2020年第56回G2札幌記念予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

ラッキーライラック、マカヒキ、ノームコア、ペルシアンナイトと4頭のG1馬が出走登録している今年の札幌記念。札幌記念登録馬の中から注目馬をピックアップし、馬券になるか分析します。

2020年札幌記念の注目馬を分析!

札幌記念の特徴

G2札幌記念は第2回札幌開催4日目に行われる3歳以上芝2000mの定量戦です。負担重量は3歳牡馬54kg、同牝馬52kg、4歳以上牡馬57kg、牝馬55kg。国際競争に指定され外国調教馬は8頭まで、地方所属馬は認定馬のみ2頭まで出走可能です。

サマー2000シリーズの第4戦に指定され、1着12点、2着6点、3着5点、4着4点、5着3点、6着以下1点が加算されます。

夏競馬唯一の中距離G2競走で、G1優勝馬や本賞金が高額な馬でも加算重量がないというメリットがあります。そのため天皇賞秋のたたき台としてゆったりしたローテーションが組めるので天皇賞秋優勝を狙う有力馬が多数出走し、豪華なメンバーが揃います。

過去10年の札幌記念入賞馬のデータを見たい方はこちら

2020年札幌記念出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ノームコア ハービンジャー 牝5 横山典弘 ノーザンファーム
萩原清(美浦) クロフネ 55kg 池谷誠一
2 2 ペルシアンナイト ハービンジャー 牡6 大野拓弥 追分ファーム
池江泰寿(栗東) サンデーサイレンス 57kg G1レーシング
3 3 トーセンスーリヤ ローエングリン 牡5 横山和生 エスティファーム
小野次郎 (美浦) デュランダル 57kg 島川隆哉
4 4 ドレッドノータス   ハービンジャー 騙7 坂井瑠星 ノーザンファーム
矢作芳人 (栗東) サンデーサイレンス 57kg キャロットファーム
5 5 ルミナスウォリアー メイショウサムソン 牡9 川島信二 ノーザンファーム
新谷功一 (栗東) アグネスタキオン 57kg 中西功
5 6 ラッキーライラック オルフェーブル 牝5 M.デムーロ ノーザンファーム
松永幹夫(栗東) Flower Alley 55kg サンデーレーシング
6 7 ブラックホール ゴールドシップ 牡3 石川裕紀人 杵臼牧場
相沢郁 (美浦) キングカメハメハ 54kg 芹澤精一
6 8 カウディーリョ キングカメハメハ 牡4 藤岡佑介 ノーザンファーム
堀宣行 (美浦) サンデーサイレンス 57kg キャロットファーム
7 9 イェッツト カンパニー 牡5 横山武史 辻牧場
金成貴史 (美浦) キングカメハメハ 57kg 近藤英子
7 10 ポンテザール ハーツクライ 牝5 C.ルメール ノーザンファーム
堀宣行 (美浦) Rossini 55kg サンデーレーシング
8 11 アドマヤジャスタ ジャスタウェイ 牡4 吉田隼人 ノーザンファーム
須貝尚介 (栗東) エリシオ 57kg 近藤旬子
8 12 トーラスジェミニ  キングズベスト 牡4 木幡育也 川上牧場
長谷川浩 (栗東) マンハッタンカフェ 57kg 柴原榮

勝ち馬予想に役立つ!札幌記念の注目馬分析

ラッキーライラック

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
Lilacs and Lace Flower Alley Distorted Humor
プリンセスオリビア 
Refinement Seattle Slew
ステラマドリッド 

ラッキーライラックは今年のG1大阪杯の優勝馬。これまでも阪神ジュベナイルフィリーズ、エリザベス女王杯とG1を計3勝しており、これまでの成績は16戦6勝2着4回3着2回馬券を外したのはわずか4回と、現役牝馬の中でも抜群の安定性を誇ります。

前走宝塚記念では3番人気に押されましたが、足元が滑る稍重の馬場に泣かされ直線失速。勝馬に2.5秒離され6着に敗れています。

ラッキーライラックの父はG1を6勝したオルフェーブル。母ライラックアンドレースは米国産で、米ダート中距離G1アシュランドステークスの勝馬という良血。父のオルフェーブルの血の方が強く出ており、成績もマイルより中距離以上で強い競馬をしています。

今回札幌コースは初めてですが、父オルフェーブルが洋芝のタフな凱旋門賞を2着2回しているように、血統面からは問題ありません。また先行脚質なので小回りでゴール前直線が短い札幌は合っています。

札幌記念は仕切り直しの一戦で、今まで戦ってきたメンバーからもても今回は手薄。当日入れ込んだりしていなければ勝ち負け。

ノームコア

ハービンジャー Dansili デインヒル
Hasili 
Penang Pearl Bering
Guapa 
クロノロジスト クロフネ フレンチデピュティ
ブルーアヴェニュー 
インディスユニゾン サンデーサイレンス
ラスティックベル 

ノームコアは2019年のヴィクトリアマイルの優勝馬。他にマイルG3富士ステークス、3歳時に芝2000mのG3紫苑ステークスと重賞を3勝しています。今年は高松宮記念15着、ヴィクトリアマイル3着、安田記念4着と、やはりマイル路線で強い競馬をしています。

ノームコアの父は英芝2400mのキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの優勝馬のハービンジャー。基本的に晩成血統で自身は長距離馬ですが、産駒は母系に影響されることが多くマイルから中長距離まで幅広く活躍場を送り出します。

ノームコアの母クロノジェストは1勝馬ながら、他にパゴ産駒で秋華賞、宝塚記念とG1を2勝したクロノジェネシスを送り出している繁殖の優等生。産駒は全て勝ち上がっています。母の父クロフネ、母の母の父にサンデーサイレンスが入っており、ノームコアはクロフネの血が強く出た模様。

芝2000mは他にG2フローラステークス3着、愛知杯で2着していますが、強い競馬をしているのはやはりマイル。また基本的に時計の早い芝を得意としているので、時計のかかる洋芝を走るかは疑問。さらに最近は後ろから差す競馬が身についており、直線の短い札幌コースは脚を余す可能性が大

実績から人気になりそうですが、今回は抑えまでの評価です。

マカヒキ

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
ウィキウィキ フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
リアルナンバー Rainbow Corner
Numeraria

マカヒキは2016年のダービー馬。ただし同年フランスに遠征してG2ニエル賞を優勝して以来勝ち星からは遠ざかっており、以後15戦して馬券に絡んだのは3回のみと、ダービー馬にしては寂しい成績です。今年は大阪杯のみ出走し7番人気11着、優勝馬に1.1秒引き離されて敗れています。

マカヒキの父は大種牡馬ディープインパクト。母ウィキウィキはダートの1勝馬。ただしディープインパクトと相性が良いフレンチデピュティの血を持っており、マカヒキの全姉ウリウリも京都牝馬ステークスとCBC勝と重賞2勝と活躍しています。

既に7歳馬ですが、昨年のジャパンカップでは重馬場の中、最速の上がりで4着まで追い込んでいます。また2018年の札幌記念では勝馬サングレーザーとタイム差無しで2着しています。フランスの洋芝でも勝っているように、ディープインパクト産駒のわりに時計のかかる芝は得意のようです。

前走の敗因は、前々走より12kgを減らしていることからも体調が万全ではなかった模様。古馬になってから500kgを大幅に切った体重で出走して時は惨敗しており、ベストパパフォーマンスを発揮しているのは506~514kgの範囲です。7歳馬ですが数を使っておらず、実年齢より若い体です。

G1馬ながら57kgで出走できるのもプラス。メンバーも手薄で、当日調子が良さそうなら久々に馬券に絡む可能性が高いと考えられます。

アドマイヤジャスタ

ジャスタウェイ ハーツクライ サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
シビル Wild Again 
シャロン 
アドマイヤテレサ エリシオ Fairy King
Helice
ヒード Caveat
Swan

アドマイヤジャスタは前走で札幌記念と関連性の高い函館記念を15番人気で優勝。2歳時はホープフルステークスでサートゥルナーリアに2着おり活躍が期待されていましたが、以後重賞で掲示板さえ載れないレースが続き、前走が9戦ぶりの勝利です。

アドマイヤジャスタの父は強力な末脚が武器だったジャスタウェイ。基本的に晩成型で、3歳冬ごろから力をつけてくる産駒が多いのが特徴。

母アドマイヤテレサは5勝馬で、アドマイヤジャスタの半兄でハーツクライを父に持つアドマイヤラクティは豪芝2400mG1コーフィールドカップとG3ダイヤモンドカップを優勝しています。今回走れば、兄の実績を見ても再びG1路線で活躍できる血統背景はあります。

札幌記念は函館記念と同じ距離で、同じ洋芝の札幌芝2000m。洋芝適正と距離適性は実証済みです。500kgを裕に超える馬体でジャスタウェイから馬力を受け継いでいますが、負担重量が前走より3kg増えるのがややネック。

G1馬が出走するなど前走よりメンバーが強力ですが、ラッキーライラックとノームコアが先々を見据え余裕残しなら、G1を2着した実績からも馬券になる可能性を秘めています。

ペルシアンナイト

ハービンジャー Dansili デインヒル
Hasili 
Penang Pearl Bering
Guapa 
オリエントチャーム サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ニキーヤ Nureyev
Reluctant Guest 

ペルシアンナイトは2017年のマイルチャンピオンシップの優勝馬で、これまで25戦4勝。マイルチャンピオンシップ優勝後は勝ち星から見放されていますが、2回に1回のペースで掲示板には載っています。

ペルシアンナイトの父はノームコアと同じハービンジャー。母オリエントチャームはダートG1馬ゴールドアリュールの全妹で自身は芝1600~2000mを中心に4勝を挙げた1000万下クラスの条件馬。ハービンジャー産駒の走破距離は母系に拠るので適距離はこの範囲でややマイラー寄りです。

今年は中山記念、安田記念、宝塚記念と3戦していますが、5着、9着、15着と走るごとに着順と着差が広がっています。6歳馬なのでまだ老け込む年ではありませんが、勢いが良かったのは4歳末まで。さすがにピークを過ぎた感じは否めません。

昨年の札幌記念では5番人気で5着と、洋芝はこなす程度。2000mよりマイルの方が得意なので距離も強調はできません。今回も見送りが賢明か。

ブラックホール

ゴールドシップ ステイゴールド サンデーサイレンス 
ゴールデンサッシュ 
ポイントフラッグ メジロマックイーン 
パストラリズム 
ヴィーヴァブーケ キングカメハメハ Kingmambo 
マンファス 
ブルーリッジリバー  フジキセキ 
スカーレットブルー 

ブラックホールはこれまで7戦2勝で、昨年のG3札幌2歳ステークスの優勝馬春のクラッシクを期待されていましたが、弥生賞4着、皐月賞9着、ダービー7着と成績はイマイチ。ただし、これまで7戦して春のクラッシックを含め6戦であがり3位以内と末脚は強力です。

また2歳時は函館、札幌で3戦2勝2着1回と、洋芝適正は十分です。

ブラックホールの父は中~長距離路線のG1を6勝したゴールドシップ。母ヴィーヴァブーケは1勝馬ですが、その母ブルーリッジリバーはフェアリーステークスを優勝し、桜花賞2着の実績を残しています。母の父に筋力と心肺機能を伝えるキングカメハメハを持つ芝パワー系の配合です。

過去10年で、札幌記念で馬券になった3歳馬はハープスターとレインボーラインの2頭。レインボーラインは後に菊花賞2着、天皇賞春を制しましたがこの時点ではマイル重賞1勝。ダービー8着。2歳時に洋芝の札幌を3戦して1勝2着1回と洋芝適正を示していました。

ブラックホールのこれまでの成績はレインボーラインと遜色なく、またレインボーラインと同じく父系にステイゴールドの血、また父と母の血にノーザンテーストのクロスを持っているのも一緒です。さらにブラックホールはサンデーサイレンスの3×4の濃いクロスを持っているのも魅力。

上位陣が強力なので勝ち負けは厳しいものの、今回はレインボーラインと同じく3着までなら十分狙える位置にいる馬です。

ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました