2023年第57回GⅡステイヤーズステークス予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2023年ステイヤーズステークスの注目馬を分析!

ステイヤーズステークスの特徴

GⅡステイヤーズステークは第5回中山開催1日目に行われる3歳以上芝3600mの別定戦です。負担重量は3歳牡・騙馬55kg、同牝馬53kg、4歳以上牡馬577kg、同牝馬55kg。過去のGⅠ及びGⅡの勝利実績で負担重量が加算されます。加算条件は以下の通り。

2kg増・・・1年内GⅠ勝利馬2kg

1kg増・・・1年1内のGⅡ及び牝馬限定GⅠ、2年以内のGⅠ勝利馬1kg増(いずれも2歳GⅠは除く)

国際構想に指定され外国調教馬は8頭まで優先出走権が与えられます。また地方交流競走に指定され、地方所属馬は認定馬のみ2頭まで登録できます。

平地重賞最長距離を誇るレースで真のステイヤーが出走。JRAの番組を見ても長距離レースが減少し、それに伴いステイヤータイプの競走馬も減っています。そのためリピーターが多く、過去10年で6頭が複数年馬券になり馬券の約半数を占めます。

↓過去10年のステイヤーズステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2023年ステイヤーズステークス出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 キングズレイン ルーラーシップ 牡3 W.ビュイック ノーザンファーム
手塚貴久 (美浦) ディープインパクト 55kg サンデーレーシング
1 2 ワープスピード ドレフォン 牡4 荻野極 ノーザンファーム
高木登(美浦) ディープインパクト 57kg 山田弘
2 3 フジマサインパクト ディープインパクト 牡5 野中悠太郎 社台ファーム
菊川正達(美浦) Sligo Bay 57kg 藤原正一
2 4 ヒュミドール   オルフェーヴル 騙7 津村明秀 宮内牧場
小手川準 (美浦) チチカステナンゴ 57kg サンライズ
3 5 マイネルウィルトス スクリーンヒーロー 牡7 横山武史 ビッグレッドファーム
宮徹 (栗東) ロージズインメイ 57kg TC・ラフィアン
3 6 メロディーレーン  オルフェーヴル 牝6 菅原明良 岡田スタッド
森田直行 (栗東) Motivator 55kg 岡田牧雄
4 7 アイアンバローズ オルフェーヴル 牡6 石橋脩 ノーザンファーム
上村洋行 (栗東) Royal Anthem 57kg 猪熊広次
4 8 レッドジェネシス ディープインパクト 牡5 小崎綾也 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) Storm Cat 57kg 東京ホースレーシング
5 9 ダンディズム マンハッタンカフェ 騙7 富田暁 三嶋牧場
野中賢二 (栗東) シングスピール 57kg ナカヤマH
5 10 シルブロン トーセンジョーダン 牡5 T.マーカンド 坂東牧場
稲垣幸雄 (美浦) サンデーサイレンス 57kg シルクレーシング
6 11 テーオーロイヤル リオンディーズ 牡5 浜中俊 三嶋牧場
岡田稲男 (栗東) マンハッタンカフェ 57kg 小笹公也
6 12 セファーラジエル キズナ 牡5 松岡正海 ノーザンファーム
高柳大輔 (栗東) Out of Place 57kg サンデーレーシング
7 13 ジェットモーション ハーツクライ 騙7 戸崎圭太 ノーザンファーム
藤岡健一 (栗東) シンボリクリスエス 57kg G1レーシング
7 14 グランオフィシエ キングカメハメハ 牡5 吉田豊 社台ファーム
久保田貴 (美浦) ダイワメジャー 57kg 社台レースホース
8 15 アフリカンゴールド ステイゴールド 騙8 国分恭介 ゴドルフィン
西園正都 (栗東) Gone West 57kg ダーレー・ジャパン・F
8 16 アケルナルスター トーセンラー 牡4 丹内祐次 岡田スタッド
清水英克 (美浦) タイキシャトル 57kg 永見貴昭

勝ち馬予想に役立つ!ステイヤーズステークスの注目馬分析

マイネルウィルトス

スクリーンヒーロー グラスワンダー Silver Hawk 
Ameriflora 
ランニングヒロイン サンデーサイレンス
ダイナアクトレス
マイネボヌール ロージズインメイ Devil His Due
Tell a Secret
コスモフォーチュン マイネルラヴ
グレースマリヤ

マイネルウィルトスはこれなで37戦5勝2着11回着6回。重賞勝ちはありませんが、昨年の目黒記念と函館記念で2着、また昨年と今年のアルゼンチン共和国杯で2年連続2着しています

マイネルウィルトスの父はスクリーンヒーロー。ロージズイン名産駒の母マイネルボヌールは旧1000万下の4勝馬。祖母コスモフォーチュンは北九州記念を優勝。

GⅡでも2着する実力がありますが、重賞で好走しているのは東京2500mと函館のみ。中山は3勝クラスで重馬場1回だけで9着、1秒差で敗退。また必ずしも血統的にステイヤーというわけではないので、平地重賞最長距離でパワーも必要な本レースは適鞍とは言えません。見送り。

キングズレイン

ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール
タッチングスピーチ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
リッスン Sadler’s Wells
Brigid

キングズレインはこれまで7戦3勝2着2回2歳時にホープフルSで3着毎日杯では1番人気に推されるものの12着敗退。2勝クラスを勝ち抜いた前走セントライト記念では4番人気で、優勝馬レーベンスティールとは0.7秒差の5着敗退。

キングズレインの父はルーラーシップディープインパクト産駒の母タッチングスピーチはローズS勝ち、エリザベス女王杯でも3着している3勝馬。母の全弟に菊花賞・セントライト記念で2着しているサトノルークスがいます。

父方にトニービン、母方にサドラーズウェルズの血が入っており、スタミナがある配合。ただし、近親に菊花賞2着馬がいるといても、血統的にはスタミナのある中距離~中長距離タイプ

また切れるというよりスタミナに任せて長くいい脚を使うタイプで、全戦で上り3番手以内。ゴール前直線が長い東京2戦2勝に対し、短い中山は2戦3着1回なので、脚質的に合っていません見送り。

テーオーロイヤル


リオンディーズ
キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
シーザリオ スペシャルウィーク
キロフプリミエール
メイショウオウヒ マンハッタンカフェ サンデーサイレンス
サトルチェンジ
アルペンローズ Kris S.
Amizette

テーオーロイヤルは昨年のダイヤモンドSの優勝馬で、同年の天皇賞春で3着。これまで14戦5勝3着2回昨年は秋にGⅠ、GⅡを3戦した後1年ほど休養。前走アルゼンチン共和国杯で復帰し、7番人気で10着、優勝馬ゼッフィーロから0.6秒差で敗退。

テーオーロイヤルの父は朝日杯フューチュリティS馬のリオンディーズ。マンハッタンカフェ産駒の母メイショウオウヒは地方の3勝馬。テーオーローヤルの半兄でパイロ産駒のメイショウハリオは帝王賞他地方GⅠ3勝、みやこSとマーチS勝と重賞5勝。

また母の半弟でサイワメジャー産駒のメイショウカドマツがアルゼンチン共和国杯2着、ダイヤモンドステークスで3着しており、距離適性は母系からか。血統内にサンデーサイレンスの4×3の濃いクロスを持っており、底力を兼ね備えています。

3000m超のレースで3度も馬券になっているようにステイヤー。今回は叩き2戦目。中山はオールカマーで5着しているので、距離が延びる今回はさらに前進が見込めます。さらに斤量も前走より1.5kgも軽くなります。勝ち負け。

アイアンバローズ

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
パレスルーマー Royal Anthem Theatrical
In Neon
Whisperifyoudare Red Ransom
Stellar Affair

アイアンバローズはこれまで26戦4勝2着5回3着3回重賞勝ちはありませんが、2021年のステイヤーズSで2着、続く翌年の阪神大賞典で2着し、その年の天皇賞春で5着。昨年のステイヤーズSでも4着し、今年で3年連続の参戦です。

アイアンバローズの父はオルフェーヴル。米国産の母パレスルーマーは海外で5勝。アイアンバローズの半兄のパレスマルスが米国でGⅠ2勝を含む重賞6勝馬。またアイアンバローズの半弟でディープインパクト産駒のジャスティンパレスが今年の天皇賞春制し、秋の天皇賞でも2着。

昨今のオルフェーヴル産駒はステイヤータイプが多く、また父が代わってジャスティンパレスが菊花賞3着で春の天皇賞で戴冠したように母系もスタミナを伝えるタイプ。今年の春はダートを使って阪神大賞典7着、天皇賞13着と調子を崩して休養。

秋初戦の京都大賞典では13番人気で11着重め残りでの出走だったので、今回は叩き2戦目で上昇が見込めます。まだ6歳馬でステイヤーとしてはまだ老け込む歳ではありません。ステイヤーズステークスはリピーターが多いので、調子がよさそうなら抑えで。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました