2021年第57回G3七夕賞予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年七夕賞の注目馬を分析!

 

七夕賞の特徴

G3七夕賞は福島第2回開催4日目に行われる3歳以上芝2000mのハンデキャップ戦です。国際競走に指定され、外国調教は8頭まで優先出走権が与えられます。また地方所属馬は2頭まで出走登録できます。

サマーシリーズの第一戦で、サマーチャンピオンを目指す中距離馬が多数出走します。七夕賞で獲得できるポイントは1着馬10P、2着5P、3着4P、4着3P、5着2P、6着以下に1P。

↓過去10年の七夕賞入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年七夕賞出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 マウントゴールド ステイゴールド 牡8 岩田望来 社台ファーム
池江泰寿 (栗東)  Mt. Livermore 57kg 青芝商事
1 2 ロザムール  ローズキングダム 牝5 M.デムーロ 静内坂本牧場
上原博之 (美浦)  Caerleon 53kg 栗山良子
2 3 ワンダープチュック ハーツクライ 牡7 津村明秀 高昭牧場
河内洋 (栗東) Storm Cat 54kg 山本能成
2 4 トーラスジェミニ  キングズベスト 牡5 戸崎圭太 川上牧場
小桧山悟 (美浦) マンハッタンカフェ 57kg 柴原榮
3 5 ブラックマジック ディープインパクト 牡4 石橋脩 ノーザンファーム
戸田博文 (美浦) Sholokhov 54kg 窪田芳郎
3 6 ショウナンバルディ  キングズベスト 牡5 岩田康誠 木村牧場
松下武士 (栗東) Redoute’s Choice 55kg 国本哲秀
4 7 カウディーリョ キングカメハメハ 牡4 丸山元気 ノーザンファーム
堀宣行 (美浦) サンデーサイレンス 55kg キャロットファーム
4 8 アールスター  ロードカナロア 牡6 長岡禎仁 若林牧場
杉山晴紀 (栗東) サッカーボーイ 56kg KRジャパン
5 9 クレッシェンドラヴ ステイゴールド 牡7 内田博幸 木村秀則
林徹 (美浦) Sadler’s Wells 58kg 広尾レース
5 10 クラージュゲリエ キングカメハメハ 牡5 吉田隼人 ノーザンファーム
池江泰寿 (栗東) タニノギムレット 56kg キャロットファーム
6 11 スカーフェイス ハーツクライ 牡5 三浦皇成 グランド牧場
橋田満 (栗東) クロフネ 52kg グランド牧場
6 12 ツーエムアロンソ メイショウサムソン 牡5 野中悠太郎 鳥井征士
本田優 (栗東) アッミラーレ 53kg 村上憲政
7 13 プレシャスブルー ディープインパクト 牡7 柴田善臣 石郷岡雅樹
相沢郁 (美浦) アンバーシャダイ 54kg 石瀬浩三
7 14 ワーケア ハーツクライ 牡4 田辺裕信 ノーザンファーム
手塚貴久 (美浦) Oratorio 55kg 落合幸弘
8 15 トラストケンシン ハーツクライ 牡6 吉田豊 村上欽哉
高橋文雅 (美浦) エルコンドルパサー 52kg 菅波立知子
8 16 ヴァンケドミンゴ ルーラーシップ 牡5 酒井学 斉藤安行
藤岡健一 (栗東) アグネスタキオン 56kg 幅田昌伸

勝ち馬予想に役立つ!七夕賞の注目馬分析

クレッシェンドラヴ

ステイゴールド サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ゴールデンサッシュ  ディクタス 
ダイナサッシュ 
ハイアーラヴ Sadler’s Wells  Northern Dancer 
Fairy Bridge 
Dollar Bird  Kris 
High Spirited 

クレッシェンドラヴは昨年の七夕賞の優勝馬で、一昨年の同レースでも2着。さらに一昨年の福島記念も優勝しており福島コースは鬼。これまで26戦7勝2着4回3着2回で、連絡みは全て右の小回りコースで挙げています。

クレッシェンドラヴの父はステイゴールド。母ハイアーラヴはアイルランド生産の1勝馬で、母系に活躍馬はいません。血統内にノーザンダンサーの5×3という濃いクロスを持ち、底力を引き上げるヘイルトゥリーズンの4×5のクロスも持っています。

昨年はオールカマーでセンチュリオに0.3秒差の4着。その後ジャパンカップ、有馬記念、大阪杯とG1を3連戦していますが、さすがに格が違い過ぎて掲示板には載っていません

今回は得意の福島コース。実績が買われ58kgのトップハンデで自身も初斤量も、父が斤量負けしないタフなテイゴールドで馬体も500kg近くあるので斤量増自体は問題ないでしょう。今回は前走よりメンバーが2段落ちで組みやすいとい思われます。勝ち負け。

ヴァンケドミンゴ

ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール
アンフィルージュ アグネスタキオン サンデーサイレンス
ダイナカール
ウメノファイバー サクラユタカオー
ウメノローザ

ヴァンドミンゴは昨年の七夕賞の3着馬。これまで22戦4勝2着3回で、4勝全てが福島コースと好相性。昨年の福島記念では1番人気で2着しています。前走リミテッドクラスの福島民報杯では4番人気でしたが、不良馬場で優勝馬に4.2秒離され惨敗しています。

ヴァンケドミンゴの父はルーラーシップ。母アンフィルージュは短距離の4勝馬。祖母はオークス馬のウメノファイバーで、ヴァンケドミンゴの全兄サンリヴァルは皐月賞で2着しているので、ルーラーシップの影響が強いと考えられます。

最後方からまくり気味に追い上げる馬で、良績は小回りの福島と中山に集中。ただし今年3戦してどのレースも大差負けで、父の気性難が出始めている可能があります。

また昨年ハンデ3kg差で0.3秒差負けたクレッシェンドラヴとは今回2kg差クレッシャンドラヴは晩成型のステイゴールド産駒なので力の衰えは少なく、こちらの成長度を加味してもやや厳しい感じ。好走を期待できて安定感に乏しく連下まで。

トーラスジェミニ

キングズベスト Kingmambo Mr.Prospector 
Miesque 
Allegretta Lombard
Anatevka
エリモエトワール マンハッタンカフェ サンデーサイレンス
サトルチェンジ
ステラーオデッセイ Northern Dancer
Queen Sucree

トーラスジェミニはこれまで28戦7勝3着1回オープン、リミテッドクラスで3勝を挙げ、前走安田記念では13番人気の低評価も5着を確保。優勝馬ダノンキングリーとは0.4秒差

トーレスジェミニの父はキングマンボ産駒のキングズベスト。英2000ギニーの勝ち馬で、日本の産駒にダービーと天皇賞秋優勝のエイシンフラッシュ。マンハッタンカフェ産駒の母エリモエトワールはダート未勝利の1勝馬。近親に目立った活躍馬はいません。

典型的な逃げ馬で、7勝中6勝が逃げ切り勝ち。福島コース形態が似ている中山で4勝を挙げていますが、福島は3戦して全て着外平坦小回りのコースでは函館で1勝を挙げているだけなので、他の馬もばてずに後半絡まれる展開だと弱いタイプか。

今回、前走G1での好走やオープンクラス3勝が評価され57kgのハンデ。他に重賞実績やオープン勝ちがある馬に比べて見込まれた印象。今回は見送り。

 

クラージュゲリエ

キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
ジュモー タニノギムレット ブライアンズタイム
タニノクリスタル
ビスクドール サンデーサイレンス
フェアリードール

クラージュゲリエは2018年のラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスの優勝馬。これまで11戦2勝2着1回3着3回で、重賞は札幌2歳ステークス、共同通信杯、今年の日経新春杯で3着しています。

クラージュゲリエの父はキングカメハメハ。タニノギムレット産駒の母ジュモーはダートマイルの3勝馬。クラージュゲリエの半兄でハービンジャー産駒のプロフェットが京成愛勝ち。祖祖母フェアリードールから活躍馬が多数出ています。

爪に不安がありコンスタントに使えないのがネック。叩き2戦目で結果を出すタイプで、前走鳴尾記念は3か月の休養明け。今回は前進が見込めます。また重賞勝ちがあり、今年G2で0.3秒差3着の実績がありながら、前2走で大差負けしているので56kgのハンデ有利当日気配が良ければ勝ち負け。

ワーケア

ハーツクライ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well 
アイリッシュダンス トニービン
ビューパーダンス 
チェリーコレクト Oratorio デインヒル 
Mahrah 
Holy Moon エルナンド 
Centinela 

ワーケアはこれまで7戦2勝2着1回後の三冠馬コントレイルが優勝したホープフルステークスで2番人気の3着。続く弥生賞では1番人気で2着も皐月賞はパスしてダービーへ。そのダービーでは3番人気でしたが、コントレイルに1秒離され8着に惨敗

ワーケアの父はハーツクライ。母チェリーコレクトはアイルランド産駒で、海外のG1で2着、重賞2勝を含む8勝馬。祖母ホーリームーンは産駒の全てがステークスウィナーで、中距離G1馬を3頭も輩出している名牝という良血です。

ダービー後、菊花賞の路線はパスし新潟記念、富士ステークスと参戦していますが、10着、8着と惨敗その後再び休養に入っています。

重賞勝ちがありながら55kgのハンデは有利も、今回は8か月の休養明けしかもハーツクライ産駒が苦手の小回りコースと不利な条件が重なります。恐らく一度叩いて次走直線が長い新潟のレースが狙いか。今回は見送り。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました