2024年第58回GⅢシンザン記念予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2024年シンザン記念の注目馬を分析!

シンザン記念の特徴

GⅢシンザン記念は第1回京都開催3日目に行われる3歳限定芝1600m別定戦です。負担重量は牡馬56kg、牝馬54kg。国際競走に指定され、外国調教馬は9頭までに優先出走権が与えられます。また地方所属馬は認定馬のみ2頭まで登録できます。

日本馬は獲得本賞金1800万円以上で1kg増。外国調教の重賞勝利馬は1kg増。

↓過去10年のシンザン記念入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2024年シンザン記念出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 テイエムリステット モーリス 牡3 酒井学 グランド牧場
木原一良(栗東) ネオユニヴァース 57kg 竹園正繼
1 2 ノボリショウリュウ リアルスティール 牡3 角田大河 杵臼牧場
石橋守(栗東) クロフネ 57kg 原田豊
2 3 タイセイレスポンス ミッキーアイル 牡3 M.デムーロ ノーザンファーム
安田翔伍(栗東) Congrats 57kg 田中成奉
2 4 デルシエロ レイデオロ 牡3 坂井瑠星 岡田スタッド
清水久嗣(栗東) ディープインパクト 57kg 白石明日香
3 5 ノーブルロジャー Palace Malice 牡3 川田将雅 Candy Meadows LLC
吉岡辰弥(栗東) More Than Ready 57kg ノルマンディーTR
3 6 ラーンザロープス キズナ 牝3 横山典弘 社台ファーム
武幸四郎(栗東) Pure Prize 55kg 吉田照哉
4 7 タイキヴァンクール エイシンヒカリ 牡3 浜中俊 ビクトリーホースランチ
中尾秀正(栗東) キングヘイロー 57kg 大樹ファーム
4 8 ゼルトザーム ヘニーヒューズ 牡3 北村友一 富田牧場
加用正(栗東) キングカメハメハ 57kg 宮川純造
5 9 アルトゥーム モーリス 牡3 藤岡佑介 ノーザンファーム
藤岡健一(栗東) ディープインパクト 57kg サンデーレーシング
5 10 バレルターン リオンディーズ 牡3 西村淳也 白老ファーム
茶木太樹(栗東) チチカステナンゴ 57kg キャロットファーム
6 11 シトラール スワーヴリチャード 牡3 A.ルメートル ノーザンファーム
萩原清(美浦) Awesome Again 57kg キャロットファーム
6 12 ケーブパール ブリックスアンドモルタル 牡3 藤岡康太 社台ファーム
友道康夫(栗東) ディープインパクト 57kg 金子真人H
7 13 エコロブルーム ダイワメジャー 牡3 C.ルメール ノーザンファーム
加藤征弘(美浦) Candy Ride 57kg 原村正紀
7 14 ウォーターリヒト ドレフォン 牡3 幸英明 伏木田牧場
河内洋(栗東) ヴィクトワールピサ 57kg 山岡正人
7 15 フェリーニ ドレフォン 牡3 松山弘平 ノーザンファーム
橋口慎介(栗東) ディープインパクト 57kg ライオンレースホース
8 16 ショーマンフリート スワーヴリチャード 牡3 戸崎圭太 ノーザンファーム
手塚貴久(美浦) Siyouni 57kg 星野壽市
8 17 ナイトスラッガー ルーラーシップ 牡3 L.モリス 竹島幸治
小栗実(栗東) フジキセキ 57kg 東豊物産
8 18 メイショウサチダケ アドミラブル 牡3 和田竜二 まるとみ冨岡牧場
鈴木孝志(栗東) アイルハヴアナザー 57kg 松本好雄

勝ち馬予想に役立つ!シンザン記念の注目馬分析

ダイワメジャー サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
スカーレットブーケ ノーザンテースト
スカーレットインク
シュガーショック Candy Ride Ride the Rails
Candy Girl
Enthusiastically Distorted Humor
Unbridled Hope

エコロブルームはこれまで2戦1勝3着1回。1戦共東京芝1600m戦で、前走未勝利戦では単勝1.5倍の圧倒的な1番人気勝ち時計1分34秒8は平凡も、上りはメンバー中最速の33秒2、2着に0.7秒差を付けています。

エコロブルームの父はダイワメジャー米国産の母シュガーショックは海外GⅢ勝ちを含む5勝馬エコロブルームの半兄でオルフェーヴル産駒のラーゴムがきさらぎ賞勝ちを含む4勝を挙げています。

父がダイワメジャーなので基本的にマイラー。兄も2~3歳戦で活躍しているので、この時期のマイル戦なら能力上位。前走も先行して速い上がりでまとめているように、京都のマイル戦も合っていると考えられます。勝ち負け。

ノーブルロジャー

Palace Malice Curlin Smart Strike
Sherriff’s Deputy
パレスルーマー Royal Anthem
Whisperifyoudare
Noble Ready More Than Ready サザンヘイロー
Woodman’s Girl
Aristocratic Lady Kris S.
American Dynasty

ノーブルロジャーは前走11月東京芝1600mを1番人気で優勝。良馬場で勝ち時計1分36秒8はかなり遅いものの、スローペースを作った逃げ馬を終始2番手でマークし、最後はメンバー中上り33秒3の脚で突き放しています。

ノーブルロジャーの父は米ダートクラシックディスタンスGⅠ2勝のパレスマリス。米国産の母ノーブルレディは未出走馬。近親にこれといった活躍馬はいません。父の半弟は菊花賞・天皇賞春を制したジャスティンパレス。

血統的には距離はもっとあった方が良いタイプ。前走マイル戦に対応できたのもスローペースだったから。早い時計が出やすい京都マイル戦ではついて来られない可能性が大。見送り。

ショーマンフリート

スワーヴリチャード ハーツクライ サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ピラミマ Unbridled’s Song
キャリアコレクション
スカイフ Siyouni Pivotal
Sichilla
Porza Septieme Ciel
Pupsi

ショーマンフリートは前走9月中山芝1600mを単勝1.5倍の圧倒的な1番人気で優勝。勝ち時計1分35秒1は平凡も、先行して上りはメンバー中最速の34秒2、同じ位置にいた2着馬に0.4秒突き放しています。

ショーマンフリートの父は大阪杯とジャパンカップを制したスワーヴリチャード。フランス産の母スカイフは未勝利馬。母の半兄ポルニシェは豪芝2000mGⅠ勝ちを含む7勝馬。

父、母を考えれば距離はもっと伸びた方が良いタイプ。前走勝利は実走距離よりスタミナが必要な中山マイル戦だっためで、スピードが必要な京都マイルでついて来られない可能性があります。抑えまで。

ナイトスラッガー

ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール
トーホウアマポーラ フジキセキ サンデーサイレンス
ミルレーサー
トーホウガイア Unbridled’s Song
Agami

ナイトスラッガーはこれまで2戦1勝2着1回11月京都芝1600m新馬戦は優勝馬とタイム差無し2着。前走中京芝1600mを単勝1.8倍の1番人気に応えて優勝。勝ち時計1分35秒4は平凡も、上りはメンバー中最速の33秒7、2着に0.5秒差を付けています。

ナイトスラッガーの父はルーラーシップフジキセキ産駒の母トーホーアポーラはCBC賞勝ちを含め6勝と活躍。母の半弟でスペシャルウィーク産駒のトーホウジャッカルが菊花賞を制しています母系は父の影響力を受けやすいタイプ。

父がルーラーシップなので本質的には中距離馬。距離はもっと伸びた方が良いと思いますが、現状マイル戦で好走。今回が3戦目で、間隔が詰まっているため疲労度が気になりますが、調子が良さそうなら血統的にも買い。

シトラール

スワーヴリチャード ハーツクライ サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ピラミマ Unbridled’s Song
キャリアコレクション
ジンジャーパンチ Awesome Again Deputy Minister
Primal Force
Nappelon Bold Revenue
Sally Go Gray

シトラールはこれまで3戦1勝2着1回3着1回新馬戦は6月東京芝1800mで2番人気の3着。次走8月新潟芝1800m未勝利戦は1番人気で2着。三度目の正直の10月東京芝1600m未勝利戦でようやく期待通りに勝ち上がっています。

シトラールの父は大阪杯・ジャパンカップ勝ちのスワーヴリチャード。米国産の母ジンジャーパンチは2007年度エクリプス賞最優秀古牝馬に輝いている名牝。シトラールの半姉でマンハッタンカフェ産駒のルージュパックが毎日王冠他受賞4勝、半兄でディープインパクト産駒のポタジェは大阪杯を優勝。

血統的に距離はもっとあった方が良いタイプも、姉はこの時期のマイル戦で走っているので現状はマイル戦が適鞍か。勝ちみに遅いものの、3戦連続でメンバー中上り2番手以内、着差も0.2秒差以内なので、今回も接戦か。勝ち負け。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました