2024年第64回GⅢきさらぎ賞予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2024きさらぎ賞の注目馬を分析!

きさらぎ賞の特徴

2024年の3歳限定GⅢきさらぎ賞は第2回京都開催4日目に行われる3歳限定芝1800mの別定戦です。負担重量は牡・騙馬57kg、牝馬55kg。過去の獲得本賞金により負担重量が増加し、1800万円以上の馬は1kg増。

国際競走に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。外国調教馬は重賞優勝馬に対し1kg増。地方交流競走に指定され、2頭まで出走登録できます。

↓過去10年のきさらぎ賞入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2024年きさらぎ賞出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ピエナオルフェ オルフェーヴル 牡4 川島信二 沖田牧場
荒川義之(栗東) フジキセキ 57kg 本谷兼三
2 2 インザモーメント キズナ 牡4 鮫島克駿 ノースヒルズ
田中克典(栗東) Curlin 57kg 前田幸大
3 3 ウォーターリヒト ドレフォン 牡4 幸英明 伏木田牧場
河内洋(栗東) ヴィクトワールピサ 57kg 山岡正人
4 4 ヴェロキラプトル スワーヴリチャード 牡4 西村淳也 社台ファーム
高野友和(栗東) Giant’s Causeway 57kg 加藤裕司
5 5 シヴァース モーリス 牡4 M.デムーロ ノーザンファーム
友道康夫(栗東) ディープインパクト 57kg 佐々木主浩
5 6 ナムラエイハブ リアルスティール 牡4 和田竜二 谷川牧場
長谷川浩大(栗東) エンパイアメーカー 57kg 奈村睦弘
6 7 レガーロデルシエロ ロードカナロア 牡4 A.ルメートル ノーザンファーム
栗田徹(美浦) マンハッタンカフェ 57kg サンデーレーシング
6 8 ファーヴェント ハーツクライ 牡4 川田将雅 白老ファーム
藤原英昭(栗東) Street Cry 57kg キャロットファーム
7 9 ジャスティンアース キズナ 牡4 松山弘平 三嶋牧場
杉山晴紀(栗東) Bodemeister 57kg 三木正浩
7 10 ブエナオンダ リオンディーズ 牡4 武豊 ノーザンファーム
須貝尚介(栗東) ディープインパクト 57kg 金子真人H
8 11 テイエムリステット モーリス 牡4 酒井学 グランド牧場
木原一良(栗東) ネオユニヴァース 57kg 竹園正繼
8 12 ビザンチンドリーム エピファネイア 牡4 R.ピーヒュレク ノーザンファーム
坂口智康(栗東) ジャングルポケット 57kg 吉田和美

勝ち馬予想に役立つ!きさらぎ賞の注目馬分析

ファーヴェント

ハーツクライ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well 
アイリッシュダンス トニービン
ビューパーダンス 
トータルヒート Street Cry Machiavellian
Helen Street
リーサルヒート Unusual Heat
Lethal Leta

ファーヴェントはこれまで1勝3着1回前走東京スポーツ杯2歳Sでは2番人気で3着優勝馬シュトラウスから0.3秒離されましたが、2着のシュバルツクーゲルとはタイム差無しのハナ差

ファーヴェントの父はハーツクライ米国産の母リーサルヒートは海外重賞2勝を含む6勝馬。ただし近親に活躍馬はおらず、ファーヴァントの兄弟3頭の内1つ上のドゥラメンテ産駒サーマルアリングがOPまで出世。またファーヴェントはヘイローの3×5の濃いクロスを持ちます。

前走の走破時計1分46秒8は、東京スポーツ2歳Sでは平均的な数字。逃げ馬は潰れましたが、1~3着まで先行馬だったので、3着だからといって特別凄いレースをしたわけではありません。さらに優勝馬のシュトラウスは朝日杯フューチュリティSで2番人気も10着敗退。

前走の成績から人気が予想されますが、クラシックを狙う素質馬が出始めるGⅢ戦ではやや物足りないか。抑えまで。

ビザンチンドリーム

エピファネイア シンボリクリスエス Kris S. 
Tee Kay 
シーザリオ スペシャルウィーク
キロフプリミエール 
ジャポニカーラ ジャングルポケット トニービン
ダンスチャーマー
グリッターカーラ フレンチデピュティ
フサイチエアデール

ビザンチンドリームは前走12月阪神芝2000m新馬戦を2番人気で優勝。勝ち時計2分1秒4は平凡も、上りはメンバー中最速の33秒9、2着に0.5秒差を付けて圧勝しています。

ビザンチンドリームの父はエピファネイア。ジャングルポケット産駒のジャポニカーラは芝マイルの3勝馬。祖祖母は重賞4勝、GⅠ2着3回のフサイチエアデール、祖母の全姉はクイーンC勝ちのライラプス。ビザンチンドリームは血統内にサンデーサイレンスの4×4の濃いクロスを持ちます。

母の父がジャングルポケットなので距離は伸びた方が良いタイプ。ただし、前走の瞬発力からも、現状なら1800mでも対応可能か。勝ち負け。

ヴェロキラプトル

スワーヴリチャード ハーツクライ サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ピラミマ Unbridled’s Song
キャリアコレクション
ルーヴインペリアル Giant’s Causeway Storm Cat
Mariah’s Storm
Louveterie Nureyev
Lupe

ヴェロキラプトルはこれまで3戦2勝。6月東京芝1800m新馬戦、9月阪神芝1800mOP戦を連勝。前走ホープフルSでは5番人気でしたが、優勝馬レガレイラから1.3秒離され10着に惨敗しています。

ヴェロキラプトルの父は大阪杯とジャパンカップ勝ちのスワーヴリチャード。ジャイアンツコーズウェイ産駒の母ルーヴインペリアルは未勝利馬。母の兄弟はフランスでGⅠ勝ち馬が2頭、GⅢ勝ちが1頭、祖母もGⅢがちという良血。

前走は+14kgのやや重め残り。掛からず気分よく逃げて惨敗なので、やはり息が持たなかったから。今回は叩き2戦目で距離短縮。中1ヵ月なので走り慣れた距離なら一変か。連下で。

ジャスティンアース

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
ユーヴェットシー Bodemeister エンパイアメーカー
Untouched Talent
Mother Ruth Speightstown
Seven Four Seven 

ジャスティンアースはこれまで2戦1勝3着1回京都芝2000m新馬戦は1番人気も、主で後方から追い上げ届かず3着。前走京都芝1800m未勝利戦は先行して上り最速、キッチリ勝ち上がっています

ジャスティンアースの父はキズナ。米国産の母ユーヴェットシーは米でハンデGⅢ勝ちがある4勝馬。血統内にストームキャットの3×4×5の濃いクロスを持ちます。

2戦共上りは34秒台で、メンバー中1、2番目。ストームキャットの血が濃いことからも米国型のスピードタイプか。そのためコーナーが2回しかなく、持ち前のスピードが存分に生かせる京都1800mは適鞍。勝ち負け。

シヴァース

モーリス スクリーンヒーロー グラスワンダー
ランニングヒロイン
メジロフランシス カーネギー
メジロモントレー
ヴィブロス ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
ハルーワスウィート Machiavellian
ハルーワソング

シヴァースは前走京都芝1600m新馬戦を1番人気で優勝勝ち時計1分38秒は遅いもの、上りはメンバー中唯一の33秒台を繰り出し差し切り勝ち

ヴァースの父はモーリス。ディープインパクト産駒の母ヴィブロスは秋華賞・ドバイターフのGⅠ2勝馬。母の兄弟はヴィクトリアマイル2勝のヴィルシーナ、ジャパンカップ勝ちのシュヴァルグランという良血。シヴァースは血統内にミスタープロスペクターの4×4の濃いクロスを持ちます。

母ヴィブロスが本格化したのは3歳夏を越えてから。シヴァースの一つ上、ロードカナロア産駒のヴェンセロリスはJRAの未勝利戦を脱出できなかったので、基本的に晩成タイプか。良血ですが、ここは見送り。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました