2021年第72回G1阪神ジュベナイルフィリーズ予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年阪神ジュベナイルフィリーズの注目馬を分析!

阪神ジュベナイルフィリーズの特徴

G1阪神ジュベナイルフィリーズは第6回阪神開催4日目に行われる2歳牝馬限定芝1600mで行われる馬齢定量戦です。負担重量は54kg。

アルテミスステークス及びファンタジーステークスの2着馬までに優先出走権が与えられています。その他のJRA所属馬は獲得賞金の多い順に出走が可能です。

国際競走に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。また地方所属馬は5頭まで出走登録が可能です。

↓過去10年の阪神ジュベナイルフィリーズ入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年阪神ジュベナイルフィリーズ出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ナムラクレア ミッキーアイル 牝2 浜中俊 谷川牧場
長谷川浩 (栗東) Storm Cat 54kg 奈村睦弘
1 2 ナムラリコリス ジョーカプチーノ 牝2 泉谷楓真 桑田正己
大橋勇樹 (栗東) マツリダゴッホ 54kg 奈村睦弘
2 3 ヒノクニ カレンブラックヒル 牝2 長岡禎仁 本田土寿
深山雅史 (美浦) Rock Hard Ten 54kg 由井健太郎
2 4 トーホウラビアン トーホウジャッカル 牝2 太宰啓介 吉田ファーム
川村禎彦 (栗東) Giant’s Causeway 54kg 東豊物産
3 5 スタティスティクス ハーツクライ 牝2 和田竜二 社台ファーム
石坂公一 (栗東) Congrats 54kg 社台レースホース
3 6 タナザウィング エピファネイア 牝2 国分恭介 宮内牧場
清水久詞 (栗東) アグネスタキオン 54kg 田中俊彰
4 7 キミワクイーン ロードカナロア 牝2 内田博幸 追分ファーム
奥村武 (美浦) ダイワメジャー 54kg 浦邊輝實
4 8 ステルナティーア ロードカナロア 牝2 C.ルメール ノーザンファーム
岩戸孝樹 (美浦) ファルブラヴ 54kg サンデーレーシング
5 9 シークルーズ モーリス 牝2 岩田望来 千代田牧場
杉山晴紀 (栗東) クロフネ 54kg 飯田良枝
5 10 サークルオブライフ エピファネイア 牝2 M.デムーロ 千代田牧場
国枝栄 (美浦) アドマイヤジャパン 54kg 飯田正剛
6 11 ラブリイユアアイズ ロゴタイプ 牝2 団野大成 社台ファーム
黒岩陽一 (美浦) ヴィクトワールピサ 54kg 井内康之
6 12 アネゴハダ キズナ 牝2 幸英明 サンデーヒルズ
佐々木晶 (栗東) ウォーエンブレム 54kg 岡浩二
7 13 ヴィルチュオーズ サトノアラジン 牝2 武豊 桑田牧場
武幸四郎 (栗東) Oratorio 54kg ノーザンファーム
7 14 サク リオンディーズ 牝2 酒井学 前野牧場
北出成人 (栗東) マヤノトップガン 54kg LEVELーK
7 15 ダークペイジ Dark Angel 牝2 横山和生 タイヘイ牧場
吉村圭司 (栗東) Roderic O’Connor 54kg KRジャパン
8 16 ベルクレスタ ドゥラメンテ 牝2 松山弘平 ノーザンファーム
須貝尚介 (栗東) Numerous 54kg サンデーレーシング
8 17 ナミュール ハービンジャー 牝2 C.デムーロ ノーザンファーム
高野友和 (栗東) ダイワメジャー 54kg キャロットファーム
8 18 パーソナルハイ ディープインパクト 牝2 藤岡康太 追分ファーム
矢作芳人 (栗東) City Zip 54kg G1レーシング

勝ち馬予想に役立つ!阪神ジュベナイルフィリーズの注目馬分析

ウォーターナビレラ

シルバーステート ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
シルヴァースカヤ Silver Hawk
Boubskaia
シャイニングサヤカ キングヘイロー ダンシングブレーヴ
グッバイヘイロー
シンセイアカリ マヤノトップガン
ピンクノワンピース

ウォーターナビレラは前走のファンタジーステークスで新馬戦から無傷の3連勝勝ち時計1分21秒1は昨年のメイケイエールの1分20秒1、一昨年のレシステンシア1分20秒7に及ばないものの、同レースの標準タイムをクリアしています。

ウォーターナビレラの父はディープインパクト産駒で能力の高さを買われて種牡馬入りしたシルバーステート。キングヘイロー産駒の母シャイニングサヤカは地方の3勝馬。母の半弟に地方G3勝ちノメイショウムネノリがおり、母系も地方で勝利を重ねています。

ウォーターナビレラは血統内にヘイロー4×4の濃いクロスを持っており、爆発力は同馬から。前走ファンタジーステークスは11秒台のラップが5回もある厳しい流れも、2番手できっちり折り合い押し切り勝ち。逃げ馬は10頭立ての8着に沈んでいます。

前走は芝1400mですが、1600mは1勝クラスで経験済み。勝ち負け。

ナムラクレア

ミッキーアイル ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
スターアイル ロックオブジブラルタル
アイルドフランス
サンクイーンII Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Fountain of Peace Kris S.
Coup de Genie

ナムラクレアはこれまで4戦2勝2着1回3着1回小倉2歳ステークスの優勝馬で、前走のファンタジーステークスでも優勝馬ウォーターナビレラに0.1秒差で2着を確保。3戦連続で上りメンバー中上り最速をマークしています。

ナムラクレアの父はディープインパクト産駒でマイルG1を2勝したミッキーアイル。ストームキャット産駒で米国産の母サンクイーンIIは海外で1勝。母の近親に日本で種牡馬となっているパゴなど、欧州G1馬が多数います。

昨年同じミッキーアイル産駒で小倉ステークス→ファンタジーステークスを連勝したメイケイエールは、阪神ジュベナイルフィリーズで4着。ミッキーアイルは短めのマイラーで、実際に産駒の平均走破距離も1300m台。血統面でナムラクレアにとって距離延長は必ずしもプラスではありません。

新馬戦はマイル戦で5番人気3着、次走2戦目のオープンで芝1200mを選んだように本質的に短距離馬か。抑えまで。

ステルナティーア

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
ラルケット ファルブラヴ Fairy King
Gift of the Night 
アズサユミ サンデーサイレンス
ファーストクラス 

ステルナティーアはサウジアラビアロイヤルカップの2着馬で、これまで2戦1勝2着2回前走は1番人気の素質馬コマンドラインと人気を二分する2番人気で、人気通りの決着。ただしスローだったため走破時計は1分36秒5と遅く4着まで上がり33秒台と末脚勝負での結果です。

ステルナティーアの父はロードカナロア。ファルブラブ産駒の母ラルケットは芝マイルの4勝馬。全兄に3歳でマイチャンピオンシップを優勝したステルヴィオがます。

兄も早い時期から活躍し、サウジアラビアロイヤルカップ、朝日フューチュリティステークスで共に2着、マイルまでの馬なので本馬も同等の力を秘めていると見て良いでしょう。また前走で牡馬の素質馬と渡り合えたのは能力が高い証拠。

ただし父ミスタープロスペクター系は阪神ジュベナイルフィリーズと相性が悪く、過去10年で馬券に絡んだのは4頭だけで、優勝は1回のみ。連下で。

サークルオブライフ

エピファネイア シンボリクリスエス Kris S. 
Tee Kay 
シーザリオ スペシャルウィーク
キロフプリミエール 
シーブリーズライフ アドマイヤジャパン サンデーサイレンス
ビワハイジ
プレシャスライフ タイキシャトル
スターマイライフ

サークルオブライフはアルテミスステークスの優勝馬で3戦2勝3着1回アルテミスステークスでは7番人気も、勝ち時計1分34秒、上りはメンバー中最速の33.5秒でまとめています。

サークルオブライフの父はエピファネイア。アドマイヤジャパン産駒の母シーズブリーズライフは芝短距離の3勝馬。近親にこれといった活躍馬はいませんが、母の姉妹の仔の系列からビリーブやサウンドバリアー、ジャンダルムなど主に短距離~マイルまでで活躍した馬が出ています

血統内にサンデーサイレンスの4×3、ヘイローの5×4×5、ヘイルトゥリーズンの5×5を持ち、父系、母系共にヘイルトゥリーズン系の血が非常に濃い血統背景です。また母系にあるビワハイジやタイキシャトル、ストームキャットの血から見ればベストはマイル戦。

前走のアルテミスステークスは逃げ馬が殿負け、2、3番手が2、3着に入る平均ペース。上位陣ではサークルオブライフだけが後方から追い込み、唯一の33秒台の脚を使い、ロベルト系の父エピファネイアの爆発力を受け継いでいると思われます。前走同様に上手く足を溜められれば。連下で。

ベルクレスタ

ドゥラメンテ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
アドマイヤグルーヴ サンデーサイレンス
エアグルーヴ
ベルアリュールII Numerous Mr. Prospector
Number
Mare Aux Fees Kenmare
Feerie Boreale

ベルクレスタはアルテミスステークスの2着馬で、これまで3戦1勝2着2回。前走では3番手追走で、2番手のイワイザケをゴール前で競り落とすも、サークルオブライフの強襲に遭い首差負け上りはメンバー中2番目なので、優勝馬の末脚に屈した格好です。

ベルクレスタの父は春牡馬クラッシック2冠のドゥラメンテ。母ベルアリュールIIはアイルランド産で海外重賞2勝馬。ベルクレスタの半姉にヴィクトリアマイルを優勝し全6勝を挙げたステイゴールド産駒のアドマイヤリードがいます。

ベルクレスタは血統内にミスタープロスペクターの4×3の濃いクロスを持っており、ややスピードが勝った配合。ただし、阪神ジュベナイルフィリーズは全体的にミスタープロスペクター系が弱く、過去10年で馬券に絡んだのは4頭のみ、優勝も1回しかありません。今後の活躍は期待も、抑えまで。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました