2021年第57回G3中日新聞杯 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年中日新聞杯の注目馬を分析!

中日新聞杯の特徴

G3中日新聞杯は第6回中京開催3日目に行われる3歳以上芝2000mのハンデキャップ戦です。国際競走に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。また地方交流競走に指定され、地方所属馬は2頭まで登録可能です。

開催時期と距離が何度か変更があり、現行と同じ年末に2000mで行われるようになったのは2017年から。それ以前は3月開催。

↓過去10年の中日新聞杯入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年中日新聞杯出走表

勝ち馬予想に役立つ!中日新聞杯の注目馬分析

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 アイスバブル ディープインパクト 牡6 水口優也 ノーザンファーム
池江泰寿 (栗東) キングカメハメハ 55kg 金子真人H
1 2 ショウナンバルディ  キングズベスト 牡5 岩田康誠 木村牧場
松下武士 (栗東) Redoute’s Choice 55kg 国本哲秀
2 3 アドマイヤビルゴ ディープインパクト 牡4 武豊 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) Elusive City 56kg 近藤旬子
2 4 トラストケンシン ハーツクライ 牡6 藤岡康太 村上欽哉
高橋文雅 (美浦) エルコンドルパサー 53kg 菅波立知子
3 5 ラストドラフト ノヴェリスト 牡5 三浦皇成 社台ファーム
戸田博文 (美浦) ディープインパクト 57kg 社台レースホース
3 6 アフリカンゴールド ステイゴールド 騙6 国分恭介 ゴドルフィン
西園正都 (栗東) Gone West 54kg ダーレー・ジャパン・F
4 7 シフルマン ハービンジャー 牡5 川須栄彦 社台ファーム
中尾秀正 (栗東) サンデーサイレンス 54kg G1レーシング
4 8 ヒンドゥタイムズ ハービンジャー 牡5 M.デムーロ ノーザンファーム
斉藤崇史 (栗東) ディープインパクト 56.5kg シクルクレーシング
5 9 シゲルピンクダイヤ ダイワメジャー 牝5 和田竜二 天羽牧場
渡辺薫彦 (栗東) High Chaparral 54kg 森中蕃
5 10 ボッケリーニ  キングカメハメハ 牡5 浜中俊 ノーザンファーム
池江泰寿 (栗東) ダンスインザダーク 57.5kg 金子真人H
6 11 マイネルファロン ステイゴールド 牡6 松岡正海 ビッグレッドファーム
手塚貴久 (美浦) ロージズインメイ 56kg TC・ラフィアン
6 12 ディアマンミノル オルフェーヴル 牡4 荻野極 村下農場
本田優 (栗東) デヒア 54kg 吉岡實
7 13 ヤシャマル  キズナ 牡4 丹内祐次 船越伸也
尾形和幸 (美浦) アグネスデジタル 54kg 高橋文男
7 14 ラーゴム オルフェーヴル 牡3 池添謙一 ノーザンファーム
斉藤崇史 (栗東) Candy Ride 56kg 林正道
7 15 バイオスパーク オルフェーヴル 牡6 藤井勘一郎 小島牧場
浜田多実 (栗東) マイネルラヴ 57kg 宮田直也
8 16 キングオブコージ ロードカナロア 牡5 横山典弘 白老ファーム
安田翔伍 (栗東) Galileo 57kg 増田和啓
8 17 プレシャスブルー ディープインパクト 牡7 吉田隼人 石郷岡雅樹
相沢郁 (美浦) アンバーシャダイ 55kg 石瀬浩三
8 18 レイエンダ キングカメハメハ 牡6 C.ルメール ノーザンファーム
菊沢隆徳 (美浦) シンボリクリスエス 57kg キャロットファーム

ラーゴム

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
シュガーショック Candy Ride Ride the Rails
Candy Girl
Enthusiastically Distorted Humor
Unbridled Hope

ラーゴムは今年のきさらぎ賞の優勝馬。これまで9戦3勝2着2回春のクラシックで皐月賞、ダービーに出走していますが共に2桁着順で惨敗その後2走も2桁着順でしたが、前走阪神芝2000mリミテッドクラスを優勝しての参戦です。

ラーゴムの父はオルフェーヴル母シュガーショックは米国産で、米国ダート中距離G3をはじめ5勝。母の父キャンディライドは芝・ダート兼用で、2002年当時芝マイル戦で世界レコードを樹立したアルゼンチンの名馬。父、母の父を考えても中日新聞杯の2000mは適鞍。

今回ハンデは56kg。前走に比べて2kgも増。ハナ差で凌いだ2着のポッケリーニが0.5kg増なので、計算上では1.5馬身逆転されます。今回は連下で。

アドマイヤビルゴ

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
イルーシヴウェーヴ Elusive City  Elusive City 
Star of Paris 
Multicolour Wave  Rainbow Quest 
Echoes 

アドマイヤビルゴはこれまで10戦4勝2着1回3着1回6億円の高馬で、10戦中7戦で1番人気重賞は過去4戦していますが、馬券に絡んだことはありません。前走も阪神芝1800mリミテッドクラスで1番気でしたが、0.1秒差3着に敗れています。

アドマイヤビルゴの父はディープインパクト母イルーシヴウェーヴはアイルランド産で仏国1000ギニーをはじめマイル重賞3勝の活躍馬。アドマイヤビルゴの一つ上の全兄に京都新聞杯3着のサトノソロモンがいます。

前走はリミテッドクラスも重量常連が参戦する中での3着。能力はあるものの、血統内に勝負根性や爆発力のある血が無いため底力が足りない印象。前走に比べ1kg負担重量が減りますが、メンバーが強力になる分恩恵は少ないか。抑えまで。

ポッケリーニ

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector 
Miesque 
マンファス ラストタイクーン 
Pilot Bird 
ポップコーンジャズ ダンスインザダーク サンデーサイレンス
ダンシングキィ
グレイスルーマー トニービン
ディスクジョッキー

ポッケリーニは一昨年の中日新聞杯の優勝馬。これまで16戦5勝2着5回3着1回16戦して掲示板を外したのはわずか2回前走4ヵ月の休み明けのリミテッドクラスで本レースに参戦するラーゴムとハナ差2着し、ひと叩きしての参戦です。

ポッケリーニの父はキングカメハメハ。母ポップコーンジャズはダンスインザダーク産駒の1勝馬。ポッケリーニの全兄に宝塚記念と天皇賞秋を勝ち、JRA最優秀4歳以上牡馬に輝いたラブリーディがいます。

前走1着だったラーゴムとは当時の斤量差3kg。今回は1.5kgまで縮まります。またラーゴムが前走叩き3戦目で今回の上がり目が少ないのに対し、ポッケリーニは叩き2戦目で上昇が見込めますトップハンデを背負っても、力関係から勝ち負け。

ディアマンミノル

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
イソノスワロー デヒア Deputy Minister
Sister Dot
イソノルーブル ラシアンルーブル
キテイテスコ

ディアマンミノルはこれまで20戦4勝2着1回3着3回重賞勝ちやオープン勝ちはありませんが、前々走G2京都大賞典で4着、アルゼンチン共和国で5着と格上相手と戦って掲示板に載っています。

ディアマンミノルの父はオルフェーヴル。母イソノスワローは地方の4勝馬。デジアマンミノルの半兄にアドマイヤマックス産駒のモンストールが新潟2歳ステークスを優勝。祖母はオークス馬のイソノルーブル。

近走重賞で3度掲示板に載っていても、オープン勝ちすらない身なので、前走アルゼンチン共和国杯と同じハンデ54kgはかなり恵まれています前走0.5秒離された優勝馬オーソリティは次走のジャパンカップでもコントレイル相手に2着と好走。メンバー落ちの今回なら馬券になる可能性は大。連下で。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました