2020年第54回G2京都大賞典予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

菊花賞馬のキセキ、香港ヴァーズ優勝のグローリーヴェイズが出走登録している2020年の京都大賞典。京都大賞典に出走登録している馬の中から注目馬をピックアップし馬券になるか分析します。

2020年京都大賞典の注目馬を分析!

京都大賞典の特徴

京都大賞典は第4回京都開催2日目に行われる3歳以上芝2400mで行われる別定戦です。

負担重量は3歳牡・騙馬53kg、同牝馬51kg、4歳以上牡・騙馬56kg、同牝馬54kg。過去の重賞勝利実績によって負担重量が加算され、1年以内のG1勝利馬2kg増、同牝馬G1及び牝馬検定を除くG2勝利馬1kg増。1年以上前のG1勝利馬1kg増(2歳時G1を除く)。

国際競争に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。JRA所属馬にとって京都大賞典は天皇賞秋のステップレースになっており、優勝馬には天皇賞秋への優先出走権が与えられます。

また地方所属馬には天皇賞秋、およびエリザベス女王杯へのステップレースに指定され、天皇賞秋は出走候補馬2頭まで、エリザベス女王杯は同3頭まで優先出走権が与えられ、京都大賞典で2着以内に入ればそれぞれのレースへの優先出走権が与えられます。

過去のG1勝利馬には負担重量が少なくて済み、天皇賞秋、およびジャパンカップを目指す有力馬が多数出走するレースで、過去の優勝馬もG1馬が多数を占めます。

過去10年の京都大賞典入賞馬のデータを見たい方はこちら

2020年京都大賞典出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ダンビュライト ルーラーシップ 騙4 松若風馬 ノーザンファーム
音無秀孝 (栗東) サンデーサイレンス 56kg サンデーレーシング
1 2 キセキ ルーラーシップ 牡6 浜中俊 下河辺牧場
角居勝彦 (栗東) ディープインパクト 57kg 石川達絵
2 3 シルヴァンシャー ディープインパクト 牡5 北村友一 ノーザンファーム
池江泰寿 (栗東) ジェイドハンター 56kg サンデーレーシング
2 4 タイセイトレイル ハーツクライ 牡5 川須栄彦 ノーザンファーム
矢作芳人 (栗東) シンボリクエスエス 56kg 田中成奉
3 5 ノーブルマーズ ジャングルポケット 牡7 高倉稜 タガミファーム
宮本博 (栗東) Silver Hawk 56kg 吉木伸彦
3 6 ステイフーリッシュ ステイゴールド 牡5 藤岡佑介 社台ファーム
矢作芳人 (栗東) キングカメハメハ 56kg 社台レースホース
4 7 リッジマン スウェプトオーヴァーボード 牡7 古川吉洋 辻牧場
庄野靖志 (栗東) Caerleon 56kg 辻牧場
4 8 カセドラルベル ハーツクライ 牝4 松山弘平 ノーザンファーム
西村真幸 (栗東) シンボリクリスエス 54kg 吉田勝己
5 9 モンドインテロ ディープインパクト 牡8 嶋田純次 ノーザンファーム
手塚貴久 (美浦) ブライアンズタイム 57kg シルクレーシング
5 10 アルバート アドマイヤドン 牡9 岩田康誠 ノーザンファーム
橋口慎介 (栗東) ダンスインザダーク 56kg 林正道
6 11 バイオスパーク オルフェーブル 牡5 和田竜二 小島牧場
浜田多実 (栗東) マイネルラヴ 56kg 宮田直也
6 12 ドゥオーモ キングズベスト 牡7 藤岡康太 藤原牧場
野中賢二 (栗東) マンハッタンカフェ 56kg 広尾レース
7 13 グローリーヴェイズ ディープインパクト 牡5 川田将雅 レイクヴィラファーム
尾関知人 (美浦) スウェプトオーヴァーボード 58kg シルクレーシング
7 14 アイスバブル ディープインパクト 牡5 幸英明 ノーザンファーム
池江泰寿 (栗東) キングカメハメハ 56kg 金子真人H
8 15 パフォーマプロミス ステイゴールド 牡8 福永祐一 ノーザンファーム
藤原英昭 (栗東) タニノギムレット 56kg サンデーレーシング
8 16 ミスマンマミーア ダニノギムレット 牝5 池添謙一 新生ファーム
寺島良 (栗東) サンデーサイレンス 54 吉田勝利
8 17 キングオブコージ ロードカナロア 牡4 横山典弘 白老ファーム
安田翔伍 (栗東) Galileo 56kg 増田和啓

勝ち馬予想に役立つ!京都大賞典の注目馬分析

キセキ

ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール
ブリッツフィナーレ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ロンドンブリッジ ドクターデヴィアス
オールフォーロンドン 

キセキは2017年度の菊花賞馬。これまで23戦4勝2着5回3着5回ですが、実は重賞勝ちは菊花賞のみ。しかし国内G1では菊花賞以外に5回も馬券に絡んでおり、前走の宝塚記念でも2着。勝ち馬クロノジェネシスに6馬身離されましたが、3着は5馬身も引き離しています。

キセキの父はルーラーシップ。母キブリッツフィナーレは未出走も、祖母ロンドンブリッジからオークス馬ダイワエルシエーロ、アーリントンカップを勝ったビッグプラネット、中京記念を勝ったグレーターロンドンが出ており、活力のある母系です。

菊花賞馬なのでステイヤーに見られますが、母系から考えても基本的に中から中長距離馬京都大賞典の距離は適鞍です。奇跡の場合相手より自分との戦いで、レース中父譲りの激しすぎる気性をどう抑えるかがカギ前走宝塚記念での好走はぬかるんだ馬場のため馬自身が慎重に走った結果です。

基礎能力はルーラーシップ譲りで恐ろしく高いので、パドックや返し馬で落ち着いていれば買い。

グローリーヴェイズ

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
メジロツボネ スウェプトオーヴァーボード エンドスウィープ 
Sheer Ice 
メジロルバート メジロライアン 
メジロラモーヌ

グローリーヴェイズは昨年の国際G1香港ヴァーズの優勝馬同レースでは大阪杯優勝馬のラッキーライラックに3馬身以上の差を付けて圧勝しています。また昨年京都大賞典と同じ距離の日経新春杯を勝ち、天皇賞春でも2着します。

グローリーヴェイズの父はディープインパクト。長く切れ味のある脚は父譲り。母メジロツボネは父スウェプトオーヴァーボード産駒の短距離馬で条件戦を4勝。遡るとJRA初の牝馬三冠を成し遂げたメジロラモーヌにたどり着きます。

グローリーヴェイズの母の父スウェプトオーヴァーボードは短距離系種牡馬で産駒はほとんど短距離馬すが、ブルードメサイアーでは短距離馬の影響がほぼなくなります。

グローリーヴェイズは昨年の京都大賞典では1番人気も6着に敗れています。ディープインパクト産駒にしては珍しく叩き良化型のようで、きさらぎ賞から3か月空いた京都新聞杯では5着。天皇賞春から5カ月空いた京都大賞典では6着ただし叩いた次のレースでは優勝しています。

目標は自走の天皇賞かジャパンカップと思われるので、ここはたたき台の可能性が大。連軸で考えると危険。能力は高いので連下として馬券に組み込むのが妥当でしょう。

キングオブコージ

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
ファイノメナ Galileo Sadler’s Wells
アーバンシー
Caumshinaun Indian Ridge
Ridge Pool

キングオブコージはこれまで13戦5勝今年に入り4連勝で前走G2目黒記念を制した昇り馬です。

キングオブコージの父は短距離馬のロードカナロア。ただし距離適性は母系の影響力を比較的強く受ける種牡馬です。キングオブコージの母ファイノナメは海外で2勝。

しかし近親にライルランド1000ギニー勝ちのナイトタイム、マンノウォーステークス馬のジューコヴァ、バーデン大賞他G1を4勝したガイヤースがいる活力ある母系の出身です。

母の父がアイルランドダービーをはじめ2400mG1を3勝したガリレオなので、距離適性は母系から。ノーザンダンサー、ミスタープロスペクター、ストームバードの4×5のクロスを持っており、非常にスケールが大きな血統です。

前走はハンデキャップ競走で54kgの軽ハンデを活かした勝利でした。しかし、今回は他馬より1kg重い57kgでの出走。前走で対戦し今回も出走するステイフーリッシュは57.5kgを背負い0.1秒差でしかなかったので、今回は時計上0.6秒差をつけられ逆転されます。抑えまでの評価です。

ステイフーリッシュ

ステイゴールド サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ゴールドサッシュ ディクタス 
ダイナサッシュ 
カウアイレーン キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
シルバーレーン Silver Hawk 
Strait Lane 

ステイフーリッシュはこれまで21戦2勝新馬戦以外全て重賞を走っています。重賞勝ちは京都新聞杯のみですが、12戦で馬券に絡んでいるので2回に1回は馬券になる馬主孝行の馬です。

ステイフーリッシュの父はステイゴールド。母カウアイレーンはマイル戦のみで5勝しオープン勝ちもある活躍馬。祖母シルバーレーンからスプリンターズステークスと安田記念を勝ったブラックホーク、NHKマイルカップ勝ちのピンクカメオが出ており、基本的にマイラー血統。

ステイフーフィッシュが過去のレースで馬券に絡んでいたのは2000~2200mでしたが、前走2500mの目黒記念でトップハンデを背負い0.1秒差3着と好走できたのは好材料。京都大賞典では距離が100m短縮される上、ハンデも56kgと前走より1.5kgも軽くなるなど有利な条件が揃います。

ステイフーリッシュは2、3着になる確率が高く、単勝は狙はず紐として2、3着付けして馬券に組み込んだ方が無難です。

パフォーマプロミス

ステイゴールド サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ゴールデンサッシュ ディクタス 
ダイナサッシュ 
アイルビーバウンド タニノギムレット ブライアンズタイム
タニノクリスタル
バウンドトゥダンス Northern Dancer
Truly Bound

パフォーマプロミスはこれまで19戦8勝で日経新春杯、アルゼンチン共和国杯、鳴尾記念と重賞3勝。昨年の天皇賞春でも3着しています。体質が弱く本格化したのは5歳秋と遅く、8歳馬ですが数を使っていないため実年齢より筋肉の質は若いと考えられます。

パフォーマプロミスの父はステイゴールド。ステイゴールド産駒は晩成で、気力で走るので高齢馬でも力の衰えがあまりありません。母アイルビーバウンドは2勝馬ですが、母の半姉にオークス馬シルクプリマドンナ、北海道2歳優駿のモエレアドミラルがいるか強くのある牝系です。

前走鳴尾記念では骨折で1年以上の休養明けにもかかわらず、単勝1.8倍の圧倒的な人気だったオークス馬ラヴズオンリーユーを差し切るレースをしているようにポン掛けするタイプ。パフォーマプロミスの年齢からも考えても1戦1戦が勝負と考えられ、今回もきっちり仕上げてくるでしょう。

G2を2勝している実績からも、人気が無いようなら連軸で妙味がある馬です。

ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました