2020年第56回G3福島記念予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

函館記念を勝ったアドマイヤジャスタ、福島牝馬ステークスなど重賞3勝のデンコウアンジュが出走登録している2020年の福島記念。福島記念登録馬の中から注目馬をピックアップし、馬券になるか分析します。

2020年福島記念の注目馬を分析!

福島記念の特徴

G3福島記念は第3回福島開催6日目に行われる3歳以上芝2000mのハンデキャップ戦です。国際競走に指定され、外国調教馬は8頭まで優先出走権が与えられます。また特別指定交流競走に指定され、地方所属馬は2頭まで登録可能です。

過去10年の福島記念入賞馬のデータを見たい方はこちら

2020年福島記念出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ロードクエスト マツリダゴッホ 牡7 西村淳也 様似堀牧場
小島茂之 (美浦) チーフベアハート 56kg ロードホースクラブ
1 2 トーラスジェミニ  キングズベスト 牡4 木幡郁也 川上牧場
長谷川浩 (栗東) マンハッタンカフェ 56kg 柴原榮
2 3 バイオスパーク オルフェーブル 牡5 池添謙一 小島牧場
浜田多実 (栗東) マイネルラヴ 55kg 宮田直也
2 4 レッドアネモス ヴェクトワールピサ 牝4 吉田隼人 社台ファーム
友道康夫 (栗東) サクラバクシンオー 55kg 東京ホースレーシング
3 5 ワセダインブルー ハービンジャー  牡5 大野拓弥 社台ファーム
池上昌和 (美浦) アグネスタキオン 57kg 大冨智弘
3 6 アドマヤジャスタ ジャスタウェイ 牡4 富田暁 ノーザンファーム
須貝尚介 (栗東) エリシオ 56kg 近藤旬子
4 7 テリトーリアル Teofilo 牡6 石川裕紀人 ダーレー・ジャパン・F
西浦勝一 (栗東) Street Cry 56.5kg ゴドルフィン
4 8 マイネルハニー マツリダゴッホ 牡7 宮崎北斗 高昭牧場
栗田徹 (美浦) ナリタブライアン 55kg TC・ラフィアン
5 9 ヴァンケドミンゴ ルーラーシップ 牡4 酒井学 斉藤安行
藤岡健一 (栗東) アグネスタキオン 55kg 幅田昌伸
5 10 マイネルファロン ステイゴールド 牡5 藤井勘一郎 ビッグレッドファーム
手塚貴久 (美浦) ロージズインメイ 55kg TC・ラフィアン
6 11 ウインイクシード マンハッタンカフェ 牡6 松岡正海 コスモヴューファーム
鈴木伸尋 (美浦) ボストンハーバー 56kg ウィン
6 12 マイネルサーパス アイルハヴアナザー 牡4 丹内祐次 TR・ラフィアン
高木登 (美浦) タマモクロス 56.5kg ビッグレッドファーム
7 13 デンコウアンジュ メイショウサムソン  牝7 柴田善臣 磯野牧場
荒川義之(栗東) マリエンバード 56kg 田中康弘
7 14 ソロフレーズ ディープスカイ 牡5 え駄輝夫 ダーレー・ジャパン・F
栗田徹 (美浦) Pivotal 53kg ゴドルフィン
8 15 ドゥオーモ キングズベスト 牡7 藤岡康太 藤原牧場
野中賢二 (栗東) マンハッタンカフェ 53kg 広尾レース
8 16 レッドローゼス ステイゴールド 牡6 勝浦正樹 坂東牧場
国枝栄 (美浦) Galileo 55kg 東京ホースレーシング

勝ち馬予想に役立つ!福島記念の注目馬分析

ヴァンケドミンゴ

ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール
アンフィルージュ アグネスタキオン サンデーサイレンス
ダイナカール
ウメノファイバー サクラユタカオー
ウメノローザ

ヴァンケドミンゴはこれまで18戦4勝2着1回3着3回。これまで重賞勝ちはありませんが、福島コースに限れば5戦4勝3着1回福島記念と同じコースの七夕賞で3着しているように福島コースが得意です。

ヴァンケドミンゴの父はルーラーシップ。母アンフィルージュは短距離の4勝馬。祖母はオークス馬のウメノファイバーで、ヴァンケドミンゴの全兄サンリヴァルは皐月賞で2着しているので、ルーラーシップの影響が強いと考えられます。

前走リミテッドクラスの京都芝1800mカシオペアステークスで0.2秒差3着、メンバー中上がり最速と調子を上げてきており、ここに来て晩成型のルーラーシップの成長力が発揮されている感じです。

今回七夕賞3着だった時より2kg重い56kgを背負いますが、3勝クラスの福島芝2000mで57kgを背負い勝っているので問題ないでしょう。小回りコース向きの瞬発力に秀でた馬なので、後は枠順がカギ芝の良い外目を走れる外枠に入れば勝ち負け。

デンコウアンジュ

メイショウサムソン オペラハウス Sadler’s Wells
Colorspin 
マイヴィヴィアン ダンシングブレーヴ
ウイルプリンセス 
デンコウラッキー マリエンバード Caerleon
マリエンバド 
メイショウユリヒメ サンデーサイレンス
トウホーダイヤ 

デンコウアンジュはこれまで34戦4勝で、アルテミスステークス、福島牝馬ステークス、愛知杯と重賞3勝。4歳時にヴィクトリアマイルで11番人気2着と大穴を開けた実績があります。重賞では人気薄で馬券に絡むことが多いのが特徴。

デンコウアンジュの父はクラッシク2冠、春秋天皇賞を制したメイショウサムソン。母デンコウラッキーは短距離の1勝馬なので、デンコウアンジュの距離やコース適性は父系から。

メイショウサムソン産駒はスピードや切れる脚が無い代わりに、不良馬場や荒れ馬場でタフに走るのが特徴。デンコウアンジュも好走しているのは中山や福島などパワーが必要で直線が短いコースです。

今回得意な福島コースとはいえ、牝馬で56kgと実質トップハンデを背負い6カ月の休養明け。既に8歳の秋とピークを過ぎており、牝馬であれば引退していても良い年齢です。冬場に良績が集中していても、上がり目も厳しく今回は馬券を見送りにした方が良いでしょう。

パンサラッサ

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
ミスペンバリー モンジュー Sadler’s Wells 
Floripedes 
Stitching ハイエステイト
Itching 

パンサラッサはこれまで11戦2勝2着3回重賞勝ちはありませんが、福島で行われるラジオNIKKEI賞で2着、前走のリミテッドクラスのオクトーバーステークスで2着しており、3歳馬ながら古馬オープンクラスの実力はあります。

パンサラッサの父はロードカナロア。母ミスペンバリーは未勝利馬。パンサラッサの半兄にディープインパクト産駒で青葉賞2着のエタンダール、同京成杯オータムハンデキャップ2着のディメシオンがいるように、兄弟も重賞ではいまいち勝ち切れていません。

パンサラッサ母の父がサドラーズウェルズ系のモンジューなので、軽い日本の芝は不向きか。実際パンサラッサが好走しているのは稍重~不良馬場です。そのため芝の回復が見込まれない荒れた馬場で行われる福島記念はパンサラッサにはプラス材料。

また今回は前走や2着に入ったラジオNIKKEI賞より1kg軽い53kgで出走できるのも有利です。勝ち切りまではどうかも、馬券は抑えておいた方が良いでしょう。

アドマイヤジャスタ

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
ミスペンバリー モンジュー Sadler’s Wells 
Floripedes 
Stitching ハイエステイト
Itching 

アドマイヤジャスタはこれまで15戦3勝2着3回。2歳時にホープフルステークスで2番人気2着していますが、続くリミテッドクラスのすみれステークスで2着してから馬券に絡むことはなく、前々走のハンデキャップ戦の函館記念でようやく念願の重賞初制覇初制覇を果たしています。

アドマイヤジャスタの父はジャスタウェイ。母アドマイヤテレサはマイル戦を中心に4勝を挙げた条件馬。アドマイヤジャスタの半兄にハーツクライを父に持つアドマイヤラクティが豪G1コーフィールドカップを勝っているように、血の底力はあります。

父ジャスタウェイが本格化したのは4歳秋からなので、アドマイヤジャスタもまだこれからの馬か。前走の札幌記念では優勝馬に1.2秒離され10着でしたが、上りはメンバー中3番手だったので、力が足りなかったわけではありません。

直線が短い函館記念を勝ち、中山のホープフルステークスでも2着していますが、父がジャスタウェイであることを考えれば本来のびのび走れる大回りコースが得意と思われ、小回りコースの福島では脚を余す可能性があります。抑えまで。

マイネルサーパス

アイルハヴアナザー Flower Alley  Distorted Humor 
プリンセスオリビア 
Arch’s Gal Edith  Arch 
Force Five Gal 
マイネアクティース タマモクロス シービークロス
グリーンシャトー
ヒカルダンサー ナイスダンサー
タケミアロー

マイネルサーパスはこれまで17戦4勝2着3回3着1回。既にリミテッドクラスを2勝しており、中1回が福島芝2000mでのもの。福島コースは得意で4戦2勝2着1回、昨年のラジオNIKKEI賞でも2着しています。

マイネルサーパスの父は米国クラッシック2冠馬でG1を3勝したアイルハヴアナザー。日本で走っている産駒はダート馬か、力の要る洋芝や重が得意な馬力型の馬がほとんど。母マイネアクティースは3勝馬で、祖母ヒカルダンサーは重賞勝ちを含む5勝の活躍馬です。

マイネルサーパスの母系はタマモクロスやナイスダンサー、アローエクスプレスなどヘイルトゥリーズン系が導入される以前に日本で活躍した種牡馬を重ねられ、近年のスピード競馬には対応できない印象です。そのためマイネルサーパスが良績を挙げているのは馬場が悪化した時

2走前に重馬場の七夕賞で1.1秒差11着と大敗していますが、内枠に入り先行せざるを得なかったため。本来は差し馬なので外枠には入れれば好走できる余地があります。馬券は枠順次第で、馬場の良い外目を走れる外枠に入れば買い。

ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました