2021年第55回G2京都大賞典予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年京都大賞典の注目馬を分析!

京都大賞典の特徴

2021年のG2京都大賞典は第4回阪神開催2日目に3歳以上芝2400mの別定戦で行われます。本来であれば京都競馬場で開催されますが、同競馬場改修工事に伴い阪神競馬場で代替開催されます。

負担重量は3歳牡・騙馬53kg、同牝馬51kg、4歳以上牡・騙馬56kg、同牝馬54kg。過去の重賞勝利実績で負担重量が加算され、1年以内のG1勝利馬2kg増、同牝馬G1及び牝馬検定を除くG2勝利馬1kg増。1年以上前のG1勝利馬1kg増(2歳時G1を除く)。

京都大賞典は国際競走に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。

JRA所属馬は京都大賞典は天皇賞秋のステップレースに指定され、優勝馬には同レースへの優先出走権が与えられます。

また地方所属馬には天皇賞秋、およびエリザベス女王杯へのステップレースに指定され、天皇賞秋は出走候補馬2頭まで、エリザベス女王杯は同3頭まで優先出走権が与えられ、京都大賞典で2着以内に入ればそれぞれのレースへの優先出走権が与えられます。

別定戦で過去のG1勝利馬は負担重量が少なくて済むため、天皇賞秋、およびジャパンカップを目指す有力馬が多数出走するレースで、過去の優勝馬もG1馬が多数を占めます。

↓過去10年の京都大賞典入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年京都大賞典出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 アイアンバローズ オルフェーブル 牡4 岩田望来 ノーザンファーム
角居勝彦 (栗東) Royal Anthem 56kg 猪熊広次
2 2 ベレヌス タートルボウル 牡4 斎藤新 ノーザンファーム
戸田博文 (美浦) デュランダル 56 キャロットファーム
3 3 ステイフーリッシュ ステイゴールド 川須栄彦 社台ファーム
矢作芳人 (栗東) キングカメハメハ 56kg 社台レースホース
3 4 モズベッロ ディープブリランテ 牡5 池添謙一 村田牧場
森田直行 (栗東) Harlan’s Holiday 56kg キャピタル・システム
4 5 ムイトオブリガード  ルーラーシップ 牡7 藤岡佑介 ノーザンファーム
角田晃一 (栗東) サンデーサイレンス 56kg 市川義美H
4 6 ヒュミドール   オルフェーヴル 騙5 幸英明 宮内牧場
小手川準 (美浦) チチカステナンゴ 56kg サンライズ
5 7 ダンビュライト ルーラーシップ 騙4 松若風馬 ノーザンファーム
音無秀孝 (栗東) サンデーサイレンス 56kg サンデーレーシング
5 8 マカヒキ ディープインパクト 牡8 藤岡康太 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) フレンチデピュティ 57kg 金子真人H
6 9 アリストテレス エピファネイア 牡4 M.デムーロ ノーザンファーム
音無秀孝 (栗東) ディープインパクト 57kg 近藤英子
6 10 ディアマンミノル オルフェーヴル 牡4 荻野極 村下農場
本田優 (栗東) デヒア 56kg 吉岡實
7 11 キセキ ルーラーシップ 牡7 和田竜二 下河辺牧場
角居勝彦 (栗東) ディープインパクト 57kg 石川達絵
7 12 オセアグレイト オルフェーヴル 牡5 野中悠太郎 IHR
菊川正達 (美浦) Bahri 57kg 下屋敷牧場
8 13 ロードマイウェイ ジャスタウェイ 牡5 松山弘平 ロードホースクラブ
杉山 晴紀(栗東) ジャングルポケット 56kg ケイアイファーム
8 14 ヒートオンビート キングカメハメハ 牡4 戸崎圭太 社台ファーム
友道康夫 (栗東)  ディープインパクト 56kg 社台レースホース

アリストテレス

エピファネイア シンボリクリスエス Kris S. 
Tee Kay 
シーザリオ スペシャルウィーク
キロフプリミエール 
ブルーダイヤモン ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
グレースアドマイヤ トニービン
バレークイーン 

アリストテレスは今年のAJCCの優勝馬で、これまで13戦4勝2着5回。昨年の菊花賞で三冠馬となったコントレイルに首差まで迫り後の活躍が期待されましたが、天皇賞春では番人気で4着、宝塚記念でも4番人気で9着と期待を裏切っています。

アリストテレスの父はエピファネイア。母ブルーダイヤモンドはディープインパクト産駒の未勝利馬。母の半兄に皐月賞馬のヴィクトリー、G2を3勝、G1で2着2回のリンカーンがいる良血で、血統内にスタミナを強化するサドラーズウェルズ、トニービンを持っています。

天皇賞春の段階でまだ腰が緩く、夏を経て馬体が完成しているかがカギ。今年の京都大賞典は阪神ですが、57kg以上の斤量を背負った阪神で馬券に絡んでいません。また菊花賞で接戦したコントレイルがその後の古馬との対戦で期待を裏切っていることからも、世代的に期待ほど強くない可能性も

今回は抑えまで。

ヒートオンビート

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector 
Miesque 
マンファス ラストタイクーン 
Pilot Bird 
マルセリーナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
マルバイユ Marju
Nenuphar 

ヒートオンビートはこれまで14戦4勝2着6回3着1回。前走初重賞だった目黒記念で2着に入っており、メンバー中上り最速の32.4秒の末脚を繰り出しています。また未勝利戦を脱出後は全戦でメンバー中上り3番手以内と末脚は堅実です

ヒートオンビートの父はキングカメハメハディープインパクト産駒の母マルセリーナは桜花賞馬ヒートオンビートの半径にノヴェリスト産駒のラストドラフトが京成杯勝ち、アルゼンチン共和国杯でも2着に入っているように、父の影響を受けやすい母系です。

2400m以上では7戦2勝2着4回と得意兄もG2クラスまでなら掲示板を賑やかせているので、まだ底を見せていないヒートオンビートもこのクラスなら能力上位。ただし、キングカメハメハ×ディープインパクトの組み合わせは多いものの重賞勝利は1頭のみが気になるデータ。能力的には勝ち負け。。

モズッペロ

ディープブリランテ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ラヴアンドバブルズ Loup Sauvage 
Bubble Dream
ハーランズルビー Harlan’s Holiday  Harlan 
Christmas in Aiken 
Smiling Eyes  Saint Ballado 
Western Lady 

モズッペロは昨年の日経新春杯の優勝馬。これまで19戦4勝2着4回3着1回で、昨年の宝塚記念で3着、今年の大阪杯でも三冠馬コントレイルに先着して2着に入っています。

モズッペロの父はディープインパクト産駒でダービー馬のディープブリランテ。本馬以外ではセタブリランテスが金杯を優勝。母ハーランズルビーは米国産の2勝馬で、米ダート1700mG1で2着の実績。

ディープインパクト系らしい末脚勝負の馬で、さらに荒れた馬場でもしぶとく伸びてくるのが本馬の持ち味。ただし、パンパンの良馬場では切れ負けします連続開催で時計が掛かり始めているは今年の阪神コースは本馬には有利です。

G1で激走する反面、格下相手のG2で馬券を外すなど成績にムラがあります。G1で2,3着している時はタフな競馬で優勝馬が激走し、2着以下がバテてモズッペロの勝負根性が生きているケース。逆に緩いレースでは惨敗しています。

京都大賞典が秋のG1への叩き台のレースなので、基本的に緩いレース。展開でモズッペロには向かない可能性も。抑えまで。

キセキ

ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール
ブリッツフィナーレ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ロンドンブリッジ ドクターデヴィアス
オールフォーロンドン 

キセキは2017年の菊花賞馬。これまで30戦4勝2着6回3着5回ですが、重賞勝利は菊花賞のみ。その後はG1で2着4回3着1回好走していますが、格下相手のG2戦では掲示板すら載らないなど勝ち星から見放されています。

キセキの父はルーラーシップ母キブリッツフィナーレは未出走も、祖母ロンドンブリッジはオークス馬ダイワエルシエーロ、アーリントンカップを勝ったビッグプラネット、中京記念勝ちのグレーターロンドンを輩出し、血統的には中距離馬

父ルーラーシップの気性難が遺伝し、逃げるか追い込むか、外を回るかの極端なレースしか現状できません。既に7歳馬ですが、今年も金鯱賞5着、国際G1クイーンエリザベス2世カップ4着、宝塚記念5着と競合が集う重賞でも掲示板を確保しており、G2クラスなら十分やれる能力は維持しています。

ただし昨年の京都大賞典2着から馬券になっておらず、年齢的な衰えは隠せません。抑えまで。

ステイフーリッシュ

ステイゴールド サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ゴールドサッシュ ディクタス 
ダイナサッシュ 
カウアイレーン キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
シルバーレーン Silver Hawk 
Strait Lane 

ステイフーリッシュはこれまで26戦2勝2着5回3着7回新馬戦以降重賞しか使っておらず、3歳時に京都新聞杯勝ちがあります。重賞25戦中2/3で掲示板、中13戦で馬券になっている馬主孝行馬。

ステイフーリッシュの父はステイゴールド。母カウアイレーンは5勝のマイラー。母の半姉にNHKマイルカップ馬のピンクカメオ、半兄にヌレイエフ産駒のブラックホークがスプリンターズステークスと安田記念を制しています。

中距離で活躍し、重賞で勝ち切れず、また函館や福島など力のいる馬場で馬券に絡むなどは父ステイゴールドの血が濃い証拠。父は晩成型なので、力の衰えはまだありません。また阪神コースは7戦2着1回3着2回と相性自体はそれほど悪くありません。

前走のオールカマーでも5着と掲示板を確保。2着以下は0.1秒差に4頭がひしめく接戦だったので、ほぼ展開のアヤ。今回も掲示板の期待は持てます。連下で。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました