2020年第68回G2神戸新聞杯予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

父同様無敗での牡馬クラッシック三冠を目指すコントレイルが出走。ダービー3着のヴェルトライゼンデ、同5着で京都新聞杯の勝ち馬ディープボンドも登録している2020年の神戸新聞杯。神戸新聞杯出走登録している馬の中から注目馬をピックアップし馬券になるか分析します。

2020年神戸新聞杯の注目馬を分析!

神戸新聞杯の特徴

G2神戸新聞杯は例年であれば阪神競馬場芝外回り2400mで行われる3歳限定の定量戦ですが、今年は京都競馬場改修工事に伴い第2回中京開催7日目に中京芝2200mで行われます。負担重量は牡馬56kg、牝馬54kg。
菊花賞のトライアルレースに指定され、3着までに同レースの優先出走権が与えられます。
JRA所属馬であれば春のクラッシックレース及びNHKマイルカップの2着以内の馬に、セントライト記念への優先出走権が与えられます。
また国際競争に指定され外国調教馬は9頭まで、また地方所属馬は菊花賞出走候補馬3頭に優先出走権が与えられます。
菊花賞と関連の深いレースであり、同じトライアルレースのセントライト記念より多くの菊花賞馬や後のG1馬を輩出する出世レースです。

過去10年の神戸新聞杯入賞馬のデータを見たい方はこちら

2020年神戸新聞杯出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 グランデマーレ ロードカナロア 牡3 藤岡佑介 白老ファーム
藤岡健一 (栗東) ネオユニヴァース 56kg キャロットファーム
1 2 コントレイル ディープインパクト 牡3 福永祐一 ノースヒルズ
矢作芳人 (栗東) Unbridled’s Song 56kg 前田晋二
2 3 ビターエンダー オルフェーヴル 牡3 吉田隼人 桜井牧場
相沢郁 (美浦) Afleet Alex 56kg ヒダカ・ブリーダーズ・U
2 4 レクセランス ディープインパクト 牡3 松山弘平 ノーザンファーム
池添学 (栗東) Champs Elysees 56kg シルクレーシング
3 5 ロバートソンキー ルーラーシップ 牡3 伊藤工真 長浜牧場
林徹 (美浦) サンデーサイレンス 56kg 保坂和孝
3 6 マンオブスピリット ルーラーシップ 牡3 M.デムーロ ノーザンファーム
斉藤崇史 (栗東) サンデーサイレンス 56kg ホシノレーシング
4 7 エンデュミオン ヴィクトワールピサ 牡3 秋山真一郎 谷川牧場
清水久詞 (栗東) ブライアンズタイム 56kg ターフ・スポート
4 8 イロゴトシ ヴァンセンヌ 牡3 小崎綾也 本田土寿
牧田和弥 (栗東) クロフネ 56kg 内田玄祥
5 9 アイアンバローズ オルフェーブル 牡3 北村友一 ノーザンファーム
角居勝彦 (栗東) Royal Anthem 56kg 猪熊広次
5 10 パンサラッサ ロードカナロア 牡3 坂井瑠星 木村秀則
矢作芳人 (栗東) モンジュー 56kg 広尾レース
6 11 ディープボンド キズナ 牡3 和田竜二 村田牧場
大久保龍 (栗東) キングヘイロー 56kg 前田晋二
6 12 メイショウボサツ エピファネイア 牡3 藤岡康太 田中スタッド
西浦勝一 (栗東) マイネルラブ 56kg 松本好雄
7 13 ターキッシュパレス Golden Horn 牡3 富田暁 Godolphin
昆貢 (栗東) ディクタット 56kg ゴドルフィン
7 14 ディープキング ディープインパクト 牡3 岩田望来 社台ファーム
藤原英昭 (栗東) Acatenango 56kg 廣崎利洋HD
7 15 ファルコニア ディープインパクト 牡3 川田将雅 社台ファーム
角居勝彦 (栗東) Hawk Wing 56kg 社台レースホース
8 16 シンボ ベーカバド 牡3 古川吉洋 長浜忠
斉藤正弘 (地方)  ディープインパクト 56kg 龍光
8 17 マイラプソディ ハーツクライ 牡3 武豊 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) Salt Lake 56kg キーファーズ
8 18 ヴェルトライゼンデ ドリームジャーニー 牡3 池添謙一 ノーザンファーム
池江泰寿 (栗東) Acatenango 56kg サンデーサイレンス

勝ち馬予想に役立つ!重賞の注目馬分析

コントレイル

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
ロードクロサイト Unbridled’s Song Unbridled 
Trolley Song 
Folklore  Tiznow 
Contrive 

コントレイルはこれまでホープフルステークス、皐月賞、ダービーとG1を3勝し5戦無敗。しかも5戦すべて上がり最速ライバルで皐月賞では0.1秒差だったサリオスを、ダービーでは05秒差を付けて圧勝し、さらに3着は0.8秒も引き離しえいるので、この世代No1なのは疑う必要はないでしょう。

コントレイルの父はディープインパクト。コントレイルも父と同様に馬格はなく、すらっとした体型。父のピッチが速くしかもスライドが大きい走りを引き継いでいます。コントレイルの母ロードクロサイトは米国G1ブリーダーズカップフィリーズ、メイトロンステークスの勝馬。

母の父はアンブライドルズソングでサンデーサイレンス系と相性が良く、ブルードメサイヤーとしてスペシャルウィーク産駒のトーホウジャッカルが菊花賞、ディープインパクト産駒のダノンプラチナが朝日杯フューチュリティステークス、ハーツクライ産駒のスワーヴリチャードが大阪杯とジャパンカップを制しています。

今回ダービーと同じ距離の2400mで距離は経験済み。メンバーもダービーで負かした相手がほとんど。陣営もディープインパクトの後継種牡馬として無敗で三冠の称号を狙っているはずなので、同斤量ならまず負けないでしょう。

ヴェルトライゼンデ

ドリームジャーニー ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
マンデラ Acatenango  Surumu 
Aggravate 
Mandellicht  Be My Guest 
Mandelauge 

ヴェルトライゼンデはこれまで6戦2勝。ホープフルステークスでコントレイルに2着しており、続くG2スプリングステークでも2着。皐月賞では4番人気も8着と初めて馬券から外れましたが、続くダービーでは10番人気の低評価を覆し3着しています。

ヴェルトライゼンデの父はオルフェーブルの全兄のドリームジャーニー。弟の陰に隠れていますが、ドリームジャーニーも朝日杯フューチュリティステークス、宝塚記念、有馬記念とG1を3勝、ほかにも重賞3勝しておる活躍馬。但し馬体が小さいので繁殖牝馬に恵まれず、これまでJRA重賞勝ち馬はダイヤモンドステークス勝ちのミライヘノツバダのみ。

ヴェルトライゼンデの母マンデラはドイツオークスの3着馬で、重賞2勝。子にディープインパクト産駒で重賞2勝、皐月賞2着になり種牡馬となったワールドエース、菊花賞を制したワールドプレミアがいます。ヴェルトライゼンデはG1でも勝ち負けできる血統です。

今回は父ドリームジャーニーに変わっていますが、ドリームジャーニーは菊花賞で5着、天皇賞春でも3着しており、しかも6歳秋まで力の衰えが無かった晩成血統父、母を考えれば狙いは菊花賞でしょう。

同世代なら能力上位ですが、本来ならセントライト記念を使うところを1週先伸ばししたことはやや不安材料。馬券に入れるかどうかは調教次第。良ければ勝っておいた方が無難です。

ディープボンド

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
ゼフィランサス キングヘイロー ダンシングブレーヴ
グッバイヘイロー
モガミヒメ カコイーシーズ
モガミポイント

ディープボンドはこれまで7戦2勝でG2京都新聞杯の優勝馬皐月賞で18番人気10着後、京都新聞杯、ダービーと強行軍で出走。そのダービーでは5着と気を吐いています。馬体が完成していない3歳春の段階で、2か月で重賞3連戦をこなし結果を出しているのでかなりタフな馬と言えます。

ディープボンドの父はディープインパクト産駒のキズナ。この世代がファーストクロップですが、ここまでで産駒が重賞5勝とディープインパクトの後継種牡馬の中でもトップクラスの成績を誇ります。

母ゼフィランサスはマイラーで旧500万下クラスの条件馬。近親にキングヘイロー産駒で高松宮記念とスプリンターズを制したローレルゲレイロがいるので、基本的に母系はマイラー血統。

ディープボンドが中距離を走るのはキズナの血が濃く出ているためで、血統内にヘイローの4×4の濃いクロスを持っていることからも気の強さが伺えます。キズナは現役時代2400mまでは強い競馬をしていましたが、長距離の天皇賞春では2回とも馬券に絡めませんでした。

父は母系を考えても菊花賞で結果を出すのは難しく、結果を出すならこの神戸新聞杯。とはいえコントレイルに勝てるとは思えず、連下扱いが妥当でしょう。

マイラプソディ

ハーツクライ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well 
アイリッシュダンス トニービン
ビューパーダンス 
マイラプソディ Salt Lake  Deputy Minister 
Take Lady Anne 
Braids and Beads  Capote 
Alydar’s Promise 

マイラプソディはこれまで6戦3勝ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスまで3連勝を飾ったことからクラッシックの有力候補に目されました。しかし、近年クラッシックの登竜門となっている共同通信杯では4着、皐月賞13着、ダービーで9着と春は不甲斐ない結果に。

マイラプソディの父はハーツクライ母テディーズプロミスは米ダート短距離G1ラブレアステークスなど11勝を挙げた活躍馬。母の父ソルトレイクもダートの短距離馬で、産駒は早熟傾向。

京都2歳ステークスまで3連勝を飾ったと言ってもまだ有力どころが本格始動してい時期でのもので、2着だったミヤマザクラも桜花賞で5着、オークスで7着。そのため、相手が弱かったと言えなくもありません。

父ハーツクライは長距離向きも、母系は明らかに短距離志向2歳時は素質で走れても、現状は他馬の成長や力関係を加味しても2400mの距離はやや長いと考えられます。人気が出ても馬券に絡む確率はかなり低いと判断します。

グランデマーレ

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
グランデアモーレ ネオユニヴァース サンデーサイレンス
ポインテッドパス
ヒカルアモーレ クロフネ
グレイトフィーヴァー

グランデマーレは2戦2勝。2歳時に中山芝2000mの葉牡丹賞を好時計で勝ったことからクラッシックを期待されましたが、レース後骨折が判明し春を棒に振っています

グランデマーレの父は短距離馬のロードカナロア 予想に役立つ成績・血統・産駒の特徴を解説。母は旧1000万下クラスを卒業し4勝をあげていますが、勝ち鞍は1500m以下なので短めのマイラー。母の父は皐月賞、ダービーを勝ったネオユニヴァースなので、グランデマーレはネオユニヴァースの血の影響が強いと判断できます。

2歳時に2戦2勝とはいえ、まだ素質で勝てる段階。実際に強い相手と戦っているわけではありません。10か月休養しているので馬体は成長しているでしょうが、調教で好時計を出し合としてもレースについて来られるかは疑問。今回は見送りが正解でしょう。

エンデュオン

ヴィクトワールピサ ネオユニヴァース サンデーサイレンス
ポインテッドパス 
ホワイトウォーターアフェア Machiavellian 
Much Too Risky 
ヒラボクビジン ブライアンズタイム Roberto
Kelley’s Day
オリジナルスピン Machiavellian
Not Before Time

エンデュオンはこれまで9戦2勝2着2回3着2回。春はG2弥生賞に挑戦していますが、優勝馬サトノフラッグに1秒離され7着。その後レースを覚えたようで夏のローカルで2勝目を挙げ、前走2勝クラスの新潟2200mを古馬相手に1番人気で首差2着と好走しています。

エンデュオンの父はサンデーサイレンス系種牡馬で皐月賞・有馬記念・ドバイワールドカップとG1を3勝したヴィクトワールピサ。母ヒラボクビジンはダート路線で1000万下クラスまで4勝を挙げ、母の半弟にダート重賞6勝のインカンテーションがいます。

血統内にマキャベリアンの3×3、ヘイローの4×5×5の非常に濃いクロスを持っており、ハマれば一発を感じさせる内容。母の父がブライアンズタイムなので距離はもっと伸びた方が良いイメージです。

前走今回の中京コースと似た左回りで直線が長い新潟コースで、メンバー最速の上がりを繰り出しています。人気薄ですが、上位陣が崩れる展開なら突っ込んでくる可能性があります。連下で。

ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました