2022年第60回G3京都金杯予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年京都金杯の注目馬を分析!

京都金杯の特徴

2022年の4歳以上芝1600mハンデキャップ戦のG3京都金杯は1月5日第1回中京開催で行われます。本来は京都競馬場で開催されますが、本年度も京都競馬場改修工事に伴い、中京競馬場で代替開催されます。

国際競走に指定され、外国調教馬は9頭馬で優先出走権が与えられます。また地方所属馬は認定馬のみ2頭まで登録できます。

JRAのレースは通常週末の土日に開催されますが、金杯は基本的に1月5日に開催されます。そのため調教日程を調整する必要があり、当日の馬の仕上げ具合が成績を左右します。

↓過去10年の京都金杯入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2022年京都金杯出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 プレシャスブルー ディープインパクト 牡7 柴田善臣 石郷岡雅樹
相沢郁 (美浦) アンバーシャダイ 56 石瀬浩三
1 2 マイラプソディ ハーツクライ 牡3 武豊 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) Salt Lake 56kg キーファーズ
2 3 ヴェロックス  ジャステウェイ 牡5 浜中俊 ノーザンファーム
中内田充 (栗東) Monsun 57kg 金子真人H
2 4 セダブリランテス   ディープブリランテ 牡7 石川裕紀人 白老ファーム
手塚貴久 (美浦) ブライアンズタイム 56kg シルクレーシング
3 5 エアアルマス マジェスティックウォリアー 牡8 三浦皇成 S.Y & T. Y
池添学 (栗東) エンパイアメーカー 58kg ラッキーフィールド
3 6 ヒュミドール   オルフェーヴル 騙5 吉田豊 宮内牧場
小手川準 (美浦) チチカステナンゴ 56kg サンライズ
4 7 ファルコニア ディープインパクト 牡4 川田将雅 社台ファーム
角居勝彦 (栗東) Hawk Wing 56kg 社台レースホース
4 8 アルジャンナ ディープインパクト 牡4 C.ルメール 吉田勝己
池江泰寿 (栗東) Tiz Wonderful 56kg ノーザンファーム
5 9 ヤシャマル  キズナ 牡4 木幡巧也 船越伸也
尾形和幸 (美浦) アグネスデジタル 56kg 高橋文男
5 10 ワンダープチュック ハーツクライ 牡7 田辺裕信 高昭牧場
河内洋 (栗東) Storm Cat 56kg 山本能成
6 11 ニシノデイジー ハービンジャー 牡5 江田照男 谷川牧場
高木登(美浦) アグネスタキオン 56kg 西山茂行
6 12 ミラアイトーン Lonhro 牡7 菊沢一樹 ノーザンファーム
菊沢隆徳 (美浦) Tiznow 56kg 島川隆哉
7 13 サトノフラッグ ディープインパクト 牡4 戸崎圭太 ノーザンファーム
国枝栄 (美浦) Not For Sale 56kg サトミホースカンパニー
7 14 ガロアクリーク キンシャサノキセキ 牡4 野中悠太郎 笠松牧場
上原博之 (美浦) Kingmambo 56kg 水上行雄
7 15 ザダル トーセンラー 牡4 石橋脩 新冠橋本牧場
大竹正博 (美浦) Lemon Drop Kid 56kg キャロットファーム
8 16 シュリ ハーツクライ 牡5 M.デムーロ ノースヒルズ
池江泰寿 (栗東) Giant’s Causeway 57kg 前田幸貴
8 17 アドマイヤビルゴ ディープインパクト 牡4 岩田望来 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) Elusive City 56kg 近藤旬子
8 18 アトミックフォース ワークフォース 牡5 武藤雅 ノーザンファーム
武藤善則 (美浦) フジキセキ 56kg 吉田千津

勝ち馬予想に役立つ!京都金杯の注目馬分析

アンドラステ

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
ヴァリディオル Dynaformer Roberto
Andover Way
ヴァレラ Monsun
Val d’Etoile

アンドラステは昨年の中京記念の優勝馬。これまで15戦5勝2着4回3着2回で、掲示板を外したのは僅か2回ターコイズステークスは2年連続で2着に入っており、マイル戦は得意です。

アンドラステの父はオルフェーヴル。母ヴァリディオルは未勝利馬。祖母ヴァレラは海外重賞で2勝。母の父ダイナフォーマーは日本で種牡馬として成功したブライアンズタイムといとこの関係で、父・母の父ともパワー型。

前走のターコイズステークスは牝馬には酷量の56.5kgのトップハンデ。優勝馬ミスニューヨークが53kgで着差は0.2秒差。同斤量なら0.5秒引き離して勝っている計算です。今回は前走に比べ1kg減の55.5kg牡馬との比較では57.5kgの馬と同じ評価です。

過去10年で斤量57kg以上の評価を受けた馬が京都金杯を優勝したことは無く、アンドラステには嫌なデータです。ただし左回りは5戦2勝2着1回3着1回と得意斤量以外は捨てる要素が無く、連下で。

エアロロノア

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector 
Miesque 
マンファス ラストタイクーン 
Pilot Bird 
エアデジャヴー ロックオブジブラルタル デインヒル
Offshore Boom
エアメサイア サンデーサイレンス
エアデジャヴー

エアロロノアはこれまで14戦5勝2着1回3着4回。重賞経験は1回だけで、昨年3連勝で臨んだマイラーズカップで1番人気に推されましたが、優勝馬ケイデンスコールに0.2秒差5着に惜敗。上りは優勝馬と同じ33.8秒でメンバー中2番目の時計です。

エアロロノアの父はキングカメハメハ。ロックオブジブラルタル産駒の母エアワンピースは芝マイルの4勝馬。母の半弟にキングカメハメハ産駒で重賞3勝、マイルG1で2着3回のエアスピネル、祖母は秋華賞馬のエアメサイという良血。

マイラーズカップ敗退後5ヵ月休養。10月に復帰し、3戦目の前走リゲルステークスで1番人気に応えて優勝上りはメンバー中最速32.6秒を叩き出しています。京都金杯はリゲルステークス組の相性が良いためエアロロノアには嬉しいデータ。

またここ5年父キングカメハメハ系の馬が2勝を挙げています。またハンデも56kgと手ごろ。血統や能力的にも勝ち負け。

カラテ

トゥザグローリー キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
トゥザヴィクトリー サンデーサイレンス
フェアリードール
レディーノパンチ フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
レイサッシュ パラダイスクリーク
ゴールデンサッシュ

カラテは昨年の東京新聞杯の優勝馬。これまで28戦5勝2着1回。昨年の関屋記念でも2着に入り、直線の長い芝左回りコースは得意です。

カラテの父はキングカメハメハ産駒で中長距離重賞5勝のトゥザグローリー。フレンチデピュティ産駒の母レディーノパンチは未出走馬。母系からステイゴールド、ドリームパスポート、ショウナンパンドラなど活躍馬が多数出ています。

競走成績からも父トゥザグローリーより母の父フレンチデピュティが強く出ているタイプ。G1の安田記念では13着も、G3は3戦全てで掲示板を確保前走の京成杯オータムハンディキャップでは優勝馬カテドラルから0.2秒差の5着に入っています。

今回は前走と同じ57kg。ただし、今回は4ヵ月の休養明け。基本叩き良化型なので今回は強く押せません。見送り。

サダル

トーセンラー ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
プリンセスオリビア Lycius
Dance Image
シーザシー Lemon Drop Kid Kingmambo
Charming Lassie
Magic Broad Broad Brush
Illeria

サダルは昨年のエプソムカップの優勝馬。これまで12戦5勝3着2回で、重賞は他に3歳時にセントライト記念で3着しています。

サダルの父はディープインパクト産駒でマイルチャンピオンシップ勝ちのトーセンラー。母シーザシーは未勝利も、母の父レモンドロップキッドは米ダート中距離G1を4勝。血統内にミスタープロスペクターの4×4のクロスを持ち、スピードとパワーが勝った配合。

エプソムカップ勝ち後、新潟記念でトップハンデを背負い1番人気も13着に惨敗。続く富士ステークスでも優勝馬ソングラインに0.6秒差7着と精彩を欠いています。大型馬なので叩き3戦目の今回どれだけ上昇しているかがカギ。調子が良さそうなら抑えで。

カイザーミノイル

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
ストライクルート Smart Strike Mr. Prospector 
Classy’n Smart 
Tadwiga  Fairy King 
Euromill 

カイザーミノルはこれまで21戦5勝2着1回3着3回昨年にマイラーズカップと続く京王杯スプリングステークスで3着に入り、毎日王冠でも5着天皇賞秋に出走していますが、優勝馬エフフォーリアから1.4秒差14着に沈んでいます。

カイザーミノイルの父はロードカナロア。母ストライクルートは地方の2勝馬。カイザーミノイルの半妹にジャスタウェイ産駒で昨年のフィリーズレビューを制したエーポスがおり、距離適性は母系から。

基本的に短めのマイラーで、前走の天皇賞秋は距離が長く惨敗は仕方がないところ。今回ハンデ56kgと、前走に比べ2kg減。クラスが下がり、得意のマイル戦なら期待が持てます昨年京都金杯を優勝したケイデンスコールもロードカナロア産駒です。連下で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました