2021年第55回G2ステイヤーズステークス予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年ステイヤーズステークスの注目馬を分析!

ステイヤーズステークスの特徴

G2ステイヤーズステークは第5回中山開催1日目に行われる3歳以上芝3600mの別定戦です。負担重量は3歳牡・騙馬54kg、同牝馬52kg、4歳以上牡馬56kg、同牝馬54kg。過去のG1及びG2の勝利実績により負担重量が加算され、1年内G1勝利馬2kg増、1年1内のG2及び牝馬限定G1、2年以内のG1勝利馬1kg増(いずれも2歳G1は除く)

国際構想に指定され外国調教馬は8頭まで優先出走権が与えられます。また地方交流競走に指定され、地方所属馬は認定馬のみ2頭まで登録できます。

平地重賞最長距離を誇るレースで真のステイヤーが出走。JRAの番組を見ても長距離レースが減少し、それに伴いステイヤータイプの競走馬も減っています。そのためリピーターが多く、馬券に絡む馬も多くがリピーターです。過去10年5頭、16回と馬券の半数を占めます。

↓過去10年のステイヤーズステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年ステイヤーズステークス出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 バレリオ ステイゴールド 騙6 津村明秀 白老ファーム
相沢郁 (美浦) クロフネ 56kg サンデーレーシング
2 2 ヴァルコス ノヴェリスト 牡4 三浦皇成 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) ダンスインザダーク 56kg 佐々木主浩
3 3 アスティ オルフェーヴル 騙5 柴田善臣 社台ファーム
堀井雅広 (美浦) ジャングルポケット 56kg 山口謙太郎
4 4 マンオブスピリット ルーラーシップ 騙4 戸崎圭太 ノーザンファーム
斉藤崇史 (栗東) サンデーサイレンス 56kg ホシノレーシング
4 5 アイアンバローズ オルフェーヴル 牡4 石橋脩 ノーザンファーム
角居勝彦 (栗東) Royal Anthem 56kg 猪熊広次
5 6 アドマイヤアルバ ハーツクライ 騙6 吉田豊 ノーザンファーム
須貝尚介 (栗東) Bernstein 56kg 近藤旬子
5 7 セダブリランテス   ディープブリランテ 牡7 石川裕紀人 白老ファーム
手塚貴久 (美浦) ブライアンズタイム 56kg シルクレーシング
6 8 トーセンカンビーナ  ディープインパクト 牡5 横山武史 社台ファーム
角居勝彦 (栗東) Hawk Wing 56kg 島川隆哉
6 9 ボスジラ ディープインパクト 牡5 菅原明良 ノーザンファーム
国枝栄 (美浦) 国枝栄 (美浦) 56kg 市川義美H
7 10 カウディーリョ キングカメハメハ 牡4 大野拓弥 ノーザンファーム
堀宣行 (美浦) サンデーサイレンス 56kg キャロットファーム
7 11 ディバインフォース ワークフォース 牡5 田辺裕信 追分ファーム
寺島良 (栗東) ゼンノロブロイ 56kg 吉田晴哉
8 12 ゴースト  ハーツクライ 騙5 鮫島克駿 ノーザンファーム
橋口慎介 (栗東) Cozzene 56kg 西村健
8 13 シルヴァーソニック オルフェーヴル 牡5 内田博幸 社台ファーム
池江泰寿 (栗東) トニービン 56kg 社台レースホース

勝ち馬予想に役立つ!ステイヤーズステークスの注目馬分析

オセアグレイト

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
ブルーダヌーブ Bahri Riverman 
Wasnah 
シンコウエルメス Sadler’s Wells 
Doff the Derby 

オセアグレイトは昨年のステイヤーズステークスの優勝馬。これまで20戦5勝2着2回3着2回で、一昨年のダイヤモンドステークスでも3着しているように3000m超の長距離は得意。ただし、昨年のステイヤーズステークス優勝後、4戦して掲示板に載っていません。

オセアグレイトの父はオルフェーヴル。母ブルーダヌーブは愛国産の1勝馬。祖母シンコウエルメスは英・愛ダービーなどG1を4勝したジェネラスの半妹という良血。一族に皐月賞馬ディーマジェスティ、スプリンターズステークス馬タワーオブロンドンがいる活力のある母系です。

前走5か月休養明けの京都大賞典で優勝馬マカヒキから0.4秒差の6着に健闘。昨年もアルゼンチン共和国杯11着を叩いて優勝しているので、上昇が見込めます。ただし、成績にムラが多く、リピーターが多い同レースでも連軸にするにはかなり不安。連下で。

ボスジラ

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere 
ミスパスカリ Mr. Greeley  Gone West 
Long Legend 
ブルーアヴェニュー  Classic Go Go 
Eliza Blue 

ボスジラはこれまで17戦5勝2着4回重賞勝ちはありませんが、2500m超レース3勝2着2回の成績。

ボスジラの父はディープインパクト母ミスパスカリはクロフネの半妹も、旧1000万下までの馬。ボスジラの全兄にスプリングステークス勝ちのマウントロブソン、菊花賞3着のポポカトペトル、全妹はデイリー杯クイーンステークス優勝のミヤマザクラがいます。

ディープインパクト産駒で人気が予想されますが、これまで長距離重賞を5戦していずれも掲示板に載ったことが無く、底力は疑問符2600m戦で2勝ちしていても、平坦の札幌。坂のあるコースでは2400m辺りが本来の適正距離か。見送り。

カウディーリョ

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector 
Miesque 
マンファス ラストタイクーン 
Pilot Bird 
ディアデラノビア サンデーサイレンス Halo
Wishing Well 
ポトリザリス Potrillazo
Chaldee

カウディーリョはこれまで13戦5勝2着1回重賞はこれまで5戦していますが、いずれも掲示板を外しています。今年の夏に函館・札幌のリミテッドクラス・オープン芝2600mを使い2着、1着と距離を伸ばして勝ち上がっています。

カウディーリョの父はキングカメハメハ母ディアデラノビアは牝馬重賞を3勝。アウディーリヨの全姉に牝馬重賞3勝のディアデラマドレ、全兄にマーチステークスのデイアデルレイ、半兄に重賞2勝のドレットータスがいるように活力のある母系です。

2019年に菊花賞を使い13番人気も優勝馬ワールドプレミアに0.6秒差8着に好走しているものの、逃げてスローに落とし自分のペースで運べたため。最後は切れ味勝負になったため、このレースの上位陣は後方待機馬ばかり。

父がキングカメハメハなので本来ステイヤーではありません。また過去10年でキングカメハメハ直仔がステイヤーズステークスで馬券なったこともありません。見送り。

ヴァルコス

ノヴェリスト Monsun Königsstuhl
Mosella 
Night Lagoon Lagunas 
Nenuphar 
ランズエッジ ダンスインザダーク サンデーサイレンス
ダンシングキイ
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 

ヴァルコスはこれまで10戦2勝2着2回。3歳時に青葉賞で2着、セントライト記念で5着の実績。ダービーと菊花賞に出走していますが、14着、8着と優勝馬コントレイルから1秒以上も離され大敗しています。

ヴァルコスの父は欧州芝2400mG1を4勝し、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスでレコードを持つノヴェリスト。ダンスインザダーク産駒の母ランズエッジは未勝利馬。祖母はディープインパクトの半妹という良血です。

ヴァルコスの父も母の父もステイヤーで尚且つ晩成血統。菊花賞後は無理をせず1年間の長期休養で、成長を促したことに好感が持てます。前走芝1800mリミテッドクラスを使い優勝馬から0.6秒差の7着。今回は叩き2戦目で上昇が見込めます。勝ち負け。

アイアンバローズ

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
パレスルーマー Royal Anthem Theatrical
In Neon
Whisperifyoudare Red Ransom
Stellar Affair

アイアンバローズはこれまで16戦4勝2着3回3着3回。これまで芝2400m超のG2に4回出走していますが、どれも掲示板を外しています

アイアンバローズの父はオルフェーヴル。米国産の母パレスルーマーは海外で5勝。アイアンバローズの半兄にベルモントステークス他米国G1で2勝を挙げたパリスマリスがいます。母の父ロイヤルアートマンは中長距離G1を3勝しています。

今年春に芝2400mの2、3勝クラスを連勝してオープン入り。5ヵ月の休養明け前走京都大賞典では3番人気も、優勝馬から1.2秒差で惨敗。前走アルゼンチン共和国杯では前走より3kgのハンデをもらい、0.7秒差の6着まで。ただし、タイム差も着順も縮めています。

今回叩き3戦目で真価が問わる一戦も、3000m超のレースは今回が初。父も母の父も中長距離で十先のある種牡馬なので距離はこなせます。連下で。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました