2021年第26回G3マーメイドステークス予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年マーメイドステークスの注目馬を分析!

マーメイドステークスの特徴

G3マーメイドステークスは第3回阪神開催2日目に行われる芝2000mの3歳以上牝馬限定ハンデキャップ戦です。国際競走に指定され、外国調教馬は8頭まで優先出走でき、地方競馬所属馬は2頭まで出走可能です。

牝馬限定戦ではG1のオークス、秋華賞、エリザベス女王杯を除き数少ない中距離重賞です。秋のエリザベス女王杯出走へ向け有力馬が夏を休養に当てメンバーが手薄な内に賞金を加算したい牝馬が多く出走します。

↓過去10年のマーメイドステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年マーメイドステークス出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 シャムロックヒル キズナ 牝4 藤懸貴志 社台ファーム
佐々木晶 (栗東) Tapit 50kg 社台レースホース
1 2 アブレイズ キズナ 牝4 浜中俊 ノースヒルズ
池江泰寿 (栗東) ジャングルポケット 56kg 前田幸貴
2 3 ホウオウエミーズ ロードカナロア 牝4 丸田恭介 社台ファーム
 池上昌和 (美浦) アグネスタキオン 50kg 小笹芳央
2 4 カセドラルベル ハーツクライ 牝5 和田竜二 ノーザンファーム
西村真幸 (栗東) シンボリクリスエス 54kg 吉田勝己
3 5 シャドウディーヴァ ハーツクライ 牝5 福永祐一 ノーザンファーム
斎藤誠 (美浦) Dansili 55kg スリーエイチレーシング
3 6 フィリアプーラ ハービンジャー  牝5 菊沢一樹 ノーザンファーム
菊沢隆徳(美浦) サンデーサイレンス 54kg キャロットファーム
4 7 レッドベルディエス ディープインパクト 牝5 幸英明 ノーザンファーム
鹿戸雄一 (美浦) Unbridled’s Song 53kg 東京ホースレーシング
4 8 ソフトフルート ディープインパクト 牝4 横山和生 ダーレー・ジャパン・F
松田国英 (栗東) Kingmambo 54kg ゴドルフィン
5 9 イズジョーノキセ ハーツクライ 牝4 西村淳也 沖田哲夫
中内田充 (栗東) キングカメハメハ 52kg 泉一郎
5 10 キングスタイル ディープインパクト 牝4 高倉稜 藤原牧場
矢作芳人 (栗東) タイキシャトル 50kg 廣崎利洋HD
6 11 パッシングスルー ルーラーシップ 牝5 荻野極 ノーザンファーム
黒岩陽一 (美浦) クロフネ 54kg キャロットファーム
6 12 アンドラステ オルフェーヴル 牝5 岩田望来 社台ファーム
中内田充 (栗東) Dynaformer 55kg 白老ファーム
7 13 クラヴェル エピファネイア 牝4 横山典弘 ノーザンファーム
安田翔伍 (栗東) キングカメハメハ 51kg キャロットファーム
7 14 サンクテュエール ディープインパクト 牝4 川田将雅 ノーザンファーム
藤沢和雄 (美浦) Canadian Frontier 55kg キャロットファーム
8 15 ミスニューヨーク キングズベスト 牝5 加藤祥太 高昭牧場
杉山晴紀 (栗東) マンハッタンカフェ 53kg 高昭牧場
8 16 アッシェンプッテル バトルライン 牝4 太宰啓介 フジワラファーム
奥村豊 (栗東) ダンスインザダーク 54kg フジワラ・ファーム

勝ち馬予想に役立つ!マーメイドステークスの注目馬分析

ソフトフルート  

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere 
ストロベリーフェア Kingmambo Mr.Prospector 
Miesque 
ストームソング Summer Squall
Hum Along

ソフトフルートはこれまで14戦4勝3着3回昨年の秋華賞では抽選で出走して3着に好走。次走のエリザベス女王杯でも、同世代ではウインマリリンに次ぐ6着を確保。年末から約4ヵ月休養し、2走目で3勝クラスの中京芝2000mを勝ち抜き晴れてオープン入り。 

ソフトフルートの父はディープインパクト母ストロベリーフェアはキングマンボ産駒の未勝利馬も、祖母ストームソングはブリダーズカップジュヴェナイルフィリーズ他G1を2勝半姉から愛国セントレンジャーなど長距離G1を3勝他全11勝のオーダーオブセントジョージが出ています。

またソフトフルートの半姉にタニノギムレット産駒のミッドサマーフェアがフローラステークス勝ちと底力がある母系。14戦中11戦で上り3番手以内と末脚は父譲り前走もメンバー中上り最速です。

今回は前走より1kg軽い54kgで出走できるのは有利。叩き3戦目でさらなる上昇も見込めます。勝ち負け。

アカイイト

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
ウアジェト シンボリクリスエス Kris S.
Tee Kay
リーチトゥピース Mud Route
Waki Betty

アカイイトはこれまで17戦3勝2着4回3着1回新馬戦以外は2000mを中心に使われ17戦中16戦でメンバー中上り3番手以内、内11戦で上り最速と末脚勝負の馬前走3勝クラスで1番人気でしたが、ソフトフルートに切れ負けし0.1秒差2着に惜敗

アカイイトの父はキズナ。シンボリクリスエス産駒の母ウアジェトは中距離の2勝馬。近親にこれといった活躍馬はいません。

今回は前走より3kgも軽い52kgでの出走。前走0.1秒差で優勝したソフトフルートとは今回2kgのハンデ差。計算上0.3秒差で逆転できます。またキズナ産駒は父ディープインパクトに比べパワフル。力のいる今の阪神の馬場も合います。対抗。

シャドウディーヴァ

ハーツクライ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well 
アイリッシュダンス トニービン
ビューパーダンス 
ダイヤモンドディーバ Dansili  デインヒル 
Hasili 
Vivianna  Indian Ridge 
Kundalini 

シャドウディーヴァはこれまで22戦2勝2着5回3着2回重賞15戦して勝ち星は有りませんが、フローラステークス、府中牝馬ステークスで2着、東京新聞杯では一昨年2着、今年3着東京が得意

シャドウディーヴァの父はハーツクライ。母ダイヤモンドディーハは海外で重賞2勝を含む6勝。近親にこれといった活躍馬はいません。

守備範囲は1600~2000mも、良績がゴール前直線の長い東京コースに偏りがあるのはハーツクライ産駒でスライド走法だから。加速まで時間が掛かるため、阪神内回りで直線の短いマーメイドステークスはプラスではありません。また前走より斤量が1kg増えるのもマイナス今回は見送り。

サンクテュエール

ディープインパクト ディープインパクト Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
ヒルダズパッション Canadian Frontier  Gone West 
Borodislew 
Executricker  El Prado 
Trick Trick 

サンクテュエールは昨年のシンザン記念の優勝馬で、これまで8戦2勝2着1回3着1回。新馬戦以外は全て重賞で、アルテミスステークスで2着前走の福島牝馬ステークスでは10番人気で3着し、久々に掲示板を確保。

サンクテュエールの父はディープインパクト母ヒルダズパッションは米国産で米ダート短距離G1他8勝を挙げた活躍馬。サンクテュエールの半兄にハーツクライ産駒のヨシダが米芝・ダート1800mG1で2勝を挙げていいます。

もともとシンザン記念を勝っているようにもともと素質のある馬。前走受賞で3着は昨年末のターコイズステークスで14着惨敗後に5か月の休養が功を奏した格好。休み明けで勝ち負けしているように底力があります。ひと叩きして上昇が見込めるものの、前走より1kg増で相殺される形。連下でまで。

アブレイズ

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
ルシュクル サクラバクシンオー サクラユタカオー
サクラハゴロモ
アジアンミーティア Unbridled 
Trolley Song 

アブレイズはこれまで9戦3勝新馬戦、フラワーカップを連勝オークスまで駒を進めましたが17着のブービー負け。その後、重賞を5戦するも掲示板に載ったのは1回だけ。前走東京芝1800mオープン戦で久々に優勝しています。

アブレイズの父はキズナ。ジャングルポケット産駒の母エディンは中距離の5勝馬。近親にあるアルゼンチン共和国杯、京都記念とG2を2勝したトレイルブレイザーがいます。

前走、前々走とメンバー中上り最速、33秒台の末脚をマークし、ここにきて父キズナの良さが開花か。ただし、重賞優勝歴と前走のオープン勝ちがあるとはいえトップハンデの56kg、前走より2kgも斤量を背負うのは見込まれすぎ。今回は見送り。

ロータスタッド

Point of Entry Dynaformer Roberto
Andover Way
Matlacha Pass Seeking the Gold
Our Country Place
Little Miss Muffet Scat Daddy ヨハネスブルグ
Love Style
Jenna S. Kris S.
Shapiro’s Mistress

ロータスタッドはこれまで7戦3勝2着3回連を外しているのは2歳時に参戦した阪神ジュベナイルフィリーズのみこのレース以外はメンバー中上り3番手以内を常にキープしています。

ロータスタッドの父ポイントオブエントリーは米国中距離G1を5勝。母リトルミスマフェットは米国産の2勝馬。近親にこれといった活躍馬はいません。血統内にロベルトの3×4、ミスタープロスペクターの4×4の濃いクロスを持ちパワーを感じさせる構成。

まだ3勝クラスも、前走負かした相手は3勝クラスを勝ち上がりオープンクラス入り底を見せていない魅力があります。さらに前走より3kg軽い52kgで出走できるのはプラス人気が無いなら単穴で。

アンドラステ

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
ヴァリディオル Dynaformer Roberto
Andover Way
ヴァレラ Monsun
Val d’Etoile

アンドラステはこれまで10戦4勝2着2回3着2回。重賞は4戦し、昨年のエプソムカップで4着関屋記念と京成杯オータムハンデで1番人気に推され、3着10着の成績。前走ターコイズステークスでは3番人気も、優勝馬スマイルカナにタイム差無しハナ差2着しています。

アンドラステの父はオルフェーヴル。母ヴァリディオルは未勝利馬も、祖母ヴァレラはドイツで中距離G3を2勝しています。母の父ダイナフォーマーはロベルト系で、日本で種牡馬として成功しているブライアンズタイムとは血縁関係。

アンドラステは10戦中7戦でメンバー中上がり3番手以内当初は先行馬でしたが3勝クラスから脚質を差しに転向しています。過去に稍重や重馬場でも優勝し、上がり最速をマークしているようにパワーも兼ね添えています。

父がパワーのあるオルフェーヴルなので力のいる今の阪神はプラス前走より1kg重いハンデを背負いますが、牝馬限定重賞を転戦する馬が多い中で牡馬とやりあって掲示板に載っている本馬は牝馬同士なら一枚上連下で。

↓ここをクリックすると他のレースの【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました