2024年第58回GⅢ共同通信杯予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2024年共同通信杯予想の注目馬を分析!

共同通信杯予想の特徴

GⅢ共同通信杯は第1回東京開催6日目に行われる3歳限定芝1800mの別定戦です。負担重量は牡・騙馬56kg、牝馬54kg。獲得本賞金で負担重量が加算され、1800万以上の馬は負担重量1kg増。

国際競走に指定され、外国調教馬は8頭まで優先出走権が与えられます。また外国調教馬の中、重賞勝利馬は負担重量1kg加算。

地方交流競走にも指定され、地方所属馬は認定馬のみ2頭まで登録できます。

皐月賞トライアルのレースより余裕あるローテーションが取れ、ダービーと同じ東京コースを試せるため共同通信杯をクラシックのステップにする有力馬が増えています。実際にこのレースの好走馬から皐月賞やダービーなどの多くのGⅠ馬が輩出し、将来を占う上で大変重要なレース。

↓過去10年の共同通信杯予想入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2024年共同通信杯出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ベラジオボンド ロードカナロア 牡3 岩田望来 社台ファーム
上村洋行(栗東) Dubai Destination 57kg 林田祥来
2 2 ディマイザキッド ディーマジェスティ 牡3 R.キング 服部牧場
清水英克(美浦) ファスリエフ 57kg 嶋田賢
3 3 フォスターボンド キズナ 牡3 横山武史 社台ファーム
中川公成(美浦) クロフネ 57kg 多田賢司
4 4 ミスタージーティー ドゥラメンテ 牡3 坂井瑠星 ノーザンファーム
矢作芳人(栗東) Sadler’s Wells 57kg 田畑利彦
5 5 ショーマンフリート スワーヴリチャード 牡3 C.ルメール ノーザンファーム
手塚貴久(美浦) Siyouni 57kg 星野壽市
6 6 エコロヴァルツ ブラックタイド 牡3 武豊 下河辺牧場
牧浦充徳(栗東) キングカメハメハ 57kg 原村正紀
7 7 パワーホール スワーヴリチャード 牡3 田辺裕信 平野牧場
昆貢(栗東) コマンズ 57kg NICKS
7 8 ジャスティンミラノ キズナ 牡3 戸崎圭太 ノーザンファーム
友道康夫(栗東) Exceed And Excel 57kg 三木正浩
8 9 ジャンタルマンタル Palace Malice 牡3 川田将雅 社台ファーム
高野和友(栗東) Wilburn 57kg 社台レースホース
8 10 エンヤラヴフェイス エイシンヒカリ 牡3 R.キングコート チャンピオンズファーム
森田直行(栗東) タイキアプローズ 57kg STレーシング

勝ち馬予想に役立つ!共同通信杯の注目馬分析

ジャンタルマンタル

Palace Malice Curlin Smart Strike
Sherriff’s Deputy
パレスルーマー Royal Anthem
Whisperifyoudare
インディアマントゥアナ Wilburn Bernardini 
Moonlight Sonata
Speed Wagon Tomorrows Cat
Rajica

ジャンタルマンタルは昨年の朝日杯フューチュリティーSの優勝馬で、新馬戦、デイリー杯2歳Sと3連勝中。

ジャンタルマンタルの父は米中距離ダートGⅠ2勝のパレスマリス。米国産の母インディアマントゥアナは米GⅢ勝ちを含む6勝馬。父の半弟は天皇賞春を制したジャスティンパレス。

新馬戦から中1カ月で3連戦。今回は2カ月空けての出走。前走は道中馬群を捌きながらゴール前直線で早め抜け出し。2着馬に0.1秒差に詰め寄られましたが、それでも上りはメンバー中3番目、危なげなく勝利しています。

今回は初の東上。距離1800mは新馬戦で経験済み。ただし、過去10年で朝日杯フューチュリティーS組は2着2回が最高。また本番は皐月賞なので、出走賞金が足りている今回は試走の可能性があります。連下で。

エコロヴァルツ

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere 
プティプランセス キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
クリアーパス A.P. Indy
Masake

エコロヴァルツはこれまで3戦2勝2着1回。7月福島新馬1800m、8月札幌芝1800mOPを連勝。前走朝日杯フューチュリティーSでは4番人気でしたが、メンバー中最速の脚を繰り出し優勝馬ジャンタルマンタルに0.1秒差の2着に詰め寄っています。

エコロヴァルツの父はディープインパクトの全兄ブラックタイド。キングカメハメハ産駒の母プティプランセスは芝中距離の3勝馬。近親に短距離GⅢ2勝のヴェントヴォーチェがいます。

前走は4か月の休養明けで馬体重が+14kg。しかも道中他馬にぶつけられながらメンバー中最速の脚を使っているので根性があります。今回は叩き2戦目。父は本レースと相性の良いサンデーサイレンス系で、ここは重賞勝利を狙っての参戦か。勝ち負け。

ジャスティンミラノ

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
マーゴットディド Exceed And Excel デインヒル
Patrona
Special Dancer Shareef Dancer
Caraniya

ジャスティンミラノは11月東京芝2000m新馬戦を2番人気で優勝。勝ち時計2分2秒、2番手先行で上りはメンバー中2番目の33秒4、2着に0.3秒差を付けての完勝です。

ジャスティンミラノの父はキズナアイルランド産の母マーゴットディドは英国芝短距離GⅠ勝ち他5勝。ジャスティンミラノの半兄のミッションインポッシブルが香港で芝マイルGⅡ勝ちを収めています。ジャスティンミラノは血統内にノーザンダンサーの5×5×5×4の濃いクロスを持ちます。

母系や兄を考えれば距離短縮は歓迎。ただし、過去10年で新馬戦に続き共同通信杯を制したのは2回のみ。どちらも当日の人気が3番人気以内だったので、ジャスティンミラノが該当すれば買いか。連下で。

ショーマンフリート

スワーヴリチャード ハーツクライ サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ピラミマ Unbridled’s Song
キャリアコレクション
スカイフ Siyouni Pivotal
Sichilla
Porza Septieme Ciel
Pupsi

ショーマンフリートはこれまで2戦1勝前走シンザン記念では2番人気に推されましたが、結果は優勝馬ノーブルロジャーから0.6秒差離され5着に惨敗。

ショーマンフリートの父は大阪杯とジャパンカップ勝ちのスワーヴリチャード。フランス産の母スカイフは未勝利馬。母の半兄は豪州中距離GⅠ勝ち他重賞重賞3勝、全7勝のポルニシェがいます。

前走シンザン記念ではゴール前直線で伸び負け。バテてはいませんが、じりじり延びる感じで瞬発力不足を露呈。共同通信杯ではゴール前の坂を上ってから瞬発力勝負になるため、早い脚が使えないショーマンフリートには不利。見送り。

ミスターディー

ドゥラメンテ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
アドマイヤグルーヴ サンデーサイレンス
エアグルーヴ
リッスン Sadler’s Wells Northern Dancer
Fairy Bridge 
Brigid Irish River 
Luv Luvin’ 

ミスターディーはこれまで2戦1勝。前走ホープフルSでは7番人気の低評価でしたが、メンバー中2番目の脚を繰り出し、優勝馬レガレイラから0.5秒差の5着。1、2に着馬から差はありますが、3着馬とは0.1秒差。
ミスタージーティーの父は牡馬クラシック2冠のドゥラメンテ。愛国産の母リッスンは英国マイルGⅠ馬の優勝馬。ミスタージーティーの半姉でディープインパクト産駒のタッチングピーチがローズSを優勝、同半兄のサトノクルースが菊花賞2着。
また母の孫から阪神ジュベナイルフィリーズ優勝のアスコリピチューノを輩出。母系から海外ステークスウィナーが多数出ている良血

2戦共芝2000m戦で、今回は1ハロンの距離短縮。母系はスタミナ豊富で、新馬戦では上り33秒7を使っているため、早い脚も使えます。昨年はホープフルS4着馬のファントムシーフが共闘通信杯を優勝しており、早めに仕掛ければミスターディーにも勝算はあります。連下で。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました