2021年第55回G3共同通信杯予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年共同通信杯予想の注目馬を分析!

共同通信杯予想の特徴

G3共同通信杯は第1回東京開催6日目に行われる3歳限定芝1800mの別定戦です。負担重量は牡・騙馬56kg、牝馬54kg。獲得本賞金により負担重量が加算され、1800万以上の馬は負担重量が1kg増えます。

国際競走に指定され、外国調教馬は8頭まで優先出走権が与えられます。また外国調教馬の中、重賞勝利馬は負担重量が1kg加算されます。地方交流競走にも指定され、地方所属馬は認定馬のみ2頭まで登録できます。

皐月賞のトライアルレースよりも余裕あるローテーションが取れ、ダービーと同じ東京コースを試せるため同レースを牡馬クラッシックのステップにする有力馬が増えています。実際にこのレースの好走馬から皐月賞やダービーなどのG1馬が多数輩出し、将来を占う上で大変重要なレースです。

↓過去10年の共同通信杯予想入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年共同通信杯出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ディオスバリエンテ ロードカナロア 牡3 石橋脩 ノーザンファーム
堀宣行 (美浦) サンデーサイレンス 56kg キャロットファーム
2 2 キングストンボーイ ドゥラメンテ 牡3 C.ルメール 田上徹
藤沢和雄 (美浦) フォーティナイナー 56kg 吉田和美
3 3 ステラヴェローチェ パゴ 牡3 横山典弘 ノーザンファーム
須貝尚介 (栗東) ディープインパクト 56kg 大野剛嗣
4 4 プラチナトレジャー キングカメハメハ 牡3 田辺裕信 服部牧場
国枝栄 (美浦) クロフネ 56kg 嶋田賢
5 5 ディープリッチ ディープブリランテ 牡3 北村宏司 ノーザンファーム
小島茂之 (美浦) Songandaprayer 56kg 宇田豊
5 6 タイソウ モーリス 牡3 丸山元気 山野牧場
西園正都 (栗東) ダイワメジャー 56kg 中辻明
6 7 エフフォーリア エピファネイア 牡3 横山武史 ノーザンファーム
鹿戸雄一 (美浦) ハーツクライ 56kg キャロットファーム
6 8 レフトゥバーズ ディープインパクト 牡3 戸崎圭太 ノーザンファーム
萩原清 (美浦) Tapit 56kg 池谷誠一
7 9 ヴィクティファルス ハーツクライ 牡3 松山弘平 ノーザンファーム
池添学 (栗東)  Galileo 56kg G1レーシング
7 10 ハートオブアシティ ハーツクライ 牡3 大野拓弥 社台ファーム
森田直行 (栗東) Anabaa Blue 56kg 吉田千津
8 11 シャフリヤール ディープインパクト 牡3 福永祐一 ノーザンファーム
藤原英昭 (栗東) Essence of Dubai 56kg サンデーレーシング
8 12 カイザーノヴァ モーリス 牡3 坂井瑠星 木村秀則
矢作芳人 (栗東) スペシャルウィーク 56kg 広尾レース

勝ち馬予想に役立つ!共同通信杯の注目馬分析

ステラヴェローチェ

パゴ Nashwan Blushing Groom
Height of Fashion
Moonlight’s Box Nureyev
Coup de Genie 
オーマイベイビー ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
オールザウェイベイビー Grand Slam
Lustily

ステラヴェローチェはこれまで3戦2勝。サウジアラビアロイヤルカップの優勝馬で、前走G1朝日杯フューチュリティステークスで優勝馬に0.1秒差2着しています。走破時計も1分32秒4なのでかなり優秀です。

ステラヴェローチェの父は欧州でマイル~2400mまでのG1を5勝したパゴ。日本ではビッグウィーク、クロノジェネシスと2頭のG1馬を輩出しています。母オーマイベイビーはディープインパクト産駒で未勝利も、母の半兄は朝日フューチュリティステークス馬のゴスホークケン

血統を考えれば距離延長は特に問題無く、メンバーを見ても実績上位。ただし朝日杯フューチュリティステークスからの出走組は過去10年で2着3回と優勝がありません2、3着候補。

シャフリヤール

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
ドバイマジェスティ Essence of Dubai Pulpit
Epitome
Great Majesty Great Above
Mistic Majesty

シャフリヤールは前走京都芝1800mの新馬戦を1分49秒9、2着とタイム差無で勝利上り34.6秒はメンバー中最速です。

シャフリヤールの父はディープインパクト母ドバイマジェスティは米国産でG1BCフィリー&メアスプリントの優勝馬で全12勝。シャフリヤールの全兄は皐月賞、大阪杯とG1を2勝したアルアインという良血。

共同通信杯では前走新馬、未勝利からの成績は悪いものの、血統的な素質から見ればメンバー的にそん色ありません。シャフリヤールの全兄アルアインもこの時期芝1800mG3毎日杯を勝っており、父ディープインパクトを考えても東京はこの馬にはプラス。瞬発力勝負になれば勝ち負け。

ディオスバリエンテ

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
ディアデラノビア サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ポトリザリス Potrillazo
Chaldee

ディオスバリエンテは前走中山芝1800mの新馬戦を1分50秒4で優勝。先行4番手からメンバー中上り最速の35.1秒でまとめています。

ディオスバリエンテの父はロードカナロア母ディアデラノビアは重賞3勝、全6勝の活躍馬。半兄にハービンジャー産駒のドレットノータスが京都大賞典とラジオNIKKEI杯2歳ステークスを優勝しています。

また半兄でキングカメハメハ産駒のディアデルレイはマーチステークスで2着、全7勝なので父に影響されやすい母系と言えます。父、母を考えてもマイル前後が適鞍。ただし前走の中山は例年に比べ時計がかかり、パワータイプだったため勝てた可能性もあります。

1勝馬で実力は未知数、時計勝負は未経験なので今回は抑えまで。

エフフォーリア

エピファネイア シンボリクリスエス Kris S. 
Tee Kay 
シーザリオ スペシャルウィーク
キロフプリミエール 
ケイティーズハート ハーツクライ サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ケイティーズファースト Kris
Katies

エフフォーリアはこれまで2戦2勝。前走1勝クラスの東京芝2000mの百日草特別では2分02秒3と時計は平凡も、4番手で先行し上り33.4秒でまとめているので素質があります。

エフフォーリアの父はエピファネイア。母ケイティーズハートはハーツクライ産駒でダート中距離の3勝馬。母の近親にJRA年度代表馬のアドマイヤムーンがます。血統内にサンデーサイレンスの4×3の濃いクロス、ヘイルトゥリーズンの5×5のクロスを持ち爆発力のある構成。

血統から見れば距離はもっと伸びた方が良いタイプ。だたし、3歳馬には1800mは中長距離に相当するためこの馬には有利札幌新馬戦、秋1勝クラス勝ちと計画的なローテーション。おそらくダービーを見据えての一戦。共同通信杯は1勝クラスからの成績が良く、素質を考えても勝ち負け。

キングストンボーイ

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
ダイワパッション フォーティナイナー Mr. Prospector
File
サンルージュ シェイディハイツ
チカノヴァ

キングストンボーイはこれまで3戦2勝。2走前のサウジアラビアロイヤルカップでは2番人気に押されるも滑る不良馬場に泣かされ優勝馬に1.1秒離され5着。前走1勝クラスの東京芝1600m戦は1分52秒2、上り33.6秒の一番時計できっちり勝ち上がっています。

キングストンボーイの父は皐月賞・ダービー勝ちのドゥラメンテ。母ダイワパッションはフォーティナイナー産駒で短距離重賞2勝。キングストンボーイの半兄にオルフェーブル産駒で皐月賞馬のエポカドーロがいる良血

血統内にミスタープロスペクターの4×3の濃いクロスを持ちスピードとパワーに勝った血統構成。ただし新馬戦、1勝クラスの勝ち時計は共に遅く、早い時計決着になった時は未知数今回は抑えまで。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

  1. […] GⅢ共同通信杯 […]

タイトルとURLをコピーしました