2021年第69回G2京都新聞杯予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年京都新聞杯の注目馬を分析!

京都新聞杯の特徴

2021年のG2京都新聞杯は第3回中京開催初日に行われる3歳限定芝2200mの馬齢定量戦です。本来であれば京都競馬場で開催されますが、改修工事に伴い中京競馬場で代替開催されます。負担重量は牡・騙馬56kg、牝馬54kg。

国際競争に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。また地方所属馬はダービーへのステップレースに指定され、ダービー出走候補馬2頭までおよびJRA2歳G1、JRA3歳重賞勝利馬に優先出走権が与えられえます。

ダービーのトライアルレースではありませんが、賞金加算でダービーを目指す有力馬が多数出走します。実際にここで優勝を飾りダービーを制した馬にキズナがおり、他にもここステップに一昨年は12着だったロジャーバローズがダービー馬になっています。

↓過去10年の京都新聞杯入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年京都新聞杯出走登録馬一覧表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ワイドエンペラー ルーラーシップ 牡3 藤岡佑介 斉藤安行
藤岡健一 (栗東) アグネスタキオン 56kg 幅田昌伸
2 2 ヴェローチェオロ ゴールドシップ 牡3 西村淳也 千代田牧場
須貝尚介 (栗東) タイキシャトル 56kg 大野剛嗣
3 3 サイモンメガライズ  ケープブランコ 牡3 武豊 ヤナガワ牧場
小林真也 (栗東) ディープインパクト 56kg 澤田昭紀
4 4 ルペルカーリア   モーリス 牡3 福永祐一 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) シーザリオ 56kg キャロットファーム
5 5 ブレークアップ ノヴェリスト 牡3 団野大成 谷川牧場
黒岩陽一 (美浦) クロフネ 56kg 阿部東亜子
6 6 トーホウバロン キングカメハメハ 牡3 和田竜二 シンボリ牧場
石坂公一 (栗東) スペシャルウィーク 56kg 東豊物産
6 7 エスコバル モーリス 牡3 藤岡康太 酒井牧場
堀宣行 (美浦) キングカメハメハ 56kg 吉田和美
7 8 マカオンドール ゴールドシップ 牡3 浜中俊 ノーザンファーム
今野貞一 (栗東) Darshaan 56kg 關陽彦
7 9 ゲヴィナー オルフェーヴル 牡3 岩田望来 社台ファーム
藤原英昭 (栗東) キングカメハメハ 56kg 金子真人H
8 10 レッドジェネシス ディープインパクト 牡3 川田将雅 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) Storm Cat 56kg 東京ホースレーシング
8 11 ハートオブアシティ ハーツクライ 牡3 泉谷楓真 社台ファーム
森田直行 (栗東) Anabaa Blue 56kg 吉田千津

勝ち馬予想に役立つ!京都新聞杯の注目馬分析

ディープモンスター

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere 
シスタリーラヴ Bellamy Road Concerto
Hurry Home Hillary
Odylic Dixieland Band
Petite Diable

ディープモンスターはこれまで5戦3勝2着1回前走皐月賞では10番人気で、優勝馬エフフォーリアに0.8秒離され7着。ただし3着馬とは0.3秒差上り36.8秒はメンバー中3番目の上りで、5戦共上り3番手以内で末脚は安定

ディープモンスターの父はディープインパクト母シスタリーラヴは米国産で米ダートマイルG3を2勝。母の近親にシンガポールのG1シンガポールカップを優勝したパランダがいます。またディープモンスターの全兄はG3毎日杯3着のダノンアレー。

芝2200mは2戦2勝。1勝クラスで中京2200mを勝っているのは強み。またリミテッドクラス勝ちもあり実績ではメンバー中最右翼皐月賞から中2週ですが、昨年の優勝馬ディープボンドもこのローテーションで優勝しています。また鞍上が乗り慣れた武豊に戻るのはプラス。

直線の長い中京コースは長い脚が使えるディープインパクト産駒には有利今回はメンバー的にも勝ち負け。

レッドジェネシス

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere 
リュズキナ Storm Cat  Storm Bird 
Terlingua 
Lucky Sadler’s Wells
Zummerudd

レッドジェネシスは6戦2勝3着1回。前走阪神芝2400mの1勝クラスを2着に0.7秒差を付けて優勝。6戦中4戦で上り最速

レッドジェネシスの父はディープインパクト。母リュズキナはストームキャット産駒の未出走馬。祖母ラッキーは愛国芝1400m重賞を優勝しています。血統内にノーザンダンサーの5×4×4のクロスを持っています。

母の父が父ディープインパクトとニックスになるストームキャットなのが本馬の強み。また母系にスタミナが強化されるサドラーズウェルズの血があるので距離はクラッシックディスタンスが適鞍。ただし、強いメンバーと戦っていないのはマイナス。今回は見送り。

ルペルカーリア

モーリス スクリーンヒーロー グラスワンダー
ランニングヒロイン
メジロフランシス カーネギー
メジロモントレー
シーザリオ スペシャルウィーク サンデーサイレンス
キャンペンガール
Kirov Premiere Sadler’s Wells
Querida 

ルペルカーリアは3戦1勝前走毎日杯では3人気でしたが、優勝馬から0.5秒離され4着。ただし走破時計1分44秒4は過去10年の毎日杯の勝ち時計よりも早く、後に3歳で有馬記念を勝ったブラスワンピースや皐月賞馬のアルアインより2秒も早い時計

ルペルカーリアの父はマイルG1を6勝したモーリス。母は日米オークスを制したシーザリオ。半兄に菊花賞とジャパンカップを制したエピファネイア、朝日フューチュリティーステークス馬のリオディーズ、ホープフルステークと皐月賞を制したサートゥルナーリアがいる良血。

血統内にサンデーサイレンスの4×3、サドラーズウェルズの4×3のクロスを持っています。父はマイラーも、父の父はジャパンカップ馬だったので前走1800mは距離が足りない印象。今回は距離が400m伸びるのはプラスです。兄を考えればここは突破したいところ。対抗。

マカオンドール

ゴールドシップ ステイゴールド サンデーサイレンス 
ゴールデンサッシュ 
ポイントフラッグ メジロマックイーン 
パストラリズム 
ミリオンウィッシーズ Darshaan Shirley Heights
Delsy
Moonlight’s Box Nureyev
Coup de Genie

マカオンオールはこれまで8戦2勝2着1回3.着2回。前走重馬場だった中京芝2200mの1勝クラスを優勝。過去にラジオNIKKEI杯2歳京都ステークスで3着、ホープフルステークスで8着。新馬戦以外はメンバー中上り3番手以内と末脚は安定しています。

父は中長距離のG1を6勝したゴールドシップ。ダルシャーン産駒の母ミリオンウィッシーズは英国産の3勝馬。母の半兄は欧州でG1を5勝、日本で種牡馬として活躍するパゴ、半弟は欧州マイルG1を2勝しているマキオンキス。

京都2歳ステークスで優勝したワンダフルタウンは先週の青葉賞でも優勝、2着だったラゴームはきさらぎ賞優勝と強いメンバーでの3着は評価できます。また父はパワーとスタミナを備えたタイプで、母の父を考えれば距離はもっと伸びて良タイプ。

父を考えれば長くいい脚は使えるものの切れのあるタイプではないので、早めスパートが理想。重でも早い脚が使えるので馬場が渋れば浮上。連下で。

ゲヴィナー

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
カウアイレーン キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
シルバーレーン Silver Hawk 
Strait Lane 

ゲヴィナーは1戦1勝前走重馬場だった阪神芝2400mの未勝利戦を2番手で先行し1番人気馬に0.1秒差で競り勝っています。

ゲヴィナーの父はオルフェーヴルキングカメハメハ産駒の母カウアイレーンは芝マイルの5勝馬。母の半姉にNHKマイルカップ優勝のピンクカメオ、スプリンターズステークス・安田記念勝ちのブラックホークがいます。

ゲヴィナーの半兄にステイゴールド産駒で京都新聞杯勝ち、重賞路線で2、3着を繰り返すステイフーリッシュ。ステイゴールドはオルフェーヴルの父で、母とは恐らく好相性。勝ち切れないステイゴールドの性格は兄が受け継ぎ、額面通りなら勝気な性格のオルフェーヴルの血を受け継ぐ可能性有り

オルフェーヴル×キングカメハメハはショウリュウイクゾが日経新春杯を勝っており、距離は問題ありません。1勝馬なので先週青葉賞で抽選もれも、こちらは青葉賞よりメンバーが手薄。穴で。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

  1. […] GⅡ京都新聞杯 […]

タイトルとURLをコピーしました