2021年第7回G3ターコイズステークス予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年ターコイズステークスの注目馬を分析!

ターコイズステークスの特徴

G3ターコイズステークスは第5回中山開催5日目に行われる3歳以上牝馬限定芝1600mで行われるハンデキャップ戦です。国際競走に指定され外国調教馬は8頭まで優先出走権が与えられます。また地方所属馬は2頭まで登録可能です。

↓過去10年のターコイズステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年ターコイズステークス出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 アクアミラビリス ヴィクトワールピサ 牝5 浜中俊 社台ファーム
吉村圭司 (栗東) Anabaa 54kg 社台レースホース
1 2 ミスニューヨーク キングズベスト 牝5 M.デムーロ 高昭牧場
杉山晴紀 (栗東) マンハッタンカフェ 53kg 高昭牧場
2 3 ドナウデルタ  ロードカナロア 牝5 鮫島克駿 ノーザンファーム
石坂正 (栗東) ドナウブルー 56kg サンデーレーシング
2 4 フェアリーポルカ ルーラーシップ  牝5 三浦皇成 ノーザンファーム
西村真幸(栗東) アグネスタキオン 56kg 山本剛士
3 5 イベリス ロードカナロア 牝5 酒井学 前田幸治
角田晃一 (栗東) ボストンハーバー 56kg 土居牧場
3 6 サンクテュエール ディープインパクト 牝4 横山武史 ノーザンファーム
藤沢和雄 (美浦) Canadian Frontier 55kg キャロットファーム
4 7 スマートリアン  キズナ 牝4 池添謙一 三嶋牧場
石橋守 (栗東) Mr. Greeley 54kg 大川徹
4 8 ムーンチャイム アドマイヤムーン 牝6 大野拓弥 ダーレー・ジャパン・F
千田輝彦 (栗東) Kingmambo 53kg ゴドルフィン
5 9 アンドラステ オルフェーヴル 牝5 岩田望来 社台ファーム
中内田充 (栗東) Dynaformer 56.5kg 白老ファーム
5 10 ドナアトラエンテ ディープインパクト 牝5 C.ルメール ノーザンファーム
国枝栄 (美浦) Bertolini 55kg サンデーレーシング
6 11 レッドフラヴィア ダイワメジャー 牝4 津村明秀 ノーザンファーム
平田修 (栗東) Mr. Greeley 53kg 東京ホースレーシング
6 12 スマイルカナ ディープインパクト 牝4 柴田大和 木田牧場
高橋祥泰 (美浦) Distorted Humor 56kg 岡田繁幸
7 13 ジュランビル キンシャサノキセキ 牝5 菊沢一樹 松浦牧場
寺島良 (栗東) Deputy Minister 53kg 村上稔
7 14 マルターズディオサ キズナ 牝4 田辺裕信 天羽禮治
手塚貴久 (美浦) Grand Slam 56kg 藤田在子
8 15 ギルデッドミラー オルフェーヴル 牝4 戸崎圭太 ノーザンファーム
松永幹夫 (栗東) Tiznow 54kg シルクレーシング
8 16 クリノプレミアム オルフェーヴル 牝4 菅原明良 栗本博晴
伊藤伸一 (美浦) Giant’s Causeway 53kg 吉田ファーム

勝ち馬予想に役立つ!ターコイズステークスの注目馬分析

ドナアトラエンテ

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere 
ドナブリーニ Bertolini Danzig
Aquilegia
Cal Norma’s Lady リファーズスペシャル
June Darling

ドナアトラエンテはこれまで13戦4勝2着5回3着1回。今年の春にオープン昇格後、牝馬限定重賞を4戦していずれも3番人気以内も、馬券は福島牝馬ステークス2着が1回前走府中牝馬ステークスでも3番人気でしたが、優勝馬から0.3秒差4着まで

ドナアトラエンテの父はディープインパクト母ドナブリーニは英国産で英国芝1200mG1の優勝馬。ドナブリーニの産駒にドナアトランテの全姉に京都牝馬ステークスと関屋記念を優勝したドナウブルー、牝馬三冠馬でG1を7勝したジェンティルドンナがいる良血

前走搾り込んで臨んだ府中牝馬ステークスでは追い込み届かず。今回ハンデ55kgで、この斤量は3戦2勝前走同斤量で首差3着だったマルターズディオサ、0.3秒差2着だったアンドラステとは同タイムの計算勝ち負け。

マルターズディオサ

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
トップオブドーラ Grand Slam Gone West 
Bright Candles 
Maltese Dianne スピニングワールド 
Lavish Gift 

マルターズディオサは3歳時にトライアルレースのチューリップ賞と紫苑ステークスと重賞2勝2歳時に阪神ジュベナイルステークス2着、昨年末の阪神カップでも2着の実績。前走の府中牝馬ステークスで3着に入り4戦振りに馬券になっています。

マルターズディオサの父はキズナ。母トップドーラは短距離の3勝馬。母の父グランドスラムは米ダートマイルG1を3勝しているので、血統的にはマイラー。

中山は3戦2勝母系から考えれば前走より距離が短縮されるのはプラス。また前走0.2秒差で先着を許したアンドラステが56.5kgに対し、マルターズディオサは56kgで計算上は0.1秒差まで縮まります

先行、差し両方いけますが、好走している時は先行。上手く先行できれば、これまで戦ってきたメンバーより手薄な今回は勝ち負け。

アンドラステ

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
ヴァリディオル Dynaformer Roberto
Andover Way
ヴァレラ Monsun
Val d’Etoile

アンドラステは今年の中京記念を1番人気で優勝。これまで14戦5勝2着3回3着2回で、オープン昇格後重賞8戦連戦して1番人気に推されること3回掲示板を外したのは2回だけと安定しています。

アンドラステの父はオルフェーヴル。母ヴァリディオルは未勝利馬。祖母ヴァレラは海外重賞で2勝しています。母の父ダイナフォーマーは日本で種牡馬として成功したブライアンズタイムといとこ。

昨年のターコイズステークス2着の時は斤量54kg。今年はトップハンデの56.5kg、前走よりも2.5kgも増量されています。条件戦では55kgで勝っていますが、オープン昇格後55kgを背負い馬券になったことはありません。抑えまで。

スマイルカナ

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
エーシンクールディ Distorted Humor フォーティナイナー 
Danzig’s Beauty 
キャタリナ Storm Cat 
Carolina Saga 

スマイルカナは昨年のターコイズステークスの優勝馬。これまで16戦5勝2着2回3着1回2歳時にフェアリーステークス勝ち、桜花賞で3着、京王杯オータムハンディキャップで3着しているマイラーです。

スマイルカナの父はディープインパクト。母エーシンクールディは中央では1600万下クラスを勝った3勝馬ですが、地方の笠松に移籍しマイルを中心に12勝を挙げ大活躍しています。母系にディープインパクトと相性の良いストームキャットの血が入っています。

今年は重賞3戦していずれも2桁着順。前走格を落としたリミテッドクラスでも2桁着順と、3歳時の勢いは止まっています。3歳時に無理使いしたディープインパクトは古馬になると成長が止まるので、完全に頭打ちか。

ハンデ56kgも小柄なスマイルカナにとって不利中山マイル重賞で2勝2着1回も、今回は見送り。

フェアリーポルカ

ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール
フェアリーダンス アグネスタキオン サンデーサイレンス
アグネスフローラ
フェアリードール Nureyev 
Dream Deal 

フェアリーポルカは昨年の中山牝馬ステークス、福島牝馬ステークスを連勝。これまで19戦4勝2着1回3着3回。中山は4戦し1勝2着1回3着2回と全て馬券になっており、昨年のターコイズステークスで56kgを背負って3着しています。

フェアリーポルカの父はルーラーシップ。アグネスタキオン産駒の母フェアリーダンスは未勝利も、一族にエリザベス女王杯勝ちのトゥザビクトリーをはじめステークスウィナーやG1で活躍している馬が多数いる良血。

父ルーラーシップ、母の父アグネスタキオンからパワータイプのマイラー。昨年も今回と同じ56kgを背負って0.2秒差3着に好走しています。前走福島記念は優勝馬から1.3秒も離され大敗も、今回は距離が短縮され、得意なコースに戻るのはプラス連下で。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました