2020年第55回G3札幌2歳ステークス予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

昨年はゴールドシップ産駒がワンツーを決めた札幌2歳ステークス。今年もゴールドシップ産駒が5頭もエントリーする中、他にも白馬の血を注ぐソダシが一族初芝重賞制覇を狙っているなど注目度が高い2020年の札幌2歳ステークス。札幌2歳ステークス登録馬の中から注目馬をピックアップし、馬券になるか分析します。

2020年札幌2歳ステークスの注目馬を分析!

札幌2歳ステークスの特徴

G2札幌2歳ステークスは第2回札幌開催7日目に行われる2歳限定芝1800mの馬鈴定量戦です。負担重量は牡馬・牝馬共に54kg。国際競争に指定され外国調教馬は7頭まで優先出走権が与えられます。

また地方所属馬は函館2歳ステークス・コスモス賞・クローバー賞で2着以内の馬に優先出走権が与えられ、本レース優勝馬には阪神ジュベナイルフィリーズか朝日フューチュリティステークス、ホープフルステークスのいずれかに優先出走権が与えられます。

札幌2歳ステークスの優勝馬より、入賞馬の方が古馬になってから活躍する馬が多く注目のレースです。

過去10年の札幌2歳ステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら

2020年札幌2歳ステークス出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ピンクカメハメハ リオンディーズ 牡2 武豊 畠山牧場
森秀行 (栗東) ダンシングブレーヴ 54kg 木村久子
2 2 ヴェローチェオロ ゴールドシップ 牡2 大野拓弥 千代田牧場
須貝尚介 (栗東) タイキシャトル 54kg 大野剛嗣
3 3 ジオルティ エピファネイア 牡2 C.ルメール 明治牧場
杉山晴紀 (栗東) キングカメハメハ 54kg 杉山忠国
3 4 カガフラッシュ エイシンフラッシュ 牡2 江田照男 片岡博
萱野浩二 (美浦) デザートキング 54kg 香川憲次
4 5 スライリー オルフェーブル 牝2 石川裕紀人 白井牧場
相沢郁 (美浦) ディープインパクト 54kg ヒダカ・ブリーダーズ・U
4 6 バスラットレオン キズナ 牡2 坂井瑠星 三嶋牧場
矢作芳人 (栗東) New Approach 54kg 広尾レース
5 7 コスモアシュラ ゴールドシップ 牡2 丹内祐次 岡田スタッド
中野栄治 (美浦) Jump Start 54kg 岡田繫幸
5 8 ユーバーレーベン ゴールドシップ 牝2 戸崎圭太 TC・ラフィアン
手塚貴久 (美浦) ロージズインメイ 54kg ビッグレッドファーム
6 9 ウインルーア ゴールドシップ 牝2 横山武史 コスモヴューファーム
青木孝文 (美浦) ブラックホーク 54kg ウイン
6 10 リキサントライ ネオユニヴァース 牡2 柴山雄一 大栄牧場
池添兼雄 (栗東) タップダンスシチー 54kg ハイパワー商事
7 11 ウイングリュック ロージズインメイ 牡2 和田竜二 コスモヴューファーム
宮徹 (栗東) マイネルラヴ 54kg ウイン
7 12 ヴィゴーレ キズナ 牡2 池添謙一 ノースヒルズ
松永幹夫 (栗東) キングカメハメハ 54kg ノースヒルズ
8 13 ソダシ クロフネ 牝2 吉田隼人 ノーザンファーム
須貝尚介 (栗東) キングカメハメハ 54kg 金子真人H
8 14 アオイゴールド ゴールドシップ 牡2 団野大成 市川ファーム
和田雄二 (美浦) Red Ransom 54kg 鈴木照雄

勝ち馬予想に役立つ!札幌2歳ステークスの注目馬分析

ピンクカメハメハ

リオンディーズ キングカメハメハ Kingmambo 
マンファス 
シーザリオ スペシャルウィーク
キロフプリミエール
タバサトウショウ ダンシングブレーヴ Lyphard
Navajo Princess
サマンサトウショウ トウショウボーイ
マーブルトウショウ

ピンクカメハメハは前走良馬場の函館芝1800m新馬戦を3番人気。ースは逃げて2着に3馬身差を付けて優勝しています。勝ち時計は1分51秒0。上がり36.0秒はメンバー中最速です。

ピンクカメハメハの父は2戦目で朝日フューチュリティーを制したリオンディーズ。父キングカメハメハ、母は日米オークスを制したシーザリオという良血で、爆発力を秘めた末脚が武器でした。しかし競走馬時代は燃えすぎる気性が難点。ダービー後故障を発生し引退しています。

ピンクカメハメハの母タバサトウショウはダンシングブレーヴを父に持ち短距離を1勝しただけ。しかし産駒に宝塚記念とエリザベス女王杯を制したスウィープトウショウがいます。またピンクカメハメハの全兄に地方ダート重賞で2着3回のトウショウフリークがいます。

父、母の父ともパワーを伝える血ですが、母の父ダンシングブレーヴの血が強いと直線の長いマイルコースで真価を発揮するので、小回りの札幌コースは本来やや難今回は相手が強化され、マークされる立場になります。連下までの評価です。

ソダシ

クロフネ フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
ブチコ キングカメハメハ Kingmanbo
マンファス
シラユキヒメ サンデーサイレンス
ウェイブウインド

ソダシは前走函館芝1800mの新馬戦を3番人気。新馬戦では終始2番手を追走し、2着に2馬身を付けて快勝。勝ち時計1分50秒4で、上がり35.3はメンバー中最速です。白馬で人気だったシラユキヒメから続く白毛馬で、今回も見た目の華やかさ人気が予想されます。

ソダシの父は芝・ダートG1で共にレコード勝ちしたクロフネ。クロフネ産駒で出世するのは牝馬の芝馬とはっきりしているので現時点では有力。母ブチコはダートで旧1600万下クラスまで4勝したダート馬。1800mを主戦にしていたので距離適性は母系からと考えられます。

父クロフネが強く出ていると跳びが大きく札幌の小回りは不利ですが、父キングカメハメが強く出ていればコース適性はあります。勝ち時計や上がりタイムはピンクカメハメハを上回り、終始マークできる立場にあるので馬券に絡む可能性はソダシの方が高いと言えます。

 

バスラットレオン

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
バスラットアマル  New Approach Galileo
Park Express
ザミリア Cape Cross
Angelic Sounds

バスラットレオンは前走札幌芝1800mの新馬戦を1番人気で1着。良馬場で終始逃げ勝ち時計1分51秒3と時計はさほどでもありませんが、メンバー中上り最速の上、洋芝で33.6秒はある意味驚異的。

バスラットレオンの父はキズナ。昨年2歳リーディングでは3位につけており、初年度から函館2歳ステークスを制したビアンフェを出しているように産駒は仕上がり早。父ディープインパクトと違いストームキャットが入っているのでパワーも兼ね備えています。

バスラットレオンの母バスラットアマルは未勝利馬ですが、祖母ザミリアの血筋から海外G1を2勝したシリアスアティテュード、その子スティッフェリオはオールカマーなど重賞3勝、天皇賞春で2着など8勝を挙げているので母系の質は良好です。

馬体もこの時期の牡馬としては460kg台と恵まれており、母の父ニューアプローチを見ても中距離以上で真価を発揮する血統です。父に洋芝適正があることは分かっているので、優勝候補最右翼と考えます。

ウインルーア

ゴールドシップ ステイゴールド サンデーサイレンス 
ゴールデンサッシュ 
ポイントフラッグ メジロマックイーン 
パストラリズム 
コスモエルデスト ブラックホーク Nureyev
シルバーレーン
ビューティアイ アッミラーレ
ビューティソング

ウインルーアは前走札幌芝1800mの未勝利戦を3番人気。5番手から押し上げていき、上がり35.6秒はメンバー中最速。良馬場ですが勝ち時計1分49秒7は優秀です。新馬戦は1200mで惨敗していますが、血統から見ても距離延長が功を奏した格好です。

ウインルーアの父はゴールドシップ。ゴールドシップは札幌2歳ステークスで2着し、昨年もゴールドシップ産駒がワンツーを決めているように力の要る洋芝は得意。母コスモエルデストはダートの短距離からマイルを3勝した条件馬で、ウインルーアが初仔。

一族は中央・地方で着実に勝ち上がる馬が多く、近親にG3を2勝したココロノアイがいます。血統内にサンデーサイレンスの3×4の濃いクロスを持っているので、この血が濃く出ると将来性も高まります。

札幌2歳ステークは過去10年で牝馬が1勝と相性が悪いのですが、2、3着は計6回とそこそこ馬券になります。未勝利戦からの挑戦で人気が落ちると思いますが、血統的な背景とレースっぷりは上位人気と遜色ないので連下として狙えます。

ユーバーレーベン

ゴールドシップ ステイゴールド サンデーサイレンス 
ゴールデンサッシュ 
ポイントフラッグ メジロマックイーン 
パストラリズム 
マイネテレジア ロージズインメイ Devil His Due
Tell a Secret
マイネヌーヴェル ブライアンズタイム
マイネプリテンダー

ユーバーレーベンは不良馬場で行われた東京芝1800mの新馬戦を4番気で優勝。2着馬と同じ最後方付近の10番手から長い脚を使い上がり35.3秒と2番手。2着馬とはハナ差ですが3着以下には4馬身離しており勝負強さを感じさせる内容です。

ユーバーレーベンの父はゴールドシップ。競走馬時代も重馬場が得意だったので、前走の内容も納得です。母マイネテレジアは芝2000mの未勝利戦を勝って繁殖に上がっています。祖母マイネヌーヴェルはフラワーカップを優勝し、古馬になっても重賞路線で活躍しています。

ユーバーレーベンの半兄にステイゴールド産駒で函館記念2着馬のマイネルファロンがおり、本馬の距離適性も中距離近辺と判断できます。血統内にヘイローの4×5、ヘイルトゥリーズンの5×5があるので爆発力がある反面、気性難も持ち合わせている可能性が大。

前走後方でレースを進めているのも気性難が関係している可能性があり、後方からの競馬は小回りの札幌コースでは不利。力は認めても3着までが妥当と判断します。

ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました