2021年第28回G3函館スプリントステークス予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年函館スプリントステークスの注目馬を分析!

函館スプリントステークスの特徴

2021年のG3函館スプリントステークスは第1回札幌開催2日目に行われる3歳以上芝1200mの別定戦です。負担重量は3歳牡・騙馬52kg、同牝馬50kg。4歳以上牡・騙馬56kg、牝馬54kg。獲得本賞金が3000万円を超える馬は2000万円超毎に負担重量が1kg加算されます。

国際競走に指定され外国調教馬は8頭まで優先的に出走可能。また地方所属馬は2頭まで出走登録できます。サマースプリントシリーズの第1段に指定され、1着馬は10点、2着5点、3着馬4点、4着馬3点、5着馬2点、6着以下は1点を獲得できます。

本来であれば函館競馬場で開催されますが、オリンピックのマラソンが札幌で開催になったため警備の関係で本年度は札幌競馬場で開催されます。

↓過去10年の函館スプリントステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年函館スプリントステークス出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 アスタールビー ロードカナロア 牝5 池添謙一 平野牧場
南井克巳 (栗東) ブライアンズタイム 54kg 加藤久枝
1 2 マイネルアルケミー ダンカーク 牡5 黛弘人 TRC・ラフィアン
中野栄治 (美浦) フジキセキ 56kg 村下清志
2 3 シゲルピンクルビー モーリス 牝3 泉谷楓真 天羽牧場
 渡辺薫彦 (栗東) High Chaparral 55kg 森中蕃
2 4 ジャスティン  オルフェーブル 牡5 坂井瑠星 天羽禮治
矢作芳人 (栗東) Gone West 58kg 小田吉男
3 5 ケープコッド ダイワメジャー 牝4 吉田隼人 ゴドルフィン
高柳瑞樹 (美浦) Elusive Quality 54kg ダーレー・ジャパン・F
3 6 リンゴアメ マツリダゴッホ 牝3 秋山稔樹 ビッグレッドファーム
菊川正達 (美浦) マイネルラヴ 50kg ビッグレッドファーム
4 7 ミッキーブリランテ ディープブリランテ 牡5 和田竜二 ノーザンファーム
矢作芳人 (栗東) Dansili 56kg 野田みづき
4 8 カツジ ディープインパクト 牡6 岩田康誠 岡田スタッド
池添兼雄 (栗東) ホワイトマズル 57kg カナヤマH
5 9 タイセイアベニール ベーカバド 牡6 小崎綾也 松本信行
西村真幸 (栗東) ブライアンズタイム 56kg 田中成奉
5 10 ジョーアラビカ ジョーカプチーノ 牡7 横山和生 杵臼斉藤牧場
清水久詞 (栗東) ダンスインザダーク 56kg 上田けい子
6 11 コントラチェック ディープインパクト 牝5 丸山元気 ノーザンファーム
藤沢和雄(美浦) Halling 55kg キャロットファーム
6 12 ロードアクア ロードカナロア 牡5 田中健 ケイアイファーム
浅見秀一 (栗東) ダイワメジャー 56kg ロードホースクラブ
7 13 センショウユウト キンシャサノキセキ 牡6 中井裕二 藤原牧場
笹田和秀 (栗東) ワイルドラッシュ 56kg 川勝裕之
7 14 ビアンフェ キズナ 騙4 藤岡佑介 ノースヒルズ
中竹和也(栗東) サクラバクシンオー 56kg 前田幸貴
8 15 アルピニズム  ローエングリン 牡4 団野大成 社台ファーム
金成貴史 (美浦) アグネスタキオン 56kg 吉田照哉
8 16 カレンモエ ロードカナロア 牝5 鮫島克駿 社台ファーム
安田隆行 (栗東) クロフネ 54kg 鈴木隆司

勝ち馬予想に役立つ!函館スプリントステークスの注目馬分析

カレンモエ

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
カレンチャン クロフネ フレンチデピュティ
ブルーアヴェニュー
スプリングチケット トニービン
カズミハルコマ

カレンモエはこれまで10戦4勝2着3回3着1回で、10戦とも1番人気で掲示板を外したことはありません。G3の京阪杯、オーシャンステークスで2戦連続2着。着差も0.1秒差以内なのでほぼ展開の綾。

カレンモエの父はロードカナロア。母はスプリンターズステークスと高松宮記念を連勝し2012年の最優秀短距離馬に輝いたクロフネ産駒のカレンチャン。カレンモエの半兄にノヴェリスト産駒で笠松の短距離路線で6勝を挙げたカレンスレイがいます。

2,3番手で競馬をする馬で、小回りの札幌コース向き。3歳時に1勝クラスで函館芝1200mを勝っているようによう洋芝適性もあります。斤量も前走と同じでマイナスとなる要素はありません。今回も勝ち負け。

コントラチェック

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
リッチダンサー Halling Diesis 
Dance Machine 
Fairy Flight Fairy King 
Rising Tide 

コントラチェックはフラワーカップ、ターコイズステークス、オーシャンステークスと中山G3を3勝という中山巧者。これまで15戦5勝2着1回3着1回で、内4勝を中山で挙げています。残り1勝は札幌芝1800mの未勝利戦

コントラチェックの父はディープインパクト。母リッチダンサーは英国産の未勝利馬。コントチェックの半兄にゼンノロブロイを父に持ち重賞3勝のバウンズッシャッセ、アドマイヤムーン産駒で京王杯スプリングカップ馬ムーンクエイクがいる良血です。

元々マイルを中心に使っていましたが、ここ3戦は芝1200mを使い前走で結果を出した格好。ただし、ディープインパクト産駒はダッシュが利かないタイプが多く、平坦小回りの札幌では脚を余す可能性が大。今回は見送り。

シゲルピンクルビー

モーリス スクリーンヒーロー グラスワンダー
ランニングヒロイン
メジロフランシス カーネギー
メジロモントレー
ムーンライトベイ High Chaparral Sadler’s Wells
Kasora
ムーンライトダンス Sinndar
Style of Life

シゲルピンクルビーはこれまで4戦2勝で、G2フィリーズレビューの優勝馬。阪神ジュベナイルフィリーズと桜花賞に参戦していますが、17着、16着とどちらもほどどん尻負けを喫しています。

シゲルピンクルビーの父はマイルG1を6勝したモーリス。母ムーンライトベイが未出走も、祖母ムーンライトダンスが英国芝2000mG3の勝ち馬。シゲルピンクルビーの半姉にダイワメジャー産駒で桜花賞2着、秋華賞3着のシゲルピンクダイヤがいます。

シゲルピンクルビーはロベルト系も、血統内にサドラーズウェルズの4×3、ノーザンダンサーの5×4×5のかなり濃いクロスを持ち重厚な配合過去4戦共阪神ですが、血統的に洋芝適性はあります。

フィリーズレビューの勝ち時計1分20秒7は過去10年で最も早い時計で、今回は50kgの軽ハンデを活かせるのは有利ただしフィリーズレビューでペースを作った逃げ馬はどん尻負けで、血統的な粘り強さで漁夫の利を得た感じ。自分でレースを作るタイプではありません。

今回は古馬の重賞常連馬が相手とかなり分が悪いと思われます。見送り。

ビアンフェ

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
ルシュクル サクラバクシンオー サクラユタカオー
サクラハゴロモ
アジアンミーティア Unbridled 
Trolley Song 

ビアンフェは2019年の函館2歳ステークスの優勝馬。これまで10戦3勝2着2回3着1回で、重賞は他に葵ステークス勝ちと京王杯2歳ステークスで2着前走オーシャンステークスでも優勝馬コントラチェックに0.2秒差3着しています。

ビアンフェの父はキズナ母ルシュクルはサクラバクシンオー産駒で3勝馬、ビアンフェの半姉にディープインパクト産駒のブランボヌールも函館2歳ステークスとキーランドカップを勝っているように、距離適性は母系から。

基本的にパワータイプのスプリンター先行タイプで、去勢でコントロールができるようになり前走で結果を出しているのはプラス。また函館で3戦とも結果を出しており、姉の成績を考えれば洋芝適性は大。父キズナは短距離馬も多く出しています今回は勝ち負け。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました