2021年第57回G2京王杯2歳ステークス予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年京王杯2歳ステークスの注目馬を分析!

京王杯2歳ステークスの特徴

G2京王杯2歳ステークスは第5回東京開催1日目に行われる2歳限定芝1400mの馬齢定量戦です。負担重量は牡・騙馬55kg、牝馬54kg。国際競争に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。

また地方所属馬は朝日フューチュリティーステークスへのステップレースとなっており、同レース出走候補馬3頭までに優先出走権が与えられ、京王杯2歳ステークスで2着以内に入れば同レースへの優先出走権が与えられます。

↓過去10年の京王杯2歳ステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年京王杯2歳ステークス出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 スズカコテキタイ ディスクリートキャット 牡2 岩部順二 グランド牧場
柄崎孝 (美浦) サウスヴィグラス 55kg 永井啓弍
2 2 テーオースパロー ルーラーシップ 牡2 岩田康誠 上水牧場
清水久詞 (栗東) フジキセキ 55kg 小笹公也
3 3 キングエルメス ロードカナロア 牡2 坂井瑠星 木村秀則
矢作芳人 (栗東) スペシャルウィーク 55kg 広尾レース
3 4 ファンデル モーリス 牝2 大野拓弥 タガミファーム
杉山佳明 (栗東) タニノギムレット 54kg 中辻明
4 5 ベルウッドブラボー シルバーステート 牡2 丸山元気 チェスナットファーム
和田雄二 (美浦) ヨハネスブルグ 55kg 鈴木照雄
4 6 セルバーグ エピファネイア 牡2 和田竜二 前谷武志
鈴木孝志 (栗東) キンシャサノキセキ 55kg 桑畑夏美
5 7 アポロルタ アポロキングダム 牝2 吉田豊 へいはた牧場
中舘英二 (美浦) スペシャルウィーク 54kg アポロサラブレッドクラブ
5 8 トウシンマカオ ビッグアーサー 牡2 戸崎圭太 服部牧場
高柳瑞樹 (美浦) スペシャルウィーク 55kg サトー
6 9 レッツリブオン ダノンレジェンド 牡2 杉原誠人 ミルファーム
伊藤大士 (美浦) ストーミングホーム 55kg ミルファーム
6 10 コラリン ダイワメジャー 牝2 C.ルメール ノーザンファーム
岩戸孝樹 (美浦) Dubawi 54kg シルクレーシング
7 11 ラブリイユアアイズ ロゴタイプ 牝2 団野大成 社台ファーム
黒岩陽一 (美浦) ヴィクトワールピサ 54kg 井内康之
7 12 ジャスパークローネ Frosted 牡2 M.デムーロ Machmer Hall & Godolphin
森秀行 (栗東) Kitten’s Joy 55kg 加藤和夫
8 13 ヴィアドロローサ  ロードカナロア 牡2 横山武史 下河辺牧場
加藤征弘 (美浦) ディープインパクト 55kg スリーエイチレーシング
8 14 シゲルファンノユメ ディーマジェスティ 牡2 三浦皇成 土田農場
伊藤圭三 (美浦) カーネギー 55kg 森中蕃

勝ち馬予想に役立つ!京王杯2歳ステークスの注目馬分析

コラリン

ダイワメジャー サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
スカーレットブーケ ノーザンテースト
スカーレットインク
モルジアナ Dubawi Dubai Millennium
Zomaradah
サマーハ シングスピール
Genovefa

コラリンはこれまで3戦2勝3戦連続で1番人気芝1200mの未勝利戦とオープンを連勝しています。前走は中山芝1200mを1分8秒8、上りはメンバー中2番手で競り勝っています。

コラリンの父はダイワメジャー母モルジアナはダート短距離の4勝馬。母の半弟に中長距離G2を3勝したシャケトラがいます。血統内にヘイローの3×5の濃いクロスがあり、スピードと気が勝っているタイプ。父がダイヤメジャーなのでマイルまでは対応可能です。

京王杯2歳ステークスではダイワメジャー産駒が過去10年で4頭馬券に絡んでいますが、牝馬の優勝は無く2着が最高。前走、同日に行われた3歳以上1勝クラスの勝ち時計が1分8秒なので、特別強いわけではありません。連下で。

ヴィアドロローサ

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
ロイヤルストリート ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
フィラストリート Cozzene
Phydilla

ヴィアドロローサは2戦2勝2戦共、洋芝1200m戦で共に2番人気で勝ち上がっています。前走の札幌芝1200mでの勝ち時計は1分11秒と遅いものの、上り最速の35.8秒を繰り出しています。

ヴィアドロローサの父はロードカナロアディープインパクト産駒の母ロイヤルストリートは芝短距離の4勝馬母の半姉にローズステークス勝ちで秋華賞2着のブロードストリートがいます。

ロードカナロア×ディープインパクトの組み合わせは2018年にこのレースを制したファンタジストと同じ1200m戦で前に行けることからも父ロードカナロアの血が濃いと思われます。母系からもマイルまでなら距離延長は可能。

ただし、近親はオープン止まりがほとんどで、メンバーが手薄な2歳時に勝負か。抑えまで。

ラブリイユアアイズ

ロゴタイプ ローエングリン シングスピール
カーリング
ステレオタイプ サンデーサイレンス
スターバレリーナ
オープンユアアイズ ヴィクトワールピサ ネオユニヴァース
ホワイトウォーターアフェア
アーヴェイ Danehill Dancer
Anna Amalia

ラブリイユアアイズはこれまで2戦2勝新馬6番人気、オープン4番人気と低評価でしたが、距離が伸びた前走の札幌芝1500m戦では2着に0.4番差を付けて逃げ切り勝ち上りはメンバー中2番手の35.1秒でまとめています。

ラブリイユアアイズの父は1600~2000mのG1を3勝したロゴタイプで、今年の2歳がファーストクロップ。ヴィクトワールピサ産駒のオープンユアアイズはダートの1勝馬。祖母アーヴェイが米芝中距離G1を優勝しています。

ラブリイユアアイズは血統内にサンデーサイレンスの3×4、ヘイローの5×4×5、インザウイングスの4×4の濃いクロスを持っており、距離は2000mくらいまで対応可能。父は好不調の波が激しいものの、3歳春の段階はかなり強い競馬をしています。

前走の時計も悪いものではなく、洋芝の1200mも経験しているので距離短縮は問題ありません。勝ち負け。

ベルウッドブラボー

シルバーステート ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
シルヴァースカヤ Silver Hawk
Boubskaia
マチャプチャレ ヨハネスブルグ ヘネシー
Myth
テンシノキセキ フジキセキ
ビーバップアルー

ベルウッドブラボーは3戦2勝3着1回芝1200mの未勝利戦と、新潟芝1400mのオープンを連勝し、前走の走破時計は1分22秒、上り33.5秒はメンバー中最速です。

ベルウッドブラボーの父シルバーステートはディープインパクト産駒で、重賞未勝利もその能力の高さから種牡馬入り、本年度がファーストクロップ。ヨハネスブルグ産駒の母マチャプチャレは短距離の未勝利馬。祖母テンシノキセキは短距離重賞2勝をはじめ全9勝を挙げています。

ベルウッドブラボーは血統内にサンデーサイレンスの3×4の濃いクロスがあり、母系の能力の底上げが期待できます。前走で東京1400mとコース形態が似ている新潟で1番人気を差し切っており、父方の血が強いと考えられます。血統的に今回も勝ち負け。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました