遠心力で外に振られてしまいます。

最後の直線は412.5mと長く、さらにラスト1ハロン前に高低差2mの急坂が設けられており、途中の下り坂で飛ばしすぎるとここでバテます。本来なら差し、追い込み有利ですが、今回は開幕週で行われるため芝の状態が良く、スピードの絶対値が勝負の分かれ目です。

2020年セントウルステークスの注目馬分析はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました