2022年第62回G3京成杯予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2022年京成杯の注目馬を分析!

京成杯の特徴

G3京成杯は第1回中山開催6日目に行われる3歳限定芝2000mの別定戦です。負担重量は牡・騙馬56kg、牝馬54kg。国際競走に指定され外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。重賞競走で優勝歴のある外国調教馬は負担重量が1kg加算されます。

また地方交流競走にも指定され、地方所属馬は認定馬のみ2頭まで登録可能です。

牡馬クラッシク第1弾の皐月賞と同じ舞台で本番までローテーションに余裕があるため、皐月賞を狙う馬の試走が多く重要度が増しています。

↓過去10年の京成杯入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2022年京成杯出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ニシノムネヲウツ ドゥラメンテ 牡3 内田博幸 田上徹
上原博之 (美浦) ダイワメジャー 56kg 西山茂行
1 2 トゥーサン キタサンブラック 牝3 三浦皇成 グランド牧場
吉岡辰弥 (栗東) High Yield 54kg 雅苑興業
2 3 フジマサフリーダム ディープインパクト 牡3 丹内祐次 白老ファーム
菊川正達 (美浦) Elusive Quality 56kg 藤原正一
2 4 ヴェールランス キタサンブラック 牡3 藤岡佑介 社台ファーム
藤岡健一 (栗東) ヴィクトワールピサ 56kg 社台レースホース
3 5 アライバル ハービンジャー 牡3 C.ルメール ノーザンファーム
栗田徹 (美浦) ディープインパクト 56kg キャロットファーム
3 6 ルークスヘリオス エイシンフラッシュ 牡3 永野猛蔵 岡田スタッド
中川公成 (美浦) ジャングルポケット 56kg 岡田牧雄
4 7 タイセイディバイン ルーラーシップ 牡3 松若風馬 下河辺牧場
高野友和 (栗東) ダンスインザダーク 56kg 田中成奉
4 8 ヴェローナシチー エピファネイア 牡3 団野大成 カミイスタット
佐々木晶 (栗東) ゼンノロブロイ 56kg 友駿ホースクラブ
5 9 オディロン キタサンブラック 牡3 大野拓弥 笠松牧場
浜田多実 (栗東) Pivotal 56kg 橋元勇氣
5 10 オニャンコポン エイシンフラッシュ 牡3 菅原明良 社台ファーム
小島茂之 (美浦) ヴィクトワールピサ 56kg 田原邦男
6 11 テンダンス ジャスタウェイ 牡2 和田竜二 グランド牧場
中竹和也 (栗東) フレンチデピュティ 55kg 前田葉子
6 12 サンストックトン ワールドエース 牡3 松岡正海 加藤ステーブル
鹿戸雄一 (美浦) キングカメハメハ 56kg 加藤ステーブル
7 13 トーセンヴァンノ ヴァンキッシュラン 牡3 山田敬士 エスティファーム
小桧山悟 (美浦) ファンタスティックライト 56kg 島川隆哉
7 14 ホウオウプレミア ロードカナロア 牡3 岩田康誠 ノーザンファーム
奥村武 (美浦) クロフネ 56kg 小笹芳央
8 15 ロジハービン ハービンジャー 牡3 戸崎圭太 村田牧場
国枝栄 (美浦) ジャングルポケット 56kg 久米田正明
8 16 テラフォーミング エピファネイア 牡3 石川裕紀人 細川農場
相沢郁 (美浦) ルーラーシップ 56kg 石瀬浩三

勝ち馬予想に役立つ!京成杯の注目馬分析

アライバル

ハービンジャー Dansili デインヒル
Hasili 
Penang Pearl Bering
Guapa 
クルミナル ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
クルソラ Candy Stripes
Calorica

アライバルはこれまで2戦1勝2着1回。前走新潟2歳ステークスでは1番人気で、優勝馬セリフォスから0.2秒差2着。そのセリフォスは朝日フューチュリティステークスで2着しているので、対戦相手が悪かったと言えます。

アライバルの父はハービンジャーディープインパクト産駒の母クルミナルは桜花賞2着、オークス3着の実績。一つ上の半姉にキングカメハメハ産駒のククナがアルテミスステークスで2着。また祖母クルソラはアルゼンチン産で、同国G1を2勝しています。

ハービンジャー産駒は過去10年の京成杯で2勝3着1回と、この舞台は得意。また兄妹も早熟傾向で、この時期走ります。ただし、ハービンジャーは欧州系の血を持つディープインパクトとの相性は良くなく、この組み合わせにおける重賞勝ちはファルコンステークス勝ちのハッピーアワーしかいません。

今後の成長は疑問符も、現時点では1枚上。今回は4ヵ月の休養明けも、仕上がりの早さで連下。

オニャンコポン

エイシンフラッシュ キングズベスト Kingmambo
Allegretta
ムーンレディ プラティニ
Midnight Fever
シャリオドール ヴィクトワールピサ ネオユニヴァース
ホワイトウォーターアフェア
サプレザ Sahm
Sorpresa

オニャンコポンはこれまで3戦2勝で、出走登録馬中唯一の2勝馬。前走ホープフルステークスに参戦し6番人気でしたが、優勝馬キラーアビリティから1.1秒も離され11着に惨敗しています。

オニャンコポンの父はダービー・天皇賞秋を制したエイシンフラッシュ。ヴィクトワールピサ産駒の母シャリオードルは未勝利馬。祖母は海外G1を3勝し、マイルチャンピオンシップで2度3着しているサプレザ。近親に毎日杯勝ちのサトノインプレッサがいます。

血統内にミスタープロスペクターの4×5×4の濃いクロスを持ち、母系はそれなりに優秀も、父エイシンフラッシュは種牡馬6年目に関わらず未だに重賞勝利馬無し底力に欠けます。前走大敗していることからも上がり目は疑問符。見送り。

ホウオウプレミア

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
アドマイヤテンバ クロフネ フレンチデピュティ
ブルーアヴェニュー
アドマイヤグルーヴ サンデーサイレンス
エアグルーヴ

ホウオウプレミアはこれまで2戦1勝2着1回前走東京芝2000mの1勝クラスでは優勝馬オニャンコポンにタイム差無し、首差2着上り33.1秒はメンバー中最速で、上手く先行したオニャンコポンとは位置取りの差。

ホウオウプレミアの父はロードカナロア。クロフネ産駒の母アドマイヤテンバはマイルの4勝馬。祖母はエリザベス女王杯連覇のアドマイヤグルーヴ、母の半弟に春のクラシック2冠のドゥラメンテがいる良血です。

ホウオウプレミアの半兄にキングカメハメハ産駒がいますが1勝のみで引退。また父、母の父共にマイル志向。前走2000mとはいえ勝ち時計2分2秒7と遅く、3着まで末脚勝負だったのでスローペースで息が持った印象。同じ2000mでもよりスタミナが必要な中山で疑問符。抑えまで。

テンダンス

ジャスタウェイ ハーツクライ サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
シビル Wild Again
Wild Again
フレンチリヴィエラ フレンチデピュティ  Deputy Minister 
Mitterand 
Actinella Seattle Slew
Aerturas

テンダンスはこれまで3戦1勝2着1回10月に阪神芝2000m未勝利戦を1番人気で勝ち上がり、前走東京スポーツ杯2歳ステークスでは6番人気も、優勝馬イクイノックスから0.5秒差3着に健闘。2着とは0.1秒差。

テンダンスの父はジャスタウェイ母フレンチヴィエラ米国産で海外G3を含む4勝馬。テンダンスの半兄にジャイアンツコーズウェイ産駒のスズカコーズウェイが京王杯スプリングカップを、同じくディープインパクト産駒のカデナが弥生賞他重賞3勝を挙げています。

母系は父の影響を受けやすいと思われ、父がジャスタウェイなら晩成型か。また3戦共ゆったり走れる大回りのコースに対し、今回は小回りの中山。基本的に飛びが大きな産駒が多いジャスタウェイ産駒では能力を十分に発揮できない可能性があります。抑えまで。

ヴェールランス

キタサンブラック ブラックタイド サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
シュガーハート サクラバクシンオー
オトメゴコロ
ジュエラー ヴィクトワールピサ ネオユニヴァース
ホワイトウォーターアフェア
バルドウィナ Pistolet Bleu
Balioka

ヴェールランスはこれまで2戦1勝2着1回。前走出世レースの1勝クラスエリカ賞を4番人気も、優勝馬サトノヘリオスに首差2着。勝ち時計1分59秒7と早く4番手好位抜け出しで、勝ち馬の切れ味に屈した格好。3着には2馬身差を付けています。

ヴェールランスの父は中長距離G1を7勝し、既に重賞勝ち馬を送り出しているキタサンブラック。ヴィクトワールピサ産駒の母ジュエラーは桜花賞馬という良血。母の半姉のファルブラヴ産駒のワンカラットが短距離重賞を4勝しています。

ヴェールランスは血統内にサンデーサイレンスの3×4の濃いクロスを持っており、母はマイラーも父、母の父を考えれば距離は持ちます。また前走で中山芝2000mとコース形態が似ている阪神芝2000mを先行して好走してるいのは強み。勝ち負け。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました