2020年第68回G3クイーンステークス予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

昨年の2着馬スカーレットカラー、重賞連勝中のフェアリーポルカが出走登録している2020年のクイーンステークス。クイーンステークス登録馬の中から注目馬をピックアップし、馬券になるか分析します。

2020年クイーンステークスの注目馬を分析!

クイーンステークスの特徴

G3クイーンステークスは第1回札幌開催4日目に行われる3歳以上牝馬限定芝1800mの別定戦です。負担重量は3歳52kg(ただし開催が8月1日以前に行われる場合は51kg)、4歳以上55kg。獲得本賞金が3000万円以上の馬は2000万円毎に負担重量が1kg加算されます。

また国際競争に指定され、外国調教馬は7頭まで優先出走可能。外国調教馬の場合はG1勝利馬5kg増、G2勝利馬3kg増、G3勝利馬は1kg増。

過去10年のクイーンステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら

2020年クイーンステークス出走登録馬一覧表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 レッドアネモス ヴェクトワールピサ 牝4 吉田隼人 社台ファーム
友道康夫 (栗東) サクラバクシンオー 55kg 東京ホースレーシング
2 2 スカーレットカラー ヴィクトワールピサ 牝5 岩田康誠 ノースヒルズ
高橋亮 (栗東) ウォーエンブレム 56kg 前田幸治
3 3 ナルハヤ サクラプレジデント 牝6 藤田菜七子  清水牧場
梅田智之 (栗東) キングヘイロー 55kg 陣内孝則
3 4 タガノアスワド ネオユニヴァース 牝6 西村淳也 新冠タガノファーム
五十嵐忠 (栗東) スピニングワールド 55kg 八木良司
4 5 アロハリリー ハーツクライ 牝5 池添謙一 ノーザンファーム
高野友和 (栗東) キングカメハメハ 55kg 吉田勝己
4 6 カリビアンゴールド ステイゴールド 牝6 藤岡康太 ダーレー・ジャパン・F
鮫島一歩(栗東) Cape Cross 55kg ゴドルフィン
5 7 コントラチェック ディープインパクト 牝4 C.ルメール ノーザンファーム
藤沢和雄(美浦) Halling 55kg キャロットファーム
5 8 フェアリーポルカ ルーラーシップ  牝4 和田竜二 ノーザンファーム
西村真幸(栗東) アグネスタキオン 56kg 山本剛士
6 9 ビーチサンバ クロフネ 牝4 福永祐一 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) サンデーサイレンス 55kg 金子真人H
6 10 リープフラウミルヒ ステイゴールド 牝5 丹内祐次 TC・ラフィアン
相沢郁 (美浦) クロフネ 55kg ビッグレッドファーム
7 11 モルフェオルフェ オルフェーヴル 牝5 柴田善臣 宮内牧場
大江原哲(美浦) キングカメハメハ 55kg 並河賢一郎
7 12 オールフォーラヴ ディープインパクト 牝5 横山武史 ケイアイファーム
中内田充 (栗東) キングカメハメハ 55kg ロードホースクラブ
8 13 サムシングジャスト ヴィクトワールピサ 牝4 武豊 那須野牧場
松田国英 (栗東) タイキシャトル 55kg グリーンファーム
8 14 シャドウディーヴァ ハーツクライ 牝4 内田博幸 ノーザンファーム
斎藤誠 (美浦) Dansili 55kg スリーエイチレーシング

勝ち馬予想に役立つ!クイーンステークスの注目馬分析

スカーレットカラー

ヴィクトワールピサ ネオユニヴァース サンデーサイレンス
ポインテッドパス
ホワイトウォーターアフェア Machiavellian
Much Too Risky
ヴェントス ウォーエンブレム Our Emblem
Sweetest Lady
ブラッシングブライド Distant Relative
Dime Bag

スカーレットカラーは昨年のクイーンステークスの2着馬。前走のヴィクトリアマイルなどG1では成績イマイチも、昨年の府中牝馬ステークス優勝他、今年の阪神牝馬ステークス2着など牝馬限定G2・G3なら勝ち負けできる実力があります。

スカーレットカラーの父ヴィクトワールピサは3歳で皐月賞と有馬記念を制し、ダート2000mのドバイワールドカップも優勝した3冠馬。ダービーとジャパンやジャパンカップでも3着と中から中長距離が得意な馬で、産駒も活躍するのは中期距離から2400mです。

スカーレットカラーの母ヴェントスは短距離ダートの1勝馬。その父ウォーエンブレムは米国3冠レースの2冠馬なので基本的に中距離血統です。

血統から見てもパワーが必要な馬場が得意。実際に重賞で馬券に絡んでいる時は時計が掛かる馬場です。前走のヴィクトリアマイルは高速決着で、スカーレットカラーには不向き。前走より1ハロン延長で、昨年より手薄なメンバー。今回は馬券になると判断できます。

フェアリーポルカ

ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール
フェアリーダンス アグネスタキオン サンデーサイレンス
アグネスフローラ
フェアリードール Nureyev
Dream Deal

フェアリーポルカは中山牝馬ステークス、福島牝馬ステークスとG3を連勝中。G1以外の重賞は全て掲示板に載っており、昨年の紫苑ステークスでも2着しているように中距離は得意です。

フェアリーポルカの父ルーラーシップはパワーとスタミナに秀でた馬。産駒は中距離以上に良績が集中します。母フェアリーダンスは未勝利で繁殖に上がっていますが、その母フェアリードールからエリザベス女王杯馬トゥザビクトリーをはじめ重賞勝ち馬がずらりと並び、母系は活力があります。

今回札幌コスは初ですが、フェアリーポルカは小回りの中山・福島の重賞を優勝しており、中山牝馬ステークスは不良馬場で優勝、愛知杯でも重馬場で0.2秒差4着しているので時計の掛かる馬場も問題ありません。今回初の56kgを背負いますが、牝馬としては大柄なので特に問題ないでしょう。

父ルーラーシップも古馬になってからも成長しており、一息入れたローテーションも好感が持てます。勢いからも人気になるスカーレットカラーを逆転できる力を秘めます。

ビーチサンバ

クロフネ フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
フサイチエアデール サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ラスティックベル Mr. Prospector
Ragtime Girl

ビーチサンバは1勝馬ですが、2歳時に阪神ジュベナイルフィリーズ3着、桜花賞5着。アルテミスステークス、クイーンカップ、ローズステークスで2着と、牝馬限定重賞なら実力上位の存在です。

ビーチサンバの父は芝・ダート両G1でレコード優勝したクロフネ。クロフネの優良な産駒は牝馬に偏り、短距離から中距離までこなします。母フサイチエアデールは重賞4勝の活躍馬。ビーチサンバの全兄にJRA最優秀2歳牡馬に輝くフサイチリシャールがいる良血です。

ビーチサンバの良績は直線の長いマイル戦に集中し、ほとんどが後方からの競馬。前で競馬を進めると、しまいが甘くなる傾向にあります。今回は小回りで時計が掛かる洋芝を克服できるかがカギ。スカーレットカラー、フェアリーポルカに比べるとコース適性で劣るので、馬券的には一枚割引です。

コントラチェック

コントラチェックはフラワーカップとターコイズステークスと中山牝馬限定重賞を2勝している実力馬。ただしオークス、秋華賞。ヴィクトリアマイルと人気になりながら惨敗しているところを見ると、G1では足りない印象です。

コントラチェックの父は早い芝でマイル戦に強いディープインパクト。母リッチダンサーは英国産の未勝利馬。コントチェックの半兄にゼンノロブロイを父に持ち重賞3勝のバウンズッシャッセ、アドマイヤムーン産駒で京王杯スプリングカップ馬ムーンクエイクがいる良血です。

コントラチェックは前々で競馬をするので札幌のような小回りコースは有利です。しかし、不良馬場の中山牝馬ステークスで惨敗しているように時計の掛かる馬場は得意ではない模様。また父ディープインパクトも洋芝のクイーンステークでの成績が振るいません。

適性を考えればここを使って得意な中山マイル戦の京成杯オータムハンデキャップに向かうのがローテーション的にも妥当。惨敗すれば次走でハンデが軽くなるので、無理に仕上げてはこないでしょう。抑えまでの判断です。

カリビアンゴールド

ステイゴールド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ ディクタス
ダイナサッシュ
サバナパディーダ Cape Cross Green Desert
Park Appeal
Capriola Mr.Prospector
High Point Lady

カリビアンゴールドは昨年のクイーンカップの3着馬で、優勝馬とはタイム差無し。4勝馬ですが、良績は洋芝に集中しており函館・札幌は1勝2着3回3着3回着外無しと、馬券を外していません。前走の函館芝1800mオープンの巴賞でも3着しています。

カリビアンゴールドの父は小回りコースが得意でスタミナのあるステイゴールド母サバナパディーダはアイルランド産で海外重賞3勝の活躍馬。カリビアンゴールドの半兄でネオユニヴァース産駒のウニヴェルソは地方の短距離路線で14勝を挙げ、母系は活力があります。

6歳馬ですがステイゴールドは成長力があり、古馬になっても能力はさほど落ちません。カリビアンゴールドは前で競馬ができる器用さがあり、距離・コースとも得意舞台。クイーンカップは6歳馬が苦戦傾向ですが、昨年の実績からも軽視できません。馬券は抑えておきたい1頭です。

レッドフィオナ

ステイゴールド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ ディクタス
ダイナサッシュ
レディイン Kendor Kenmare
Belle Mecene
Super Vite Septieme Ciel
Erin On Your Toes

レッドフィオナが前走2勝クラスを勝ったばかりで、地方在籍時を含め4勝馬。3歳時までに未勝利戦を勝ち切れず、地方で勝ち上がって中央に戻ってきた出戻り馬です。

レッドフィオナの父はステイゴールド。ステイゴールドは晩成血統なので、ここへ来ての連勝は成長の現れ。母レディインはフランス産の3勝馬。母の父ケンドールはフランス2000ギニーなどマイルG1を2勝しています。

レッドフォルナの半姉にゼンノロブロイを父に持つイチオクノホシが阪神牝馬ステークス、クイーンカップで2着、アグネスタキオンが父のニュートリノが地方で7勝を挙げています。もともと社台ファーム生産馬で血統的な能力は高いと判断できます。

未勝利時も時計が掛かる重の札幌芝2000mで2着、前々走重の中京芝2000mを1着、前走も洋芝函館1800mを1着と時計の掛かる芝はよく走ります。前まで競馬をする馬なのでコース適性も十分。賞金的に除外対象ですが、出走できれば穴として買いたい1頭です。

ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました