2024年第38回GⅢファルコンステークス予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2024年ファルコンステークスの注目馬を分析!

ファルコンステークスの特徴

GⅢファルコンステークスは第1回中京開催3日目に行われる3歳限定芝1400mの別定戦です。負担重量は牡・騙馬57kg、牝馬55kg。獲得本賞金により重量が加算され、1800万円以上は1kg増。

国際競走に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。また地方交流競走に指定され、2頭まで出走登録が可能です。

↓過去10年のファルコンステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2024年ファルコンステークス出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ロジリオン リオンディーズ 牡3 三浦皇成 坂東牧場
古賀慎明(美浦) パイロ 57kg 久米田正明
1 2 フェンダー モーリス 牡3 西村淳也 ノーザンファーム
斉藤崇史(栗東) スィフトカレント 57kg シルクレーシング
2 3 サトミノキラリ ビッグアーサー 牡3 横山武史 下河辺牧場
鈴木伸尋(美浦) ディープインパクト 57kg 田代洋己
2 4 クリスアーサー ビッグアーサー 牡3 幸英明 高橋陵
渡辺薫彦(栗東) シンボリクリスエス 57kg 大戸志浦
3 5 シュトラウス モーリス 牡3 北村宏司 ノーザンファーム
武井亮(美浦) アドマイヤベガ 57kg キャロットファーム
3 6 オーキッドロマンス ロジャーバローズ 牡3 内田博幸 ミルファーム
手塚貴久(美浦) スニッツェル 57kg ミルファーム
4 7 ハクサンイーグル ハクサンムーン 牡3 丸山元気 中村雅明
土田稔(美浦) デュランダル 57kg 河崎五市
4 8 キャプテンネキ ダイワメジャー 牡3 松山弘平 シンボリ牧場
杉山晴紀(栗東) キャプテンスティーヴ 57kg 程田真司
5 9 ソンシ Night of Thunder 牡3 川田将雅 Shadwell Estate Co. Ld
中内田充正(栗東) Nayef 57kg 藤田晋
5 10 ヴァルドルチャ スワーヴリチャード 牡3 団野大成 辻牧場
田中博康 (美浦) Redattore 57kg NICS
6 11 ナムラアトム リアルインパクト 牡3 浜中俊 谷川牧場
長谷川浩大(栗東) Storm Cat 57kg 名村睦弘
6 12 エンヤラヴフェイス エイシンヒカリ 牡3 菊沢一樹 チャンピオンズファーム
森田直行(栗東) タイキアプローズ 57kg STレーシング
7 13 エイムフォーエース サトノアラジン 牡3 本田正重 千代田牧場
山下貴之(船橋) ジャングルポケット 57kg 星加浩一
7 14 アンクルクロス タリスマニック 牡3 長岡禎仁 竹島幸治
高橋亮(栗東) ダンスインザダーク 57kg 塚本能交
8 15 ダノンマッキンリー モーリス 牡3 北村友一 ノーザンファーム
藤原英昭(栗東) Holy Roman Emperor 57kg ダノックス
8 16 タイキヴァンクール エイシンヒカリ 牡3 吉田隼人 ビクトリーホースランチ
中尾秀正(栗東) キングヘイロー 57kg 大樹ファーム
8 17 ミルテンベルク モーリス 牡3 藤岡康太 ノーザンファーム
武英智(栗東) ディープインパクト 57kg キャロットファーム

勝ち馬予想に役立つ!ファルコンステークスの注目馬分析

ソンシ

Night of Thunder Dubawi Dubai Millennium
Zomaradah
Forest Storm Galileo
Quiet Storm
Afdhaad Nayef Gulch
Height of Fashion
Albaraah Oasis Dream
Coconut Show

ソシンはこれまで3戦2勝2着1回3戦共芝1400m戦で1番人気。10月東京新馬戦を勝ちあがり、阪神1勝クラスでは0.1秒差負け。前走2月東京では勝ち時計1分20秒9、上りはメンバー中最速の33秒、2着に0.5秒差を付けています。

ソンシの父はミスタープロスペクター系で英GⅠ2000ギニー勝ちのナイトオブサンダー。母アフダハードは英国産の未勝利馬。母系から独オークス馬のウェルタイムド、香港ダービー馬のアキードモフィードなど海外ステークスウィナー多数。

前走の勝ち時計は過去10年のファルコンステークスの勝ち時計で2番目に早い時計に匹敵中京と同じ左回りの芝1400mを2度経験しているのはプラス。スローペースになりやすく、最後の瞬発力勝負になりやすい本レースに対応できる末脚もあります勝ち負け。

シュトラウス

モーリス スクリーンヒーロー グラスワンダー
ランニングヒロイン
メジロフランシス カーネギー
メジロモントレー
ブルーメンブイラッド アドマイヤベガ サンデーサイレンス
ベガ
マイワイルドフラワー Topsider
Wildwook

シュトラウスは東京スポーツ杯2歳Sの優勝馬。これまで4戦2勝3着1回。重賞は他にサウジアラビアロイヤルCで2番人気の3着、前走朝日杯フューチュリティSでは2番人気優勝馬から0.8秒差の10着に惨敗しています。

シュトラウスの父はモーリスアドマイヤベガ産駒の母ブルーメンブラッドはマイルチャンピオンシップ勝ち他8勝を挙げた活躍馬。母は既に9頭出産も目立った活躍馬は他に不在で、シュトラウスが初重賞勝ち。

シュトラウスは血統内にサンデーサイレンスの4×3、ノーザンダンサーの5×5×4の濃いクロスを持ち、父と母の父から見るとパワー型のマイラー。

前走は大外枠で逃げてしまったので、最後はスタミナ切れ。目標はNHKマイルカップと思われ、既に賞金は足りているため、ゆったりしたローテションで臨め消耗が少ない1400mで一度叩くのが目的か。多少余裕残しの仕上げが考えられ、勝ち切るまではどうか。連下で。

ロジリオン

リオンディーズ キングカメハメハ Kingmambo 
マンファス 
シーザリオ スペシャルウィーク
キロフプリミエール
ビービーバーレル パイロ Pulpit
Wild Vision
ファインディンプル Silver Hawk
ファインディッシュ

ロジリオンは昨年の京王杯2歳Sの2着馬。これまで5戦2勝2着2回京王杯2着後の前走1月東京芝1400mLクラスでは2番人気できっちり勝ち切り。上りはメンバー中3番目の33秒2でまとめています。

ロジリオンの父は朝日杯フューチュリティS馬のリオンディーズ。パイロ産駒の母ビービーバーレルはフェアリーS勝ちの2勝馬。母の半兄でマイネルラヴ産駒のダブルウェッジはアーリントンC勝ち、シンザン記念2着の3勝馬基本的に母系は早熟のマイラー。

3戦連続芝1400m戦で、京王杯2歳Sでは1分20秒7、前走でも57kgを背負い1分20秒9で走っているためファルコンSの平均的な勝ち時計はクリア。既にLクラス勝ちがあるため、ここは重賞勝ちを狙っての参戦。勝ち負け。

ナムラアトム

リアルインパクト ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
トキオリアリティー Meadowlake
What a Reality
サンクイーンII Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Fountain of Peace Kris S.
Coup de Genie

ナムラアトムはこれまで3戦2勝3着1回前走京都芝1400m1勝クラスを2番人気で優勝。勝ち時計1分21秒6、2着とは0.1秒差、上りはメンバー中最速の33秒9でまとめています。

ナムラアトムの父は安田記念他マイルGⅠ2勝のリアルインパクト。米国産のサンクイーンIIは海外で1勝。ナムラアトムの半姉でミッキーアイル産駒のナムラクレアは短距離重賞5勝。また母系から海外GⅠ馬が多数出ている良血です。

父は短めのマイラーなので、同じ短距離系ディープインパクト産駒の姉を見ればナムラアトムも短距離馬。ただし、左回りは初。また前走の勝ち時計は上位人気馬からするとやや見劣り。瞬発力より長くいい脚を使うタイプなので、ゴール前の競り合いでは不利か。見送り。

サトミノキラリ

ビッグアーサー サクラバクシンオー サクラユタカオー
サクラハゴロモ
シヤボナ Kingmambo
Relish
パレード ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
ハニーバローズ Lode
Honey Honey

サトミノキラリはこれまで4戦2勝2着1回連勝で臨んだ前走朝日杯フューチュリティSでは13番人気の低評価も、優勝馬から0.4秒差の6着に好走。上りもメンバー中最速2番目の34秒6を繰り出しています。

サトミノキラリの父は高松宮記念勝ちのビッグアーサー。ディープインパクト産駒の母パレードは地方で2勝。祖母ハニーバローズはアルゼンチンのGⅠ馬で、同国で7勝を挙げています。

父の産駒はほぼ短距離馬。そのため前走より距離短縮はプラス。ファルコンS後は葵Sまで牡馬の短距離重賞が無いため、血統的にもここは全力。連下で。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました