2020年第65回G3京阪杯予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

短距離G1を2称したカレンチャンの娘カレンモエ、短距離重賞2勝のレッドアンシェル、マイル重賞3勝のプリモシーンなど重賞の常連が多数出走登録している2020年の京阪杯。京阪杯登録馬の中から注目馬をピックアップし、馬券になるか分析します。

2020年京阪杯の注目馬を分析!

京阪杯の特徴

G3京阪杯は3歳以上芝1200mで行われる別定戦です。本来であれば京都競馬場で施行されますが、2020年度は京都競馬場改修工事のため第5回阪神開催9日目に行われます。

基本負担重量は3歳以上牡・騙馬55kg、同牝馬53kg、4歳以上牡・騙馬56kg、同牝馬54kg。過去の獲得賞金により負担重量が加算され、獲得賞金3000万超の馬は超過金額2000万円毎に1kgずつ加算されます。

国際競走に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。外国調教馬は過去の重賞勝利実績(2歳時を除く)で重量が加算され、G1勝利馬5kg増、G2勝利馬3kg増、G3勝利馬1kg増。

また地方交流競走にも指定され、地方所属馬は認定馬のみ2頭まで出走登録が可能です。

過去10年の京阪杯入賞馬のデータを見たい方はこちら

2020年京阪杯出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ジョイフル キングズベスト 牡6 川又賢治 ダーレー・ジャパン・F
吉村圭司 (栗東) Street Cry 56kg ゴドルフィン
1 2 アンヴァル ロードカナロア 牝5 酒井学 白老ファーム
藤岡健一(栗東) フレンチデピュティ 54kg 社台レースホース
2 3 レッドアンシェル マンハッタンカフェ 牡6 幸英明 ノーザンファーム
庄野靖志 (栗東) Storm Cat 57kg 東京ホースレーシング
2 4 プリモシーン ディープインパクト 牝5 北村宏司 ノーザンファーム
木村哲也 (美浦) Fastnet Rock 56kg シルクレーシング
3 5 ロードアクア ロードカナロア 牡4 田中健 ケイアイファーム
浅見秀一 (栗東) ダイワメジャー 56kg ロードホースクラブ
3 6 ビリーバー モンテロッソ 牝5 杉原誠人 ミルファーム
石毛善彦 (美浦) ネオユニヴァース 54kg ミルファーム
4 7 ジョーアラビカ ジョーカプチーノ 牡6 和田竜二 杵臼斉藤牧場
清水久詞 (栗東) ダンスインザダーク 56kg 上田けい子
4 8 ジョーカナチャン ロードカナロア 牝5 菱田裕二 三村卓也
松下武士 (栗東) ネオユニヴァース 54kg 上田江吏子
5 9 リバティハイツ キングカメハメハ 牝5 団野大成 社台ファーム
高野友和 (栗東) Dubawi 55kg 社台レースホース
5 10 フィアーノロマーノ Fastnet Rock 牡6 吉田隼人 Kia Ora Stud
高野友和(栗東) Lion Heart 56kg 吉田和美
6 11 シヴァージ First Samurai 牡5 藤岡佑介 Hinkle Farms
野中賢二 (栗東) Indian Charlie 56kg ナカヤマH
6 12 クライムメジャー ダイワメジャー 牡6 鮫島克駿 レイクヴィラファーム
渡辺薫彦 (栗東) トニービン 56kg シルクレーシング
7 13 カレンモエ ロードカナロア 牝4 松若風馬 社台ファーム
安田隆行 (栗東) クロフネ 54kg 鈴木隆司
7 14 ラブカンプー ショウナンカンプ 牝5 斎藤新 奥山博
森田直行 (栗東) マイネルラヴ 56kg 増田陽一
8 15 タイセイアベニール ベーカバド 牡5 石橋脩 松本信行
西村真幸 (栗東) ブライアンズタイム 56kg 田中成奉
8 16 トゥラヴェスーラ ドリームジャーニー 牡5 丸山元気 社台ファーム
高橋康之 (栗東) アドマイヤコジーン 56kg 吉田照哉

勝ち馬予想に役立つ!京阪杯の注目馬分析

カレンモエ

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
カレンチャン クロフネ フレンチデピュティ
ブルーアヴェニュー
スプリングチケット トニービン
カズミハルコマ

カレンモエはこれまで8戦4勝2着1回3着2回、馬券を外したのは1度だけ。新馬戦以来全て1番人気先行して行して相手に合わせなだれ込む競馬で、負けても着差は0.3秒以内。重賞経験はありませんが、3勝クラスの小倉芝1200mで1分7秒6の持ち時計があるので早い時計でも対応できます。

カレンモエの父はロードカナロア母はスプリンターズステークスと高松宮記念を連勝し2012年の最優秀短距離馬に輝いたカレンチャン。カレンモエの半兄にノヴェリスト産駒で笠松の短距離路線で6勝を挙げたカレンスレイがいます。

血統内に5代先までクロスが無く、母の父も短距離馬を多く出すクロフネなのでカレンモエも短距離志向の高い競走馬と言えるでしょう。阪神は初めてですが、父、母の父共にパワーがあるので阪神の急坂もこなせると思われます。

今回初重賞で、さらにG1常連馬も多くメンバーが一気に強くなります。そのためペースについて来られるかがカギ。条件戦でも取りこぼしがあるように人気先行の感が否めず、将来性は見込めても今回は抑えまで。今回勝ち負け出来れば本物。

レッドアンシェル

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society 
Santa Luciana 
スタイルリスティック  Storm Cat  Storm Bird 
Terlingua 
Magnificient Style  Silver Hawk 
Mia Karina 

レッドアンシェルはこれまでCBC賞と本年度の北九州記念とG3を2勝。これまで20戦6勝2着2回3着5回、複勝率65%と安定しています。前走スプリンターズステークスでは4番人気に押され6着優勝馬のグランアレグリアには0.7秒差離されましたが、2着馬には0.4秒差なので力があること証明しています。

レッドアンシェルの父は種牡馬として万能型のマンハッタンカフェ。母スタイルリスティックは米国で芝のリミテッドクラスを2勝。母の父に快速馬ストームバードが入っているの、レッドアンシェルのスピード能力はこの馬から。

既に6歳ですが、数を使っていないため馬体はまだ若いと考えられます。今回は前走よりメンバーが弱くなり、斤量も前走と変わりません。また今回は逃げ馬も多くペースが速くなると考えられ、差し馬で馬場に関係なく差して来られるレッドアンシェルには有利。今回は勝ち負け。

プリモシーン

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere 
Mosheen Fastnet Rock デインヒル
Piccadilly Circus 
Sumehra ストラヴィンスキー
Miss Priority 

プリモシーンはフェアリーステークス、関屋記念、東京新聞杯とマイル重賞3勝。また昨年レコード決着のヴィクトリアマイルでタイム差無し2着と、牝馬の中では実力上位の存在。

プリモシーンの父はディープインパクト。母モシーンは豪州でマイルG1の2勝を含めG1を4勝した名牝で、その父ファストネットロックは豪州の最優秀スプリンター。血統的にもマイラーです。

今回は2番人気で15着に敗れた関屋記念以来の実践。新馬戦から20戦していますが、その内18戦は芝1600m短距離の経験はありません。過去の実績からもマイル戦の方が良いはず。さらに今回は牝馬ながら56kgと実質トップハンデを背負わなければならず、不利な条件が揃います。

父ディープインパクトも種牡馬としてスプリント戦は苦手。恐らく今回は叩き台であり、目標はマイル戦のターコイズステークスか中山金杯、或いは東京新聞杯。ターコイズと金杯はハンデキャップ戦なので、大敗した方が次走有利に働きます。人気になっても見送りが正解か。

シヴァージ

First Samurai Giant’s Causeway Storm Cat 
Mariah’s Storm 
Freddie Frisson Dixieland Band 
Frisson 
Indian Bay Indian Charlie In Excess 
Soviet Sojourn 
Buy the Barrel E Dubai 
Affordable Price 

シヴァージはこれまで20戦5勝2着5回3着3回、連対率50%、複勝率65%重賞勝ちはありませんが、本年度の高松宮記念で優勝馬に0.3秒差5着。本年度はスプリント重賞を4戦し3回入着を確保、しかも全てのレースでメンバー中上がり最速です。

シヴァージの父ファーストサムライは米国産のストームバード系の種牡馬で、ダートの1400mと1800mのG1を2勝。母インディアンベイは米国産で未出走。その母は重賞1勝を含む7勝馬。近親に活躍馬はいませんが、祖母を考えればポテンシャルはあります。

前走スワンステークでは優勝馬とは0.3秒差の5着。マイルチャンピオンシップに向け余裕仕上げだったG1馬2着ステルヴィオや3着アドマイヤマーズとは0.1秒差しかありません。今回はメンバーが弱くなり、得意の1200mに戻るのはプラスです。

馬場、展開を問わず最後方から追い込む馬。勝ち切るには展開の助けが必要ですが、今回はラブカンプーやジョーカナチャンなど絶対逃げたい馬が揃うので、シヴァージには有利に働くと考えられ、3着以内に入る可能性は大。馬券は抑えておいた方が賢明です。

フィアーノロマーノ

Fastnet Rock デインヒル Danzig 
Razyana 
Piccadilly Circus ロイヤルアカデミーII 
Gatana 
Heart Ashley Lion Heart Tale of the Cat 
Satin Sunrise 
Pretty ‘n Smart Beau Genius 
Charge d’Affaires 

フィアーノロマーノは昨年のダービー卿チャレンジトロフィーの優勝馬で、これまで17戦6勝2着2回。重賞は他にも阪神芝1400mの阪神カップと京阪杯で共に2着、今回と同じスプリント戦では函館スプリントステークで4着しています。

フィアーノロマーノの父はオーストラリア最優秀3歳馬、最優秀スプリンターに選出されている名馬ファストネットロック。母ハートアシュリーは米国馬で、海外で重賞2勝を含む6勝。近親に米国ダートG1馬クピードーがいます。

成績からも短めのマイラーと判断でき、1200mはやや距離不足。ただし2戦連続で1200mの速い流れを経験し、1400m重賞で2着2回の相性の良い阪神コースはプラス京阪杯における6歳馬の馬券率は低いものの、本馬は南半球生まれなので基本5歳馬と同じ。今回は馬券圏内か。

ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。

 

コメント

  1. […] 2020年第65回G3京阪杯予想 注目出走馬分析短距離G1を2称したカレンチャンの娘カレンモエ、短距離重賞2勝のレッドアンシェル、マイル重賞3勝のプリモシーンなど重賞の常連が多数出走登 […]

タイトルとURLをコピーしました