2022年第70回G2府中牝馬ステークス予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2022年府中牝馬ステークスの注目馬を分析!

府中牝馬ステークスの特徴

GⅡ府中牝馬ステークスは第4回東京開催3日目に行われる3歳以上牝馬限定芝1800mの別定戦です。負担重量は3歳52kg、4歳以上54kg。過去の重賞勝利実績により負担重量が加算され過去1年以内のGⅠ勝利馬2kg増、1年以上前のGⅠ勝利馬および1年以内のG2勝利馬1kg増。

また国際競争に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。

エリザベス女王杯のステップレースに指定され、JRA所属馬は1着馬に同レースの優先出走権が与えられます。地方所属馬はエリザベス女王杯出走候補馬3頭まで府中牝馬ステークスに優先的に出走でき、2着以内に同レースへの優先出走権が与えられます。

エリザベス女王杯、およびマイルチャンピオンシップへの叩き台のレースとして定着し、牝馬限定のため実力馬にとって他のレースに比べ組みやすいためGⅠ級の馬が多数出走します。

↓過去10年の府中牝馬ステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2022年府中牝馬ステークス出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 アンドヴァラナウト キングカメハメハ 牝4 福永祐一 ノーザンファーム
池添学 (栗東) ディープインパクト 54kg サンデーレーシング
2 2 ソダシ クロフネ 牝4 吉田隼人 ノーザンファーム
須貝尚介 (栗東) キングカメハメハ 56kg 金子真人H
2 3 ローザノワール マンハッタンカフェ 牝6 田中勝春 下河辺牧場
西園正都 (栗東) Awesome Again 54kg 渡邉直樹
3 4 ホウオウピースフル オルフェーヴル 牝5 丸田恭介 ノーザンファーム
大竹正博 (美浦) キングカメハメハ 54kg 小笹芳央
3 5 クリノプレミアム オルフェーヴル 牝5 松岡正海 栗本博晴
伊藤伸一 (美浦) Giant’s Causeway 54kg 吉田ファーム
4 6 イズジョーノキセ ハーツクライ 牝4 岩田康誠 沖田哲夫
中内田充 (栗東) キングカメハメハ 54kg 泉一郎
4 7 ラヴユーライヴ ディープインパクト 牝5 戸崎圭太 ノーザンファーム
矢作芳人 (栗東) Storm Cat 54kg 吉田勝己
5 8 ライティア ディープインパクト 牝5 坂井瑠星 ノーザンファーム
池添学 (栗東) シングスピール 54kg キャロットファーム
5 9 アブレイズ キズナ 牝5 大野拓弥 ノースヒルズ
池江泰寿 (栗東) ジャングルポケット 54kg 前田幸貴
6 10 サトノセシル Frankel 牝6 C.ルメール Faisal Meshrf Alqahtani
堀宣行 (美浦) Observatory 54kg サトミホースカンパニー
6 11 リアアメリア ディープインパクト 牝5 藤岡佑介 ノーザンファーム
中内田充 (栗東) Rockport Harbor 54kg シルクレーシング
7 12 クールキャット スクリーンヒーロー 牝4 団野大成 レイクヴィラファーム
奥村武 (美浦) ダンスインザダーク 54kg シルクレーシング
7 13 ゴルトベルク キングカメハメハ 牝5 石川裕紀人 ノーザンファーム
手塚貴久 (美浦) ディープインパクト 54kg サンデーレーシング
8 14 シャドウディーヴァ ハーツクライ 牝6 北村友一 ノーザンファーム
斎藤誠 (美浦) Dansili 55kg スリーエイチレーシング
8 15 アカイイト キズナ 牝5 幸英明 辻牧場
中竹和也 (栗東) シンボリクリスエス 56kg 岡浩二

勝ち馬予想に役立つ!府中牝馬ステークスの注目馬分析

クロフネ フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
ブチコ キングカメハメハ Kingmanbo
マンファス
シラユキヒメ サンデーサイレンス
ウェイブウインド

ソダシは阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞、ヴィクトリアマイルカップとGⅠ3勝。これまで12戦7勝3着1回。連覇を狙った前走札幌記念で1番人気でしたが、優勝馬ジャックドールから0.6秒離され5着に敗れています。

ソダシの父はクロフネ。キングカメハメハ産駒の母ブチコはダート中距離の4勝馬。母の半姉でクロフネ産駒のユキチャンがダート2100mの地方GⅢ関東オークスを優勝し、NRA最優秀牝馬に輝いています。基本的に一族はダート馬。

札幌記念では強力逃げ馬に付いていけず、直線失速。底力で雪崩れ込んでいるものの本質的にクロフネ産駒は2000mは距離が長い印象。そのため前走より距離短縮はプラスGⅠ勝利馬なので他馬より2kg重い斤量を背負いますが、父・母の父共にパワータイプなので斤量負けの心配は無し。

距離適性から得意の阪神マイルで行われるマイルチャンピシップ。余裕残しも考えられますが、格下の牝馬相手に負けられないか。勝ち負け。

アカイイト

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
ウアジェト シンボリクリスエス Kris S.
Tee Kay
リーチトゥピース Mud Route
Waki Betty

アカイイトは昨年のエリザベス女王杯馬。これまで24戦5勝2着4回3着2回。重賞勝ちは同レースのみ。今年は金鯱賞、大阪杯、ヴィクトリアマイルに参戦していますが、金鯱賞で3着に入った以外は掲示板を外しています

アカイイトの父はキズナ。シンボリクリスエス産駒の母ウアジェイトは芝マイルの2勝馬。近親に活躍馬はおらず、血統も5代先までクロスが無いアウトブリードです。

最後方から末脚勝負の追い込み馬で、ハマるかどうかはペース次第。昨年の府中牝馬Sはメンバー中上り3番目も、優勝馬から0.5秒差7着、前走ヴィクトリアマイルもメンバー中上り2番目も優勝馬ソダシから0.6秒差と、前が止まらない馬場では出番がありません。

またGⅠ馬なので他馬より2kg重い斤量を背負うのも不利です。目標は連覇を狙うエリザベス女王杯で、出走条件は足りているので今回は叩き台。見送り。

アンドヴァラナウト

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector 
Miesque 
マンファス ラストタイクーン 
Pilot Bird 
グルヴェイグ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール

アンドヴァラナウトは昨年のローズSの優勝馬で、秋華賞でも3着。これまで10戦3勝2着4回3着1回今年は愛知杯、阪神牝馬Sで共に1番人気も、愛知杯では11着阪神牝馬Sで2着とか勝てず。前走ヴィクトリアマイルでは7番人気14着に敗れています。

アンドヴァラナウトの父はキングカメハメハ母グルヴェイグは5勝馬でマーメイドS勝ち母の半姉にエリザベス女王杯連覇のアドマイヤグルーヴ、半兄に香港GⅠクイーンエリザベスカップ優勝で現種牡馬のルーラーシップと、一族に活躍馬が多数。

馬体が430~440kg程度しかなく、昨年のローズSまでメンバー中上り3番手以内と影響力は母の父のディープインパクトから。マイル戦は未勝利戦で1勝、2000m戦は2勝、祖母がトニービンを父に持つエアグルーヴを考えると中距離が適鞍。連下で。

シャドウディーヴァ

ハーツクライ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well 
アイリッシュダンス トニービン
ビューパーダンス 
ダイヤモンドディーバ Dansili  デインヒル 
Hasili 
Vivianna  Indian Ridge 
Kundalini 

シャドウディーヴァは昨年の府中牝馬Sの優勝馬で、一昨年も同レースで2着。これまで28戦3勝2着5回3着3回重賞23戦の中芝左回り1600~2000mに限ると10戦1勝2着3回3着1回と、この舞台は得意です。

シャドウディーヴァの父はハーツクライ。母ダイヤモンドディーハは海外で重賞2勝を含む6勝。近親にこれといった活躍馬はいません。

昨年の府中牝馬S勝ち以降、5戦して掲示板に載っていません。また2走前にヴィクトリアマイルに参戦しメンバー中上り最速の脚を使っていますが、優勝馬ソダシから0.6秒差9着に敗れています。

昨年の府中牝馬S優勝馬なので、負担重量も55kgと他馬より1kg重い斤量。ヴィクトリアマイルを基準に考えれば56kgを背負うソダシを差し切るまでにはいきません。さらに6歳馬以上の馬が府中牝馬Sで優勝したことは無く2着1回3着2回。傾向からも厳しいか。抑えまで。

ライティア

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
シンハリーズ シングスピール In the Wings
Glorious Song
Baize Efisio
Bayonne

ライティアはこれまで11戦4勝2着3回3着1回重賞実績は2歳時にデイリー杯2歳Sで4番人気5着があるのみ。条件戦を地味に勝ち上がり、前走新潟芝1600m3勝クラスを1番人気で優勝しています。

ライティアの父はディープインパクトシングスピール産駒の母シンハリーズは米GⅠデルマオークスの優勝馬。血統内にヘイローの3×4の濃いクロスを持ちます。

ライティアの全姉はオークス馬のシンハライトで、同全兄にラジオNIKKEI杯勝ちのアダムスピーク、ゼンノロブロイ産駒の半姉にマーメイドS勝ちのリラヴァティと活力ある母系。

新馬戦の馬体重が418kg、オークス出走を賭けた忘れな草賞で馬体を404kgと大きく減らしており、その後は休養。馬体移住が430kg前後になって身が入ってから成績が安定しています。今回は久々の重賞ですが、血統的には勝ち負けしてもおかしくありません。

またここ5戦は意識的に左回りを使っているローテーションからもサウスポーか。連下で。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました