2024年第38回GⅢ根岸ステークス予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2024年根岸ステークスの注目馬を分析!

根岸ステークスの特徴

GⅢ根岸ステークスは第1回東京開催2日目に行われる4歳以上ダート1400mの別定戦です。負担重量は4歳牡・騙馬55kg、同牝馬53kg、5歳以上牡・騙馬57kg、牝馬55kg。過去の重賞勝利実績によって負担重量が加算されます。加算重量は以下の通り(2歳時の成績を除く)

3kg増=1年以内に牝馬GⅠを除くGⅠ勝利馬。

2kg増=1年以内に牝馬GⅠ、牝馬限定を除くGⅡ勝利馬、1年以上前に牝馬限定GⅠを除くGⅠ勝利馬。

1kg増=1年以内に牝馬限定を除くGⅢ勝利馬、1年以上前に牝馬限定を除くGⅡ勝利馬

また国際競走に指定され、外国調教馬は8頭まで優先出走権が与えられます。また地方交流競走に指定され、4頭まで出走登録が可能です。

なお、根岸ステークス優勝馬には当年度のフェブラリーSの優先出走権が与えられます。

↓過去10年の根岸ステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2024年根岸ステークス出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 アイオライト ローレルゲレイロ 牡7 団野大成 南部功
武藤善則 (美浦) オペラハウス 57kg 田頭勇貴
1 2 ヘリオス   オルフェーヴル 騙8 武豊 桑田牧場
寺島良 (栗東) フレンチデピュティ 57kg 桑田牧場
2 3 フルム シニスターミニスター 牡5 水口優也 高橋フアーム
浜田多実雄 (栗東) ドリームジャーニー 57kg 京都ホースレーシング
2 4 ライラボンド キズナ 牡5 小林勝太 片岡博
清水久詞 (栗東) アドマイヤドン 57kg YGGホースクラブ
3 5 ベルダーイメル オルフェーヴル 牡7 柴田善臣 川島牧場
本田優 (栗東) スニッツェル 57kg ケーエスHD
3 6 シャマル スマートファルコン 牡6 川須栄彦 岡田スタッド
松下武士 (栗東) アグネスデジタル 57kg 金山敏也
4 7 エンペラーワケア ロードカナロア 牡4 川田将雅 下河辺牧場
杉山晴紀(栗東) Curlin 56kg 草間庸文
4 8 ピアシック Central Banker 騙8 落合玄太 McMahon of Saratoga T, LLC
森秀行(栗東) Alphabet Soup 57kg キーファーズ
5 9 エクロジャイト ヘニーヒューズ 牡4 横山武史 ノーザンファーム
安田隆行(栗東) キングカメハメハ 56kg サンデーレーシング
5 10 サンライズフレイム ドレフォン 牡4 藤岡康太 下河辺牧場
石坂公一(栗東) アフリート 56kg ライフハウス
6 11 パライバトルマリン Malibu Moon 牝4 戸崎圭太 Stonestreet Thoroughbred H.LLC
林徹(美浦) Smart Strike 54kg 吉田和美
6 12 タガノビューティー ヘニーヒューズ 牡6 石橋脩 新冠タガノファーム
西園正都 (栗東) スペシャルウィーク 57kg 八木良司
7 13 オマツリオトコ ヴィットリオドーロ 牡4 石川裕紀人 グランド牧場
伊藤圭三(美浦) スマートボーイ 56kg 是枝浩平
7 14 アルファマム マジェスティックウォリアー 牝5 菅原明良 ナカイスタッド
佐々木晶三(栗東) フジキセキ 55kg 平井裕
8 15 ケンシンコウ パイロ 牡7 田辺裕信 静内山田牧場
小西一男 (美浦) クリプティックラスカル 57kg 天野克彦
8 16 アームズレイン コパノリッキー 牡4 松若風馬 杉山忠国
上村洋行 (栗東) コロナドズクエスト 56kg 明治牧場

勝ち馬予想に役立つ!根岸ステークスの注目馬分析

タガノビューティー

ヘニーヒューズ ヘネシー Storm Cat 
Island Kitty 
Meadow Flyer Meadowlake 
Shortley 
スペシャルディナー スペシャルウィーク サンデーサイレンス 
キャンペンガール 
ソフトパイン Woodman 
Ladyago 

タガノビューティーはこれまで32戦7勝2着7回3着5回重賞勝ちは無いものの、重賞は10戦して2着2回3着1回。昨年は船橋GⅠ記念と武蔵野Sで2着。盛岡マイルチャンピオンシップでも4着。根岸Sは3年連続の参戦で、2022年に3着しています。

タガノビューティーの父芝・ダートを問わず短~マイル産駒を多く出すヘニーニューズ。スペシャルウィーク産駒の母スペシャルディナーは1勝馬で、近親にこれといった活躍馬はいません。

2021年の根岸S3着以後一時期低迷も、昨年から地力がワンランクアップ。7歳馬ですが前走の武蔵野Sでメンバー中最速の脚を使っているように末脚は健在です。また1400m戦は12戦3勝2着2回3着2回、掲示板を外したのは1回だけゴール前直線の長い東京なら自慢の末脚が活かせます。

ただし、過去10年で7歳以上の馬は1勝2着3回3着4回。勝ち切るまでは難しいか。抑えまで。

サンライズフレイム

ドレフォン Gio Ponti Tale of the Cat
Chipeta Springs
Eltimaas Ghostzapper
Najecam
マストバイアイテム アフリート Mr. Prospector
Polite Lady
ビッグマリーン フジキセキ
ドラゴンマリーント

サンライズフレイムはこれまで6戦5勝3着1回重賞経験はありませんが、1勝クラスから前走京都ダート1400mOPまで、ダート1400m戦を4連勝しての参戦です。

サンライズフレイムの父は米ダートGⅠ2勝のドレフォン。アフリート産駒の母マストバアイテムはダート短距離の3勝馬。サンライズフレイムの1つ上の半兄でシニスターミニスター産駒のドライスタウトがGⅠ全日本2歳優駿、武蔵野S他重賞3勝。

父、母共にダートの短距離馬。兄は昨年のフェブラリーSで4歳馬ながら4着し、現在も10戦して4着以下無しという成績からも、サンライズフレイムも同程度のポテンシャルを秘めていると思われます。勢いからも勝ち負け。

エンペラーワケア

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
カラズマッチポイント Curlin Smart Strike
Sherriff’s Deputy
Home Court Storm Cat
Jewel Princess

エンペラーワケアはこれまで6戦4勝2着1回重賞経ありませんが、ダート1400mは5戦4勝2着1回のパーフェクト。前走阪神ダート1400m3勝クラスを1番人気で卒業。2着に0.6秒差を付け圧勝しています。

エンペラーワケアの父はロードカナロア。米国産のカラズマッチポイントは海外で1勝。母の半弟のダンシングラグズが米2歳ダート中距離GⅠを制しています。またエンペラーワケアは血統内にストームキャットの3×3、ミスタープロスペクターの4×4の濃いクロスを持ちます。

血統的にも米国系のスピードタイプ。実際に先行して押し切る形のレースをしており、スピードの違いで2戦連続2着に0.6秒差以上を付けています。ただし、今回はゴール前直線の長い東京コース。基本的に差し、追い込みが有利なので、後続馬の目標にされる可能性が大。抑えまで。

ヘリオス

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
アンジュシュエット フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand 
ショウナンガッド フジキセキ
シャンラン

ヘリオスはこれまで35戦8勝2着7回3着4回重賞勝ちはありませんが、OP・Lクラスは4勝地方ダート短距離GⅠで2着2回。2022年の根岸Sでも2着し、ダート重賞は15戦2着4回3着2回。根岸Sはこれで4年連続の参戦です。

ヘリオスの父はオルフェーヴル。フレンチデピュティ産駒の母アンジュシュエットはダート短距離の2勝馬。近親にフラワーC勝ちのショウナンタレト、教頭通信杯勝ちのショウナンアルバ。ヘリオスは血統内にサンデーサイレンスの3×4の濃いクロスを持ちます。

先行馬で2年前に根岸ステークスで2着し、P・Lクラス4勝は全て東京ダート1400mなので相性自体は悪くありません。ただしそれ以外は地方のダート短距離重賞を転戦しているように、基本的にオープン大将。中央のダート重賞常連組相手では1段落ちか。見送り。

アルファマム

マジェスティックウォリアー  A.P. Indy Seattle Slew
Weekend Surprise
Dream Supreme Seeking the Gold
Spinning Round
オーパスクイーン スペシャルウィーク サンデーサイレンス
キャンペンガール
オーパスワン Theatrical
ティルティング

アルファマムはこれまで15戦6勝2着1回3着1回重賞経験はありませんが、全戦ダートの短距離戦。OPを2勝し、15戦中12戦で上りはメンバー中最速。ここ4戦も上りはメンバー中最速です。

アルファマムの父はAPインディ系のマジェスティックウォリアー。フジキセキ産駒の母ダイオブサイドは地方で8勝。祖母ミリオンンベルもダート短距離で7勝を挙げ、シリウスS(ダート1400m戦)で2着しています。アルファマムは血統内にミスタープロスペクターの4×4の濃いクロスを持ちます。

血統的にダートの短距離馬。牝馬ながら前走東京ダート1400mOPで56kgを背負い優勝。ここ5戦は左回りを中心に使っており、コース慣れが見込めます。ただし、過去10年で牝馬は昨年のギルテッドミラーが2着に入ったのが唯一。同馬は前走で武蔵野Sを優勝しています。良くて抑えまで。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました